旨さ本場より直送 讃岐うどん(^^♪

江戸川区西葛西駅から徒歩で5分「讃岐うどん・さいた川」をお初の訪問。九州生まれの小生は、西日本では薄味ながらイリコダシがしっかり利いた麺つゆが大好きで、少々遠くでも訪ねる。

さらに腰のうどんが「讃岐うどん」と相性もよく、都内にある有名なうどん店は、ほぼ食べ歩いた。そんな讃岐うどんのお店が江戸川区にあるならと、さっそく行ってみた。

【オススメのトッピングで(^^♪】

西葛西駅から徒歩で5分、そのお店「さいた川」がビルの1階にあった。近づいていくと数名が並んでいるかと思ったら、お隣も人気のパン屋で、店先に置かれた露天テーブルにはお茶とパンを愉しんでいた。

【さいた川は月曜定休】

店先のPOPを読んでいくと、これから戴くメニューを絞り切れなくなった。店内に入り分厚いメニューを見ていたら店主がお水と運んでくれて、人気のトッピングは「竹輪」・「牛肉」と教えてくれ、ソレに決定(^^♪

【ランチタイムはお得メニューも豊富】

讃岐うどんが直送なのか、麺つゆに関連するイリコが直送なのかを次回の訪問で聞いてみたい。

【千葉県君津市からT・井上様はローライダーをお買い上げ】

食べ物屋、つまりうどん屋、ラーメン屋は、ちまたにたくさんある。何軒もの店を飛び越えてお目当ての店まで行く理由は「味」であろう。

その「味」によって繫盛店となっていく。これは、ハーレーダビッドソンにも当てはまるのだ。高速走行やサーキットをハイスピードで高性能が売りのオートバイではなく、お求めを戴くお客様はハーレーダビッドソンの「味」を買ってくださっている。

そのハーレーの「味」は乗って見れば納得できる。ローライダーはその代表的な一台でしょうか(^^♪…「ハーレーの鼓動味」を求められ、千葉県君津市からおいでになりお買い求めいただきました。

亀戸食べ歩き「美味い」・「安い」の実力店!

ハーレーダビッドソン亀戸から明治通りへ首都高をくぐり西大島方向へ、以前から目星はつけていた親子丼の店「たま家」を目指す(^^♪

店先には卵専門店の親子丼。日本一のこだわり卵を使ったとある。ふわふわとろける極上の親子丼に期待が高まる。

売りの「親子丼」を注文。出て来るまでワクワクしながら待つ。

黄身の濃いオレンジ色がこだわりの卵だろうか、ウンマ~(^^)…これは皆さまにご賞味頂いたい。

【たま家の親子丼】

ここのところ、「居酒屋松ちゃん」の美味さとお値打ちさに月に一度通っている。会社をひけて立ち寄ると松ちゃんの店内は、5割かた埋まっている。先客のテーブルには旬のカキフライが目立つ。

【松ちゃんのカキフライ】

【松ちゃんの刺身盛り合わせ】

亀戸でランチタイムを(^^♪

亀戸は都内有数の「ラーメン激戦地」らしい(^^♪…お客の美味いを競って生き残りは熾烈のようだ。

新規開店から2週間はどれどれとやって来る、様子見の客、その行列も一時的には出来るが、実力と生き残りはそこからだ。
味が最も要になるが、店のスタッフの明るい応待も下町亀戸では重要になる。

最近はSNSなどで紹介されたりして拡散し、一気に知られるが、反面、そこでの評価も瞬く間に拡散する。

亀戸カメリア・文化会館の横にある「ラーメン・ぶるず」も、サラリーマンの間で、フェイスブックなどSNSに登場する店だ。小生も行ってみた。

【魅せるつけ麵】

醤油と味噌ラーメン、そしてつけ麵と定番メニューはどれも頂いたが、次はどれにしようかと悩ましいほど、どれも美味い。

【天やの海老かき揚げセット】

亀戸でのランチは、ほぼ毎日だけにメニューに悩ましい。決まり難い時は「天や」・「吉野家」・「リンガーハット」のいづれかになる。

【ハーレーダビッドソン亀戸】

ハーレーダビッドソン亀戸へオイル交換など、1時間たらずで済む整備工場への入庫時、お客様から「ランチの美味いとこは?」と聞かれること多々ある。次回ご利用の際、美味しいランチのお店を紹介しますね(^^♪

下町亀戸ならでは「究極の親子丼」(*^^)v

ひと味違う! そう表現することがあるが、この「究極の親子丼」は、ひと味なんてのを超え「究極の絶品」だ(*^^)v…

【鶏料理文鳥 究極の親子丼】

出来たてのどんぶりがテーブルに運ばれ、ほんのり熱いフタをとると、この鶏親子の美味そう~~な表情に惹きつけられた。亀戸駅北口から徒歩2分駅前交番を正面から見て右手北側、ビルの2Fに「鶏料理・文鳥」が見えて来る。

【お店は2F】

やっとランチタイムの「究極の親子丼」に出会えた!(^^)!。
鶏肉、卵とも選び抜かれ、その日仕入れの食材と品書きにある。

こだわりで仕上げた親子丼に、ここの主人の情念を感じていた。

とろっとろにやわらかい卵あんにまみれた鶏肉が、ご飯にのせられ、真ん中に黄身が待ち構えている。しっかりダシが利いたまろやかな旨さが舌を覆い、ク~うんま…と声に出でしまう。

【材料にこだわりあり(*^^)v】

昼さがり、小生は毎日午後2時過ぎにお昼へ行く。ブログ「下町の出会い」をご覧の皆さま、下町亀戸へお越しの際、こちら「究極の親子丼」もグルメに加えてみてください(^^ゞ
小生は無類の鶏好きで「若鶏の丸焼き」・「串焼き」・「モモ焼き」など、関東圏内はもちろん、愛知県豊橋市までもハーレーに乗って食べに行く。

【亀戸天満宮は菊まつり】

親子丼をいただき、亀戸天満宮まで歩いて10分ほど。腹ごなしに境内で開催中の「菊まつり」の観賞もおすすめだ。

【ハーレーダビッドソン亀戸・ショールーム】

JR亀戸駅 北口から国道14号/京葉道路へ出て、錦糸町方面に向かい徒歩5分でハーレーダビッドソン亀戸へ。お隣は、結婚式場のアンフェリシオンさん。

【ご来店記念ステッカープレゼント】

ご来店の際、アンケートを記入いただくと「FXDR114®ステッカー」をプレゼント。ハーレーダビッドソン亀戸にもお立ち寄り。下町・亀戸の散歩をお楽しみください。

ほうとうが旨い季節に!(^^)!

山梨の名物料理ほうとうは、これから冬にかけて最高に美味しい。

ひんやりとした空気で澄みきった空、映える富士山もスッキリ。眺望しながら駆けるツーリングは、秋から冬にかけてワクワクツーリングに恵まれる。

中央道からなら一宮御坂ICから30分程度、また東名からでも御殿場ICから山中湖、河口湖を経由してアクセスできる御坂峠に天下茶屋がある。日帰りツーリングにベストな約280kmコースだ。

【御坂峠・天下茶屋のきのこほうとう】

これまでも、「ほうとう」はいろいろ食べ巡ってみたが、つゆ汁に煮込んだカボチャや白菜など野菜のダシの絶妙な美味さはここ天下茶屋だけのもの。秋ならではの「きのこほうとう」がまさに旬を迎えている。

【天下茶屋は旧国道にある】

R137号沿いにも「峠の茶屋」があり、天下茶屋とは姉妹店。ライダーならば、やはり御坂峠へ駆け登り天下茶屋で富士山と河口湖を観ながらほうとうをたいらげたい。

【富士山周遊ツーリングもこれからがオススメコース】

富士山は、やっぱり雪をかぶっていないとらしくない。R139号を時計回りに、また反時計回りに巡っても朝霧高原から観る富士山は、山麓から剣ヶ峰までスッキリと眺望できる、絶景街道だ。

河口湖や山中湖は標高差があり、東京都心との気温差は8℃~10℃。東京が16℃ならマイナス8℃を想定してライディングウェアーを準備。

これから5ヶ月間「ウィンターグローブ」・「ヒーティングアイテム」は、朝夕の気温に注意しながら用意しておきたい。

【御坂峠・天下茶屋から富士山と河口湖】

ほうとうを食べに、山梨へハーレーダビッドソンを駆ってツーリングへ行こう!

☆…10月25日(木)京成ドライビングスクールにて【ハーレーダビッドソン・お昼休み試乗会】を正午より40分間教習コースを使って実施します。
☆…ハーレースポーツスター1200アイアン。FXLRローライダーをスタンバイ。

☆…試乗会受付は11時45分から 普通二輪免許でも教習コースにてお試しできます。

新そば 秋晴れ 赤城山!

新そば 秋晴れ 紅葉が見ごろ赤城山!…ブログタイトルは最初はこうだった。「秋晴れ」が入ることで紅葉を下げた(^^)

22日月曜日、毎週の定休日だが、前日の日曜日と同様に秋晴れとなった。この秋には、どこかで赤城山麓のそばの名店「なかや桑風庵」に新そばを食べに行こう思っていた。Webで検索したら関東紅葉見ごろ第一位に「赤城山」とのニュース。即座に決定!(^^)!

【赤城湖周辺は紅葉真っ盛り】

平日ツーリングは何よりも道路が空いていることだ。目的地の赤城山も平日らしい人出。ハーレーダビッドソン亀戸主催ツーリングも可能なら平日に開催したいが、そうすると80名を超える参加は望めないだろう。

【秋のツーリングシーズン真っ盛り】

ツーリング開催の目的は、亀戸店にて車輌をお求め戴いたお客様へ「楽しむ機会とおもてなし」とアフターサービスの一環。ここは多くお客様が集っていただける都合を最優先する。

【赤城神社境内にて】

赤城山と大沼湖畔、すぐ近くの覚満淵湿原周辺は紅葉も見頃だ。

【桑風庵の新そば】

桑風庵を知り、毎年の食べに行く。店主催で一度予約して行ったがなかや本店には40名までしか受け入れてもらえず、他の40名近くは同じ通りの「赤城山麓そば街道」の「桑風庵 支店・馬事公苑店」と分散して戴いた。なかや本店、週末は開店と同時に行列となっている。

【サクっと揚がった天ぷらも美味い】

小生は、午後1時半に着いたが16名がすでに行列。気温は15℃と標高差は900mの桑風庵、約20分程待って戴いただけに、天ぷらの暖かさが染み入った。

【桑風庵を庭越しに】

蕎麦屋が3kmに亘って点在する赤城山麓そば街道。これまで何軒かの他店でそばを戴いたが、今では桑風庵以外では食べる気がしない。「味」は、何軒もの同業をまたがせファンを創り惹きつける商売の原理原則だ。

赤城山麓蕎麦街道の名店 なかや本店 桑風庵

亀戸の美味いラーメン「麵屋ばらいち」へ(^^♪

Facebookでイイネの多さに気になっていた亀戸のラーメン店「麵屋ばらいち」を訪問。この投稿の前に初訪問で、これが2度目になる。

濃厚な鶏がらスープは、見た目以上にあっさりとして、まろやかな旨みが舌を覆い、それでいてノドの通りがいいのだ。一度味わうとリピートする訳がここにある。

【濃厚な鶏がらスープのラーメン】

亀戸や錦糸町のラーメン店は地元である、知人などから美味いと聞けば100%、SNSなどの情報で新規開店があればそこへも訪ねる。

その半分のお店は「いらっしゃいませ~」とお客を迎えるが笑顔がなく、どちらかと云えば仏頂面が印象的に残る。

どの業界も、職人さんといわれる人は愛想が無く暗い感じだ。そんな店主の背中を見ているからか従業員まで暗い感じを受け継ぐ。

その点、ばらいちの女性スタッフは愛想が好く、ラーメンまでも美味しくいただけた。

【夜は居酒屋になるばらいち】

肉汁餃子が売りのようだ。次回は夜に伺って名物料理の餃子とビールをいってみたい(^-^)