まもなくビューエル完売か?!

生産最終モデルの「2010 BUELL」がいよいよ完売間近となってきた。全国のビューエル正規店在庫はディラー間なら販売推移をwebで確認が出来る。全国的にこれほどの売れ行きを示すとは思いもしていなかった。p_main                                  

 

 

 

 

 

XB12XT・ユリシーズも在庫希少に】

同じ1200ccでも、ハイパワーと最高速で圧倒する日本メーカーのオートバイ。そのパフォーマンスはある意味「究極の域」だ。しかし、ビューエルの個性はそこには無い。レッドゾーンも7000回転と低く国産の約50%だ。その低回転で発生するパワフルなトルクこそビューエルの面白さであり、1200ccながら250cc並みの小柄で軽い車体は、ワインディングをヒラリと軽やかに駆って行く。                                               b_fb_xb12r_2  

 

 

 

 

 

 

最もビューエルらしくスタイリッシュな XB12R・ファイヤーボルト

 “ハーレーの心臓を持つスポーツバイク”そのことを知り、体感したライダーは少ない。正直な気持を云えばひとり占めしたい面白さであり、何よりも「日本の峠道にピッタリなスポーツバイク」である。タウンユースで、ワインディングで、こんなに面白いオートバイが消えていくことが残念でならない。dsc01174                                                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

ビューエルイベント・ワインディングハントも年々盛況になって来た

決して売り急ぐ営業セリフではない。「XB12Scg」はほぼ完売となり、「XB12Ss」も完売前夜となった。その他のモデルも日々販売されて希少となっていく今、全国のビューエルディラー在庫照会後の受注となっています。ハーレーダビッドソン亀戸では車両確保ができ次第、安心のアフターサービスなど合せてご相談をさせて頂きます。まさに「速い者価値」です。お早めに!

雨に備えちゃんとしたレインウェアーを!

東京の梅雨入りは例年6月15日前後、誰もがハーレーで雨の日を避けたいと願うも、走り出したら途中の雨は避けられない。その季節、バイクに辛い“梅雨”がもうすぐやって来る。近年の雨は地域的に集中豪雨となる・・・レインウェアーはお持ちだろうか?

09bh-242

 

 

 

 

 

 

 

雨の路面は巻き上げで濡れる

ちゃんとしたレインウェアー』とは、オートバイ専用のこと。登山用や日常カッパと呼ばれるモノでは、ハーレーで高速走行100キロで走行する風圧に耐え切れない。またパンツのスソもキチンと風のバタツキを防ぐテープやマフラー熱に耐える「充て布」や、地面からの風圧によって、スソから巻き上げを停める脚かけバンドが付いてるもの。これらの装備がないと役立たない。(下の写真はパンツの下部。内側生地は黒い耐熱生地dsc076101)  

 

 

 

 

 

 

 

 

夜間走行での対抗車などから視認性を高める反射蛍光色の採用。2輪車は昼夜を問わずクルマから目立つことが防衛運転の第一歩だ。                               dsc07611

 

 

 

 

 

 

 

 

昼夜走行を想定したカラー選びを】 オシャレも織り交ぜ、ちょっと派手なモノを選びたい。今なら揃うカラフルなハーレーダビッドソン純正レィンウェアーがおすすめ!

アメリカンワールドフェスタ!

5月29日~30日、調布味の素スタジアムにおいてアメリカン・ワールドフェスタIn東京』がはじまる。新車・中古車・ファッションなどの即売会と「商談と試乗」を趣旨とした“HDJ主催の販売ビッグイベント”dscn5087                                       

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、同じ会場を使った東京地区正規ディラー主催の試乗会&商談会のもの。『アメリカン・ワールドフェスタIn東京』は、さらに規模も予算も大きく、関東地区全店が集結する大商談会となる。HDファッションやディラー製作のカスタム車を観たり、これからハーレーを購入しようかなとお考えの方には、ほぼ全モデルを試乗できるので体感してみてはいかがだろうか。またビューエルは、2010年モデルを最後に生産を終了しており、このイベントで新車を見たり購入できるのはラストになるかも。dscn5123                     

 

 

 

 

 

 

 

 

購入にあたってご提案をひとつ。関東地域よりほぼ全店が出店。また販売スタッフは、同じユニフォームを着用していて“ぜひ当店でご購入を”と会場でのセールスに迫られることでしょう。 しかし、あなたの自宅の近くのハーレー販売店か?どうかなど聞き購入後のアフターサービスについて、しっかり聴いておくことはハーレーの場合とても重要なことです。永く愉しいハーレーライフには、近くの銀行じゃないが正規ディラーに、“車両購入によるお客さま口座” を持つのがコツimg_1524_edited   

 

 

 

 

 

 

 

 購入後の永いお付合いは、ディラー主催ツーリング・イベントへのお誘いや、ハーレーの整備やカスタマイズ、日頃の点検や車検の各種案内。それらを大手をふって利用したり参加することを選べるポジション。それは“車両購入のお客さま口座/お得意さん”だからこそです。買って喜び、イベントなどで嬉しそうなお客さまに接すると、販売店としてこの上なく嬉しいもの。自店での車両購入車のすべてに“VIPな接遇”は感謝の気持ちから。情感の溢れる趣味でお求め頂いたハーレーだからこそ・・・!

ビートルカウルスタイル!

1970年代の往年の名車を想い起こして欲しいと製作した「XR1200X・亀戸スペシャル」。そのモデルマシンが参考となったのか?おかげさまで数台ながらオーダーを戴けるようになった。dsc07582                                     

ハーレーダビッドソン亀戸のオリジナルパーツ『ビートルカウル』を装着したマシンが間もなく完成する。                                     

ベースとなる「XR1200」は同じでも、注文を戴いたお客様が異なるようにカスタマイズも違っている。オーナーにとって「自分だけの・・・」は、至福の喜びに違いない。他のXL系と明らかにポテンシャルが異なる。「XR1200」それを体感しないと解らない。

ここで云えるのは、「オートバイとの一体感を重視したアクティブでスポーツ志向のバイク」。ハングオンでコーナーリング、大胆な走りを愉しみたいライダーのマシンといえる。ホンダ・CB750や、カワサキ・Z750など経験あるライダーなら、イメージを掴んでくれるかも知れない。その記憶を5月29日/30日に開催される「アメリカンワールドフェスタIn東京」での試乗にて思い起こして戴ければ幸いだ。dsc07592                                        

続いて受注されるXRの納車を控え、完成整備に余念がサービス工場。お気に召せば貴方のXRを創りますよ!

*「ビートルカウル」は単品でのご注文いただけます。なおシーズン中のため納期は4ヶ月以上待ちとなりますこと、ご承知ください。

免許不要の無線通話!

GWに、小生と妻でそれぞれのハーレーダビッドソンで走った「南紀ツーリング」でも、このワイヤレス通話できる『SCalarider/スカラ・ライダーQ2』がとても便利だった。15718走行中、停まる場所の変更や美しい景色に“寄り道しよう”とか、渋滞時にはお互いの位置を教えあったりしながら一緒に走る相棒と細やかな通話ができ、二人で行くツーリングには欠かせないものになった。またFMも聞ける。

左の写真はフルフェースヘルメットに装着したスカラライダーQ2/ペア49800円(2台)だが、ハーレーオーナーに多いジェットタイプのヘルメットでも簡単装着できる。

【スカラライダーQ2】

今回紹介するのは『スカラ・ライダーG4パワーセット/64800円』。Q2の機能をそのままに、最大4人まで1.6キロまでの通話距離が可能になった。 *1台のみ 4G/シングル¥34800

scr-g4_011                                「スカラ・ライダーG4」を4台なら4名の通話が可能。またG4を中央局に、従来のQ2」2台との通話ができ、つまり3名まで通話が可能だ。

鮮明な通話は、携帯電話とまったく同様の聞き取りやすく鮮明な音質。1回の充電によって日帰りツーリングの使用も充分だ。ショールームへ来店頂ければデモ器(小生が実際に使っているもの)Q2紹介します。

スカラ・ライダーG4】

クラッチレバーが近づく!

クラッチレバーやブレーキレバーは、オートバイのどの銘柄によらずスタンダードな場合、レバーが遠く握りにくい方も多くいるのではないだろうか。dsc07529                            

 

 

もっと手前にあるとラクなのに」小柄な方や、女性の方から耳にすることは少なくない。オートバイ乗りなら都内周辺や、渋滞時のクルマ脇の通過に頻繁なクラッチ操作によって、左手の痛みと疲労を経験したことがあるのでは?これを緩和できたり、小柄な方でも微妙な操作が可能になる。現在開発中で間もなく発売のクラッチ&ブレーキレバーを紹介しよう。                           

dsc07500  

 

 

 

 

 

 

 

仕上げは2タイプ、シルバーとブラック。上のシルバータイプで解るだろうか?オタマジャクシのような形の黒い調整ノブが、MIN~MAX刻みのうちMINを差していて、レバー角度が折れている状態(レバーは手前になる)なのだ。下の黒い方がMAX状態(ノーマルとほぼ同じ位置になる)。国産銘柄用でも、いくつか同じような機能のカスタムレバーはあったが、今回開発のレバーはハーレーダビッドソン用に、さらに握りやすく手前に近づくタイプにしたもの。

今月29日~30日開催のアメリカンワールドフェスターIn東京において、「ハーレーダビッドソン亀戸」ブース前でご披露しようと準備中だ。また、ファントムフェアリングなど、“乗り手にやさしくカッコいいカスタム”をモットーに、開発し発売してきた。純正カスタムパーツを含め、他社製品であってもモットーに叶うなら積極的に商品化を進めています。                                  

宮ヶ瀬湖ツーリングは6月13日に延期!

 爽やかな天気が続き、五月晴れの都心から富士山がきれいに見えます。                                       dsc09366

 

 

やまびこ大橋を渡ると壮大なダム湖を見下ろす

23日(日)にハーレーダビッドソン亀戸主催「新緑ファミリーBBQ・ツーリングin宮ヶ瀬湖」が、雨天予報のため6月13日)に延期となりました。“ファミリー”がサブタイトルながらもお子様連れは少なく2組といつものツーリング模様。お一人での参加も気後れなくおいでくださいね。日程延期により参加可能になった方チャンスです。dsc09363                  

 

海老名SAでの集合はマナーよく詰めてまとまって駐車を】

今回は湖畔でのBBQのあと、交通遺児へのチャリティとして持ち寄った善意の品で「チャリティ-オークション」。東東京チャプターのチャリティ寄付金活動のひとつとして展開するものだ。先日チャプター役員数名から寄贈され、またH・Mさんから鹿児島の名焼酎「伊佐美」一升瓶やブーツが提供出品された。その他当日に何が飛び出すやら、こちらも楽しみだ。                                     dsc09379   

 

写真は06年開催のものだが、集合場所の海老名SAトラックエリアは、このところ満杯状態が続いている。参加される方は次々にやって来る仲間の駐車場所を確保をしていただくと後続車も大助かり。区画内に詰めて駐車し、他のSA利用者にもやさしい気配りをしてあげたい。さあ新緑のBBQツーリングを愉しもう!

*5月22日(土)正午に開催日の23日天気予報を確認し、雨天予報のため参加予定の皆様やBBQ会場への日程変更の連絡を行いました。この変更に伴ってブログも変更訂正させていただきました。