ハーレーファクトリーカスタム!

明日発売の2011年モデルのうち『CVO』いわゆるファクトリーカスタムマシンに、今秋も注目度がグンと高まる気配だ。ハーレーダビッドソン社の本社工場で製作された限定生産車であるCVOは、発売を前に当店でも連日熱い商談を戴いている。 *USTOM EHICLE PERATIONSflhxse2                                         

10年モデルは早々完売。FLHXが2011年モデルでもCVO登場

CVOは、専用デザインの鮮やかなオリジナルペイントや、スペシャルパーツを豊富に盛り込み、CVO専用ラインで1台1台を熟練のスペシャリスト達が手作業によって創り込んだ究極のカスタムマシンだ。flstse2_b                                    

2011年のCVOにはソフティルが新登場!】

CVOの商談や関心を示されるお客様の多くは、既でにハーレーダビッドソンのオーナーだ。従ってお乗換えなど、CVOへグレードアップをお考えの方が連日ご来店を頂いている。ベースの標準モデルと比較すると30%~50%程高価になる。

しかし、例年CVOが完売となる大きな理由として、その価格差を超えるカスタム装備と、メーカーの限定生産による希少な供給数にある。CVOは、これまでも圧倒的な存在感を示して来ました。これからもオーナーには満ち足りた時を与え、ハーレー仲間からは羨望のまなざしを受けることでしょう。まさに、誰もが手にすることのできない珠玉の1台なのです。

ご注文は、ほんとに本当にお早めに!

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。