夏休み前のハーレー納車が続きます!(^^)!

夏本番を迎えた8月、長かった梅雨も明けて夏空の下、ハーレーダビッドソンの納車お引き渡しがニューオーナーさんへ続きます。

思い思いの夢とロマンをハーレーダビッドソンをライディングして自由と風の中へ(^^)/


【XL1200NS/アイアン】

多くのニューオーナーさんから「これならチャンと足が着いて安心」と評価が多いXL1200NS/アイアン。幅広いファン層を持っている。


【FLSD/スポーツグライド】
ビッグツイン・ミルウォーキーエイトエンジンを搭載したスポーツグライドは、カウリングと左右のサイドボックスが標準装備され、かつ脱着式だからツーリングに応じてスタイルを自分で選べる。


【XL1200X/フォーティエイト】

新発売から6年を経過してもXL1200X/フォーティエイトの人気は衰えるどころか、今年は前年度を超える人気モデルだ。


【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

「思った以上の整備を心を込めてお届けする」という基本姿勢のもと、オーナー樣方にご満足いただけるようアフターサービスを提供し続けております。
長年培われた豊富な経験と、ハーレーダビッドソン・トレーニングを受講したメーカー登録テクニシャン達が、最新の技術と診断装置を駆使しながら1台1台のご利用状況に応じたケアで、お客様の大切なハーレーダビッドソンを最高のコンディションに保ちます。


【亀戸のツーリンググループ】

大型二輪免許取得された初めてハーレー購入から、何台と乗り続けたベテランライダーまで、多くハーレーオーナーの皆さまよりご紹介ご利用をいただいております。

亀戸のツーリンググループへ参加してハーレーでの走る歓びを分かち合いましょう(^^♪…ツーリングはアフターサービスの一環として開催しています。

亀戸より暑中お見舞い申し上げます!

今日から8月ですね。
午前11時、関東甲信地方と東海地方の梅雨明けが発表されました。
6月から始まった史上もっとも長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番へ。

例年の8月には、ハーレーダビッドソン亀戸のお客様が、北海道や東北へのロングツーリングプランに盛り上がっている真っ只中なのですが、今年はコロナ禍で目的地を変えなければならない。

【亀戸のツーリンググループ・東東京チャプター】

コロナ禍で、クルマの販売が大打撃を受ける中、オートバイ市場に復調の兆しが見えてきた。
新車販売は4カ月連続で前年同月比プラスとなった。19年10月の消費増税後の落ち込みからの反動という側面もあったものの、公共交通機関に代わる「脱・3密」の移動手段として、スクーターなど小型バイクによる通勤や通学に使うニーズが、ジワリと拡大しつつあることも背景の1つにあるようだ。ハーレーで通勤する方はまず居ませんけどね。


【購入から始まる長いお付き合い】

バイク専門誌の記事に、購入時について真っ当なアドバイスが書いてあったので要約して紹介したい。

…オートバイというものは購入したらそれでおしまいというわけではなく、走り楽しむうえでメンテナンスが必要になる。その点検や修理を依頼するため購入後も定期的にお店へ足を運ぶことになる。
このためまずは生活圏にあるお店を選ぶことがまず第一なのだ。
またアフターサービスを長期間に亘って受けることを考えると、ショップの“信頼性”はとても重要になってくる。つまりショップは、購入時の価格よりも、アフターサービスを重視して選ぶことが大切になる。


【大型二輪免許取得を応援しています】

ハーレーダビッドソン 2020年モデル以前の新車を 9 月30 日 ( 水 )までに、ご成 約かつ納車いただける方。
3輪のトライク購入の場合、大型二輪MT免許取得者及び、普通自 動車(MT)免許取得者も対象。
※ハーレーダビッドソン パートナー教習所以外の教習所で 免許を取得された方は 7万円のサポートになります。

ハーレーダビッドソン パートナー教習所限定サポート 》 ハーレーダ ビッドソンとパートナーシップを結んでいる教習所に、免許 取得サポートとして3万円をサポートしています。
ハーレーライダーデビューをしっかりサポート。お気軽問い合わせください。

インジェクションチューニングで快適に❕

ハーレーダビッドソンのインジェクションチューニングとは?

そもそもチューニングとは何なのか?…本日から公開の当店ホームページ「インジェクションチューニング」の映像を音声と共にご覧いただきたい。

ホームページ⇒インジェクションチューニング

【インジェクションチューニングとは】

チューニングってやった方がいいのかどうか?
チューニングにも色々種類があると聞いたが?
どこでチューニングできるのか?


【ミルウォーキーエイトエンジン114】

①新車や中古車を購入と共に、マフラー・エアクリーナーなど、ハーレーのカスタムと合わせてチューニングしたい!

②純正スクリーミーイーグル社はもちろん、各社のマフラーやエアクリーナーといったインジェクションに必要不可欠なアイテムを取り揃えております。


【エアークリーナー換装】

外装パーツにつきましても、LEDヘッドライトやシート、足つき性向上・快適な走りを実現するリアサスペンションなど、ライディングパフォーマンスを向上させるパーツも多数ラインナップしておりますので、お客様の要望に沿ったコーディネートをサポートさせていただきます。

小さなウィンカーに輝くカスタマイズ(^^♪

小指の先サイズと世界最小ながら車検にも対応!ケラーマン(独)のウインカーが日本上陸。
昨年からハーレーダビッドソン亀戸にてご注文を多くいただき、愛車ハーレーへ装着するオーナーさんが増えています。

【ケラーマンウィンカー】

世界最小のウインカー「Bullet Atto」で、13×9×14mmと驚きのサイズながら、ハイパワーLED仕様で車検に対応している(Eマーク取得品)。
こんなに小さなウィンカーでも車検パスするのか?とディラースタッフの最初はそんな疑問を持ったが、チャンと車検パス。もちろんそれ以前に国土交通省・運輸局の認証を受けているケラーマンである。

【点灯しないとウィンカーの存在も分からない】

ケラーマンは欧州でのウインカーアフターパーツメーカーとしてトップシェアを持つブランドの一つであり、欧州の二輪専門誌等が行っている読者の投票で、2位以下に大差をつけて、一位を獲得している。その技術と信頼の厚く高いメーカーなのである。ハーレーダビッドソン亀戸では、車検対応であることから積極的な販売と共に装着をオススメいたします。


【亀戸のハーレーオーナーも装着】

ご注文・取付につきましてはサービスフロント 03-5627-3050まで。

バイクにこそドラレコは必要な時代へ!

オートバイの運転は、車輌の大小にかかわらず被害者的な立場に立つことが少なくない。時にはイメージから、いらぬ疑いをかけられることが懸念される。
テレビのニュースや新聞などで報じられている通り、他車への通行妨害や悪質な嫌がらせをする危険な「あおり運転」により、最高で5年以下の懲役を科すなど罰則を強化した改正道路交通法が、6月30日から施行された。

それらの状況を映像で残して事実を証明するためにも、ハーレーにこそドライブレコーダーの必要性が高まっている。

【ハーレーにこそドライブレコーダー装備を】

【ミツバサンコーワ社製】

警察庁のホームページでは次のように啓蒙されているので、まず紹介しよう。
「妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう」

警察も装着を促すように、「あおり運転」から身を守ってくれるのが、ドライブレコーダーなのだ。社会問題化した2019年頃から普及率が一気に上がり、この半年間でさらに急増していることは間違いないだろう。

【ミツバサンコーワのHPから借用】
無線LAN&専用スマホアプリでその場で映像チェックが可能。
スマートフォンなどの端末と本機を無線LANで接続できるので、いつでもどこでも録画した映像を見ることができます。
記録した映像データをダウンロードしたり、本体の種設定を行うことも可能。

ハーレーダビッドソン亀戸では、愛車へ「ミツバサンコーワ製」の装着を承ります。
サービスフロント・03-5627-3050まで購入から取付まで、事前の相談をお待ちしております。

ハーレーも12ヶ月・24ヶ月点検整備は法定点検!…/(^^)

新車を購入後、最初の3年目(36ヶ月)で迎える車検。その後は2年毎の車検になるのはご存知の通りですが、意外に知られていないのが「法定点検となる12ヶ月と24ヶ月点検整備」だ。

点検といえどもいくつもの種類があり、オーナーが目視等により点検を行う日常点検、法律で定められた定期点検がある。

代表的な点検は、車検と車検との間に行う「法定12ヶ月/1年点検」と、2回目以降の車検と同時期に行う「法定2年点検」である。
オーナーはこれら点検を実施し、車輌を適正で安全な状態で使用しなければならないという責任がある。

【法定2年点検】

=法定点検とは=
まず法定点検は、法律で定められていることを知っておこう。

ハーレーや車検対象の車輌を使う人は、道路運送車両法 第48条(定期点検整備)により点検を受ける義務が明記されている。
我々の持つ自家用車などの場合、法定点検には、1年ごとに行う12ヶ月点検と、2年ごとに行う24ヶ月点検がある。

点検内容は12ヶ月点検(1年点検)と24ヶ月点検(2年点検)では、それぞれ項目は経年変化や耐摩耗性など異なっている。

【ショールームのハーレーダビッドソン・スポーツスター】

そもそもあらゆる車輌は、工場で生産される段階から、ユーザーへ引渡された後、アフターケアーしながら使用する前提の車輌であることを知っておきたい。

なお、ハーレーダビッドソンでは初回点検と6ヶ月点検もあるが法定点検の対象外。これは新車からの初期摩耗等の経過を視る安全点検を目的としている。

【購入店とアフターサービスでのお付き合い】

=法定点検と車検の違い=
法定点検と車検は一見似ている印象を受けるが、整備内容や目的はかなり違うもの。
法定点検は、ハーレーダビッドソンが故障なく快適に走れるかどうか確認するものである。

車検は、保安基準(道路運送車両法に定められる規定で、自動車の構造,装置,乗車定員等)に適合しているかを管轄する国土交通省・陸運支局により検査するための制度。点検整備は行わない。
12ヶ月、24ヶ月に実施する法定点検がカナメであることを理解頂きたい。安全かつ快適に車を走らせるためには、車検だけでは不十分なのだ。

その車輌が、本来持つ快適な走行性能を維持するためにも、「法定点検」や日常の点検が大切になってくるのです。

【購入からのご縁で始まるアフターフォロー】

法定点検は義務とか責任?しないと罰則はあるのか?
法定点検は道路運送車両第48条(定期点検整備)により規定されている「義務」であること。
しかし、受けなかった場合でも罰則規定はない。
法定点検を受けないというのは、主に12ヶ月点検となり、通常、24ヶ月点検は車検と同時に行うためである。

【お客様を誘っての店主催ツーリング】

法定点検が法律に定められている背景には、ハーレーの保安基準を満たしていれば問題が指摘されないが、吸排気システムなどは車検だけではカバーしきれない。また、ブレーキパッド等の減り具合や経年や走行距離により本来の性能が発揮できるか、個々のハーレーの状態を点検・整備することができるからである。
これに密接な関係がメーカー保証も12ヶ月・24ヶ月点検を実施していることを前提にプランされている。

点検をしなかったことに起因する故障や不具合の発生の可能性もあるからだ。新車保証期間に正規ディーラーで点検を実施しないとメーカー保証を受けられないので注意してほしい。

夢のままで終わらせない夏へ‼

ツーリングシーズンを迎え、バイクに興味を持つ方がショールームへ増えて来ました。

ライダーの、夢の到達点となるハーレーダビッドソン…いつかはハーレーを…この6月にニューオーナーへ実現してみませんか。

【求めていたのはスピードじゃない(^^♪】

☆…6月末までのセールスキャンペーン チョイスできる好いチャンス!

□…低金利 2.99% H-Dオートローン

□…ローン対象へ「盗難補償を付帯」

□…15万円旅行券成約プレゼント

□…①2019年ツーリング&トライクモデルご成約特典「純正オプション40万分プレゼント」

□…②2019年ツーリング&トライクモデルご成約特典「30万円の購入サポート」

□…「フリーダムプレミアムキャンペーン」下取価格を新車価格!

【15万円旅行券成約プレゼント】

キャンペーン中にお求めを頂き、納車は車庫の準備や、大型二輪免許を取ってから。そんな事情のお客様も少なくありません。

車庫へハーレーが収納できるか試してみたいなど、この機会にハーレーダビッドソン亀戸へお気軽にお問い合わせください。

また、大型二輪免許取得に関する自動車教習所の紹介も合わせてお問い合わせを。

【購入後のアフターサービスを考えてディラー選びを】

わたしたちのモットーは「ハーレーダビッドソン亀戸」にて車輌購入としてお選び頂いたお客さまへ、安心のハーレーライフをお約束すること。

各カテゴリーモデルを熟知したサービス技術と、お客さまの立場にたった的確でスムーズなアフターサービス体制で応えて参ります。

【ハーレーオーナー同士で走る歓びを】

1986年の創業以来、「オートバイは走って楽しむもの」その基本的なポリシーから、ツーリングクラブを創り「出会い・集い・走る」を一貫して進めています。

その34年間、車輌購入くださったお客様をお誘いしてツーリングを分かち合って来ました。

ハーレーダビッドソン亀戸で車輌購入を戴いたというのは、”一緒にツーリングを楽しむキップを買う”…そこへつながっていくのです。(^^♪