ハーレーとのコンビネーションカラーで(^^♪!

カスタマイズ・ペイントヘルメット新登場! 115周年記念限定ペインティングは『 レジェンドブルー×ビビットブラック』。2018・FLTRXSE/CVOでは人気ナンバーワンカラー『ガンシップグレー』をハーレーダビッドソン・オフィシャルペイントカンパニー「Glant/グランツ」による限定生産。

【レジェンドブルー×ビビットブラック】

趣味の世界の究極は「自分だけの歓びの世界にいること」だろう。ハーレーダビッドソンワールドで云えば、他とは違うモノを持っている。つまり自分仕様を手にしている。それはさり気なく、他に誇ることもなく自己満足の世界。


【ガンシップグレー】
ハーレーオーナーに、自分仕様を追求する方が他のブランドよりも多い。他が持っていないカラーリングや、きわめて少ないカラーモデルを選ぶ方も少なくない。2018・ロードグライドCVOにペイントされた「ガンシップグレー」はハーレー史上でも初となる。


【車体カラーとコンビネーション】
115周年記念限定ペインティングは、昨年9月に日本上陸以来、好評だ。これまで95周年、100周年、105周年、110周年と5年毎に創業記念モデルを発売してきた。その中で今回のカラーリングは評価が高い。


【ガンシップグレーのオーナーなら(*^^)v】

Glant/グランツ/限定ペイント代金¥40000。ヘルメット別途購入となります。ペイント&ヘルメットのお問い合わせは、ハーレーダビッドソ亀戸まで(^^♪

スポーツスターオーナーデビュー(^^♪

若いハーレーオーナーさんの納車は、スタッフみんながワクワクしてしまいます。
本日の納車は、XL1200CX・ロードスターが2台。ニューオーナーのY様とM様ありがとうございました。。


【XL1200CXロードスター】

フォーティエイトと並んで人気急上昇のロードスターは、レーサーチックが似合う。


【墨田区在住M上様はHD/kameidoカスタム仕様】

セパレートハンドルにバックステップへカスタマイズ。ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場で仕上げたレーサースタイルコンセプトの一台。


【ハーレーオーナーだけのツーリングへお誘い】

亀戸のハーレーライダが集う「東東京チャプター」には、毎年140名を超える新入メンバーと、年度更新をして在籍する常連メンバーで熱く盛り上がっている。ハーレーオーナーの特徴として、同じハーレーダビッドソンを共有する歓びと、連帯感はどの銘柄のモーターサイクルよりも強い。


【気さくな亀戸のハーレーオーナーグループ】
ハーレーダビッドソンで走り、同じ時間を過ごし共感する歓び。みんなで行くツーリングを楽しむことを分かち合うことに価値を見出す仲間たちだ。

自分だけのハーレーにカスタマイズ!

自分だけのハーレーにカスタマイズ!…つまり自分仕様に改造するのだ。そのベースマシンはスポーツスターが最も多い。

ハーレーダビッドソンは全モデルで40機種。その中でも「XLスポーツスターファミリー」は、日本に於いてトップセールスを10年以上誇る。

車輌本体価格が、100万円から150万円前後と比較的にお求めやすいことも多くのファンを持つのだろう。


【kameido。XLカスタム】

【カスタムペイントで個性を主張】

【春一番へ乗り出すニューオーナー】

ハーレーダビッドソン・スポーツスターセールスイベントは下記のURLで(*^^)v

https://h-d.jp/campaign/xl1200/

あなたの一票でキングが決まる!

カスタムコンテストへチャレンジ(*^^)…ハーレーダビッドソン亀戸が製作した「XL1200Xフォーティエイト・カスタム・UXB(UNEXPLODED BOMB)」へ、応援の1票をよろしくお願いいたします。

投票締め切りは3月2日まで。どうぞよろしくお願いいたします。

下記の写真をクリックされ、UXB(UNEXPLODED BOMB)へ一票m(__)m

【HD・kameido/UXB(UNEXPLODED BOMB)】

https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

イーグルマークをヤッコ・カウルへ(*^^)v

イーグルマークとは、フェアリング(ヤッコ・カウル)に貼られている純正マークステッカーだ。

2014モデル以降のツーリングモデルよりエアーインテーク(空気整流孔)が、ライト上部に開けられてモデルチェンジ。

これまでも多くの貼り付け施工の要望をいただいていた。今回「ステッカー職人」を紹介頂き、貼付作業を依頼した。こんなに巧く仕上がった。さすがはプロです。

【イーグルマークをヤッコ・カウルに】

これまで永く使用されて来たイーグルマーク・ステッカー。位置をカウル前方端面ぎりぎりまで下げてセットすることにより可能になった。しかし、素人ではこのように巧く貼れない。

新型カウルは、エアーインテーク採用による変更で、ウエーブ形状となり貼付作業はプロで仕上げが必要になった。

【ダイナからウルトラへ乗り換えの井上さん】

俺もイーグルマーク付けたいな~と井上さん(^^)

【FLHXSE/CVOに跨る諸伏さん】

俺ならすぐに付けるな~と、諸伏さん(^^)v…但し、現在の愛車は、FLTRSE/CVO・ロードグライドでヤッコ・カウル仕様ではないので付かない。惜しいね~(^^♪。

カスタマイズのご案内
①HD純正イーグルマーク 12800円
②貼付作業工賃(外注プロ施行)16200円 *計29000円

ロードスター・カフェカスタムデビュー!

ハーレーダビッドソンでは、個性派のレーシングスピリットを持つ「XL1200CX・ロードスター」。今回、カフェスタイリングへカスタマイズ。
腕利きのメカニックが揃うサービス工場で仕上げ、亀戸ショールームへ上がって来ました。

全国のハーレーダビッドソンディラーで一斉展示会を3/11~3/12に開催!


【ロードスターカフェカスタム】

ハーレーダビッドソンに描く大方のイメージは、おおらかなにゆったりと腰をシートに置き、アップハンドルをひじを下げて視線は遠くへ…そんなライディングポジションのモデルが多い。

しかし、ロードスターカフェカスタムはその反対に居る。腰を前傾に目線だけが次のコーナーを視るようにチャレンジャー的なポジショニング。

【セパレートハンドルがライダーを選ぶ】

セパレートハンドルはライダーの姿勢を決めてしまう。それは腰とニーグリップをしっかり車体をホールドの前提が条件だ。手首と肩の力を抜いて走ること。

コツを伝えよう…シートに座ったらハンドルグリップを握り、ガソリンタンクとシートをニーグリップを息を吸い込みながら、グッと力を入れる。力が溜まったその時に吸い込んだ息をサッと吐く。

その力の抜けた感覚が「肩のチカラを抜く」と状態なのだ。


【前傾なライディングポジション】

モーターサイクルの運転は腰でやる。そう云われる位ニーグリップが重要なのだ。全身を柔軟に肩と腕の力をリラックスしてライディングスタイルを取ること。それはどのモデルにも共通する。


【バックステップ】

今度の週末、ハーレーダビッドソン亀戸で、このXL1200CX/ロードスターカフェカスタムにまたいでみよう(^^♪

ライトクラッチ&バックギャーで操作も軽快(^^)

ハーレーダビッドソン・ツアラーモデルのクラッチは「油圧システム」となり、新車時は「クラッチレバー操作が重い」との声も聴く。

そう云ったユーザーの声をつかんで「バックギャー」で信頼の高いマンバ製作所から「ライトクラッチスプリング」がリリースされた。

これがすこぶる評判が好く、ユーザーの口コミで広がって注文は日々増加している。


【レディースライダーに適した軽快さ】


【マンバ製・ライトクラッチスプリング】

ハーレーの女性ライダーから評判がよく、装着後からは首都圏の渋滞時のクラッチ操作も苦にならないという。


【マンバ製・バックギャー】

すっかり定番となった「マンバ製・バックギャー」。新車ノーマルではバックギャーの装備は無く、アフターパーツでの装着となる。ハーレーの保管場所や、ツーリング先での坂道など、一人では動かせない状態を経験した人は少なくないだろう。バックギャを装備すると、もう手放せないというハーレーオーナーは多い。