錦糸町ランチ自己満足ベスト3(^^♪

モヤシ、ニラ、キャベツがたっぷりな「タンメンシャキシャキ」。
錦糸町駅北口から徒歩3分で着く。昆布だしのスープを飲み干す人が多いのもうなづける。お店自家製のラー油がタンメンに合ってイケます。


【タンメンシャキシャキ】

「純手打ちうどん五郎」の讃岐うどん、九州生まれの小生、このイリコだしがたまらなく好きだ!(^^)!…昼時はいつも行列であるから、2時過ぎにずらして行くようにしているが、それでも満席になっていることが多い。西日本の代表的な薄い色のめんつゆが、これまた旨い。五郎のうどん、もう少しだけ細い麺に、それは小生の好みではあるが(^^)


【純手打ちうどん五郎】

いつも夜10時を過ぎる夕食には極力ご飯や麺などの「炭水化物」を摂らない。しかし、ご飯はランチでそれを補う、ご飯大好き人間の小生、1日1食はご飯を摂らないと収まらない。そうなると錦糸町駅前の「キッチン藤」は定番だ。


【豚のしょうが焼き】

信州のツーリングランチは十割そば(^^♪


【十割そば】

信州・松本市までの片道約300kmを、亀戸のハーレー仲間であっという間に到着した気がする。みんなで集って走るとワクワクした楽しさを、知らず知らずのうちにVツインエンジンの鼓動と風が創りだしているようだ。

松本市へ着くと、なんといっても「信州そば」をいただきたい。ネットで探索したら40軒を超えるそば屋、その中の5つ星「手打ちそば五兵衛」を選択。一緒に走った10名のハーレー仲間でその店を訪ねた。


【せいろ大盛】

初めて訪ねる店には期待が膨らむ。メニューと価格を見ても普通のようだ。ここは天ぷらなどもなく「純粋そば」だけの店。財布の大きさがほぼ同じ仲間の10名に、こちらのお店が高いなどとこぼす人はいない。


【シンプルなそばオンリーメニュー】

12時ちょっと過ぎに入店。テーブルは3つ埋まっていたところへ、我々10名で小さな五兵衛は満席となった。みんなが食べ終わったのは1時15分を回っていた。


【手打ちそば五兵衛の前で】

そばもみんなで一緒に頂くと美味しさは増す。小生の食いしん坊なこだわりは、時々こうしてみんなに喜んで貰えるのも楽しみだ。


【晴れはハーレーの楽しさを100倍にする】

オートバイの銘柄には、それぞれのユーザー志向性があるように思う。ハーレーダビッドソンは、多くの仲間と一緒に走る特性があるようだし、他の銘柄でも小さな集まりを見ることもあるがハーレーほどの大勢ではない(亀戸の集いはとても大勢ではあるが)。

ソロ、つまり独りでは乗り続ける努力が必要となる。ハーレー仲間ができると「次回のツーリングプランは」となるのだ。

当店で購入したばかりのお客さんから「友人も亀戸の仲間へ誘ってもいいですか?」と聞かれるが、誰問わず例外はなく購入者以外の参加をご遠慮いただいており、当店でのお乗り換えをよろしくお願いいたします。

購入のお客様への❝アフターサービスの一環としての店主催ツーリング❞、その開催主旨をご理解いただいています。

亀戸のハーレー仲間で松本城へ!(^^)!

早朝から快晴に恵まれた。それは中央道の場合、渋滞は同時に早朝から始まることはこれまでのツーリングから予想できていた。

6月4日(日)開催の「マイナーツーリングin松本城」へ参加した東東京チャプターメンバーは23名。

中央道・談合坂SAに7時半、快晴のもと全員集合。


【松本城へ…冨士山が僕らを見守ってくれた】

早目に到着メンバーからガソリン満タン。全体ミーティングのあと、3チーム編成で松本城へ向かう。

マイナーツーリングは、チャプター役員が交代して隔月のプラン。昼食予約は現地で自由とするスタイルもありなのだ。


【松本城を目指して】

10時、松本城したら午後1時までお城の観覧とランチタイムを自由にとるプラン。


【八ヶ岳を観ながら快適ツーリング】

マイナーツーリングと云えども、参加は亀戸・東東京チャプターメンバーに限られ、全員が愛車のハーレーダビッドソンで駆ける。


【お殿様と一緒に】

松本城のお堀を巡るとお殿様と出逢う。みんなで一緒に記念写真。

【忍者と一緒に】

もう少し歩くと今度は忍者と逢った(*^^)v…お忍びボーズでチャプターメンバーと一緒にパチリ。


【五兵衛の十割そば】

松本市には、そば屋が多い。「五兵衛」のその中でも老舗のお店。お昼時だったので満席となり、みんなのそばがテーブルに来たのは、すでに1時間が経っていた(*_*;。


【シンプルなメニュー】

今回の「マイナーツーリングin松本城」は、79歳にしてハーレーダビッドソン・ロードキングで走る吉田喜一郎さんの希望を叶えようと、チャプター役員である大原ロードスターキャプテンの引率で駆けた。

元気の年配者は少ないないが、奥様をタンデムして信州・松本市と東京、650kmを駆けるパワフルな体力は年齢を感じさせない!(^^)!。

【吉田ご夫妻】

下町ランチが美味いっ(^^♪

両国駅から小岩駅を走る総武本線。その沿線駅前の下町グルメは、テレビやグルメ雑誌に毎月のように欠かすことなく溢れている。
小生の暮らす亀戸駅周辺にも、新たな飲食店が開店したり撤退したりと「味」の競争社会は入れ代わりも少なくない。

新小岩駅前に開店した「ラーメンかいざん」。千葉・船橋市の激旨ラーメンとして大行列の店が、新小岩駅前に支店を出した。何処かで船橋本店へ食べに行こうと思っていたら新小岩店が開店、ウワサ通りの美味さに、このところお昼に何度かいただいている。このスープとご飯がまた合う(^^♪


【ねぎチャーシューメン】

新たな開店で客は入るが、下町食いしん坊は初回の「味見」で、その店を再来するかどうかを判決するようだ。まず美味しいこと。そして値段に合ったお値打ち感、つまりコストパフォーマンスを見極める。「ラーメンかいざん」は、そのコスパにおいてグッドだと小生は思う。


【鯛のかしら煮】

亀戸駅から徒歩5分、和食党御用達の新店「二升五合」だ(開店から約一年)。ランチタイムは日替わり定食がおすすめ、サラリーマンや主婦などで満席になる人気店になった。夜は居酒屋へ、辛口の日本酒と焼酎にこだわった品揃えが人気だ。夕暮れ時から満席へと客が埋まっていく。


【鶏の味噌煮】

酒の肴で旨い。ただ基本的な味付けは全般的に辛めである。小生も足を一歩踏み入れているが、年配者には煮物などちょっと濃い味のように思う。


【ハーレーダビッドソン亀戸ショールーム】

ハーレーダビッドソン亀戸から「二升五合」へは徒歩5分。オイル交換や点検整備入庫の際はお昼に合わせてどうぞ(^^♪

ラーメン・ライダーになった日(^^♪

新小岩駅から徒歩2分で、開店から間もない「ラーメンかいざん」に着いた。小生、ラーメンが大好きで味覚の合うハーレー仲間から「美味しい」と聞けば、少々遠くでも食べに行く。

【ねぎ丼】

お店に入ると食券を買う。ここに当店人気ナンバーワンの案内が「ねぎ丼・ラーメンセット850円」とある。迷うことなく券売機のそれを押す。ラーメンより先にねぎ丼が出て来た。旨い~ぃ(^^♪

【スープが美味い】

ラーメンショップチェンに似たスープは見た目よりもあっさりとのど越しだ。麺はツルツルした食感で箸が進んだ。

【営業案内から】

片道270kmのグルメツーリングへ(^^)/

美味いモノを目指して駆けるツーリングは、出発時から心は浮き立つものだ。とりわけ、その場所でしかいただけないグルメならばなおのこと。そのひとつ、愛知県豊橋市の「横綱本店・若鶏丸焼き」だ。
【若鶏丸焼き】

焼き上がりまで20分かかる。東京から豊橋市に向かって最寄りのサービスエリアで到着時間を知らせて予約しておくと、到着と同時に❝あちぃ~❞なんて云いながら引き裂く熱々の若鶏丸焼きが頂ける。

【手でちぎりながら頬張る】

片道270~300kmのツーリングは、ハーレーダビッドソンのツアラーモデルなら楽勝である。
豊橋市から浜松市まで快晴なら太平洋を望みながら駆ける国道1号線を流す。遠州灘の右に、砂浜が続く海岸沿いの眺めは最高だ。

【浜名バイパスから遠州灘を見る】

さて、とっておきのお値打ちツーリングモデルの紹介です。2016年 ツインカム103エンジン搭載/車検2019年12月。
【1台限りのFLTRXS登録済未使用車】

お値打ち車両FLTRXS(2016年12月登録済)は未使用車両。車輛価格本体価格¥2789000は早い者勝ちです。(*新車¥3132600)

ハーレーダビッドソンは全モデルで40機種。その中で、エンジンや車体の大きなツアラーモデルは、ハーレーライダーとして、永く乗り続けたオーナーマシンに多い1台。

ツーリングランチは駿河湾海鮮グルメ(^^♪

爽やかな、少しひんやりした風がヘルメットを抜けて行く。ハーレーダビッドソンで駆ける最高のシーズンだ。

少し早起きして首都圏を渋滞前に通過、まずは海老名SAにて休憩。

厚木ICから小田厚有料で湯本から箱根新道、箱根峠を越えたら眼下に駿河湾を望む。そのままR1を駆け「柿田川湧水公園」で有名な清水町に到着。お目当てのランチはここで(^^♪

【旬なしらすが最高に旨い】

ノンアルコールビールで我慢。旬と言われる季節のモノは、実に美味い。

【ゲソ天】

ゲソ天は旬にかかわらず、メニューにあれば必ず注文していまう小生の大好物だ。この量で350円ならコスパは東海道一番だと確信する(^^♪

【金目鯛の煮付け】

ランチで頂くのは、これまた大好物の「金目鯛の煮付け」。旨すぎてつい、ご飯が進み過ぎるのが難だ。これも1100円とコスパが高くお値打ちだ。

【丸天・清水卸町店】

ここ10年位は、丸天・清水卸町店ばかりで頂いている。それ以前は沼津港店へ行っていた。しかし行列は長くなり待ち時間も(‘;’)…平日だが卸町店ならさっと入店できる。

さぁ~駿河湾海鮮グルメを目指してツーリングしよう(*^^)v