バッテリー上がりに備えて!

これから半年間はバッテリー上がりが多い。ハーレーダビッドソンオーナーに、愛車で毎日走っている方はほぼいらっしゃらない。
たまに乗るから気づく、バッテリー電圧不足によるセルモーターの回転不足。エンジン始動しない。これがバッテリー上がりの始まりなのだ。
補充電すれば多くのバッテリーは機能回復する。


【充電が完了すると緑色灯が付く】

ポータブル電源の「Jackery」へ家庭用電源から充電しておき、マンション等の駐輪場に置くバイクのバッテリーに「H-D純正充電器」をつないで、補充電ができる優れもの。
一度の充電で50%ほど使用する。あとは自宅で再充電して何度でも使える。
ちなみにバッテリーは新品から3年で劣化が始まる。5年経過すると交換。日頃乗っていないと充電されずバッテリー寿命は更に短くなる。


【H-D純正充電器】

今週末は「秋のニューオーナーツーリング」。すでに車輌購入の方で満員御礼。
当日の朝、バッテリー上がりを起こさないように準備をされていることと思います。


【秋のニューオーナーツーリング満員御礼】

フォーティエイト・ファイナルエディションいよいよラストへ!

フォーティエイト・XL1200X/ファイナルエディションいよいよラストへ。

昨年、日本向け仕様の「XL1200X」は1300台を限定生産。
その1300台は即日予約完売して、納車まで6ヶ月~10ヶ月をかけて購入のお客様へお引き渡しを迎え、9月中の納車ができてこちらもホッとさせていただきました。
どうぞハーレーライフをお楽しみください。

通常は、お待たせしても60日以内での納車となるものの、コロナを原因とする半導体製造の遅延や、搬送と輸入港湾作業の停滞も加わり大きく日本への陸揚げが遅れたもの。


【フォーティエイト・ファイナルエディション】

ハーレーダビッドソンは、日本国内に北海道から沖縄まで、全国のハーレーダビッドソン正規ディーラー115店舗の正規ディーラーにより販売されている。
購入後のメンテナンスや店舗で主催するツーリングへのお誘いなど、カスタマーとしてアフターサービスを介して永いお付き合いが始まる。


【オイル交換や定期点検整備は購入店がしっかりサポート】

日常的な、オイル交換や定期点検整備は購入店が販売責任としてもしっかりサポート。

ハーレーダビッドソン亀戸ではハガキの案内と共にサービスフロントより電話でのフォローも行っています。

メーカーがリコールを発表した場合は、全国のハーレーダビッドソンディーラーで対応しています。

また転勤や引越しにより、購入店でのアフターサービスが受けられ難くなった場合は、購入店へその旨を伝えて、引越し先の正規ディーラーを紹介してもらってください。


【愉しく豊かなハーレーライフはお近くの正規ディーラーでの購入を】

やむなく四国から東京へ引越しされたハーレーオーナーも、正規ディーラーを介して、その後のアフターサービスも移転先へ。
関東圏内では、ほぼ購入店でのアフターサービスが満たされていますが、どちらのH-Dディーラーも点検整備の予約で30日以内での作業は、厳しい状況にあります。
特に関東では車輌購入店へ早目の入庫予約することをお勧めします。

オイル交換・PROGRAM・LIMIRED EDITION PINS進呈!

ハーレーダビッドソン オイル交換プログラム・リミテッド エディション限定ピンバッチ進呈!
今夏は格別な猛暑との気象庁の発表。ライダーの我々も炎天下では耐えがたい暑さ。ハーレーダビッドソンのエンジンも高温に晒されています。8月にはオイル交換で愛車を労わってあげましょう。


【第一弾・限定ピンバッチ進呈】

ハーレーダビッドソン純正オイル 交換キャンペーン情報!
8月5日以降、オイル交換されたお客様へ【OIL CHANGE PROGRAM・LIMIRED EDITION PINS】を進呈します。


【限定ピンバッジはデザイン第二弾とシリーズへ】

ハーレーモータークローズの胸にこのピンバッジを付ければ、メンテナンスをしっかり実施しているオーナーの証となって、H-D純正オイル交換からワンランク上の気分に(^^♪


【プロメカニックのオイル交換で安心ライド】

どのメーカーでも扱える時代ではないのです。

待っていました~この納車の日を(^^♪…大変お待たせいたしました。
ハーレーダビッドソン・スポーツスターフォーティエイト。約10ヶ月に及んだ待望の日々。
ニューオーナーとなった江東区在住のJ・Yさま。


【J・YさまとXL1200Xフォーティエイト】

昨年の10月に注文を頂いて、お待たせして10ヶ月目のお引き渡しとなりました。ハーレーダビッドソンに限らずモーターサイクルメーカー各社、またクルマも生産遅延による納期が大幅に遅くなっている。
2019年秋に中国・武漢市でコロナウィルスが発生。それは世界的に拡がり、我々の業界では半導体製造の停滞へとなり、3年目となっても世界的にも深刻な工業製品の生産遅延が続いている。
納車待ちの原因はつまるところこの1点にあります。


【ハーレーダビッドソン走ってナンボです(^^♪】

ハーレーダビッドソンも製造段階から、メンテナンスをしながら乗るオートバイ。お客様にお引き渡しを終えると、初回点検、6カ月、12か月、24ヶ月点検、と購入店でのメンテナンスを受けて万全な状態を維持していきます。
H-D亀戸では、自店購入のお客様を最優先にサービス行程をとっています。

時折り「車両を遠くのディラーで買って自宅は亀戸店が近い」と修理不具合の相談を受けることがあります。
その多くは、そこでの改造や車両取り扱い説明を、購入先から聞いていないことによる事象が目立っています。

【ハーレーダビッドソンは、アフターサービスを視野に】

ハーレーダビッドソンは、アフターサービスを視野に購入店と車両を一緒に検討してしたいもの。
買ったことも何かのご縁。購入内容に納得の上のこと。遠いところであってもそのお店へアフターサービスを依頼してください。
なお、4月から10月のバイクシーズンはサービス工場は立て込みお受けできません。


【H-D亀戸のメンテナンス完全予約制です】

現在のモーターサイクル系列店は、それぞれのメーカー専売店となっています。
1990年のハーレーダビッドソンから始まった専売店は、BMW、ドカッティ、平成からホンダ、カワサキ、最近ではヤマハが専売店へ。
これらのメーカー専売店は、車両のIT化に伴うメーカー独自のシステムと、それに対応する診断システムを傘下の専売店だけにおいています。
今や、どのメーカーでも扱えるという時代ではないのです。

ハーレーのオイル交換は3000km毎がベスト!

オイル交換は3000km毎がベストです。

特に首都圏での走行では、ストップ&ゴーが頻繫になります。
サービスマニュアルでは、アメリカ・北米大陸での使用を想定して5000~6000kmとしていますが、
日本での走行環境の違いを理解して頂き、自身の走行状況に合わせてメンテナンスを依頼しましょう。


【オイル交換は3000km】

初めてH-D亀戸をご利用のお客様(当店での整備履歴のない車両)へは、電話にて事前に車両の状況及び、保安基準等を電話による問診にて確認させていただきます。入庫日はその後に案内させていただきます。

当店購入のお客様を優先してサービス工場では工程管理を行っています。
車両収容台数の都合上、サービス工場混雑時はご希望に沿えない場合もございますので予めご了承下さい。


【カスタマイズはH-D亀戸の自慢の一つ】

コンピューターチューニングのこと。
2006年までキャブレターを使用していたハーレーダビッドソンですが、現在ではすべてのモデルはフューエルインジェクション(F-I)になっています。
F-Iは、必要な燃料の量をコンピュータで計算して燃料噴射するシステム。ライダーのスロットル開度や温度、その他各種センサーの情報で細かく制御しているのでです。
この燃料噴射システム・Electric Fuel Injectionと呼び、それをチューニングする事をインジェクション・チューニングと呼びます。
新車購入のお客様には、初回点検の案内と共にコンピューターチューニングもおすすめしています。


【H-D車載コンピューター】

この基本となる制御を行っているのが車載コンピューターで、ハーレーではECM(Electric Control Module)です。
このECMの調整を正規ディーラー以外で依頼して、それまでに起きなかったエラーコードやメッセージなどの現象、不具合を修理の問い合わせが時おりあります。
この場合は、完全に新車のノーマルスタンダード状態へ戻さないと不具合を解消できません。
そうならないように、コンピューターチューニングは、最初からH-D亀戸へ依頼ください。


【ご購入のお客様を優先したアフターサービスでお応えしています】

アイスクリームを求めてツーリング(^^)/

いい大人が、ソフトクリームを休憩のたびに食べている。

亀戸のハーレー仲間に、このいい大人は多く、かくいう小生もそのひとりなのだ(^^♪
…真夏のソフトクリームは絶対で、ツーリングの休憩では、それが目的で休憩場所を選定するほどだ。

ツーリングで美味いものを、同じハーレーに乗ることで分かち合う。これこそがハーレーオーナーの幸せなのだ(^^)/


【日光街道のソフトクリーム】

【新緑の高原は今がツーリングシーズン】

大勢で一緒に駆けるマス・ツーリングは、2020年1月以降からコロナによって今年の3月までお休みしていた。
4月から復活し、千葉・外房へのイチゴ狩りツーリング、6月の秩父牧場・長瀞ツーリングと開催。
8月は2008年から恒例の「零戦ツーリング」を計画中。日程は後日の案内となる。


【秋田のババヘラアイス】
東北ツーリングでは秋田のババヘラアイスがロードサイドにあって、とても印象に残る。


【点検整備を実施しましょう】

ツーリングを愉しく仲間と走る。この前提条件は愛車のコンディションが良い事。それは、日頃のメンテナンスが創り出す。
ツーリング途中にマシントラブルを起こす車両のオーナーに多い、他店(非正規店)での整備車両が目立っている。
今後はハーレーダビッドソン亀戸へ点検整備を依頼ください。

ハーレーダビッドソンお勧め中古車!

新車の入庫が遅れているこの2年間では、下取り車輌の入荷もお乗り替えくださった方への新車を納められず、中古車在庫が総体的に少な目。
そんな中、めったに入荷しない「ロードキングクラシック」が入ってきた。


【前オーナーは83歳でライダー引退】

ハーレーダビッドソンの中でも、伝統と名車をカタチにした「ロードキング クラシック」めったに中古車としてはめずらしい。
こちらの車輌、車庫保管により状態は佳く保たれています。
・2009年モデル ¥1,398,000


【FLHXS/メイヘムカラーコレクション】

ストリートグライド・FLHXSのハーレーダビッドソン亀戸の試乗車へ世界限定カスタムペイント「メイヘムカラーコレクション」の外装へ。
¥3,499,000  H-D 2019年モデル


【人気絶頂のXL1200Xフォーティエイトも新入荷】


【中古車買取も行っています】

ハーレーダビッドソンを購入されるお客様の購入動機は、ほぼ「趣味として楽しむ」方ばかりです。通勤に使う方も、ほぼおられません。
お客様の最初のハーレーダビッドソンを、中古車からはじめるのもひとつですが、モノ選びと同じくらい購入先を知っていただきたい。
しっかりとアフターサービスを行える店か、そしてそこへ定期的に行ける場所かどうかを知っておくことが大切。


【メンテナンスがしっかり出来る店を選ぶ】

インターネットで実車を視ないまま買った方からの、不具合問答や修理依頼が時々ありますが、それまでの車輌状態が不明なため電話での回答や整備相談をお断りしています。
ハーレーダビッドソンは、メンテナンスを受けながら安全に永く楽しむ遊び道具なのですから。
特に中古車の購入にはお店、つまりプロを介してアフターサービスを含めて買いましょう。


【ハーレーオーナーデビューを亀戸のハーレー仲間と分かち合って】