あなたのハーレーに芸術を!?

「ピンスト」ってご存知だろうか?正確には「ピンストライプ」。本場はアメリカのようだ。太平洋戦争の時から現在も、アメリカ空軍の戦闘機には愛嬌あるマスコットが描かれている。また一般にもレザーバッグなどに「しま模様」や「ウェーブライン」がよく見られる。アメリカンタッチな描法で、ひとつづつプロの手で仕上げていく。今度、ハーレーダビッドソン亀戸から納車するFLSTF・ファットボーイは、ピンストの芸術だ。dsc00053             

【愛車のハーレーにこんなマスコットが描るとウキウキするかも】

dsc00055【正確な筆の動きは職人の極み】

dsc00046【ガソリンタンクもこうなると楽しい】

ピンストひとつで「あなただけのハーレー」を際立たせることもできる。何処にもふたつとない自分だけのもの。それこそがカスタマイズスピリットの原点dsc00016               

 

ヘルメットやレザーバッグなどにもピンスト文字をいかがでしょうか。モノペイントで¥3000~(写真右上のピンク文字など)ペアカラー(右下)¥5500です。あなたの個性アピールできますよ。ピンストのご用命は、お気軽にサービス・フロントまで。

♪このブログ「亀戸気質」が東京・江東区で、このところ人気第1位に、嬉しいものです。

ハーレーの点検整備と3年保証!

メーカー保証期間中です。ご安心ください無償修理で治せます」。こう対応できるお客さんのハーレーダビッドソンは、正規ディラーでキチンと定期点検を受けている方に限られてしまう。そして、お客様自身による車両の健康管理(点検整備)はかかせませんシーズン最中の今、あえてこの重要性についてお話しよう

ハーレーに限らず、すべての車両には「道路運送法」があり、点検整備をして使用するという、“オーナーとしての義務と責任”を知っておきたい。    dsc00031

新車標準状態での使用状況がメーカー保証の前提となる

新車をお求め以降、乗りっ放しで(乗らないでいても)一度も点検整備を受けず不具合が生じた時、以下のことが明らかになり実施されていない場合は保証修理が出来ないことがある。ハーレーオーナーに守っていただく事は次の通りです。

①取扱説明書に示す取扱い方法に従って使用する

②不正改造車となる部品などを換装して使用しないこと

③法令およびメーカーの指定する点検、整備を実施すること

④指定する定期交換部品、および油脂液類を使用することdscn3969-3

【心地好いエキゾーストサウンドも違法改造となればNGだ】

1990年代とは道交法や騒音規制など、法的な環境が大きく変化。その中で難題のマフラー問題がある。けたたましく邪悪な爆音をまき散らして街中を走行するバイクに、目はもちろん耳までも覆いたくなる。昔からオートバイのイメージを損なっている最大の原因という事実を考えなくてはなりません。乗ってる本人は気持ち好いかも知れないけれど、「うるさいっ」と感じている人にとって音の暴力と同様なのだ。

お気に入りのいい音でも、それが違法ならば法的適合に改めらなければならない。我々正規ディラーは、それを率先してリードする立場にある。           dsc00033メーカー保証(無償修理)に話しを戻そう。新車購入後、いわゆる正規ディラー以外のカスタムショップ等に於いて、チューンナップの名のもとに、PCMや点火系を改造する方が少なくない。その後にオイル漏れや、エンジン不具合が発生した場合、チューンナップが直接的な部位にあるなしに関らず、正規ディラーでは基本的に保証対象修理として受けられないことを知っておこう。

つまり上記の①~④項目がこれに該当する。それらの不具合が発生して「3年間以内のメーカー保証修理」を主張しても出来ない相談となる。それまでの整備履歴をディラー・HDJでは保存しており、いわゆる点検整備の足跡がないことには保証修理の対象とならないのだ。

昨年のことだが、タイヤ交換をクルマの修理工場に依頼したユーザーのハーレーが点検で当店工場へ入庫した時のこと、ドライブベルトにあそびが無くテンション限界だった。その危険な状態にサービス工場全員が驚いたものだ。同じ整備でもクルマとハーレー、正規ディラーへの徹底したHDJ技術指導プログラムは「信頼」の世界がまるで異なる。dsc09984

ここ10年間で、すっかり様変わりの「騒音規制と排ガス規制」それを環境変化と呼んでもいい。お客様も、ディラーも社会の変化に対応して行かなければ、この素晴らしい趣味と仕事を生かされない。

クラッシックカスタムの愉悦!

ドォーです。カッコ好いでしょ~

手前ミソですが、東京・下町の職人気質で製作、小生お気に入りの1台に仕上りました。もちろん、この車両は販売予定です。ショールームにお越しいただいた方から“見積書くれない”なんて、嬉しい反応も公開初日から数件戴きました。世界に1台だけの亀戸オリジナルデザインカスタム。ベースはハーレーダビッドソン・ヘリティジ・クラシックdsc00007(ちょっとクドかったかな?)

07FLSTC・’70Kameidoクラシック】

かつてのショベルエンジン時代を彷彿させる’70年代ムードのカスタマイズペイントが目を惹く。フロントカウルには当店オリジナル「ファントムフェアリング」へ換装。定評のツインカム96・1584ccビッグツインエンジンを搭載。これに乗るならば、ハーレーダビッドソンモータークローズもチョイスして、’70年代ファッションを意識してさり気なくキメるといいかも。dsc00003                           現車はショールームに展示中です。【車両本体価格220万円】

♪ ’70年代初頭の頃、当時の人気バイクに「HONDA・CB250エキスポート」があった。乾いて高らかなエキゾーストサウンドは今も覚えている。小生も憧れたがこれは買えず、新聞配達のアルバイトで手に出来たのは「ホンダ・ベンリイCS90」の中古車。それでも嬉しく夢中で走り回っていた。75年辺りから始る「バイクの黄金時代」ちょっと前のこと。 

【HONDA CB250エクスポート】30958982_v1301000715-2                  

愛車をしっかり視よう!

さぁ~3月本格的なバイクシーズンインです。ところで愛車は元気ですか?目視でもいいので点検(最下段に紹介)してみてはどうだろう?この写真は「リア・ブレーキパット・プレート」。もうブレーキの機能を果すパットは擦り切れて完全に消耗。このハーレーオーナーは「車輪から変な音がずっとしてたんですよ。それにブレーキが効かないし~」ですって。よくまぁ~交通事故にならずに済んだと、ヒヤリとする最悪の症状です。                                   dsc09843  

 

【高速走行や雨天時ではもっとも危険な状態】

dsc09846リア・ディスクは土星の輪のような深い傷の線が幾重にもあり、金属同士が摩擦して出来たもの。こんな最悪な症状でないにしても、気になるなら一度お気軽に点検においでください。

ハーレーダビッドソンの新車は「メーカー3年保証」。ご存知と思うがその3年間にキチンと「ディラーでの法定点検」を受けていなかったり、案内を受けたが忘れたなど、乗りっぱなしのHDオーナーも少なくない。「異音がする」とか「オイル漏れが見られる」など異常が起き、保証期間内であってもお客様の義務である「法定点検」を受けていなかったため、「メーカー保証の無償修理」が受けられないこともあるのだ。dsc09983                  

 

3年後はオーナーの自己管理になる。ハーレーオーナーらしく安全にはお金を惜しまずに永く愉しみたいもの。シーズンを前に、気になる箇所をキチンと「国家有資格整備士」がいる、正規ディラーへ整備を依頼しようではありませんか

手前ミソだが、HD正規ディラーにはハーレーダビッドソンUS本社より、24時間webを通して世界でのマシントラブルの正確な整備情報が送信されてくる。正規外店での安い料金に目を奪われ、整備上の瑕疵が発生しその修理に大枚のお金が掛かったとの話も少なくない。e8a9a6e4b997e8bb8aflhrefbdb6efbdbdefbe80efbe91e5898d-001

自分で視れる点検 空気圧 フロント2・0~2.2㎏ リア2.2~2.5㎏と異物突き刺さり ②オイル量 ③ブレーキパット磨耗 ④チェンジシフトのビスのゆるみ バッテリー端子のゆるみ 最低この5つは押えたい!

*バイクの点検項目を覚え易くするためこんなのがあった。「ネン・オシャ・チエブク・トウバ・シメ」現在でも基本は同じだ。「燃料・オイル・車輪・チエーン・ブレーキ・クラッチ・灯火類・バッテリー・各部締め付け具合」をゴロー合わせで覚えておくといいだろう。

サービス入庫は予約にて受付中!サービスフロントまで 03-5627-3050 河野(コウノ)まで!

ソフティルに亀戸ハードケース!

「ヘリティジ・ソフティルクラシック」に、サイドバックハードケースのオーダをいただき、当店サービス工場にて製作(ほとんどハンドメイド)しました。レザーバックのノーマルスタイルより引き締まった感じを仕上がっています。   dsc09724ソフティル・ヘリティジクラシックdsc09725

ロードキングのようなムードをソフティルで味わう!受注製作ですが要望いただければ左右セット20万円にて仕上げます。店頭受注に限定。(通販等はお受けしておりません)製作納期は、ご相談のうえとなります。    ハーレーの楽しみに「自分だけのカスタム」という世界があります。そんな愉しみを「亀戸気質」は応援しています。カスタマイズのこと何なりとお問合せください。なお詳細なご相談はご来店くだされば幸いです!

ハーレーに“真昼の決灯”HID!

圧倒的な照度を誇る「HIDヘッドライト」。その明かりの色彩にも、“ハーレーらしさ”を損なわないオリジナルの灯色に近いものが新発売された。夜間走行においては通常照度の3.5倍(ハロゲン比)で照らし、前方はまるで昼間のよう。 また昼間や夕暮れはひときわ輝く存在感を示す。                         【ハロゲンカラーdsc09705-33800Kはハーレーオリジナルのようだ】

下の「6000K」は定番人気のホワイトブルーカラー!明るさ3.0倍(ハロゲン比)※ハロゲン:950ルーメン(平均値)HID:2700ルーメン(平均値)dsc09712              

HID本体キットの価格は38000円、取付工賃12000円を含めると50000円となるが、耐久性も照度もケタ違い。またその強烈な明かりは、対抗車からの認識も高まり防衛運転にもつながるもの。対応機種はXLモデルからEVO・TC88・TC96などほぼ全モデル装着が可能。ご検討、相談はお気軽にショールームまで。

カスタムハーレー!

先日、横浜で開催された「2010ホットロッドショー」へ出展したハーレーダビッドソン亀戸の「ファットボーイ・カスタム」。ショーモデルでありながらそのまま公道仕様。すでに数名のお客様より商談も頂いています。hotrode382b7e383a7e383bc-009-2                         

【ファットボーイの個性を引立たせる戦闘機モデファイ】

正規ディラーとしての信頼を基に、お求めになられるオーナーさんが安心かつ快適に愛用できるマシンカスタマイズを念頭に、使用する純正パーツはメーカー3年保証などに加えて、精練なメカニックの巧みな技術によって仕上がっています。hotrode382b7e383a7e383bc-007                 

【フェアリング装備で先鋭的デザインに】

ショールームに展示中です。ぜひご来店のうえご覧下さい。