晩秋を迎えた平林寺の紅葉を訪ねて!

埼玉県新座市にある平林寺は紅葉の名所と人気が高い。
昨年に初めて訪ねたとき、来年は紅葉の盛りを計りながらと思い今回を迎えたが、盛りを過ぎてしまった。
その中でも真っ赤な紅葉を何枚かに写し収めることが出来た。亀戸から小一時間の、紅葉チョイツーリングには、持って来いの平林寺だ。


【山門(埼玉県指定有形文化財)】
木造、茅葺、1664年(寛文4年)建立。『凌霄閣』の扁額を掲げている。


【正門をなかから】


【正門から観た山門】


【今年最後の紅葉】


【盛りは11月中旬以降だった】


【平林寺境内の雑木林は国天然記念物】


【武蔵野は昔からこうだったと思いにはせる】


【錦鯉が清水に泳ぐ】

空冷スポーツスター「XLフォーティーエイト ファイナルエディション」

日本限定1300台!! ハーレー最後の空冷スポーツスター「フォーティーエイト ファイナルエディション」登場(^^)/

ハーレーダビッドソンジャパンは、12月5日に神奈川県横浜市で開催されたホッドロッドカスタムショーで「フォーティーエイト ファイナルエディション」を発表。
根強いXLスポーツスターファンが存在する日本市場の要望に応えたもの。


【限定生産1300台の配車】

・H-D正規ディラー114店に限定生産1300台の配車は割当。
・購入のお客様へは来年3月以降より順次予約のお客様へ納車。
おかげさまで、ハーレーダビッドソン亀戸では、今回の割当配車枠を、12月6日時点で、すべて予約完売となっております。


【XLフォーティエイト・ファイナルエディション】

今回のXLフォーティエイト・ファイナルエディションへの経過、今年の4月6日に、ハーレーダビッドソンジャパン㈱より、XL・2021年全モデルの生産終了が告げられたが、❝完全なる終了とは断言していません❞と含みのある言質まま、半年間を経過。
H-Dディラーでは、XLの再生産はあると踏んで、出ない場合は予約金を返金として、仮予約を受けていた。
多くのH-Dディラーでは当店のような対応で、今回の発表を待っていたものと思われる。


【ホットロッドショーにて】

モーターサイクルメーカーでは、排ガス規制のユーロ5への対応で、2022年9月以降の生産までには、ヤマハはSR400ファイナルエディションなど7000台を限定生産。
ホンダはCB100ファイナルエディション1600台限定生産。ハーレーダビッドソンもファイナルエディションをやるなら、XLフォーティエイトでファイナルエディション1300台。
過日、ハーレーダビッドソンジャパン(株)の野田社長が亀戸へおいでになった際に、未発表のXL1200Xについて、小生は、勝手ながら再生産をするなら2000台生産でと申し上げた。それはディラー代表の間でもそんなことを話していたが、1300台ではやっぱり足りなかった。


【2022・XLフォーティエイトプライス】
本日だけで電話での購入希望の問い合わせは30件を超えた。しかし、当店枠はすでに発表と同時に完売。
願わくば更なる1000台の増産をハーレーダビッドソンへお願いしたい。

EVバイクコレクション2021㏌東京国際フォーラム

2021年12月4・5日、東京都千代田区の国際フォーラムで開催されている「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」へ。この開催を知ったのは開催初日、すなわち昨日だった。


【EVバイクコレクション in TOKYO 2021・東京国際フォーラム】


【電動バイク・GEV600】
一充電走行距離70km 。30km/h定地走行、乗員50kg、バッテリー新品、気温15℃、無風の条件下での当社テスト数値。

GEV600はリアハブモーター。構造がとてもシンプル。メンテナンスにかかる費用が抑えられます。600とは定格600w からの名称。


【ホンダブース】

【ヤマハブース】
YAMAHA ( ヤマハ ) e-MTB YPJ-MT PRO ( ワイピージェイ-エムティー プロ ) ポディウムブルー / ニッケル M 車両価格660,000円 (税込)

【カワサキブース】
ライダーの視線を浴びていたのはこの1台。これまでのモーターサイクルスタイルに電動モーターを搭載。

【BMWブース】


【トヨタ車体ブース】
電気自動車 ミニカー トヨタCOMSコムスB・COM


【アイディアブース】


【GASGASブース】


【GASGASブース】


【電動カー幼児試乗】


【警視庁車両・マラソン大会先導】

【宮田 裕章氏】
基調講演の慶応義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授 宮田 裕章氏。

ポータブル電源とバッテリー充電器のお勧め!

これでバッテリー充電をお任せ下さい(^^♪…持ち運べるポータブル電源ならマンション等、充電に使用する100Vとコンセントプラグが無い場所でも利用できます。
ハーレーダビッドソンを駐車している場所に充電器接続が出来ずにバッテリーを上げてしまい、エンジン始動が出来なかったと云うオーナーは少なくありません。


【ポータブル電源JacKery】

ポータブル電源JacKeryは、バッテリー充電だけでなく、キャンプでの使用、停電の際の緊急電源など用途は広い。


【ロードサービスへの引き上げ依頼も今冬は減るかも】


【ハーレのバッテリーにつないで充電OK】
この「ポータブル電源・JacKery」へ自宅の100Vコンセントから充電して置き、駐車場に置くハーレのバッテリーにつないで充電ができます。


JacKery
ポータブル電源JacKery 19800円をハーレーダビッドソン亀戸にて在庫しています。在庫少量のため売り切れの際はご容赦ください。
製品の仕様についてはJacKeryホームページをご覧ください。

より良い二輪車文化の創造を目指して!


【全国オートバイ組合連合会理事・各組合理事長】

全国オートバイ組合連合会では、二輪車にまたがる諸問題を総合的に精査して、政党・衆参両院議員、関係行政、二輪車メーカー、流通各位との関係を強化し、合わせてユーザーの利便性を抜本的に改善していきたいと行動しています。


【高市早苗自民党政調会長から祝辞】


【自民党オートバイ議員連盟 逢沢会長】

全国オートバイ組合連合会からのこれまでの要望事項
1 二輪車のETC料金導入とETC購入助成金の支給
2 二輪車の高速道路通行料金車種区分の独立
3 125cc未満の新車販売時におけるインセンティブの支給
4 二輪車の軽自動車税増税分等を充当する ことによる二輪駐車場
5 小型限定普通二輪(125cc)免許取得時の負担軽減
6 バス専用通行帯の運用基準の統一と二輪車の高速道路・路側帯の避難利用


【公明党オートバイ問題懇話会顧問 山口代表】

=二輪車の高速道路通行料金車種区分の独立=
来る2022年4月より、「普通車の半額」が、やっと半歩だけ実現します。
利用時間に関係なく普通車の半額となるバイク割引案を了承され、高速道路会社による割引プランが作成される見込み。実施は2022年4月~11月の土休日に限定
・1回の乗降で100kmを超える走行が対象
・ETC二輪車ツーリングプランと同じインターネットによる事前申込み制


【公明党オートバイ問題懇話会 北側会長】


【日本維新の会 石井あきら参議院議員】


【全国オートバイ組合連合会 大村会長】

全国オートバイ組合連合会/AJは、1992年の東京オートバイ協同組合設立と共に、先行して設立しているAJ大阪、AJ神奈川、AJ広島、AJ愛媛などの組合と、連合会設立に向かい、2021年の総会では第18回総会開催を迎えた。

クリスマスセールスタート(^^)

12月の始まりと共に「クリスマスセール」スタートです。

時の流れの速さに驚きが増す年代になったのでしょうか(笑)…真冬も乗り回すハーレーライダー!…それを自負する小生、ハーレーライディングらしくゆったりとした時間に、ちょっと憧れているせっかち野郎ではありますが。

ハーレーオーナーにとって、ウィンターシーズングは、H-Dレザージャケットやレザーパンツ、グローブなど、冬に備えたアイテムを準備するタイミング。


【クリスマスセールスタート】
50%OFFのバーゲンバスケットなど、ショールームにはクリスマスセールだらけ(^^♪…ぜひご来店を頂きまして、欲しかったあの一品をゲットください。


【H-Dウィンターモータークローズを】


【ウィンターグローブもお値打ち】


【ニューイヤーカレンダーを5千円以上のウェアお買上げで】


【ニューイヤーカレンダー・2022】

お乗り替えもハーレー・ソフティルモデルへ(^^)

お乗り替えもソフティルモデル・ファットボーイ114へ。
ソフティルモデルの中にあって、日本では圧倒的な人気を誇るファットボーイ。
1990年の発売から30年を超えても、その人気に衰えはまったくない。
台東区在住のY・Wさまは、2014年にソフティルカスタムをお求めくださって、早くも7年が経って、そのソフティルカスタムもキチンと点検整備をハーレーダビッドソン亀戸へお出し頂いていたので、旧さを感じさせない。


【ファットボーイ114のオーナーへ台東区在住のY・Wさま】

永くハーレーダビッドソンに乗り継いでくださっているオーナーさんは、秋から冬にかけて乗り換えが多い。ハーレーのニューイヤーモデルの発表が8月で、日本へリリースが9月以降にニューモデルが上陸してきたこれまでの30余年間がその流れをつくってきた。
乗り換えのタイミングが分かってらっしゃるハーレーオールドオーナーなのであります。


【ソフティルモデル・ヘリテイジクラシックは年内納車可能】

ハーレーライダーは、ウィンターシーズングローブを持っている。それは当たり前だが、夏にハーレーオーナーになった方に、サマーグローブのまま冬を迎えていることが意外にも多い。明日から12月、気温がひとケタにならない前に「冬物グローブ」を準備したい。


【H-Dウィンターシーズングローブ】