軽いクラッチがライダーを幸せにする!

ハーレーダビッドソンは、ロギャーからトップギャーまで、5速&6速のマニュアル・ギャーミッション(変速機)を装備。

そのギャーシフト毎にクラッチ操作を伴い、都心や高速道路での渋滞時は、クラッチレバー操作の握りが重くて苦痛と云うニューオーナーは、操作が慣れないこともあり少なくない。


【油圧システム】

ハーレーもクラッチ操作は、ワイヤーによってレバーで行っている。一部の高級モデルでは油圧システムを採用している。

【マンバ製クラッチスプリング】

ツーリングモデルや、110cviエンジンを搭載するSモデルに適合の「マンバ製クラッチ・スプリング」が昨年秋の発売以来、大好評を頂いている。


【ソフトクリームの握りにゆとりも】

ダイナ・ワイドグライドからツーリングモデル(FLHTK)へランクアップした井上様。乗り換えた最初クラッチ操作の重さに苦心したと云う。早速、マンバのクラッチSPを装備したら、その軽さに感動した様子。


【ソフティルモデルにも適合】

クラッチ操作を軽くしたい。ツーリングモデルが適合だが、一部「」などにも適合している。


【ソフティルスルムS】

軽いクラッチが、GWのツーリングライダーを幸せにする。ロングツーリングの前にエンジンオイル交換をオススメ。ハーレーダビッドソン亀戸は、4月30日(日)まで(月曜定休を除き)通常通り営業しています。

ハーレー・ソフティル人気沸騰中~(^^♪

ハーレーダビッドソンの1600㏄ビッグツインエンジンを搭載しながらも、軽快さを合わせ持つソフティル。ツーリングシーズン到来を迎えて納車が続きます。

【葛飾区在住のT・Aさま】

念願だったハーレーオーナーデビューへ。マシンはファットボーイをカスタマイズした。1990年に一世風靡したFXSTC/ソフティル・カスタムを彷彿させる仕上りにご満悦の様子。

【足立区在住のT・E様】

伝統的なクラッシックスタイルは、ハーレーダビッドソンを代表するヘリテイジクラシック。
2017年モデルは鮮やかなカラーリングは人気集中しているようだ。

【江戸川区在住のA・H様】

現在はXL1200Xフォーティエイトのオーナー。しかし、ハートはビッグツインモデルへ。平日ツーリングではニューオーナーツーリング仲間のファットボーイが気になっている様子(*^^)v

ハーレー試乗会をライコランドで開催!

今度の23日(日曜日)、一度ハーレーダビッドソンをお試ししてみませんか。

オートバイ用品店・ライコランドは江東区東雲(しののめ)にあります。お誘いあわせのうえ「大型二輪免許」をお持ちになり、ハーレーダビッドソン最新モデルへご試乗ください。

また会場では、普通2輪免許から大型二輪免許へのランクアップ、また新規に大型二輪免許を取得に関する指定教習所の紹介も行っております。お気軽にお問い合わせください。

下町・亀戸のスタミナ丼!

日中の気温がグンと上がって来た。初夏を思わせるような陽射しが散りゆく桜に注ぐ。暑いくらいの気温に亀戸のうなぎの老舗「きはら」へ足が向く。

こちらはハーレーダビッドソン亀戸の斜め向いの京葉道沿い、徒歩2分にある。

【きはら・スタミナ丼】

鰻半分と肝焼き3本が、ごはんたっぷりな丼にのって1350円。これを頂いたあと、何やらスタミナが増した感になるのが嬉しい。

食堂や飲食店には、何がしかの音楽、つまりBGMが流れていて欲しいと思う。下町の飲食店にはテレビをつけているところが多い。他に誰もいない「沈黙の店内」のなかでの食事は、寂しさも味わえる。

テリー伊藤さんご来店~(^^♪

いつもテレビで見るテリー伊藤さん。気さくな人柄は、偶然ショールームにいらしたお客様にも気さくにお声掛けしてくれた。そのみんなの笑顔で和やかな雰囲気に包まれました(^^♪

【ニューオーナーのT・Yさんと友達も大喜び】

ハーレーダビッドソン亀戸へ来店してくれた、テレビ・タレントの「テリー伊藤」さん。
XL1200X/フォーティエイトの納車セレモニーのタイミングでニューオーナーのT・Yさんも大喜び。

【CVO憧れなんだよなぁ・・・と(^^♪】

根っからのモーターサイクルフアン。世田谷や湘南の車庫には12台を保有するマニアでもある。今日は、業界関係者からの紹介で取材を兼ねての来店。質問内容も現役のライダー顔負けのものばかり(*^^)v。

【テリー伊藤さんとスタッフで】

著名な人は、年間を通じて来店しているハーレー亀戸。その皆さまをブログでは公開出来ないのですが、テリー伊藤さんからは、写真公開とブログへのアップ許可をいただきました。

絶景・快晴ツーリングin富士山(*^^)v

絶景・快晴ツーリングin富士山…ホントのイベントタイトルは「富士山麓周遊ツーリング」だったが、朝の集合から解散時まで快晴と冨士山を見ながらのツーリングになったからブログタイトルに(*^^)v

亀戸のハーレー仲間が自主的にプランする「チャプターマイナーツーリング」は、オフィシャルツーリングと異なって、下準備はコース下見のみで走り中心になり、参加は3年以上乗るベテランライダーが目立つ。
【河口湖道路に入ると冨士山が真正面に】

今年の春の最高気温となる25・5℃との予報。富士山周辺の標高が高いせいか16℃前後でひんやりするものの快適だった。しかし、平野部に降りて来るとハーレーダビッドソン・ロードグライドの気温計では27.5℃だった。

【樹海を抜ける周遊道71号線】

鳴沢から御殿場市まで富士山麓の樹海を抜ける県道71号は交通量も少なく快適だ。展望台からは遠くに頂きに真っ白な南アルプスの峰々が望めた。

【冨士ミルクランドで休憩】

最高に美味しいソフトクリームと牛乳は、冨士ミルクランドで絶対に味わいたい。

【水ヶ塚公園・森の駅富士山】

ハーレーダビッドソンで上がれる冨士山。標高ではここ「水ヶ塚公園」最も高い地点だろう。

【御殿場は桜満開】

【時の栖レストラン・ステーキでランチ(*^^)v】

【足柄SAで全員集合後解散へ…一路帰京に(^^♪】

4月15日現在、亀戸のハーレー仲間である「HOG・東東京チャプター」の2017年メンバーは136名。7月1日は創設20周年を、メンバー総数150名で迎えたい(^^♪。

ハーレー亀戸の中古車は安心と信頼をお届け!

爽やか風を受けながらハーレーで駆ける!…まさに今からベストライディングシーズン。

安心と信頼で選ばれていますハーレー亀戸の中古車。お気に入りの1台を選んでライダーデビュー。

また、国産バイクから乗り換えて晴れてハーレーオーナーへ。

毎年4月から5月にかけて、ハーレーデビューシーズンなのだ。

【店頭に並ぶ極上中古車】

中古車選びは販売店のサービス工場を知ろう。よく言われる大切なことです。

わたしたちプロもモノ選びの前に、キチンとした正規販売店から選ぶことをお勧めしています。

車検・点検整備をしながら乗るオートバイは、個人売買などで手にして、すぐに不具合や劣化が見られ、整備を依頼するところなく困ったという方を見てきました。

ハーレーダビッドソンの中古車ならばなおの事、モノ選びよりも販売店選びから。まずは店の営業スタッフへ相談しましょう。

【新車登録から間もない特選中古車】

ハーレーダビッドソン亀戸の中古車は、すべて自社販売の下取車です。

前オーナーが大切に乗り整備記録も保存した安心中古車

販売後のアフターサービスは、新車と同様に整備工場への優先入庫とイベントなどのお誘い、末長いお付き合いさせて頂いています。

1998年以前の車両は、アフターパーツの供給が行き届かないためHD亀戸では販売をしておりません。


【亀戸のハーレー仲間とツーリングへ】

ハーレーダビッドソンは乗ってナンボの遊び道具。週末の亀戸のハーレー仲間とのツーリングには、ピカピカに手入れして磨き上げ、「俺のハーレー」を集合場所では誇らしげに(^^♪

ハーレーダビッドソンワールドとは・・・ハーレーオーナーであり、走る歓びを分かち合う仲間がいてこそなのです!