旨さは日本一~~若鶏丸焼きツーリング!(^^)!

焼き鳥を食べに行こうよ愛知県豊橋市へ…もちろんハーレーでツーリングがてらに決まってるさ~(^^♪…

そんなお誘いをして、亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」のメンバーも、あれから通い始めてもう15年が過ぎた。


【横綱本店の若鶏丸焼き】

焼き鳥と云ってもお目当ては串焼きではなく「若鶏丸焼き」である。

小生がサラリーマン時代だった1975年の頃、モトクロスチームの練習を終えたあと、幹事役がメモを片手に「若鶏丸焼き」の注文を聞きに来た。

10名のチームメンバーの名前の横に「正」の字で注文数を控えている。初めてで分らずに1と応えた。その焼き鳥屋「横綱本店」に着いて驚いた(@^^)/~~~

メンバーその場で2尾食べる人もいてびっくりするし、お土産で注文した丸焼きを持って帰ったり。

あのモトクロス場の注文は、これだったのかと。何よりも感動したのは「若鶏丸焼き」の美味さ。油で揚げたものは知ってるが、型枠の金物で焼き上げるのは初めて知った。

関東にも、同じ焼き方のお店が無いかと今も探索しているが未だにない。

【若鶏の丸焼きをしっかり積んで】

教えたくない美味すぎる大三元(^^♪

1年ぶりの大三元の「五目固焼きそば」。

20年来通う中国酒家・大三元は、東京スカイツリーが完成して以来、観光客がランチタイムに押し寄せて小生のような地元民は、1時間のお昼時間では、待ちが長すぎて店内の席に着けなくなった。

雨の昨日を狙って1時半前に行き、5分待ちで着席…やった~!(^^)!


【五目固焼きそば】

小生は20年間、ほぼ「五目固焼きそば」。東京都内でこれ以上美味しいかた焼きそばがあるかしらん(*^^)v

亀戸駅前で頂くステーキ(^^♪

ステーキを頂く機会が増えて、体力が増したのか風邪も直ぐになおるようになった(^^♪

JR亀戸駅前に「いきなりステーキ」が開店して、まだ数ヶ月と間もないが、連日開店の11時すぎから3時位まで多くのお客でいっぱいだ。


【300gのオーダーステーキ】

それまで、ランチと云えば麺類や定食ものが多かった。「いきなりステーキ」のおかげで週一回のペースでランチでステーキを頂く。

妻へそのことを云ったら「あそこって立って食べるんでしょ~ヤダ~」と返された。

しかし、亀戸駅前店は椅子席もあり、そのせいか年配者も多い気がする。


【いきなりステーキで(^^♪】

「月1回は息子の豪太と二人で1.5キロのステーキを食べます。普段は300グラムほどの肉を週に1、2回。納豆やヨーグルトなどの発酵食品も毎朝食べます」…これは、80歳にして3度目のエベレスト登頂に成功。

“大きな夢”が身体を作り上げてきた。三浦雄一郎さんのステーキのお話。三浦さんは1932年、青森県生まれ。66年に富士山の直滑降を成功したプロスキーヤーであり登山家。

三浦さんは人生の先輩であり「健康を人間にしたこうなる」と、模範とするお方の話、ハーレー乗りの食いしん坊は都合好くしっかりと聴きました。

グルメ求めて下見ツーリング(^^♪

ツーリングシーズンを前に、亀戸のハーレー仲間で行くグルメを求めて茨城県の太平洋沿いを下見。

車輛購入したばかりのニューフェイスも多くなる春。常連の仲間と一緒にツーリングできるコースプランも視野にいれながら。


【浜焼きに舌鼓を】

1月の新春ツーリングへは、98台のハーレーとタンデムの参加者を含めて103名が集った。3月開催の「春の黒潮グルメツーリング」も、それだけの駐車場と食堂の確保が必要となる。


【魅力的な味勝手丼】

ツーリング参加者の平均年齢は56歳。約40分単位での途中休憩でゆとりをつくるのだ。また、その休憩場所の駐車場の広さや、路面がアスファルトか未舗装かも重要だ。

また、スポーツスター系の小型ガソリンタンクは、走行140km毎の補給が必要となるので、それらを合わせ、下見の課題はそれなりに大きい。


【目を奪う海鮮グルメたち】

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するツーリングは、すべて事前申込み制。ツーリングチーム編成、コース、休憩場所、ランチ場所を郵送して本番を迎えます。


【グルメツーリングへ】

安全運転のツーリング最優先!いよいよ春本番、愉しさ本番も迎えます。

東東京チャプターの皆さま、また車輛購入されましたビジターの皆さま、3/26開催の「春の黒潮グルメツーリング」ただ今参加者募集中(^^♪

錦糸町の激旨タンメン(^^♪

女の子のための「ひな祭り」3月3日を迎えた。月に一度は、ランチでいただく錦糸町駅前の「タンメンしゃきしゃき」。

13時を過ぎだが、カウンターの10席には、女性が多くを占め、ひな壇よろしく並んで食べている。端っこに小生が掛けたら満席になった。

この店、お客の平均年齢は高いような~(^^)、やや小生の方が年上かなと思う年代層ばかり。

きっと彼らも、ここの昆布だしスープ、また野菜たっぷりのタンメンがお目当てなのだろう。


【野菜たっぷりなタンメンに特性ラー油が合う】

動物は1日1回、汗を流す。いや汗を出すと良いと云われる。(その部位は脇下や足ではなく)つまり運動して汗がにじむ位が好いらしい。

ここのタンメン、ラー油を入れると最中から頭のてっぺんから汗が噴き出してくる。しかし、これでは汗を流したことにならんな(^^♪

金沢&富山グルメを北陸新幹線で!


【金沢市近江市場のすし屋・山さんの海鮮丼】
北陸新幹線が金沢まで開通して1年。一度乗って見たいと、2月にやっと実現しました。東京から新幹線で2時間強で海鮮料理のうんまい北陸へ!(^^)!


【氷見温泉・富山湾盛り】

亀戸のハーレー仲間でも、ロングツーリングを得意とするメンバーがシーズンに駆け巡る北陸ロード。

東京からのツーリングでは、約450kmに及ぶものの、強者の彼らは早朝に東京を出てランチは日本海を頂いている。


【金沢駅のシンボルアート】

御殿場に美味まい~海鮮グルメ(^^♪

ツーリング先に美味いランチを求めて駆ける。永遠のテーマであり目的だ(^^♪…御殿場市の料亭・魚啓は昼間は隣で食堂をやっている。美味しくてお値打ちな海鮮丼を求めて関東一円からお客がやって来る。


【赤魚の煮付け定食】

店内に入ると、その日のメニューが手書きで書かれている。いつもは海鮮丼だが、今日は「赤魚の煮付け定食」にした。これがバカ美味~~(^^♪…ご飯がすすみ過ぎるのが、小生には難点だ~(^-^;


【特上海鮮丼】

妻は「特上・海鮮丼」を注文。いつもながら芸術的な盛り付けにカメラを向けずにはおけない。


【魚啓】

御殿場市の中心街から離れ、富士山の裾野が近くになっていく。最近はスマホやナビで簡単に「魚啓」は検索できるので迷うことなく行ける。


【魚啓から富士山も】