ハーレー・ツアラーモデル試乗へ(*^^)v

ハーレーダビッドソン全モデル数は5カテゴリー/37タイプ。この4月、新登場したXL1200CX・ロードスターはスポーツスターファミリー、日本では最もユーザーが多いモデルだ。
【XL1200CX・ロードスター】

中軸を成すダイナ、ソフティル、VーROD、そして、最上モデルにポジションのツーリング・ツアラーモデル。
【FXSB/ソフティル ブレィクアウト】

2016は「ツーリングモデル試乗キャンペーン」がスタート。ここにリンクのご案内。


【2016USツーリング・ルート66から】

国内ではソフティルやXLを駆る亀戸のハーレー仲間が、ツーリングモデルをレンタルして初めてアメリカツーリングを体験。5日間走り続けた彼らは云う「大柄な車体だけど、見た目以上に乗り易い」。見ると乗るとは大違いを身をもって体験したようだ。


【2016USツーリング・ルート66から】

ハーレーダビッドソンジャパンホームページからキャンペーン内容を除いて欲しい。試乗されたお客様の中から抽選で2017・アメリカルート66への招待。そのツアーへ応募できる。


【北米大陸へは世界からライダーがやって来る】

いつかはハーレー、いつかはアメリカツーリング。そのチャンスがつかむのは試乗から(^^♪…ハーレーダビッドソン亀戸ではFLHXS/ストリートグライドをスタンバイして試乗をお待ちしています。お申し込み大型2輪免許をご提示くださいね!(^^)!には

ハーレーダビッドソンジャパンホームページからキャンペーン⇒http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。