亀戸界隈のグルメランチ3強(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸へ愛車の定期点検でおいで下さったお客様から、ブログで見たあのお店って何処ですか?とか、
オススメのランチは近くにありますか?などと聞かれるが度々ある。

そうですハーレーオーナーって、食いしん坊ばかりなんです(^^♪

小生の少ない情報をお客様へお知らせしているが、中でも人気になっている3軒をここへアップしておきます。

亀戸二丁目の魚屋「魚善」の2階の直営食堂で、今が旬の「寒ブリ刺身定食」はお勧めです。


【魚善の寒ブリ定食】

大島になりますが、亀戸から程近い西大島。ロイヤルホスト50周年を記念する料理は、美味しさが格段にアップしたように思います。
このところ月一でこちらのメニューを戴き、クセになりそう(^^♪…明治通りと新大橋通り交差点角にあります。


【ステーキ・海老・ハンバーグの3点盛り】

トンテキは、ご飯がすすみ過ぎることが難なんですが~(^^♪…ダイエット中の方、ここへは近寄らないでくださいね(笑)…亀戸のトンテキ食堂8で。
所在地: 東京都江東区亀戸5-15-4 510ビル 102


【トンテキ食堂8】

亀戸のグルメ通りになってきた~(^^)/

このところのランチは亀戸三丁目「EAT CAFE ANZU」でよくいただく。
ナポリタンが大好きで、ここのナポリタンがコスパも最強だと思っている(^^)/
亀戸天神と香取神社の中間にあり、最近は近隣にサンドイッチのカナリアや、たこ焼きの花たこなど、出店が相次いでいる。

2丁目方面から来ると鰻の鳥長を左背に、オリンピック方面に真っ直ぐ進むと、右にANZUと花タコ、左にカナリヤがある。

ハーレーダビッドソン亀戸の帰り道にでも立ち寄ってみては(^^♪


【ナポリタンセット700円】


【花タコ】
花屋が本業だとか。それで花タコ(^^♪


【サンドイッチのカナリア】
ここのサンドイッチを食べと、これまでのものは何だったのかと感動さえも(^^♪

ハーレーダビッドソン最新モデル「パンアメリカスペシャル」/(^^)

すでに、メーカーやオートバイ専門誌で紹介されている新世代ハーレー「パンアメリカスペシャル」、小生自身で確かめがてら木曜日にチョイツーリングで千葉・木更津まで駆けて見た。薄曇りながらも雨の心配がない空の下を150kmほど走った。


【千葉フォルニアでのパンアメリカスペシャルがサマになる】

アドベンチャーバイクとしては高馬力となる、150馬力を超える軽量水冷Vツイン・「パンアメリカ1250スペシャル」日本モデルにのみ標準装備された自動の車高調節機能「アダプティブライドハイト(ARH)」。
その走行安定性と停車時に車高が降る快適な足つき機構。なるほど交差点で停まっても171cmの小生、足つきが不安になることはなく都心を駆け抜けた。

【アクアライン海ほたるで】

これまでの空冷エンジンを積んだハーレーとは違い、エンジンはDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)機構でセルモーターでスタートするとヒュルヒュルと軽快に回り始める。その軽い音とは裏腹に、走行スイッチを「Sモード」にすると、腰からドッと持っていかれる加速に驚いた。


【海鮮料理のやまよでランチ】

オートバイに乗り始めて50余年になる。ひとたび乗れば片道150kmはノンストップで走る。直線よりも峠道が好みだ。そんなライディングスタイルから、身体には、バッグやらウエストポーチなどを一切身につけない。
サイドボックスの無いパンアメリカでは、荷物はゴムバンドでしっかりとリヤシートに縛って走った。


【やまよ名物料理でアナゴざんまい】

亀戸のツーリンググループでは2000年から通い始め、20年来のお付き合いとなる海鮮料理「やまよ」だ。名物料理はアナゴ丼、白焼きなどが美味い。今回もメニューにはない100円増しでアナゴ重に白焼きを付けて1200円…やまよ、うめぇ~よ(^^)/


【アクアラインを駆けて】

ハーレーダビッドソン亀戸ではパンアメリカスペシャルの試乗車を用意。興味と大型二輪免許取得をお持ちなら一度お試しください。

やっぱり桑風庵の蕎麦が一番好き

今こそ、新そばを桑風庵で(^^)/
赤城山麓の桑風庵へは、いつも関越自動車道・赤城ICから向かう。ここから広域農道の「からっ風街道」を上州平野を眼下に見ながら駆けていく。


【桑風庵のお蕎麦】

赤城山麓・そば街道の名店「桑風庵」には、かれこれ20年来通っている。
いろいろお蕎麦をいただくが、やっぱり桑風庵の蕎麦が一番好き


【エビ天と野菜天がこれまた美味い】


【桑風庵の独自の盛り】
何度も通い見慣れた蕎麦の盛りには、馴染みの安心感と共に美味さに満ちあふれている。


【新そばノボリが目印】

群馬県道4号線が「赤城そば街道」で、蕎麦屋が沿道に軒を連ねている。これまでに何店かのお店で蕎麦を頂いたことがある。いずれも桑風庵本店には勝てないものだった。ちなみに桑風庵馬事公苑店は支店であるがコロナ禍により休店しているようだ。


【玄関】
今こそ、新そばを桑風庵で(^^)/…ぜひ賞味あれ!

桑風庵
所在地:群馬県前橋市富士見町赤城山1195
電話番号:027-288-4120

下町・錦糸町の老舗レストラン・SHIRATUYUの旨いランチ(^^♪

午後2時半、小生のいつものランチタイム。
大きなエビフライとハンバーグでコーヒー付きのセットが小生の定番(^^)/…錦糸町駅東のガード下にある老舗レストラン・SHIRATUYU/しらつゆは、この時間でもほぼ満席。行列ができる週末を避けて平日に(^^♪。


【レストラン・SHIRATHUYU】

メニューの全部を食べた訳ではないが、どの料理も丁寧なこしらえと盛り付けが美しい。それだけコックのお客様への想いが料理に注がれているのだろう。


【テーブルは全席独り客で満席】

平日のランチも1時を過ぎると空いてくる。近隣の商店主や遅いランチをとる独り客の多い時間帯でもある。ランチタイムが静かな、なんの気も使わない気分転換のひと時になる。


【一番人気のオムライス】
世の中の商品には、どの世界にも一番人気というのがあるものだ。このしらつゆのオムライスはまさにそれで、ランチタイムで店内にいると次にオムライスの注文が上がっている。ハーレーダビッドソンでいえば、春先に生産終了したXL1200Xフォーティエイトのようだ。
名物料理のオムライスのライスが、小生には多すぎたので、次回は少な目に注文しないと(^^)


【どれも美味しいSHIRATUYUの料理たち】

大阪お好み焼きの老舗「きじ」丸の内店へ(^^)

ツーリングに出かけては、旅先のグルメを探訪するのが常だが、都心部になると知っている店は多くなく、旨さ安定の大阪お好み焼き「きじ」を食べたくなり訪ねた。


【きじのお好み焼き】

お好み焼きと云えば大阪と広島が有名だ。店名のきじはお好み焼きの生地が来ているもの。
ここきじは大阪お好み焼きで職人が厨房で焼き上げて、客の鉄板テーブルに運ばれる。熱々の焼き上げに冷たいビールがいつもの定番だが、コロナでアルコールが出ないのが、大きく辛いが。


【丸の内から東京駅を】

秋空に映える夕方の東京駅。丸の内は、東京のどことも違う気品に満ちていて、落ち着いた佇まいは素敵だといつも思うのだ。


【丸の内1丁目一番地のビル群】


【KITTE】


【KITTEのモール街】
ちょっとリッチな気分で「きじ」へ向かう。日頃は夕方5時から店内は満席になるが、コロナで空いているだろうと思っていたらとんでもない相変わらずの満席。


【きじ】
ひっきりなしに客が来て席が空くことがない。随分前だが、大阪・梅田のきじ本店へ行って戴いた。小生は丸の内店の味が合うようで、本場大阪お好み焼きの美味さを未だ発見できないでいる。丸の内で大阪お好み焼きを「きじ」でどうぞ(^^)

秋は山梨「ほうとうグルメツーリング」がお勧め(^^)/

空の青さも秋へと染まって行く。ハーレーダビッドソンで駆けるにも、外気温度が20℃前後と爽やかなベストシーズン。写真は少し前の「ほうとうグルメツーリング」から。
コロナワクチン接種も2回目を完了した方が日々増えている。そろそろ亀戸のツーリングも、ほうとうを食べに行こうかと計画中。


【秋空の下河口湖へほうとうツーリング】

2年間に渡って団体での行動が出来ないで過ぎた。国内大手旅行会社も団体ツアーがほぼコロナで休止状態となっている。
我々ハーレーダビッドソン亀戸のツーリンググループもいつもは80名位の団体となり、マスツーリングを愉しんできた。
昨年からこれまで利用していた店も、20名以上の団体予約が出来ないところが多くなった。
7月のニューオーナーツーリングのランチは酒々井アウトレットモールの20軒あるレストランへ分散した。


【歩成のほうとう】
次回のツーリングは山梨へと計画している。ハーレーは走ってナンボ、ツーリングして楽しまないと(^^)


【富士山麓を駆けて亀戸のツーリングから】