ハーレーオーナーのバッテリー上がり対応!

メインキーを差し込んで、ONにしてセルモーターをスタート…「カタカタカタカタッ…(‘;’)」。この音は『バッテリー上がり』の症状にみられるバイクから発生する” エンジンかからず”のサウンドである。

【新車保証は3年間】

これからの季節、ツーリング前や、ツーリング中にバッテリー上がりが起きやすい。今回は、そんなバッテリー・トラブルを克服するため、今日はワンポイントアドバイス!

【バッテリー上がり】
電気を十分に蓄えていない状態になること。日頃より乗っていないオーナーに見られる過放電や充電不足が原因。

【バッテリー寿命】
劣化、寿命により、電気を起こせない状態。購入から3回目の冬季に多い。ハーレーの場合は、振動による劣化もあり。

【バッテリー不良】
内部損傷や欠落によりショートを起こしているなど、欠陥品。バッテリー端子の締め付け不良。

【12月に入って大好評】

これが自宅のあれば安心。ツーリングの朝、バッテリー上がりに対応できる。プラス(赤)・マイナス(黒)端子をバッテリー上がりに噛ませ、セルモーターを回し補助電圧でエンジンスタート。

【ハーレーバッテリーブースター】

充電はUSBから充電ができるのと、USB電源も取れるので携帯の充電も可能な商品。

バッテリー上がりのいざという時に役立つHD純正アイテム。

本体価格¥30,432

11月入荷分は完売しております。ご注文はショールームスタッフまでm(__)m

【家を出る時はセルは回ったのにぃ~】

12月~3月にもっとも多いバッテリー上がり。ツーリング前日のエンジン始動点検は絶対です。

【定期点検を受けて安心で楽しいツーリング】

日頃からハーレーダビッドソン亀戸へ定期点検をご利用いただいていますハーレーオーナーの車両は、マシントラブルはやっぱり少ない。車輌を持つ以上、それなり維持費はかかるものだが、命をのせて走るハーレーを、ベストコンディションに保つことは何よりもライダーの使命であり責務である。

亀戸のハーレー仲間が集った「2018望年会」(^^♪

亀戸のハーレー仲間が集った「2018望年会」(^^♪

来年も「出会い・集い・走る」この3つの活動のもと、ハーレーダビッドソンを介して、ワクワクする走りへの希望と、交通安全の願いを心に集う。

1986年から「望年会」の歴史は始まる。今年も80名で盛り上がりました~(^^♪

【2018望年会はアンフェリシオンで開催】

ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局に展開する「ハーレーオーナーグループ・東東京チャプター」の年次総会と望年会を開催。

2018年の活動報告と、望む「2019年ツーリングプラン」を発表!

【オシャレして望年会場へメンバーが続々と】

ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入のご縁から、主催ツーリングへ参加して出会い、先輩や同期のハーレーオーナーとしての出会い。

それは誰もが通る「ハーレーワールドへの最初の一歩」。

ハーレーだけが持つ仲間意識の高揚が、知らず知らずのうち、ツーリングへ参加するたびに強くなっていった。

オートバイは独りで乗るけれど、チャプターはひとりじゃない、こんなに愉快で楽しい仲間がいる。もうひとりじゃないよ(*^^)v

【ハーレーダビッドソン亀戸・望年会】

この日ばかりは、愛馬のハーレーダビッドソンは車庫へ置き、メンバーもチャプター役員もオシャレして望年会場へ。役員全員で協力しあい設営した望年会場もバッチリ完了。チャプター総会から望年会への進行がスクリーンに写りだされる。

【2016年よりアンフェリシオン披露宴会場での望年会】

チャプター役員・大橋エディターの撮影・編集による映像は、望年会場に居るチャプターメンバーは熱い感動に包まれた。映像をぜひご覧ください。(Facebook画像)
2018東東京チャプターツーリング
【感動のチャプター総会・望年会ビデオプロローグ】

ハーレーダビッドソン「手にして走って愉しんでナンボ」(*^^)v

2018年モデル・ファイナルセールスキャンペーンはかなり豪快です。

年内25日までと限られますが、少し先だった購入の決心が、ガラッと早まってしまうかも~のご提案(^^)v

①…ダイレクトな話をすると「0.99%ローン/120回払い」。今年、もっともお値打ちにお求めいただけるチャンス。つまり「絶対的な支払金額が低い」。

②…最大172,800円のメンテナンスパックをプレゼント。3年間のオイル交換、ブレーキパット交換、点検整備など、後の費用がかかりません。

【2大特典クリスマスフェアー】

今回は、次の2プランからどちらかおひとつ、特典をお選びいただけます。
☆…0.99%特別低金利ローン
☆…最大172,800円/メンテナンス・パック

頭金は0円でOK。月々支払いをボーナス併用でゆっくり120回ローンをご利用ください。

【2018年全ハーレーダビッドソンモデルを対象】

ハーレーダビッドソンはアメリカからの輸入車、国産バイクとの違いは大きい。亀戸店はHD正規ディラーとして、当社でお求めくださった方の車両の「アフターサービス」を重視しています。

新車は、何処で購入されても同じモノです。クルマと違うのは単に移動手段で使うのでなくハーレーは「感性」の乗り物。つまり趣味を愉しむ遊び道具のハーレーダビッドソンなのです。

【多くのハーレーオーナーは全員カスタマー(*^^)v】

しかし、購入後のカスタマーサービスは販売店毎に違い、また経営者も異なり人が違えばコトは違います。遠くでの車両お求めは、結果としてお客様のお徳になりません。

購入からの長いハーレーライフには、思わぬバッテリー上がりやパンクにサッと対応できることが重要。
あなたの暮らす街に近いハーレーダビッドソンディラーが亀戸店であれば、そのお近くのご縁を大切にしたい。確かな信頼と後の事もお考えになられ、新車をお求めください。

【サービス工場スタッフは5名全員が国家資格整備士】

時々、通販や遠方から車両を買ってマシントラブルで困ったという方がいます。当店では、車両を購入されたお客様を優先に整備業務を行っています。その他の整備も、事前に電話にて内容確認のあと入庫日を決めて受注を行っております。

【ハーレーダビッドソン・モータークローズコーナー】

ハーレーに乗るには四季を通して都合の好い東京は、雪がほとんど降らず、路面凍結もめったにありません。ともあれ、冬のライディングにはレザーウィンタージャケットは欲しい1着ですね。

只今、クリスマスフェアーでウィンターウェアーをお求めやすくご提供(*^^)v

【当店主催ツーリングの年間12回】

車両をお求めくださったお客様を誘ってツーリング。購入されたばかりの初心ライダーの方にはニューオーナーツーリングへお誘いしてマスツーリングの愉しさと、亀戸のライダー同士の出会いもいっぱいです。

【新年1月のツーリングプランは2つ】

ハーレーダビッドソンは乗って愉しんでナンボ。買ったあとに如何に楽しむか(*^^)v…ここがもっとも大切なコトです。

☆…このキャンペーン中 上記の2大特典に加え、あなたのお乗りのバイクを高価下取査定、お乗り換えの検討もよろしくお願いします。

すべてに上質を極めたハーレーダビッドソン・CVO!

刺激と快適さ。その相反する言葉をハーレーファクトリーがマシンへと作り上げる。
排気量1,923㏄ミルウォーキーエイト 117キュービック/V型ツインエンジンを搭載。

ご成約のお客様へ年内納車に向けて、ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場にて新車PDI、新規登録前の完成整備。

【FLHXSE・ストリートグライドCVO】

最高のクォリティーのカスタムペイント。スタイルとデザインを極めた生産台数限定のマシンだからこそ、オーナーの選択も最上のものになる。
CVO:「CUSTOM VEHICLE OPERATIONS」と名付けられた。ロングツーリングが更に楽しくなる多くの機能と装備を満載。

【豪華で高機能なインスルメントパネル】

タッチスクリーンを装備。ナビ、通話、オーディオのボタンが並ぶ。日本語対応とApple Car Playに対応。

【CVOは羨望の眼差しに】

いつかはハーレーダビッドソン!
オートバイ乗りが至上のブランドとして憧れるハーレー。それは歴史と伝統の創業115年の歩みが生んだ「キング・オブ・モーターサイクル、ハーレーダビッドソン。ワンランク上の最上級ツアラー。

亀戸のハーレー仲間にも、CVOオーナーは多くはいない。選び選ばれたライダーに相応しい1台なのだ。
2018年クリスマスには、もう一人その高みの憧れのステージへ。

アメリカ・サンディゴに於いて発表以来、多くのお問い合わせをいただいていました「2019年・限定生産車/ストリートグライド&ロードグライドCVO」次期の入庫が確定しました。

すでに2台のご成約を戴いておりまして、そのうち1台は納車完了。

入荷予定枠が残り1台のため、予約状況よっては早期に完売となります。ご検討の皆様、お早目のアクションをよろしくお願いいたします。

FLHXSE CVO ストリートグライド 車輛本体価格¥4,576,600

スマホアプリでナビが使える! 

2018年以前モデルの「ウルトラエデション」や「ストリートグライド」など、ツアラーモデルへナビゲーションを装備(*^^)v…ツーリング目的地設定もこれで安心だ。

【インスルメントパネルにナビゲーション】

2018年モデル以前のツアーモデルにもスマホとつながる!ショールームで発売中の「クラブハーレー・2019年1月号」で紹介されている「革新的なオーディオが登場」の記事でも紹介され話題を呼んでいる「オーディオキット」。

【クラブハーレー新年1月号で特集】

2014年モデル以降、インスルメントパネルのモニター画面は、ナビが使えないので無駄に感じているハーレーオーナーもいたのでないか。そのような不満を解消するオーディオキットが発売された。2019年モデル標準装備ではアップルカープレイが対応できるが、この「Harley Dvidson Audio Kit」は、アンドロイドのスマホにも、またアップルのいづれも対応している。
2018年以前モデルに活用できる、嬉しい今回紹介のオーディオキットだ。

【純正のようにピタリと収まる】

「Harley Dvidson Audio Kit」本体価格¥98000(税別)…純正外製品。オーダーはハーレーダビッドソン亀戸まで。

100万円以内でハーレーオーナーに(*^^)v

100万円以内でハーレーオーナーに!

その額面通りのご提案!は取って置きの極上中古車3台。

ハーレーダビッドソン亀戸にて販売の車両は、これまでの整備記録もしっかり保存。在庫から、特に安心してお乗り戴ける車両を展示販売。

12月12日現在の中古車在庫は、ホームページサイトでその他のモデル、価格・仕様をご覧いただけます。
⇒http://www.h-d-kameido.com/showroom/used

【ストリート750/フラッグカラー】

ハーレーダビッドソン入門モデルとして、女性から圧倒的な支持を戴いているストリート750。

車庫からの出し入れなど取り回しも軽量な車体だからこそラクにお乗りできます。

【ストリート750】

レーシングカラーをまとったストリート750。大好評のカラーモデル。

【スポーツスター1200Cカスタム】

XL1200Cカスタムは、60歳以上のオーナーさんが目立っています。このマシンから腕を上げて1600㏄以上のビッグモデルへランクアップされる方が少なくありません。

ハーレーダビッドソンとの出会い、クリスマスフェアの亀戸店にてご覧ください。

冬の暖ったかライディングアイテムを(^^♪

12月も中旬に入って来ましたね、冷え込みも今年一番を日々追って更新されていく。

ホントのバイク乗りは、季節を選ばず、逆に❝冬こそ乗り時❞とばかりに、ウィンタースタイルで喜んで駆ける。

彼らが身にまとっている冬装備をちょびっと紹介したい。

【ハーレーレザージャケット】

ハーレーダビッドソン純正レザージャケットの最高ブランド「FXRG」を着れば、どんな寒さにも対応。付属のインナーは脱着タイプで外気温により脱ぎ着が可能だ。

【ウィンターブルゾンがクリスマスバーゲン】
ハーレーダビッドソン純正ウィンターブルゾンがクリスマスバーゲンセールでお値打ちに。現品限りの50%OFFでご提供早い者勝ちです(^^♪

【ヒーティングスーツ】

【フェイスマスクでウィンターラン】

【防寒フェイスマスク】

ヒーティングシステムスーツは、バッテリーから配線を取る。上下スーツとグローブの三点セットならどんな寒さにも対応できる。毎冬、片道500kmを駆けて実家へ帰省するSさんは、「これがあるから全然平気」と真冬ツーリングを楽しんでいる風だ。

【ネックウォーマー】

【ヒーティンググローブ】

気温5℃を下回ると、その指先の冷えは「痛い」くらい。それはライダーならば誰しも経験している。毛細血管の多く集まる指先を冷やさなければ寒さにもある程度耐えられる。ウィンターグローブまたヒーティンググローブで冬のライディングを愉しもう。

ヒーティングアイテムも20%~30%OFF(グローブのみ)にてクリスマスバーゲンセールでご提供。ぜひ試着ください。