お得意様へ「2017カレンダー」を(*^^)v

あと40日で、2016年から2017年へ。好評の「ハーレーダビッドソンカレンダー」に今年を振り返る。
春以降、ハーレーダビッドソンのご契約やお乗換えを頂いたお客様と出会いと再会がありました。車輌購入のご縁から始まるアフターサービスやツーリングのお誘い。

サービス工場へいつも点検・車検整備の利用されるお得意様へも「2017・ハーレーダビッドソンカレンダー」を差し上げております。


【ショールームも2017ムードへ】

当店主催のオフィシャルツーリングでは、多くのオーナーが「ハーレーダビッドソン・モータークローズ」でカッコよく決めています。特に11月以降はウィンターファッションによりレザージャケット&パンツでライダーらしさがグ~ンとアップ!(^^)!…

オフィシャルツーリングだからこそと、HD純正ファッションを着こなすメンバーのお人柄もここで出てきます。


【卓上カレンダーも選べます】

カレンダーをお配りするお得意様とその一言三言の会話から感じる今シーズンの走り。ツーリングの頻度が大体が解かってくる。ハーレーを趣味以外の通勤などで使用されるお客様はほとんど居ない。

来る2017年も、1月から11月まで12回のツーリング予定が決まっている。チャプターメンバーの方や車両購入から1年以内の方は、12月17日(土)に公開されるチャプターツーリングをカレンダーへ記しておきたい。


【人気の壁掛カレンダー】

どなたであっても、カレンダーを頂くと嬉しいものですね。特にハーレーダビッドソン・カレンダーは自由と躍動感の溢れる豪華版。ハーレーダビッドソン亀戸のお得意様への「2017年もよろしくお願いします」と、スタッフ全員の願いも込めて!(^^)!

2017年ロードグライド・ファースト・ラィディング!(^^)!

ハーレーダビッドソン/FLTRXS・ロードグライドの販売では、日本のディラーに於いて、おかげさまでトップを行く亀戸店。

小生の好きが高じて、ツーリングモデルの試乗車を選択する時、FLHXSストリートグライドと悩むが、3年に一度はロードグライドに決めてしまう。


【ハーレーダビッドソン/FLTRXS・ロードグライド】

ディアルヘッドライトを装備する大柄なフロントカウリングはスタイリッシュでもある。それはロードグライドの個性であり唯一のデザインだ。またゴテゴテと飾りたてないシンプルさが都会的でカッコいい。高速走行での向かい風も、空力を活かせるよう改変されている。


【107キュービックインチ・ミルウォーキーエイト】

107Cvi=1746㏄とさらに排気量は拡大された。1998年から2016年の18年の間「ツインカム88」から「ツインカム103」まで排気量をアップデートしながら生産されてきた。そのツインカムエンジンと比較しても「ミルウォーキーエイト」は明らかにパワーアップしている。


【スクリーミーイーグル・大口径エアークリーナー装備】

パワーアップを狙って吸気系をカスタマイズ。効果はテキメン、ノーマルでさえも向上した加速感には驚いたが、吸気音のせいか心地よい更なる怒涛の加速を体感した。なおこのスクリーミーイーグル・大口径エアークリーナーはハーレーダビッドソン純正。価格は¥80000で販売されている。


【2017エキゾーストマフラー/ノーマル】

エンジンがかかった瞬間、カスタムマフラーへ交換したのかな?と驚くようなエキゾーストサウンド。

新車標準仕様がこれなら、何にも云うことはない。排気口の大径となっているのがハッキリ判る。クルージングでも心地よいサウンドが風に流れた。


【従来のエキゾーストマフラー口径】

「合法マフラー」つまり車検にパスする排気音規制。2003年以降、合法マフラーでも「いい音」へ挑戦はメーカーはもちろん、カスタムマフラーメーカーでも開発されてきた。世界的な流れとしては「ヨーロッパ騒音基準」に統一されようとしている。


【Rマフラー接続部は大きくなった】

マフラーの外径が改変されて、従来のHDスポーツマフラーなどは装着できなくなった。


【L側は細く】


【ハードケースのロックがねじタイプへ改変】

これまでロックピン方式だったが、右回りに締めて行くと硬くなりロックポジションまで回さずに「セットアップ」との誤解があった。

自らの装着でケースごと落下させた方も少数いたようです。今回の改変では、レバーを設け締めこんで行くタイプになった。


【ソフトロアー】

ソフトロアーはウィンターシーズン、また雨天走行時に防風と水除けにも役立つ。今冬も、これで向かい風から小生の膝や足首の冷えを軽減できるのだ。
ツアラーモデル(FLHXS.FLHR.FLTRXS)へ絶対のオススメです。¥19000((税込)

新鋭2017年モデル店頭デビュー!!

待ちに待った「2017・FLTRXSロードグライド」が足立ナンバーを取得してハーレーダビッドソン亀戸の試乗車として、また小生の来年9月まで1年間の愛車としてデビューしたのだ~!(^^)!


【FLTRXSロードグライド・下町デビュー】

アメリカ・ボストンでの「新エンジン・ミルウォーキーエイト」が発表され、日本のディラー仲間4社が2泊3日のハーレーダビッドソン主催ツーリングに招待された。その感想や体感など彼らから聴き、予備知識と共に大いなる期待を膨らませながら待っていた。その3つはこれだった。

☆…新エンジンは1746㏄(107キュービックインチ)はトルクフルで加速がすごい

☆…渋滞にはまったがエンジンの過熱しても股間が熱く感じない。

☆…高速走行ではハイスピードクルージングは安定していて、前後の新サスペンションが利いている。


【東京ゲートブリッジまで試乗】

まず新エンジンをのセル・モーターを回す。エンジンに火が入った瞬間のエキゾーストマフラーからは、カスタムマフラーではないのかと思うような重低音。なんと歯切れがいいんだ。1980年代に似た懐かしい鼓動音が響いてきた。

正直に云えば「これまでとゼンゼン違う。ハーレーらしいじゃん」と小生は驚きつぶやいていた。

1983年から1998年まで生産されたエボリューションエンジンの鼓動音を彷彿させ、アイドリングはこれまでとはまるで違う850rpmの低回転でドコドコと回っている。


【脚付き性やハンドリングはさらに向上した扱い易さだ】

さぁ~ファースト・ラィディングだ~(^^♪…そのインプレは、明日公開いたします~(^^)

お買い得です【2016・サマーバーゲン】(*^^)v

夏真っ盛りですね。猛暑はこれからが本番でしょうか。8月はハーレーダビッドソン亀戸の決算期であります。年に一度のお値打ちなご提供と、車両のご商談では思い切りご提案をさせていただきます。

また、国産バイクからハーレーダビッドソンへ乗換、またハーレーダビッドソンから上級モデルへのランクアップもこの機会がお勧めです。


【免許取得前に愛車のファットボーイをゲット(*^^)v】

パスポートフリーダムキャンペーンを利用。教習所卒検まであと2時限となって、念願のファットボーイS(限定車1800㏄エンジン搭載)をご成約頂きました。


【若い人のご来店には活気づきます】

「僕は、乗るならハーレーダビッドソンと決めているんです」…幼い頃から父と兄のライダーシーンを見て育ったK君は(右)、当店の近くに住みランドセル姿のあの彼が…今ではテニスのコーチを都内有名なコートで活動しているという。


【ハーレーモータークローズ・サマーシャツ】

夏は着替えも含めて3枚は手元に置きたいハーレーダビッドソン・モータークローズシャツ。バーゲンセールでゲットしませんか。


【シーズンジャケットもお値打ち】

真夏の炎天下は、素肌を出さない方がツーリングでの疲労感を軽減できる。また、ハーレーライダーならモータークローズを着てるだけで、かっこよくイケてるライダーに見えるというもの。


【初心者向け試乗車をスタンバイ】

試乗車に新登場したロードスターなど、ハイレスポンスマシンの他に、ハーレーダビッドソンでは最も軽量で小型の「ストリート750」もスタンバイ。

*夏季休業の案内 8月12日~17日までお休みを頂戴します。

ハーレーモータークローズ・サマーシャツバーゲン

夏のツーリングシーン、ハーレーライダーにはモータークローズ・サマーシャツでキメたい。
年齢を問わず、誰にでも着こなしできるのがモータークローズの好さではないだろうか。

シニアライダーならば、シャツ2枚を持っておきたい。「2016・ハーレーモータークローズ・サマーシャツバーゲン」へ。いよいよ7月13日からスタートへ。


【レディースシャツ】

オシャレなツーリングシーンをさりげなく(*^^)v


【メンズシャツ】

レディースライダーがソっと教えてくれました・・・「HDマークのワッペンを手縫いで付けたシャツよりもハーレーシャツ1枚着てる方がサマになってカッコイイです~」…ですって(*^^)v


【人気デザインから早い者勝のバーゲン20%~30%OFF】

ハーレーライダーでなくても、タウンシーンでセンスよく着られちゃいます(^^♪

下町・亀戸のロードスターカフェ♪

涼しくて気分いいな~(*^^)v…とハーレーダビッドソン亀戸へ点検整備や納車引き取りでのご来店、また試乗でお越し頂いた方で賑わっています週末だけのロードスターカフェ。


【HD亀戸の店頭ロードスターカフェ】

今月の上旬には、テレビ局のドラマ撮影のシーンにも登場したここハーレーダビッドソン亀戸の店先。5月に収録ロケが行われた。


【涼風が心地いいね~と常連さんも】

いつもと違う雰囲気を演出。パラソルを展示スペースに置くだけでも、アウトドアないい雰囲気に(^^♪


【ロードスターカフェサインボード】

ホントの狙いは、ニューモデル「ロードスター」の紹介と試乗キャンペーン。


【ハーレーダビッドソン・ロードスター試乗車もスタンバイ】

都心で乗るとどうしても信号や交差点でGO$STOPが多くなり、ロードスターがもつポテンシャルを発揮できない。ワインディングで駆けたら最高なんだろな~と、小生は思っているんです。これまでのスポーツスターとは一線を画す仕様をお試しください。

サマーツーリング参加申込は明日まで(^^)

2016年も半年が過ぎようとしています。7月3日(日)亀戸・東東京チャプター主催「サマーツーリングin日光鮎やな」の参加申し込み締切は、開催1週間前、明日6/26となっています。

年間5000km走破を目標としたチャプターツーリングベースプラン。これをに12回に分けると1回あたりそのツーリング走行は約410Km。ニューライダーでも、全部に参加してこれだけ走れば中級クラスへ(^^♪


【隊列走行の美しさを誇ります】

斜め位置で前車と後車が等間距離を維持しながら隊列走行を「千鳥編成」と呼びます。バックミラーに映りながら10台のチームとして編成、集合から解散まで、70名超となるマスツーリングを安全に導きます。


【6月から9月までは涼風の高原ツーリングへ】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車両購入されたお客様へのアフターサービスの一環としてツーリングを開催しています。
「初心者対象・ニューオーナーツーリング」、ベテランメンバーが集う「チャプターマイナーツーリング」、当店主催のオフィシャルツーリングなど、年間15回主催・併催しています。


【新緑とマイナスイオンを吸収しながら】
当店のツーリングは集合から解散まで団体行動。ランチも同じ会場でワイワイと談笑しながらやるのがモットー(^^♪
今回の2016サマ―ツーリング、鬼怒川の鮎やなで「鮎の塩焼き定食」をいただきます。


【2016 FLHXSE・CVOがショールームに新登場】

ベテランハーレーオーナーの憧れFLHXSE・CVO。ぜひご覧ください。


【2016 FLHXS NEWカラー】

ハーレーらしさはカラーリングにも(^^♪