最新ハーレーダビッドソン続々と亀戸へ(^^♪

ツアラーモデルの人気を集めている「FLHXスペシャル・ストリートグライド」の、最新2020年モデルが入荷(^^♪

2017年以降からカラーリングが彩やかなトーンが増えてきた。それまでブラックオンパレード的な日本のハーレーは、2020年のニューカラーで新時代の幕開けの兆しだ。

【2020FLHXS/カスタムスコーチドオレンジ/ブラックカラー】

注目を浴びるローライダーSもブラックカラーがメーカーカタログのイメージに使用されているが、亀戸での最初のオーダはシルバーとなっている。カラー選びはニューオーナーにとって悩ましい選択に違いない。
しかし、ハーレーダビッドソンではちょっと派手かなと思うカラーリングを選ぶと、意外にも今までに無かった自分を発見したような気分になり、お気に入りになることが多いようだ。

【2020/FLRL・ローライダーS/シルバー】

今回新発売の2020年モデルのファーストオーダは、このシルバーのローライダーSだった。

【2019/FLTRS/ロードグライドスペシャル】

限定生産モデルのCVOと間違えられるカスタムスコーチドオレンジ/ブラックのツートンカラー。2019年モデルのロードグライドスペシャルから採用されたカラーリングだ。即納可能なツアラーモデルをこの秋、貴方の愛車へ。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。