カスタマイズ「2020・ロードグライド」初公開!

ハーレーダビッドソン亀戸は16日まで夏休みを戴きました.
17日(土)より通常通り営業中~!(^^)!

いよいよアメリカ・ミルウォーキー市に於いて「2020年モデル」の発表会が8月21日から開催。
カスタムペイント/ロードグライド用が先だってユーチューブでオンエアー(*^^)v

【ラジカルペイント】

【ラジカルペイント】

世界に数台だけの限定生産ラジカルペイント。今回も注目を浴びそうです。このラジカルペイントについての価格、納入予定につきましてはショールーム・スタッフへ気軽にお問い合わせください。(YouTubeため鮮明画像は下記URL)
【ラジカルペイント】

下記のURLをクリックください!

ラジカルペイント2020

残暑お見舞い申し上げます。夏を楽しみましょう(^^♪

今年の夏が一番暑いっ!
毎年の夏、そう云っている小生がいます。ここ10年位の夏は、とにかく猛暑なことは間違いない。
気温が32℃を超えると、日中の来店は大きく減ってしまい暑さもやわらぐ夕方に集中する。それもまた真夏のこと。

【穂高岳と梓川を上高地にて】

モーターサイクル業に携わって40余年、そして趣味でもあるツーリングは、2015:北海道/道東 2016:北海道/道北 2017:青森/下北半島・津軽半島 2018:山形/岩手八幡平…と4年連続して、夏休みは妻と次男を連れ家族だけで、北海道や東北をそれぞれにハーレーライダーとなって楽しんだ。

この時ばかりは家族水入らずの、まさにファミリーツーリングだ。想い出せば、北海道ツーリングはやっぱり最高だった。
1泊2日なら信州や群馬県をツーリングする。その中でも上高地は絶対のおすすめコース。

【乗鞍高原ルートを駆けて】

オートバイを持つ意味はツーリングを楽しむこと!
16歳で免許を取って以来、その想いは50余年を経た今も変わらない。ましてやハーレーダビッドソンを持っているなら往復の走行距離500kmは駆けたいもの。夏の高原を目指しておおいに駆け出そう。

【夏季休業のご案内:8/12~8/16まで】
働き方改革の一環でもありますが、社員の年間休日設定のため夏季休業を頂戴します。休業中ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。8月12日(月)~8月16日(金)まで。

お値打ちな「2019モデルディスカウント」を8/12まで‼

連日の猛暑お見舞い申し上げます。

ハーレーダビッドソン亀戸の「8月決算セール」にて、お求めいただきました車両納車が、お盆休み前に続いています。【ローライダー・亀戸カスタムを納車】

夕方、比較的に暑さがおだやかなタイミングで、ニューオーナー様へお引渡し!(^^)!…嬉しさと緊張感で熱く京葉道へ。

「2019モデルディスカウント」を8/12までキャンペーン‼
 ディスカウント対象は次ご案内(主要モデルをご提示)【2019・スポーツスターファミリー】

お値打ちに新車を!今年初となるディスカウント。

☆…XL1200X フォーティエイトスペシャル
 標準価格¥1,553,400 ⇒¥1,475,730 値引▲¥77,670

☆…FAT BOB ファットボブ
 標準価格¥2,487,600 ⇒¥2,363,220 値引▲124,380

☆…FLHC ヘリテイジクラシック
 標準価格¥2,900,900 ⇒¥2,755,855 値引▲145,045

☆…FLHXS スペシャル   
 標準価格¥3,327,300 ⇒¥3,160,935 値引▲166,365

☆…FLTRXS スペシャル  
 標準価格¥3,327,300 ⇒¥3,160,935 値引▲166,365

その他の「2019年モデル」も標準価格より5%のディスカウント対象。
なお、日本国内の2019YM在庫が完売次第終了となります。ご検討をお急ぎください。
【高原へ涼風を求めてツーリング(^^♪】

*…夏季休業のご案内 8/12(月)から8/16(金)までお休みをいただきます。

平和橋自動車教習所・秋のコース大解放!

平和橋自動車教習所が教習コースを大解放(^^♪
☆…開催日 9月8日(日)
秋の全国交通安全運動の開催に伴い、交通安全とクルマの楽しさを120パーセント感じていただくイベント『平和橋コース大開放2019秋』を開催いたします。

予定されているイベント内容!
★交通安全教室(自転車シミュレーター体験)
★はしご車搭乗体験(整理券配布)
★パトカー、白バイ展示、内覧
★はたらくくるま大集合(展示、内覧)
★最新型車両紹介、展示(乗用車、トラック)
★ホイールローダー試乗体験(お子様限定)
★ショベルカー操縦体験(お子様限定)
★クレーン車操縦体験(お子様限定)
★特別仕様観光バス試乗体験
★二輪試乗コーナー
★ユニークタクシーコーナー(フルラッピングロンドンタクシー)
★大型観光バスと綱引き大会(お子様限定)
★大型冷凍車で極寒氷点下体験
★ダンプカーdeピンポンゲーム
★逃げる教習指導員VS追う白バイ隊員バイクデモンストレーション
★トラックdeステージライブ(吹奏楽、ダンスなど)
★水陸両用車展示、内覧
★起震車で地震の恐ろしさ体験
★架装トラック展示、内覧(セーフティーローダー、アームロール車など)
★飲食販売(売上の一部を葛飾区に寄付)
★新型ミニバンにお絵かきしちゃおーコーナー
★高所作業者展示、乗車体験
※実施内容については変更する場合がございます。

【ハーレーダビッドソン亀戸も出展】

大解放のコースでは、ハーレーダビッドソン亀戸から、スポーツスターの試乗車や車両展示。

【コース大開放イベント】

【平和橋DBSはハーレージャパンパートナー教習所】

平和橋自動車教習所にて「大型二輪免実技教習」を受け、免許取得。ハーレーダビッドソン亀戸より新車購入すると教習支援金10万円がサポート。チャンスは9月末まで。

【秋にはハーレーで駆け出そう】

大型二輪免許教習は「平和橋自動車教習所」をおすすめ。コース大解放へ…お誘い合わせのご来場お待ちしております。

残暑お見舞い申し上げます/(^^)

お盆の連休がある方も無い方も、涼を求めて避暑地へ行きたくなる連日の猛暑。

夏の暑さは、この数十年で32℃から37℃と、平均温度が5℃位上昇したんじゃないかと思う。地球温暖化の影響と云われて久しいが、間違いなく暑さは上昇しているようだ。

ハーレーダビッドソン亀戸が、お客様を誘い夏季は、涼風を求めて標高1000m以上の高原を目指すツーリングプランが目白押しだ。

【2018サマーツーリング㏌北軽井沢から】

残暑で、フト思い出したのが「車検残」。ハーレーダビッドソン亀戸のお客様さんへは、車検満了の2ヶ月前を目安にハガキで案内。その時期が迫っているのを忘れて車検切れのまま乗っている人がいた。今一度、車検満了日を確認ください。

【八ッ場ダム湖コース】

高速道路などの走行でタイヤのグリップ感がしっくりこない、或いはふらつきを感じるなど、いつもと違和感を感じたら、タイヤがパンクしていることが多い。

チューブレスタイヤの特性であり、メリットではありいきなりペシャンコにならない。釘などの異物が刺さったままでも走行できてしまう。いかし、じわじわと空気が抜け出している状態なのだ。高速道路へ入る前には、ガソリンスタンドでガソリンと共に空気圧を計り、適正値にエアーを補給したい。

【八ッ場ダム大橋】

9月8日(日)開催の「初秋ツーリングin那須高原」は参加募集中です。ひがし東京チャプターメンバー、ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入の方、奮って参加くださいね。

【ハーレーダビッドソン亀戸のツーリング】

さぁ~お盆休み。連休のある方無い方もハーレーオーナーなら高原へ駆け出そう。

ハーレー・2019年ミッドイヤーモデル新登場!

今回のニューモデルはElectra Glide Standard。ハーレーのコンセプトとしては「基本に戻る」。

ハーレーのツーリングモデルの原点でもあるFLHTエレクトラグライドスタンダード。とにかく取り回しがラク!これに驚いた。

【FLHTエレクトラグライドスタンダードだ。】

ツーリングモデルの王道を行くバットウィング・フェアリング、通称「ヤッコカウル」とサドルバッグを装備したシンプルに仕上げられたツアラーモデル。

ロングツーリングで威力を発揮するクルーズコントロールや手動でセッティング可能なエマルジョンリアショックアブゾーバ、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS搭載Reflex™リンクドブレーキ、セキュリティシステムも装備している。なおインフォテインメントシステム(BOOM™! BOX GTS)は搭載はない。

【FLHT本体価格¥2,905,200】

ベーシックでシンプルな装備のためツーリングモデルの中では価格もリーズナブルでカスタムベース車として活かされそうだ。
ハーレー初心者のツーリング・エントリーモデルとして長年人気のあったモデルであり、その復活が期待される。

2006年にFLHX・ストリートグライドがリリースされ、ツーリングファミリーのグレードアップがトレンドになった。FLHXやFLTRなどの登場もあって、徐々にFLHTの影が薄くなり、2010年モデルを最後にカタログ落ち。”時代はめぐる”とは良く言ったもので、9年振りの復活である。

【シングルシート】

昔のエレクトラグライドと言ったらシルバー梨地のエンジン外観だったが、今モデルはミルウォーキーエイト107を搭載!!

カム交換とインジェクションチューニングをすればバリっとパワフルに生まれ変わる。

2019年秋の発売の「2020年モデル」からハーレーダビッドソンのモデルラインナップは大きな動きをみせると予想されています。それを目前にハーレー2019年ミッドイヤーモデルで”原点”とも言えるモデルを復活させるというのは”粋な計らい”ではないか。

【オーディオを取り払い軽快さを創る】

オーディオはなく小物入れ的なグローブボックスを装備。このシンプルisスタイリッシュなこの感じがFLHTエレクトラグライドスタンダードだ。

【ショールームに展示中】

亀戸のツーリング仲間でも、ツーリングモデルが6割を超えてきた。大柄な車体は初級者には取り回しで不向きだが、ひとたび駆け出すとツアラーモデルの乗りやすさと、コーナーリングの好さにはトリコになってしまうはずだ。

【亀戸のツーリング仲間と伊豆スカイラインにて】

新規の購入、お乗換えの相談をいつでもお待ちしております。

夏季休業のご案内・・8/12~8/16までお休みさせていただきます。

新車へお乗換えして涼風ツーリングへ(*^^)v

葛飾区在住の新井様は、2011年秋にハーレーダビッドソンXL1200Cでニューオーナーデビュー…6年間愛用、2017年2月にはビッグツインモデル「ローライダー」ランクアップ。

そして、今夏8月には念願だった、ハーレーらしいツアラーモデル「FLHXS・ストリート」のオーナーへ!(^^)!

【ハーレーダビッドソン亀戸にて納車セレモニー】

ハーレーダビッドソンには45機種のバリエーション。初級クラスの750㏄~1200㏄、上級クラスのツーリングモデルまで豊富だ。

スポーツと同じく基本的な乗り方から始め、月に走行500kmくらいは乗り、近距離でのツーリングを楽しみにながら運転技術を上達していく。

【前モデルはローライダー】

常に愛車の定期点検や車検整備は、ハーレーダビッドソン亀戸へキチンと依頼してプロの確かな整備に託す。
時おり、バイク仲間から「整備の巧い友人がいて安く整備とかをやってくれる」などと誘われるが、自身のハーレーは正規ディラー以外に整備を出さないと、さりげなくお断りするという。

【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

新井様はそんな友の誘いには「正規ディラーの確かで安心な整備に、お金の問題じゃない。ハーレーオーナーのプライドでもあるんだ。そんなところで整備して、もしもの事が起ったら友達を無くすよ」…と。何やらプロの見方のようだが、永い目で観ると結果としてお徳なことをちゃんとご存知だ。

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングプランは年間6回。購入くださったお客様へのアフターサービスの一環での開催してお誘いしている。次回は、納車したツアラーモデルでの参加によって仲間たちから大注目されるかも(*^^)v…
点検整備の利用と共に、ツーリングも大いに楽しんでいただきたいと1986年の創業以来一貫して開催。
サービス工場の利用とツーリング参加、その両方を、うまく利用され楽しまれる新井さんは亀戸のVIPな常連さんだ。

【ソフティルスルムのニューオーナーへK・H様】

ハーレーダビッドソンの中核モデルとなる「ソフィテルモデル」。バイク経験が少しある方のオーナーであることが少なくない。ソフィテルモデルには、このソフティルスルム、ヘリテイジクラシック、ブレイクアウトなどハーレーダビッドソンを代表する人気モデルが揃っている。

夏季休業のご案内 8/12(月)~8/16(金)までお休みを頂戴します。