夏のニューオーナーツーリング開催決定!

車輛購入からまだ日も浅いT山さん、「ハーレー亀戸へ行ってから、何の気なしに免許を取っていつの間にかハーレーに乗ってたよね」…そのTさん、ツーリングに誘ったらグローブを着けず、なんと素手で運転して集合場所に来た。

それを見た先輩ライダーが、サイドBOXに作業用に持っていた軍手をあげた。(亀戸に帰るとHDグローブやブーツを購入)

そんな初心者を15名誘って「ニューオーナーツーリング」を、この夏も6月9日に開催を決定(^^♪

【高速道路走行を体験】

ハーレーダビッドソンを買ったが、バイクに乗る友人がいなくて、走る機会がなくほとんど車庫に入り放し。そんな初心者も少なくない。通勤に使っているハーレーオーナーはほとんど居なくて、趣味オンリーというのが実際だ。

ニューオーナーツーリングのコースは、高速道路や市街地などいくつかのシュミレーションパターンをコースに取り入れて体験頂いている。

【街中を走行】

オートバイは独りで乗り愉しむが基本だが、同じバイクに乗る仲間がいると楽しさはもっと広がっていく。特にハーレーはその集いやサークルが多く、亀戸のツーリング仲間「ひがし東京チャプター」には130名が集う。

【休憩場所では車両の取り回しアドバイス】

ニューオーナーツーリングの途中で、車両の引き回しやバックのコツなどをワンポイントアドバイス。参加頂いたニューオーナーから、「車庫からの出し入れがラクになった」と嬉しいコメントを頂きました。

【昼食は外房の金目鯛の煮付け】

お昼は定番の「金目鯛の煮付け定食」(^^♪…後日、「あき」さんへ再来店するニューオーナーも少なくないとか。

【ワインディングロード】

ニューオーナーツーリングを体験したら、年間6回開催のオフィシャルツーリングへビジター参加が2回までできる。
それ以降は「ひがし東京チャプター」へ入会して、多くの仲間とハーレーライフを分かち合っていく。

【ツーリングゴールは道の駅・市原】

ハーレーダビッドソン亀戸でご購入のご縁から、納車のあとアフターサービスはもちろん、ツーリングや仲間と分かち合うイベントへお誘い。永く安全に楽しむハーレーライフを続けて行けます。

ハーレーに出会うと(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸主催の今年2回目となる「春のグルメツーリングIn山梨ほうとう」へ。
今回も、チャプターメンバーと車両を購入いただいたニューオーナーの参加を含めて66名の参加を頂き、盛大なマス・ツーリングになりました。

【快晴となったこの日は絶景の富士山】

今回もハーレーオーナーズグループ「ひがし東京チャプター」の役員である関根フォトグラファーにツーリングの集合から帰路までのベストショットから、700カットに編集し写真をCDにまとめて貰った。ホンの一部だがここへ紹介。
【中央道を一宮御坂ICへ向かった】

購入されたばかりの初心者ライダーをツーリングに誘うと、最初はライディングに自信がないのか「また次回に」と遠慮されてしまうが、それでも「初心者チームもあるので一緒に行きましょうよ」と誘うと参加をしてくれる方もいて、今回も4名いらっしゃった。

販売した我々としては、お客様が買ったハーレーを愉しんで欲しいと思うし、またツーリングもアフターサービスのひとつであり亀戸店のおもてなしと考えている。

【御坂峠を亀戸のハーレーオーナーが駆ける】

亀戸店には135名が集うハーレーオーナーグループ「ひがし東京チャプター」がある。1998年の創設から21年目になり、1月1日~年末まで年度会員制ながらも延べ2100名が集う。この10年間ではご夫妻でそれぞれハーレーオーナーとなる「カップルライダー」も珍しくない。

【釈迦堂PAで南アルプス連峰を背に(^^♪】

例年年末までには総勢150名の会員となり、その運営にはチャプター役員14名と、事務局のハーレーダビッドソン亀戸の小生と妻であり会計担当のチーフ、この16名により、年間12回のツーリングをプランしている。

【富士山麓を千鳥編成走行で】

7チームから8チームの編成になることが多い。事前のコース打合せには休憩場所、給油タイミングなどをメンバーに伝え、引率する。そのチームリーダーは全員がチャプター役員だ。彼らもまた同じツーリング参加費を払って役員活動に貢献している。

【鉄馬に跨る亀戸のオーナーたち】

最初はXLスポーツスターやダイナからハーレーダビッドソンオーナーになった人も、3年を境にツアラーモデルへランクアップすることは珍しくない。また年間走行中も10000kmは普通、30000kmのメンバーも少なくない。次回のツーリングは4/21【HOGラリーIN大笹牧場】へ。参加に関してはハーレーダビッドソン亀戸のチャプターノートへ記名ください。

【大型二輪免許取得費用10万円支援!(^^)!】

たかがオートバイ。されどハーレーダビッドソンとライダーとの間には、人と機械を超えた成り立ちがある。ずっと前からそうだが、まだ大型二輪免許を取る前にハーレー亀戸のショールームで出会った時は、普通のサラリーマンだった。

そして、ハーレーに乗り始めたら、ライフスタイルが大きく変わった事実を、これまで多く見て来た(^^♪…今年も好い出会いを期待したい。

ANAのジェットで北海道ツーリングへ!

ハーレーダビッドソンで北海道ツーリング(*^^)v…ライダーならば、一度は駆けたい北の大地。

貴方の愛車を、同じ飛行機に積んで羽田空港から新千歳空港へ。90分後には、ライダー聖地の北海道ツーリングをスタート!(^^)!

【オロロンラインを家族3人でツーリング】
●出発・帰着空港:羽田空港
●設定期間:2019年6月1日(土)~2019年9月26日(木)の毎日出発
予約・申込はANAスカイツーリングから

8月10日~18日は、例年予約が殺到しています。お早めに予約することをオススメします。
【富良野のラベンダー畑】

【オホーツク海を右手に望みながら道北へ】

ANAスカイツーリングが今年も、6月からスタート。ジェットで乗り慣れたバイクと共に北海道ツーリングへ。

【バイク専用キャリヤで飛行機へ搭載】

ハーレーダビッドソン亀戸より、毎年約20名のハーレーオーナーが北海道ツーリングへ。

ハーレーライダー最適年代⁉

タケノコがスーパーマーケットの野菜売り場を多く出始め、まさに旬を迎えたこの春のタケノコ。ハーレーライダーになるにも最適な年代がある。

現代は60歳でも充分若さ溢れる方は多いが、オートバイに乗ることはスポーツと小生は考えている。
その機敏な動きに伴う反射神経と、身体の活発な動作はやはり若い方がベストだ。

【ハーレーライダーは40代が最適年代】

ハーレーダビッドソンに限ったことではないが、最初のオートバイは取り回しが自身で出来るランクの車両を選び、熟練の後に大きなモデルへランクアップをしたい。

中高年のリターンライダーに転倒事故が多いのは、若い頃の気持ちのままで過信が先行し、ライディングスキルが伴っていないのがその要因である。

大きなバイクを購入前に、購入直後でも「HMS・バイクスクール」での体験をぜひおすすめしたい。(小生はその昔、ホンダインストラクターだったのだ(^^♪)

【納車の日にしっかり聴きとる取説】

タケノコとライダーを旬で結びつけるのはなんだが、30年位前まで「ハーレーは歳を重ねてから乗る」と云った「おじさんの乗物」の見方をされてきた。

財布の大きさも、人にもよるが年齢に伴って大きくもなる。ハーレーダビッドソンの販売平均価格は200万円、ツーリングモデルなら300万円を超える。これを購入できる経済力がないとオーナーには成れないし、無理して手にしても維持継続はきつい。

ライダーの旬は40代であろうか(^^♪

【桜トンネルを駆ける亀戸のチャプター仲間】

ハーレーダビッドソンとのいい~出会い‼

ハーレーダビッドソンとのいい出会い‼

最初に乗っていただくハーレーダビッドソン、お勧めするポイントの一つに「カカトが地面に着く」ことをあげている。

カタログ掲載のノーマル状態でまたいでいただき…❝カカトが着かない時❞…は、シートとサスペンションによって改良、つまりオーナーに合わせてカスタマイズしていく。

【S・N様のXL1200NS納車セレモニーから】

乗り始めて3年以内に乗り換えるライダーは少なくない。それはハーレーダビッドソンにも云える。最初のハーレーから上位ランクへ乗り換えるオーナーは珍しいことではない。乗り体験によってのみ知るツーリングの楽しさ、亀戸店主催のマスツーリングに参加して出会う仲間との分かち合い。

そうした交流を通して、自分自身の中から湧き出た次のなるシーンの連想が始まるようだ。そのハーレーへ乗り換える未来には、個人差はあるが、ランクアップしてそれが愛車になっていく。

レディースオーナーが多いストリートロッド750

この春のツーリングシーンに間に合う「お値打ちな中古車」を紹介したい。最初に乗るハーレーダビッドソンとしておすすめしたい(登録済未使用車)この2台限りのストリート750だ。早い者勝ちのお買い得である(^^♪…大型二輪免許取得して最初のハーレー、あなたの勇気ある一歩をハーレーダビッドソン亀戸から。

【軽量だから女性でも取り扱いやすい】

安心ライディングのストリート750

バイクの購入を検討する時、車両価格や値引き、またその店の試乗車上がりなど、の値打ちな条件に目が奪われがちになる。遠くの販売店から購入してしまい、後のメンテナンスがおろそかになりがちだ。

手元に来たマシンも機械モノ、日常で発生するパンクやバッテリー上がりで困る方が少なくない。また最近のバイクがコンピュータを搭載しているので、購入店のコードを入力しないと、セキュリティーのクリヤーや仕切り直しで立ち上がらないと事態も起きたりする。

いい出会いと購入後のアフターサービスは一体で考えておこう。

【アフターサービスは亀戸気質ポリシー】

ハーレーダビッドソン正規ディラーのテクニシャンとしてメーカー認証「サービスプログラム」を修了。
また国家資格「2級整備士」4名在籍しています。お求めくださったお客様を優先したアフターサービスを行っております。

ハーレーダビッドソン2019年・ミッドイヤーモデル発表!

シンプルISベース!…ツアラーモデルの原点「エレクトラグライドスタンダード」を手にするチャンス(^^♪

ハーレーダビッドソン2019年・ミッドイヤーモデル発表‼FLHT Electra Glide Standard /ミルウォーキーエイト107を搭載。車両価格¥2,905,200税込。ボディカラー/Vivid BLACKのみ。

モノには原点から始まり、原点回帰すると云われる。オーディオなどの装備を廃したツアラーモデルの原点が久々に再登場した。

日本上陸は、約130台(入荷予定)。
ハーレーダビッドソン亀戸では、予約受注を承っております。

【FLHT Electra Glide Standard 】

2018年モデルが、お値打ちな今、在庫も残り少なくなってきた。ツアラーモデルのいくつかの選択肢に2018年モデルを含めてご提案させていただきます。

【ツアラーモデルの人気モデル・ストリートグライド】

【2015年モデル以降人気上昇のロードグライド】

国産バイクからのお乗り替え、もちろんハーレーからのランクアップには、高価下取査定でご提示致します。

春のニューオーナーツーリング開催!(^^)!

昨年の11月以降ハーレーダビッドソン亀戸より「ハーレーオーナー」として、またNEWモデルへランクアップされた方々をお誘いして「2019・春のニューオーナーツーリング」を3月10日に開催‼

【道の駅オライ蓮沼にて】

今回も集合は、京葉道の幕張パーキングエリア(PA)へ午前8時。京葉道から館山道を経て東金自動車道へ向かう。
最初の休憩地点となる野呂PAまでの間にニューオーナーの走りを観る。車間距離を保ちながら真っ直ぐに走るフォームを後方から視ていく。

【千鳥編成走行の隊列が美しい】

九十九里の町に入ると片側一車線の住宅地を抜ける県道には、ゆるいカーブと信号のある交差点がいくつかあり、40~50km中速の走行での車間維持と信号停止によるブレーキ操作、それに伴う車体の動きを観ていく。

【ツーリングモデルからダイナへ乗り換えられ元気な71歳のTさま】

ローキングは車庫から出すときの取り回しが重かったかが、ダイナはラクだね。とお乗り替えがベターだったと喜んでいただけた。

【Kさま】

ハーレーダビッドソンとの出会いはスポーツスターで!まさにその通りを実践された。

【Sさま】

【偶然の再会は中学卒業以来!(^^)!】
亀戸店のツーリング仲間の役員として活動する、金塚ロードキャプテンと中学卒業依頼の再会が、このニューオーナーツーリングだったと偶然の、懐かしい再会に歓がいっぱいだった。

【Tさま】

ハーレーモータークローズを購入して、次回のツーリングにはキメて来ますと、ニューオーナーツーリングからもハーレーワールドを感じたようだ。

【Kさま】
自分にガツンと衝撃を与えたいと大型二輪免許取得して、乗るならハーレーダビッドソンと思って亀戸店に入ったら、あれよと云う間にローライダーSが納車に。と、大喜びでした!(^^)!

【Nさま】

自己紹介では「シャイなんでこれからもツーリングへ誘ってくださいね」…今回が初めてのニューオーナーツーリングに、エントリーして好かったと喜んでいただけた。

【Tさま】

普通二輪免許で400㏄を少し乗って、ハーレーダビッドソンへランクアップを決めて大型二輪免許取得。すっかりハーレーオーナーの風格も。

【Kさま】

Kさまのご夫妻がハーレーオーナー!(^^)!…奥様はヘリテイジクラシックに。

【Kさま】
ご主人様はFLTRSE・CVOロードグライドを保有。このCVOで4台目となるVIPなニューオーナーさま!(^^)!

【Tさま】

TさまはFLTRSE・CVOロードグライド2019を保有。ソフティルからのランクアップへ。

ハーレーダビッドソン亀戸では、車両をお買い上げくださった方をアフターサービスの一環として、またライディングスキルアップの機会、年間では春、夏、秋の3回ニューオーナーツーリングを開催し、これまで2005年より通算45回開催となっています。
【ランチタイムのあとは自己紹介】

カラオケを歌っているわけではなく(^^♪…おひとりお一人よりハーレーライダーデビューまでを振り返って、自己紹介をお願いしてのマイク(^^)/…皆さま、ハーレーダビッドソン亀戸で買って好かったとお世辞もウマいニューオーナーさんでした~(^^♪

このニューオーナーツーリングを通して体験したマスツーリングや、仲間がいっぱいの「HOG ひがし東京チャプター」へ入会いただければ、ハーレーライフが更に広がります。
【スマホでこんな事も出来る】

内舘ロードキャプテンからアドバイスを受けるKさまご夫妻。次回のツーリングは3/24開催…「春のグルメツーリングin河口湖」です。ニューオーナーさんもビジターエントリーできます(^^♪