和風なハーレー亀戸Tシャツ!

1998年の発売dsc07152以来、おかげさまで堅調な販売の「ハーレーダビッドソン亀戸オリジナルTシャツ」が、このところ一段とオーダーを頂くようになった。買ってくださる多くは外国人観光客で、ディズニーランドへ来たついでなのかな?いつも5、6人の小グループでワイワイやって来て自分用に、或はお土産用に買って行かれる。時どき横須賀に寄航した米軍の兵隊さんもいたりする。

昨日ニュースを見ていたら、築地市場のマグロ仲買セリ場を、外国人見学に条件付きで見学再開したとのこと。早朝のセリの様子を見学したりカメラで撮ったりするシーンがあった。正直な思いを言うと、マグロのセリシーンがどうして面白いのか小生には解からない。そんな文化の違いを思わせるニュースだった。そのついでか外国人観光客が当店にも来店したりして。(築地市場から当店まで約8キロ、タクシーなら12分で着く)fujinraijin400

 

 

 

 

 

 

風神雷神図 俵屋宗達の屏風画

 話しを戻そう、当店のオリジナルTシャツは日本サイズ。ハーレーダビッドソンは英語、その他は、風神雷神の図をベースにデザイン(写真)や江戸 dsc07263東京・日本などの江戸文字が入っていて男女兼用サイズ。製作を担当するのは高品質な国内のメーカーさん。「24時間テレビ」オフシャルTシャツなどの実績を持つ。店頭販売はもちろん全国へも通信販売、宅配便にてお届けします。どうぞご利用ください。

ハーレー亀戸の安心中古車たち!

ハーレーを欲しいと考えると、まずは価格を調べるのでは?dsc070861       

新車の一番の低価格は「XL883・スポーツスター」の88.3万円。最高価格のFLHTKは350万円(サイドカーを除く)。中古車を購入検討される方にも理由がいくつかあるだろう。例えば、「ハーレーに一度乗ってみたい」・「取りあえず価格の安いので練習して自信をつけたい」そんな購入希望者の方にプロからアドバイスを!

価格だけで高いか安いかならWEBでなら簡単に判る。中古車の問題はそこにある。プロによってキチンと整備され、新たな購入者が安心して乗れる状態にあるかどうか。万が一に、マシントラブル時の保証やアフターサービスなど、購入後のことを考える賢明な消費者の眼をもちたい。dsc07046                    ①中古車購入は実物を見る ②販売先やアフターサービス環境を知る。最低でもこの2点は押さえたい。個人売買や、サービス工場を持たず無資格な業者からの売買で、「車検が継続して取れない改造車」を知らずに買ってしうまうケースがある。

わたくしたちハーレーダビッドソン亀戸にて販売する中古車は、お客様に3つの約束をしています。①完全整備での納車 全車整備保障付き ③アフターサービスの徹底 この3つを守れないような車両dsc07106を販売しないよう貫いている。dsc07028

 

 

 

       

     

 

 

 

17日現在、おすすめ中古車在庫は10台。ご来店をお待ちしています。

メディア取材が続きますⅡ

いつかはハーレー!』40歳以上の方なら聞いたことのあるフレーズではないだろうか。その憧れを形にした我等の加藤会長が「週刊朝日」に!dscn4429加藤氏の走りのコツやアドバイスは初参加者にやさしく嬉しいもの

2月24日のこのブログでも紹介、我等がハーレーオーナークラブ『東東京チャプター』会長・加藤健夫氏が「週刊朝日」3月19日号へ、ハーレーとの出会いや夢の実現について、当店内での取材記事が掲載されている。  dsc070822dsc07081その1冊をチャプターコーナーに用意しました。来店の折にご覧ください。

我等の『東東京チャプター』も3月16日現在の在籍数118名。丁度45歳を境に、45歳以下と以上で5割づつになる。意外に多いのは50歳代、70歳以上も4名いらっしゃる。冒頭の『いつかはハーレー』の意味も近年変化している。30年位前に比べ、収入と年齢や職業的な関係、またローン・クレジットが普及していない当時の購買環境など現代と違っていた。

年配の方のハーレーイメージから、誰もがローンで購入できる今、19歳や20歳のオーナーも珍しくない。しかし、経済事情よりもいろんなお客様を観て思うのは“ハーレーに乗るのもスポーツのひとつ”に捉えておくといいと思う。例えばスキーを始めるのも初級クラスがあるように、”基本は初級にあり“だ。年齢を超えて思った時がチャンス『今こそハーレー!』に踏み出したい。いつかは、我らの東東京チャプターでご一緒にハーレーを愉しみましょう!

*大型2輪免許(自動2輪)はあるが乗る自信がない。そんな方お気軽に当店まで連絡ください。

春だバッテリーに注意を!

今日も快晴!早い桜は開花が始まったようだ。dscn19471その陽気に誘われて車庫からハーレーを出す。その時セルモータースタートを押して気づく「バッテリー上がり」。せっかくの乗りたい気分も消沈してしまう。ハーレーに限らず冬場乗らなかった分、バッテリーには春を迎える電圧パワーが残されていないこともある。dsc07043シート下のバッテリーに充電器接続方法を説明する営業スタッフ

多くの電圧を使うスタート時のセルモーターは、気温20度以下の場合はエンジンオイル粘度も冷えて硬いなど負担は大きい。2年以上使用したバッテリーは、特に冬場には蓄電が弱く、そのパワーが残っていないことが多い。

このところバッテリーや充電器の注文がうなぎ登り、そんな現象があちこちに発生しているのではないだろうか。本格的なツーリングシーズンを前に一度バッテリーチェックをしたい。(3月14日現在、バッテリーが注文集中のためバックオーダーとなってますが直ぐに改善されます)dsc070391HD純正充電器につないでおけば常に100%のパワーを発揮できバッテリーも長持ちします。*春のグルメツーリング参加の方はぜバッテリー確認くださいね!

磨けば輝きを取戻す!

「ナ、何だこの錆びは~」と、ふと気づくホイールやディスクブレーキプレートの錆び。手入れをすれば輝きを取戻せます。ホイールはアルミダイキャスト合金、ディスクブレーキプレートはスチール鋼で出来ている。錆び方や現象は異なるが塩分や水分に弱い。錆びしまったところは磨いて治そう。dsc07033それには「効果的」なみがき剤を用いてやりたい。その決定版の磨き剤を紹介する。ハーレーダビッドソン亀戸でも使用している『ホワイトダイヤモンド』だ。アルミやその他あらゆる金属を磨くために開発された速乾性の濃縮金属磨き剤。その効果は実証済みである。dsc07038

dsc07036価格は2940円これから春の乗り出しに錆びていてはハーレーオーナーとして情けない。ここは磨いて輝きを取戻そう!

個性的なカラーペイント増殖中!

春が来たから赤にした!と云うわけでもないと思うが、最近明るいカラーリングのカスタムペイントへ塗替希望されるお客様がチラホラ増えてきた。dsc06994-2(2010年モデル・ビューエルXB12SCgへカスタムペイント)

不況感漂う昨今だが、バイクのカラーリングは明るい方向へ転換しているのか?ファッション業界の話しになると分野を外れるが、色の持つ根本は「静」と「動」を意味するらしい。従って流行も「動」から「静」へ、またその反対へとリズムのように変化しているとか。ちなみに2010年春夏は「白くする・ホワイトニング」へと「動」へトレンドして行くらしい。そんな気持ちがライダーにも影響するのか躍動感の明るいカラーリングが目立ってきた。dsc070062ハーレーダビッドソン・最新モデル「FLHTK」もそのトレンドに乗っているカラーに見えてきたぞ~!

よみがえる「オートバイ然」とは!

dsc06798オートバイらしく性能も上質感も妥協したくない」。そんな新しい価値観と、1970年から80年代の初頭、オートバイがもっとも男臭くて、各メーカーが争そって新機種投入が続いた黄金期に焦点。そのムードを彷彿するカスタマイズが、ハーレーダビッドソン亀戸ファクリーでスタートした。

目指したのは無骨ながらも男臭いオートバイフォルム。ラィディングポジションからは、かつてのカフェーレーサーを思い起こす。CB750K0・カワサキZ1など、名車が続々と登場したあの良き時代を思い出す方もいるかも知れない。78z1-rそんなムードを漂わす「オートバイ然」を創造したいのだ。   (上・写真、XRベースのカスタム車・下はカワサキZ1R)

ハーレーらしくないがハーレー!その最適素材はXR1200&XR1200X。カスタムパーツをすべてセットアップすれば全容を紹介したい。今回はヘッドライト周りをほんの少し紹介に留めたい。ご希望とあれば途中ながら、ショールームに展示中ですのでご覧ください。