2018・アメリカツーリングレポート⑦・ラスト!

アメリカツーリングレポートをラスト⑦まで、お付き合いいただきありがとうございました。

ハーレー亀戸にてお付き合いを頂いておりますお客様を誘って、2年に一度5月末から6月に開催しています。

次回は2020年。あなたもその時にはエントリーを(*^^)v…


【ザイオン国立公園のワィンディング】

ザイオン国立公園、バレーオブファイルヤーの観光を終え、いよいよグライドサークルの出発地ラスベガスへ帰還。

【アメリカを駆けた~という満足感に】

最終日ともなると、レンタルハーレーにも9名の仲間はすっかり馴染み乗れてきた。走行ペースも上がって来た。

ラスベガス郊外には、カルフォルニア最大の米空軍基地がある。そこを見て行こうと、横を通るだけだったが、広大な空軍基地は、ラスベガス空港よりも圧倒的にデカかった。


【米空軍基地を見ながら】

ダウンタウンのランドマーク「ラスベガスタワー」が左に見えてきた。
しかし、渋滞はどの都市も同じだが、ラスベガス市内の気温40℃の炎天下でノロノロ運転はキツイ。
ラスベガス・ストリップロード沿いにあるディラーへ無事にレンタルハーレーを返すまであと30分足らず。みんな慎重に渋滞を抜けて行った。


【ラスベガス市街へ】

9名の亀戸のハーレー仲間たち。4泊5日で駆けた1800kmのツーリングもラスベガスから出て、周遊ラストとなるゴールだ。全員揃って帰還できた歓びを改めて分かち合う。


【ルート66にて】

ラスベガス郊外に、美味しいラーメン屋があるとツアーサポーターが教えてくれた「fukumimi/フクミミ」と店らしい。

日本食なら何でもいいと飢餓状態の9名に異論はなく、行って見た。美味いっ!(^^)!…サッポロビールに餃子に枝豆、仕上げにとんこつラーメン。まるで日本に居るようだ。


【ラーメンフクミミのとんこつラーメン】

遅いランチを済ませると、それぞれの午後をラスベガス市内で過ごす。小生の好きな拳銃販売店の射撃場へ誘ったら、5人で行こうとなった。竹内さんは前回2016年に続き2度目のターゲット。命中率も撃ち方もサマになってきた!(^^)!


【ツーリング&射撃大会】

ラスベガスでの最終日はお寿司で打ち上げ!(^^)!…やはり日本食が世界から愛されていることを改めて理解。

【寿司の盛り合わせ】
日本で見るのとそう違いを感じないラスベガス・ルクソールホテルの寿司店にて。


【ラスベガス・ホテルルクソールにて】


【ホテル・ルクソールにて】

明日の早朝4時、ラスベガス空港からロサンゼルス空港へ。そして羽田空港へと帰国する。打ち上げパーティーを終えたらツーリング荷物をパッケージ。6月13日に羽田空港を出発。20日まで1週間をアメリカツーリングで大西部をめぐり過ごした。

夏だっ!うな丼だぁ~!(^^♪

ハーレーオーナーさんには鰻好きが多い(^^♪…わざわざ浜名湖まで遠路はるばる訪ねて行くライダー仲間もいる。
もうすぐ、うなぎの「丑の日」7月20日がやって来る!

といいつつも、月に一度くらいは鰻の蒲焼きは頂いておりますが(^^♪

小生のオススメは、亀戸からさっと行けるこちらの3店。コストパフォーマンスでは関東地方でも上位だろう。


【うなぎの和友・江戸川区】
ご飯は並盛りを頼んだら、世間でいう大盛りがここでは並だった。たっぷりと頂ける満足感では首位でしょうか。うな丼3700円 


【新川うなぎ店・成田市】
新川重3600円 ハーレーオーナーの間で新川を知らないと「ツーリングしない人」。になるくらい有名な新川うなぎ店です。お重のご飯が見えない「新川重」でたっぷり戴こう(^^♪

スマートフォンで検索すれば位置は分かりやすい。店舗は、町はずれ。こんな場所にあったんだ~と誰もが思う。食べログで見る「成田第二空港ビル」は無関係。ビル内と勘違いさせる表記は混乱するよね。


【うなぎのい志ばし・成田市】
うな重 2600円  西日本風の焼き上がり。小生はここの鰻が一番好み。山椒を利かして頂くと美味さランクアップ(^^♪…ささ、うな重ランチツーリングをプランしましょう。

大型二輪免許取得支援10万円キャンペーン実施中!

「スピードは求めていない」・「ゆったりとした気分で」・「遠い山なんかを見ながらライディング」…ハーレーに乗って見たいとおっしゃる皆さまとの会話。それも、自動車教習所へ通う方々とお話しさせていただいた時の内容です。

ハーレーダビッドソン市販車の最少排気量は750㏄。最大排気量は1923㏄を搭載し40機種のバリエーション。

すべてのHDシリーズに「大型二輪MT免許」が必要となっています。


【サマーセール開催中】

ハーレーダビッドソンモータークローズを20%~50%OFFにてショールームにてサマーセール。ぜひご来店ください。


【フリーダムサポートキャンペーン9/30まで】


【XL1200Nアイアン】

XL1200XS、XL1200Nは、バックオーダによる納期改善を図りました。7月14日以降のご注文より、これまでよりも早い納車が可能になりました。


【ハーレーを介して楽しみを分かち合う】

亀戸店にて車輛をお買い求めくださった皆さまをお誘いして、「チャプターツーリング」は年間12回。

その機会に、親しくなった仲良しライダー同士で、温泉ツーリングや日帰りツーリングを楽しまれています。

オートバイは一人で乗るもの…ですが、しかし、同じハーレーを持つ仲間とのツーリングを通して得る、走る歓びはひとりでは得難いもの。新車を買って最初だけ走ってその後はほとんど車庫へ。そんな方が案外多いもの。

しかし、ツーリングへ誘い合う友達が居ればいるほど楽しいことはない。

ハーレーダビッドソン亀戸では、購入後のアフターサービスの一環として、ハーレーオーナー同士の出逢いと集い、そして走りを大切にして、1986年の創業から33回目の夏を迎えます。

ハーレーVツインエンジンと付き合い方!

ハーレーVツインエンジンと付き合い方!…なんて何やら厄介な見方のようだが、1500㏄を超える空冷エンジン。プッシュロッドによるシリンダーヘッドカム駆動。

ハイ・レスポンスエンジンを搭載する「F-1」や、高回転で出力を持つ「モトGP」マシン代表されるDOHCエンジンとは大きく構造が異なるもの。

そのハーレーVツインの特性を巧く使いこなす人を「ハーレーライダー」と小生は呼びたい。


【エンジンアッセンブリで交換】

高速域から一気にシフトダウンによるエンジンブレーキは、強烈な制動がかかる。
しかし、エンジンやクラッチへの負担が過大になるもの。

また発信時も、ローギャが車体が動き始めたらセカンドへ、速度は10kmを超えたら3速、次第に4速へと上げて行く。エンジンの回転が急激に上がるローギャーでは、5秒以上の引っ張りは高回転になってしまい、プッシュロッドへの負担が多く、平地では使わないようにしたい。

低速ギャーの①~⑤速ギャーを順序に沿って行くと、市街地では他のクルマとの流れや、道路状況に合ったスピードに乗れないこともある。サードギャー(3速)を多用して高回転までのエンジントルクを巧く使いたい。


【クラッチからエンジンをつなぐプライマリーチェン】

エンジンのパワーは、プライマリーチェンからクラッチ、トランスミッション、ドライブスプロケットからリヤ―ホイールへ伝動される。

急な操作や運転が多いライダーのマシンは、エンジンをオーバーホールするとその痕跡が多く見つかる。


【交換され廃棄される前エンジン】

街を駆け抜けるハーレーは、社外品エキゾーストマフラーが装着するライダーが少なくない。
中には、エンジンの排気ポートからエキパイだけで、マフラー部分の装着が無く、けたたましく邪悪な音を街中にまき散らすものもあり耳を塞ぎたくなる。

バイクであれ、クルマであれ乗ってる本人は、後方にまき散らす爆音は聴こえないだけに質が悪い。心地良いエキゾーストサウンドは、エンジンにも優しいことを知っておきたい。

「音」の出し方も趣味を愛する大人のパフォーマンスであって欲しい。


【亀戸のハーレー仲間で駆けるツーリング】

年間12回の開催となる、オフィシャル&マイナーツーリング。亀戸のツーリングのメインイベントだ。

オフィシャルツーリングへは参加台数は60台~85台。多くのチャプターメンバーは、ハーレー亀戸のサービス工場に於いて定期点検やオイル交換、カスタマイズなどアフターサービスを受けられる。ツーリング前にはタイヤ空気圧点検やバッテリーチェックでも、ぜひ利用いただきたい。

ツーリング中に、エンジン不調や部品が外れたなど、マシントラブルでレッカー車のお世話になる人が時々いる。

車輛購入から3年以上にわたり、一度もサービス工場の整備履歴が無い車輛、いわば「乗りっ放し」、または正規店以外での作業が考えられる。チャプターにあっては、安全なマスツーリングを運営の優先からom/chapter-index”>チャプター会則の順守を下半期は徹底しようと思っています。

2018・アメリカツーリングレポート⑥

アメリカツーリングも5日目の後半へ。ザイオン国立公園の東にあるホテル・ベストウェスタンを出る。

カルフォルニアの青空は、日本よりも高く蒼い。これから50km続くザイオン国立公園。その岩山と青空のコントラストが美しい。


【レンタルしたハーレー・ウルトラエデション】
ハーレーはミルウォーキーエイトエンジン1746㏄を搭載。日本仕様にはないウルトラエデション空冷107Cviエンジンだ。
今回の9名は、全員共にハーレーダビッドソン・ツアラーモデル。給油のタイミングも同じだからペースを図りやすい。


【ワィンディングが続くザイオン国立公園】

路面がブラウンに舗装されたザイオン国立公園内の道路は、タイヤグリップもグッドだ。入園料が30㌦/3100円と高いので飛ばさずじっくりと景色を堪能(^^♪


【トンネルは交互通行も】
観光バスどうしなど大型車両の行き違いがトンネル内では危険なため、公園係官が交通整理をするトンネルもある。


【トンネル前で待機】

今回は、ハーレーもトランスポーターにもパンクが無かった。全員が揃っているタイミングでタイヤの状況を見る。チューブレスタイヤを履いているので、ぺしゃんこになりにくいが、低圧状態は真横から視られる。今回はタイヤコンディションもグッドだ!(^^)!


【世界からライダーがやって来る】

ザイオン国立公園はモーターサイクルにとっても楽しいツーリングロードだ。ハーレーダビッドソンを駆るアメリカのライダーはもちろん、BMWやHONDA、Yamahaに乗ったライダーと挨拶を交わす。


【ザイオン国立公園・ヘアピンカーブビューポイントで】

最も標高差のある長いトンネルを抜けると下り坂になり、ヘアピンカーブが続く。雄大な山に目を奪われるとオーバーランしそうだ。


【ザイオン国立公園ビューポイントから】

今回の9名は、中級・上級クラス。ワインディングロードをアウトインアウトで、スピードが低い時もライン取りをキレイこなしている。

峠道を走ると、ライダーとしての経験や技量が出て来る。巧いライダーは、コーナーリングフォームがきちっと決まり、バンク角もフラ付かない。


【ザイオンの街を駆け抜ける】

ザイオン国立公園を観て、ツーリングラストポイントとなるバレーオブファイヤーへ向かう。


【ローカルロードを駆けて】

景色は峡谷から、赤い岩が目立つバレーオブファイヤーに向かって駆ける。


【バレーオブファイヤー①】

赤い岩と澄み切った空が美しい。ザイオン国立公園の高地から平野部に降りて来ると、35℃を超える気温と陽射しが痛いくらいだ。


【バレーオブファイヤー②】

入園料10㌦を払って往復30kmの州立公園「バレーオブファイヤー」を観光。


【バレーオブファイヤー③】
地面から炎が湧き上がっているような赤い岩山に目を奪われてしまう。

【バレーオブファイヤー④】

いよいよグライドサークルの拠点「ラスベガス」へ。2018・アメリカツーリングレポート⑦最終レポートとなります。

自分に身の安全は自ら守る!西日本豪雨をみて。

7月10日の報道では【西日本豪雨 死者126人 不明79人 平成最悪の被害 】未曾有の大災害。…7/13、なくなった方はさらに増えて187名となりました。

河川の氾濫や洪水、山崩れに被災された方々には、心からお見舞い申しあげます。復興に尽力されている皆様には、暑さと安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

「線状降雨帯」この10年間で、よく聞くようになりました。それは帯状になり同じ地域へ繰り返し長時間に渡り豪雨が続く。

今回も「命を守る警戒」や、「50年に一度の豪雨」、「線状降雨帯により大雨は長時間続く」とテレビなどで呼びかけていました。が、悲しくも187名の死者を出してしまいました。

15年ほど前、お客様の自宅の地下駐車場へ置いたハーレーダビッドソンが、洪水によりガソリンタンクまで水没。その後、オーバーホールに復活したものの、50万円を超える修復費用をオーナーは支払った。低い地域では一番先に地下から水没して行くことを知っておきたい。

東京は、これらの豪雨災害にどう対処出来るのでしょうか?
そして、私たちは防災へどのよう準備をしていかなければならないのでしょうか?…「未曾有」という言葉が毎回の災害で使われている事に,どこか耳慣れし不安を覚えます。

私たちの暮らす「東京の街の防災」について、知っておきたいものです。

東京都建設局のホームページへ。


【洪水の危険が迫る広島県の河川】

サマーツーリング㏌北軽井沢を催行(速報)!

西日本では線状降雨帯による連日の大雨。関東地方もツーリング当日まで降水確率は50%を切っているものの、群馬県の碓氷峠を経て軽井沢へ向かう高地の天候が気になる。

集合場所の三芳PAでスマホの雨雲レーダーによれば降水確率は70%に。しかし、参加した亀戸のハーレー仲間62名の眼差しは軽井沢へ向いていた(^^♪


【関越道・三芳PAへ午前7時集合】

関越道を藤岡ジャンクションを長野道へ。雨を覚悟してレインウェアを着た。松井田妙義ICを下車し「峠の釜めし・おぎの屋」で休憩。

碓氷バイパスを駆けのぼる。それまでに降った雨が路面を濡らしていたが渇きはじめいる。雨にほとんど遭わない。ヤッタ~~(^^♪


【宮本会長のリードで碓氷峠を全員無事に越えた】

ハーレーダビッドソンの乗り方として、登り坂の方がコントロールしやすい。スロットルを戻ゼば重い車体は減速し停まる。しかし、下り坂では自重もあってそうは行かない。下り坂のワインディングロードでラィディングに経験の違いと巧さが走りに出るものだ。


【軽井沢から北軽井沢へ新緑の別荘地を駆け抜ける】

今回はストレートグライドCVOのエントリーが目立った。彼らCVOオーナーも気になる湿った路面もドライになりつつある。これなら少し安心してパワーを使い走れるというもの。


【R146で八ッ場へ向かう】

R146号は対抗車も無く、快適なワインディングロードだ。

【八ッ場ダム道路から】


【晴男と晴れ女のツーリンググループです~】

関越道・上里SAにて3時前に解散。全員無事に帰京!(^^)!…オフィシャルフォトは後日、仕上がり次第ここで公開します。ご期待ください。