ハーレーにカスタムスピリッツ(^^♪

ハーレーダビッドソンを自分仕様にカスタマイズして楽しむ。そのベースマシンとして、もっとも多いのがXL・スポーツスターファミリーだ。

ひとくちにカスタマと云っても、見た目のカスタムからライディングポジションまでと広すぎるので、今回は外観から提案することにしたい。

今年は、このカスタムシリーズは好評を戴き、モデル車両そのものをご成約いただいている。すでにホームページにてアップしているので「XL883N・亀戸カスタム」をクリックしてご覧ください。

XL883N・亀戸カスタム

エアクリーナーケースをカスタムパーツに換装するだけで、見た目は大きくパワフルになる。小型軽快なスポーツスターなら尚更だ。

【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

2020年モデルの日本上陸は9月末からだ。もっとも人気の「FXLRS・ローライダーS」は製造の段階からカスタムされたモデル。2017年の春に中期発売モデルとして「ツインエンジン114/1850cc」を搭載した限定生産車だった。発売から3か月で完売。

そのリバイバルモデルとなるが、フレームはソフィテルとなり、ミルウォーキーエイトエンジンを搭載してパワフルに生まれ変わったいる。予約販売受付中です。
【FXLRS・ローライダーS】

FXLRS/ローライダーS・2020年モデル 車両本体価格 ¥ 2,396,520 から

【ツーリングを楽しもう(^^♪】

カカトがしっかり着地のカスタム(^^)/

ハーレーダビッドソンへ跨がって、先ず最初に「安心と不安」が交差するのは脚付きだろうか。

つま先、カカトとの着地の度合いにより、それからのハーレーライフに対しても不安感と安心感が交差するようだ。
人によって身長や体格差があり、その感じ方はいろいろだろうがバイク初心者にとっては重大な問題なのである。

個々に生じる脚付きの差を無くし、安心感をより高めるには、カカトがしっかりと地面に着地できるようにサスペンションやシートなど、お気に入りのハーレーダビッドソンをカスタマイズすることだ。

【脚付きバッチリのソフティル】

ハーレーダビッドソンを構成する部品のうち、重量が高いほど取り回しに大きく影響する。そのひとつにホイールの重さがある。

例えば、アルミダイキャスト製のディッシュホイールからスポークホイールへ換装すると約10㎏軽減する。

【それぞれオーナー仕様にカスタマイズ】

小柄な方(150㎝~156㎝)が安心してライディングできるよう親切丁寧にご案内させていただきます。車両購入の相談と合わせて、脚付きをしっかりサポート。

【シート高は脚付きのカナメだ】

ハーレーダビッドソンなら車種を問わず、脚付きやシート加工によるローダウン。またブーツ底の厚さを高くしたオーダーブーツの斡旋もお受けいたします。

【75歳で新車ストリートグライドへランクアップ】

70歳を超えるハーレーオーナーは亀戸では珍しくない。颯爽と街中やハイウェイを駆けるフォームに年齢をまったく感じさせない。その多くのオーナーマシンには、亀戸店にローダウン(車高低改良)を施している。

【ハーレーオーナーは脚付きは安全運転の原点】

最新モデルの試乗車を販売スタート!

この春より、ハーレーダビッドソン亀戸の2019年モデル試乗車の人気モデル3台を特別販売します。

10月に新登場の2020年モデルへ試乗車を差し替えのため、走行距離もわずか、またメーカー保証も30ヶ月以上付きの3台。

お値打ちな今、出物を手にするチャンスです。

【FLSD・スポーツグライド】
(新車価格¥2,292,700) 試乗車特別価格¥2,070,000

【FLHXSストリートグライド】

(新車価格¥3,280,800) 試乗車・特別販売価格¥2,899,000

【XL1200NS】

(新車価格¥1,366,200)試乗車・特別販売価格¥1,229,000

お求めは頭金0円、36回~120回払い、オートローン3.9%のご利用を頂けます。

ハーレーで集ってナイトラン‼

夏の夕べに涼しさと湾岸ミッドナイトを、亀戸店のお客様を誘ってハーレーで駆けた。8月24日土曜日、ハーレーダビッドソン亀戸の閉店19時に店先へ集合したのは16名。
日頃はチャプターツーリングへ参加の機会が少ない方へお声をかけて、久しぶりの「ナイトラン」を決行!(^^)!

【ハーレーダビッドソン亀戸の閉店19時に店先へ集合】

夜のツーリング「ナイトラン」は、亀戸店から往復150km。3時間ほどの高速道路を使い「海ほたる」を今回は目的とした。アクアラインのトンネル内はムッとする空気。表へ出ると開放感と夕べの爽快な海風に包まれた。

【海ほたるで揃ってナイトピクチャー】

それぞれのハーレーダビッドソンを保有し、愉しんでいる亀戸のお客様ではあるが、今回のナイトランで初顔合わせの方が多い。また、ナイトランを引率したのは営業部・ショールームスタッフ3名だ。

【次回は湾岸ミッドナイトランへ】

今後も、絶景やグルメを求める四季折々のツーリングプランと共に、少人数で駆ける「プレミアムVIPラン」など、お客様に適したイベントを計画中だ。

残暑お見舞い申し上げます/(^^)

お盆の連休がある方も無い方も、涼を求めて避暑地へ行きたくなる連日の猛暑。

夏の暑さは、この数十年で32℃から37℃と、平均温度が5℃位上昇したんじゃないかと思う。地球温暖化の影響と云われて久しいが、間違いなく暑さは上昇しているようだ。

ハーレーダビッドソン亀戸が、お客様を誘い夏季は、涼風を求めて標高1000m以上の高原を目指すツーリングプランが目白押しだ。

【2018サマーツーリング㏌北軽井沢から】

残暑で、フト思い出したのが「車検残」。ハーレーダビッドソン亀戸のお客様さんへは、車検満了の2ヶ月前を目安にハガキで案内。その時期が迫っているのを忘れて車検切れのまま乗っている人がいた。今一度、車検満了日を確認ください。

【八ッ場ダム湖コース】

高速道路などの走行でタイヤのグリップ感がしっくりこない、或いはふらつきを感じるなど、いつもと違和感を感じたら、タイヤがパンクしていることが多い。

チューブレスタイヤの特性であり、メリットではありいきなりペシャンコにならない。釘などの異物が刺さったままでも走行できてしまう。いかし、じわじわと空気が抜け出している状態なのだ。高速道路へ入る前には、ガソリンスタンドでガソリンと共に空気圧を計り、適正値にエアーを補給したい。

【八ッ場ダム大橋】

9月8日(日)開催の「初秋ツーリングin那須高原」は参加募集中です。ひがし東京チャプターメンバー、ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入の方、奮って参加くださいね。

【ハーレーダビッドソン亀戸のツーリング】

さぁ~お盆休み。連休のある方無い方もハーレーオーナーなら高原へ駆け出そう。

ハーレーダビッドソンXL883N・アイアンが人気急騰!

初めてのハーレーダビッドソンが「XL883N・アイアン」というオーナーさんが日本では1番多い。
亀戸でも、ハーレーの新車、中古車共にセールスでは、人気ナンバー1モデルとなっています。
本体価格のお手頃感と、女性でも取り扱いやすい車体であることが理由でしょうか。

【XL883N・kameidoカスタム】

現在お手持ちのハーレーダビッドソンXL883N・アイアンを、売却やお乗換えを検討されていらっしゃる方、是非とも亀戸店へお問い合わせください。
買取、お乗換えともに高価査定をご提示させて頂きます。先ずはお電話をください。

【XL883N&XL1200NS】

ハーレーオーナーとなった方から、愛車となった車種選択の理由を聞くと…①シートに座ってカカトが地面に付きやすい ②ハンドル位置と脚の位置がしっくり ③取り回しや押し曳きがラク ④自宅に近い正規ディラーだったから ⑤試乗して自信ができた。

【中古車コーナー】

XL1200X・フォーティエイトも下取り車は30日間以内で注文戴いている人気。XL883Nは、さらに早い注文を頂戴している今年の状況です。

【2019・XL883Nアイアン】

9月は「初秋ツーリング㏌那須高原」へ(^^♪

年間を通してハーレーで駆ける季節にあって、もっとも心地よいツーリングシーズンとなる9月です。
亀戸店を中心に集うハーレー仲間「ひがし東京チャプター」のメンバーなら、その四季の移ろいを風で感じながらライディングを楽しんでいる。
9月8日開催の初秋ツーリングの参加募集がスタート。

【夏のニューオーナーツーリングから】

ハーレーダビッドソン亀戸が主催する年間6回のオフィシャルツーリングへお誘いするハーレーオーナーは全員、亀戸店にて車両購入の方であり、メンバーシップスタイルだ。

ハーレーを購入して間もない初心者ライダーでも安心してエントリーできるように、コース下見を行って安全性を最優先にプラン。
60名以上参加を想定した車種別チームの編成と、途中休憩の道の駅でも、その駐車場の位置やガソリン給油マス・ツーリングとして準備をして本番を迎える。

【今回は那須街道へ駆けて】

森林の中を抜けるような会津街道は、マイナスイオンをヘルメットへ取り込んで駆けているようで心地好い。

【初秋グルメツーリングと銘打ってもイイ(^^♪】

参加者が60名を超えると、1チーム10名(理想的には8名)でチーム編成。チームリーダーが最後尾のライダーを視認できるのは10台目まで。それを引率するリーダー(チャプター役員)の巧さは、最後尾を視野に入れ、交差点や信号機のタイミングを図りながらチームが割れないように誘導している。

【ランチバイキング会場 那須の森】

ひがし東京チャプターのツーリングには「グランドルール」がある。①集合は時間厳守 ②ガソリン満タンで集合場所へ ③チーム単位で集合から解散まで!この3つである。ツーリングコースを計画する段階で、1リットル当たりの走行距離を平均15kmと堅く視てガソリン給油タイミングを案内書に記している。1台の給油に1分かかるとして想定、多くの参加車の給油タイミングを短時間で済ませる為のプランだ。

【初心者向けツーリングコース】

ある初心者ライダーが高速道路のサービスエリアから本線へ進入する時、所属するチームは、アッという間に本線へ進入、自分はおいていかれてしまったと云う。この感想は多くないが聞くことがある、ライディングを視てみるとギャーシフトの1速(ロー)、2速(セカンド)の時間が長くスピードに乗れないでいる。

教習所コースの体験からか、公道走行のキャリアが少ないために起きる習慣だと思われ、1、2速は車体が動いたら3速で加速してスピードに乗せることをスキルアップしたい。

さぁ~初秋ツーリングでハーレーのライディングを楽しもう(^^♪