金沢&富山グルメを北陸新幹線で!


【金沢市近江市場のすし屋・山さんの海鮮丼】
北陸新幹線が金沢まで開通して1年。一度乗って見たいと、2月にやっと実現しました。東京から新幹線で2時間強で海鮮料理のうんまい北陸へ!(^^)!


【氷見温泉・富山湾盛り】

亀戸のハーレー仲間でも、ロングツーリングを得意とするメンバーがシーズンに駆け巡る北陸ロード。

東京からのツーリングでは、約450kmに及ぶものの、強者の彼らは早朝に東京を出てランチは日本海を頂いている。


【金沢駅のシンボルアート】

東京オートバイ組合総会へ小池都知事が参席!(^^)!

東京オートバイ協同組合は平成4年の創立から25周年を迎えました。その栄えある本年の総会へ小池都知事にご臨席いただきました。
さらに「東京オリンピックへ向けオートバイの活用を」との希望のお言葉を頂戴しました。


【小池都知事の熱い挨拶に希望を頂いた】

小生は、この25周年総会より東京オートバイ協同組合理事長として選出されました。微力ながら役員理事皆様のご支援と、ご協力を頂きモーターサイクル業界の発展と、都内126社の組合員店をと共に前進して参りたいと決意しております。


【新理事長としてご挨拶しました】

ハーレー新エンジン搭載「FLHTK」(^^♪

2017年モデルより新エンジン「ミルウォーキーエイト」を搭載したツーリングモデル。

早くも、亀戸のハーレー仲間の愛車となってツーリングへエントリー(^^♪


【2017・FLHTK/ウルトラエディション】

外観上の変化は、「2017年モデル」では従来型カウリングを採用。エンジン形状を見ないと判らない。


【2015・FLHTK/ウルトラエディション】

160㎝前後のライダー身長でも脚付きが好い「FLHTKL/ウルトラロー」。ウルトラエディションではこの2モデルの人気が圧倒的だ。


【ソフティル・ブレイクアウト】

ツーリングモデルよりも人気の高いのがソフティル・ブレイクアウト。30歳代から50歳までのライダーから引き合いが強いモデルだ。

一度、ハーレーダビッドソンに乗ってしまうと、ソフティル、ダイナ、そしてツーリングモデルへとランクアップしながら生涯の愛車となるようだ(^^♪

春の一番 ハーレー納車です~!

東京・月島にお住まいのY・Sさんは、ほんの数日前に大型2輪免許を取得され、念願のハーレーダビッドソン・ローライダーSのニューオーナーへ。歓びいっぱいの納車を迎えました。


【人気ナンバー1・ダイナ・ローライダー/FXDLS】

パワーウェイトレシオ(車重に対するエンジンパワー)が、ダイナファミリーではハイレベル。
FXDLS/ローライダーが搭載するエンジンは1800cc、最も重量のあるツアラーモデルが搭載してきたビッグツインエンジンだ。


【桜満開の下をハーレーで駆けよう】

早桜が、関東では今、見頃を迎えている。春一番が吹いたら、いよいよツーリングシーズンへ突入~


【亀戸のハーレー仲間と一緒に春を駆けよう】

ハーレーダビッドソン・オーナーだけのクラブ「HOG・東東京チャプター」に入会して、毎月開催されるツーリングへ参加しよう。

ハーレーを介しての出会い、愉しみを深め豊かなハートの大人の集いがある。

「春の黒潮グルメツーリングin大洗」のお誘い(^^♪

亀戸のハーレー仲間が自慢の愛車で駆けるHOGチャプターツーリング。今年は、1月29日開催の新春ツーリングから103名の参加となりました。

次回は3月26日「春の黒潮グルメツーリングin大洗」の参加募集スタートです(*^^)v


【スタート時間までに全員がガソリン満タンのスタンバイ】

東東京チャプターは、今年創設20周年を迎えます。1998年7月に10名足らずのメンバーからスタート。2016年12月では146名となっています。

メンバー資格期間は1月~12月まで、2/18現在の2017チャプター会員数は124名。このペースで行けば12月には150名を超えそうですね。


【出会い】

ハーレーダビッドソンを持ち、HD亀戸が主宰する東東京チャプターメンバーだからこそ、この楽しさを分かち合える(*^^)v


【走り】

チャプターツーリングへ、すべてに参加すると年間での走行距離は、5000kmに達します。
ハーレー走って楽しんでナンボ(^^♪…愉しむために手に入れた遊び道具ですものね。


【集う】

ちゃんとした集まりには、ルールとマナーがキチンとあります。「遊びは平に」…を基本に、メンバーさんもチャプター役員(15名)も年会費・ツーリング参加費は同額。また会計報告は都度メンバーさんへ公開しています。

http://www.h-d-kameido.com/harley-life/touring-event/post4424

東東京チャプターのオフィシャルツーリングへ参加は、メンバーシップシステム。つまり、メンバーとHD亀戸にて招待されたビジター以外の参加は限定されます。

ツーリング本番までにコース下見、初心者を迎い入れるためのチーム編成の役員ミーティングなどを経て本番へ挑む。

細やかなことだが、これらの経費等はチャプター年会費から支出されている。

東京外環・通行料金が新体系へ!


【ETCの効果は増して行く】

高速道路を管理する「東日本高速道路」からの連絡によれば、次に示す通りであるが、業界団体から強く要望している2輪車と軽自動車の通行料金を区分して欲しいものだ。

昨年、その車種区分について行政と道路関係企業がやっと動き出した。それでも全国のETC受信機の2輪車対応はこれからだ。なんとも遅い(?_?)


【2輪車こそETCの利用効果は高い】

平成29年2月26日(日)午前0時から、東京外環道(大泉IC~三郷南IC)は、利用距離に応じた料金になります。

ETCの利用は、距離に応じた料金になります。
 軽自動車等    250円 ~  630円
 普通車      270円 ~  750円
 中型車      290円 ~  860円
 大型車      340円 ~ 1120円
 特大車      450円 ~ 1770円


【2輪車の高速道路利用は年々増している】

現金での支払いは、利用1回ごとの料金になります。
 軽自動車等    630円
 普通車      750円
 中型車      860円
 大型車      1120円
 特大車      1770円
※一部の料金所では、これらの料金より安価となります。


【亀戸HDクラブのETC装着率は100%】

日本の高速道路通行料金は世界一高いのではないか。
小生はそう思っている。更に、二輪車が4人乗りの軽自動車と同額である。なんとも納得し難い。ETCが普及してきた現在、その車種区分など簡単ではないかと考える。

話は飛躍するが、このあたりの法律を、いろんな意味で「現行に合ったもの」に変えないかぎり進化も、日本の更なる成長もないように思う。

XG750ストリート・ハートアップキャンペーン

ハーレーダビッドソンのナナハンとして登場した「XG750ストリート」。軽快な走りと軽量な車体、扱いやすさで大型二輪免許を取ったばかりのニューライダーから支持を頂いている。

春本番を前に、多くのストリートファンを拡大しようとローン金利0.00%、つまり分割購入でも金利0円で手にできる「ハートアップキャンペーン」が始まった!(^^)!


【XG750ストリート】

☆…期間 2月16日~3月31日申込分まで。

☆…対象モデル XG750ストリート 新車(モデル年式不問)

☆…支払方法 61回払い/月額支払額8300円 金利負担0円/0・00%(最長5年・1年・2年・3年・4年より選択/100万円ローンの場合)

☆…据置ローンの利用 注文金額の50%まで取組み可能。


【XG750・ジャパンカスタムペイント】

ご好評頂いた「XG750・ジャパンカスタムペイント」、在庫は残りわずかに。


【XG750・ジャパンカスタムペイント】