今日から4月…あの時からライダーだった(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸が開店したのは1998年の夏。それ以前は、1986年より1999年の夏まで町田市において「モーターサイクル専売店・ホンダウィングMAPRUN」の2店舗を展開。一年間だけ「ハーレーダビッドソン・ホンダ」の2ブランドを扱っていた。


【ホンダVFR750R/RC30を愛車に】
1986年7月24日発表され、8月31日発売 型式は「RC30」プロダクションレースのベース車両として発売されたモデル。

日本では車両販売価格が148万円と量産車としては当時最高ランクにもかかわらず、スペックのコストパフォーマンスは破格なもので、1,000台限定の販売枠に購入希望者が殺到し抽選により販売された。その1台が小生の愛車になった(*^^)v


【今を以ても輝きを失わないVFR750R/RC30】

16歳で原付免許を取り、ホンダカブ50から始まったバイク人生。最初に乗ってエンジンをかけ、ローギャーに入れて進んだ瞬間の感動とときめき。それと同じくらいの不安のような未知の世界へ入っていったことを今も忘れない。
何十台と乗って来たモーターサイクルの中にあって、ハイスピードライディングやコーナーリングなど、そのポテンシャルでは最高に値するマシンと思われる。


【休日は八ヶ岳高原を駆けた】

1988年9月の八ヶ岳高原ツーリングから。今もワイディングが大好きで峠道が迫って来ると血が騒ぐ(^^)。モーターサイクルの面白さはコーナーリングにあり…とオフロードバイクで知る。

【マスツーリングはアフターサービスの一環】

車輛購入のご縁を当店で頂いたら、あとは如何にモーターサイクルで愉しむか。スポーツバイクを主体に販売する当店は、開業からの営業方針は一貫して「出会い・集い・走る」・そして「再会」。これはハーレーダビッドソン亀戸に於いても不変です。


【妻と駆けた道志街道で】

ホンダCBR400Fを駆るチーフ。


【VFR400を駆るチーフ、スピードウェイでのスポーツ走行】

RC30やNSR250など、当時のハイスペックマシンを愉しむため冨士スピードウェイや、筑波サーキットでの走行会も主催した。ツーリングと共に、車輛購入をいただいたお客様と誘い、一年中ライディングを通したイベントをアフターサービスの一環として開催していた。


【2018年3月・春のニューオーナーツーリングから】

現在はハーレーダビッドソン専売店として亀戸店にて、この営業スタイルは変えず、これからも皆さまとの「出会い・集い・走る」…この機会の場を提供して参ります。

ハーレー初心ライダーとワンデーツーリング!

ハーレーダビッドソン亀戸より、車輛購入を頂いたお客様の中から購入されたばかりの方、また、お乗り換えなど購入から1年未満のオーナーさんをお誘いして開催しています「ニューオーナーツーリング」。

今年も第一回を3月11日(日)、28名の参加により開催しました。

【春のニューオーナーツーリングから】

ニューオーナーツーリングのコースは2005年より変わらず、高速道路、市街地、峠道、有料道路を走行して道路状況に変化を持たせて、その状況に応じたライダーの視点や、安全確認の留意点と操作に注意すべき点など、アドバイスしながら進めて行く。


【道の駅での休憩からスタンバイ】

休憩は20分を基本。スタート時間を告げて定刻に出発する。その段階でヘルメットをかぶっていなかったり、グローブをしていない、ジャケットのファスナーを締めていない…など、ライディング準備を整え「みんなと一緒に出発できる」こともニューオーナーツーリングでは課題としている。


【スタートから1時間を経過すると余裕も】

モーターサイクルの運転は全身スポーツだ。加速も減速もカラダで停める態勢を取らないと、バイクはキチンと停まれない。


【取り扱いワンポイントアドバイス】

「オートバイに巧く乗るコツ」と云う本を何冊読んでもウマく乗れない。バイクは体験して覚えるスポーツだ。自ら乗り、扱ってカラダで覚えるもの。


【初心ライダーをフォローする小生】

ハーレーダビッドソンをお求めくださった初心ライダーにとって、購入後の方が私たち販売店と付き合いは永くなる。
亀戸店では年間15回に及ぶいろんなツーリングを用意して、ハーレーダビッドソンを存分に楽しむ機会を提供。そこで出会う「ハーレー友達」は、生涯の友達になることも。


【外房シーサイドラインを駆ける】

今回のツーリング写真は亀戸店のハーレーオーナークラブ・東東京チャプター役員である関根フォトグラファーが撮ったもの。今回のツーリングシーンを500カット以上を収めたCD写真集にして、ニューオーナーツーリング参加者へ配布している。


【春のニューオーナーツーリング集合!(^^)!】

ハーレーオーナーなら持っておきたいTAカード!


【楽しいツーリングに安心を1枚持つ】

よく年会費有料で海外旅行保険とかついたクレジットカードがありますが、そのバイク・ロードサービス版だ。

年会費は年2000円、しかし年間10万円以上の利用で無料になるので、年10万円ならば普段カードでの買物をしていればすぐに達成できる金額であろう。

このロードサービスの特徴は故障したバイクを指定場所に50㎞までなら無料で運んでくれる。JAFや保険会社のサービスでは15㎞以上で有料になることが多い。山奥などで故障したら多額の料金を請求される事があります。大体50㎞も走ればバイクショップがあります。遠方であれば修理後の引取費用も負担してくれます。


【ツーリング先からのロードサービスも安心】

あるユーザーの声から。
【ツーリング途中でパンクしているのに気が付きました。仲間の乗っているバイクはチューブタイヤなのでタイヤパンドでは応急修理できなかったので、近県のバイクショップまで運んで貰いました。修理の終わったバイクを取りに行き帰りました。もちろんロードサービスは無料でしたし、修理も思ったより安かったので大満足です。】


ジャックスTAカード

「カード申込」は上のジャックスTAカードをクリックすると申込画面がでます。

https://www.jaccs.co.jp/nirin_kumiai/shop/tokyo.html

ハーレーライダー開花宣言(^^♪

上野公園の桜が5分咲きに、あと3日で満開見頃を迎えるそうだ(^^♪。そんな春真っ盛りの24日、我ら亀戸からハーレーライダーが開花宣言・納車を迎える。歓びと緊張感がにじみでる江東区在住のK・O田様です。
喜びをいっぱいにハーレーダビッドソン・ストレートグライドと納車記念写真へ。


【ツアラーモデルの人気ナンバー1…FLHXS】

今日はライディングレッスン講座を少し!
ハーレーのV型空冷エンジンは、低回転でもトルクフルな力強い出力特性である。エンジン回転数2000rpmでトップギャであれば100kmを少し超えた速度でクルージング走行が可能で、まさにトコトコと腰から持って行かれる加速感は随一無比だろう。
【ローギャで車体が進んだらセカンドギャへ】
交差点から発進でのフィーリングを文字にすれば、ローギャで後輪は回し、セカンドギャー5メートル進んだらサードギャーで速度40kmへ。フォースギャーからトップギャーへは道路状況に適応して…こんな感じでハーレーのOHVエンジンを扱い、高回転での空吹しや不用意なエンジンブレーキは絶対に控えよう。


【サービス工場では納車前整備車輌が待機】

【停まる寸前にコツがある】
停まる寸前で右に少しハンドルを切ると左脚が地面に着きやすい。2輪車は低速時、ハンドル向きの外側へ車体は倒れようとする力が働く。この作用を使い交差点などの停止寸前、右にややハンドを切ると左に車体は傾き左脚着地がラクになります。また後ろブレーキで完全停止のクセを付けたい。

【東東京チャプターでもFLHXSオーナーが圧倒的】

ハーレーダビッドソン・ツアラーモデルでは、ニーグリップが操作の要になる。左カーブの場合、視点は100m先に置き、太股の内側をシートやタンクに当てながら「腰でバンクさせる」のだ。まさに腰はカナメになる。

亀戸店がプランするツーリングは年間15回、車輛購入のご縁を頂きましたお客様へアフターサービスの一環として開催。趣味を同じくする仲間との出会いは、生涯の友になるかもしれません。

東京モーターサイクルショー開幕!

東京モーターサイクルショーが23日(金)から開幕。世界のモーターサイクルメーカーがこぞって出展、24(土).25(日)の3日間、有明ビックサイトにて開催される。

モーターサイクル業界に、40余年の永きわたりお世話になっているが、春に開催されるモーターサイクルショーには、ワクワクした高揚感に湧いてくる。今日は業界関係者として開場したばかりの展示会場を巡った。


【開会宣言を実行委員会役員】


【ハーレーダビッドソン・ブース】
今回のショーで新発表されるハーレーダビッドソン・スポーツスターNEWモデル。ベールの下にはどんなモデルが…是非、MC会場にてご覧いただきたい。


【ヤマハ・ブース】

デザインの素晴らしさ、またグラフィックの先進性に評価が高いYAMAHA。最近のNEWデザインには、かつて人気の高ったグラフィックデザインをリメークして、小生のような往年のオートバイファンの脚を停めさせる。


【ホンダ・ブース】

昨年から、国内4メーカーの250㏄モデルの販売が右肩上がりだ。先進的なデザインと軽快さ、燃費の良さと税金の安さなど経済的にも、現代のライダーの支持を高めているようだ。


【カワサキ・ブース】


【スズキ・ブース】

シュミレーターにより、サーキット走行を疑似体験できる。初日から15分待ちの行列で人気を集めていた。この週末、ぜひ東京モーターサイクルショー

東京モーターサイクルショー2018へ!

モーターサイクルショーで初めて一般公開される各社のニューモデル。今年はどんなのが新登場するのか?オートバイファンなら待望の3日間になる。


【東京モーターサイクルショー2018】


【警視庁白バイ・レディースチーム】


【ミニバイク試乗会】

東京モーターサイクルショーの詳細はここをクリック!

ハーレー2台目は最新ファットボブへ!(^^)!

最新ファットボブへ!(^^)!…ご満悦なD・K嶋さん。
それまでのハーレーダビッドソンは1200㏄水冷エンジンのVRシリーズ。今日から、新たな愛車となる「ファットボブ」は、ミルウォーキーエイト114(1846㏄)は、ハーレーでは市販車中最大だ。


【ハーレーダビッドソン・ファットボブ】

ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームには20台の最新モデルを展示。それでも各ファミリーの全モデルが45機種とカラーを含むと100モデルを超える。

ご希望のモデルやカラーリングが無くてもメインストックや、正規ディラーネットワークにより、在庫車の取寄せは敏速です。


【納車時はしっかりと仕様説明を】

新車、中古車の購入には、70%のオーナーさんが利用している「ハーレーダビッドソン低金利オートローン」をお勧めしたい。昨年から利用が急伸している残価設定ローンでは、車両価格の50%ローンの支払いプランにより、さらに少額なローンプランが可能になった。

これから大型二輪免許取得目指して車輛を準備しておき、免許証を手にした日に「納車」というニューオーナーも珍しくない。
ローンには審査があります。①免許証(現在お持ちの普通自動車)をご用意ください。