秋のニューオーナーツーリング開催へ!

ハィウェイを颯爽と駆けるハーレーライダーにも、初心者時代を経てきた。ハーレー亀戸で車輛購入を戴いたお客様のうち大型二輪免許を取得。その後に新規購入される方は少なくない。

しかし、教習所コースだけの実技では、公道での運転は誰にとっても不安は大きい。不慣れもあり安全面からもサポートが必要だ。初心ライダーの不安感をやわらげ、ライディングスキルアップを目的に、当店購入者に向けて「ニューオーナーツーリング」を開催している。

【基本的なライディングポジション】

オートバイは全身操作だ。視線からつま先まで、静止状態から自分のカラダに合った正しいライディングポジションを覚えておきたい。

【チャプターロードキャプテンをリーダーにチーム編成】

ハンドルを右に切るとオートバイは左側に倒れようとする。それは左に切っても同じで反対側へ傾く。

この二輪の特性を停止時に使うのだ。街の交差点で停まる際、後ろブレーキでフィニッシュストップのタイミングでハンドルを右にわずかに切る。その操作でオートバイは左側へ傾き左脚が着地しやすくなる。

右側に倒れたら、クルマと接触も危険もあり、低速からの停止時はこのテクニックを日頃から体得しておきたい。

【ハーレーライダーはソフトクリーム大好き】

日本に於いて今年の上半期のハーレーダビッドソンは4400台(業界紙より)とニュ―オーナーが増えた。その中には乗り換えたオーナーも含まれるが、依然輸入車ではHDのシェアトップの販売が続いている。
ショールームで、初心者の方によく聞かれるのは「プロからのおススメはどのモデル?」…生まれて初めてのハーレーならXL883Nアイアンか、ソフティル/ストリートボブでしょうか。その訳はまたショールームでご案内いたします。

【リーダーに付いてスタート】

ハーレーダビッドソンは6速ミッション。自動車教習所(低速が中心のコースのため)で習ったギャーの使い方や、シフトアップのタイミングはリーダーの走りから、そのギャーがどのポジションなのかを知る。

スタートからスピードに乗れていない原因に、ローとセカンドギャを長く使い過ぎ、シフトアップしていないことが多くみられる。ローギャで静止から動き始めたらセカンドギャへ、10kmをメーターが指したらサードギャで40kmまで加速。あとはその時の道路状況に合わて④~⑥速までのギャを使う。

【解散後からワンランクアップの腕と笑顔に】

上記掲載写真は「2018・春のニューオーナーツーリング」から。

☆…参加方法など当店ホームページをご覧ください⇒http://www.h-d-kameido.com/harley-life/touring-event/post5079

☆…当店ブログ「下町の出会い」もご覧ください!(^^)!…https://localtokyo.blogmura.com/koto_ku/ranking_out.html

ハーレー・2019年モデル/リーフレット!

この秋、日本上陸が待望される「ハーレーダビッドソン2019年モデル」。

そのNEWモデル・リーフレットが10ページに渡って紹介されている。昨日ハーレーダビッドソンジャパンより入荷しました。本日9月23日(日)より、ご来店されアンケートを戴きました皆さまへ進呈。

2019NEWスポーツスターからツーリングモデル・トライクまで一挙掲載。

【2019モデルリーフレット】

例年、10月中旬ごろ、アメリカミルウォーキーより生産された第1弾が横浜港へ陸揚げされ、全国のハーレーダビッドソン正規ディラーへ配送される。

実車をご覧いただくのはそれまでお待ちいただきますが、ハーレーダビッドソンには2019年に新登場した【FXDR・114®】が唯一のニューモデルだ。
またツーリングモデルではスマホ(アイホン)のグークルマップがリンクさせて利用できる。

【1ページを開くとFXDR・114®が(^^)】

モデルチェンジのタイミングが前期モデル在庫がお値打ちに買えるチャンス。気になる「2018モデル」があればお問い合わせください。

【試乗車は2018年ソフティルがスタンバイ】

季節に合ったライダーグローブへ(^^♪

剣道・柔道・オートバイ道(*^^)v…オートバイは初耳でしょうか(笑)…どんなスポーツにもスタイルがある。カラダを保護したり、もしものアクシデントに備える「防具」がそれである。

モーターサイクルにはヘルメット、グローブ、ブーツが代表的なライディングギャであるが、その中でもグローブは、夏季・冬季と気温やシーンに合った、仕様をベテランライダーは使い分けているのだ。

【強い陽射しには肌を出さないベテランハーレーライダー】

【HDグローブ¥11500~】

HARLEY-DAVIDSONに乗ってるライダーなら、モータークローズも同じブランドを身に付けたい。それだけでワンランク上の愛好家をアピールする。

【HDウィンターシーズングローブ¥19139】

HDモータークローズには、キャップからライディングジャケットはもちろん、ブーツまで揃っている。

【サマー・HDメッシュ¥10460】

HDのマークは「バー&シールド」と呼ぶ。マークはオートバイを正面から見てハンドルバーとウィンドシールドをかたどったもの。

【秋・HD¥14000~】

HARLEY-DAVIDSONのロゴマークがワンポイントで意匠されている。ランチをみんなと分かち合うテーブルにさりげなく置かれたモータークローズには、これだけでオーナーこだわりとブランドがしっかりと伝わるのだ。

【秋・アバロン¥14789】

左グローブは、クラッチ操作のより使用劣化が大きい。右グローブはスロットルを回しフロントブレーキを作用、左右の劣化はその機能を駆使する結果でもある。もしも、レザーグローブを雨に遭遇したら、陰干しで乾かし、レザーオイルでメンテナンスしたい。

【ショールームにてお手にはめてお試しください】

夏から秋へ。ツーリングシーズン到来に合わせて、愛用グローブの新調を(*^^)v

持つ者を魅了するドラッグスタイル!

ブレイクアウトが好評をいただいております。

無駄のない佇まいと、アスファルトを叩きつける力強さを極めたNEWブレイクアウト。

ガソリンタンクの小型化によって、ミルウォーキーエイトエンジンがこぶしのように目立っている。

搭載されているミルウォーキーエイトエンジンは1864㏄/114Ci(キュービックインチ)とトルクの塊みたいだ。

この秋、ツーリングシーンでは羨望の眼差しを受けそうだ(^^♪

【ブレイクアウトが今日から愛車へ】

本当に欲しかった1台を手にすること。これこそが「趣味はハーレーダビッドソン」と自身に、そして友人にも真実を誇れます。

つまらない妥協は、結果的に何度も買い替えるハメになる。本物を持つ者こそ、心はひときわ昂る。

【ドラッグスタイルの追求】

車輌価格¥2,734,000 180回オートローンをご利用いただけます。

【XL883Nアイアンが愛車へ】

もっとも多いファンを持ち、そのハーレー入門バイクが「XL883N・アイアン」。ハーレーダビッドソン亀戸では常時展示。ご購入に際し即納希望に対応しております。

【大型2輪免許サポート10万円支援】

大型二輪免許をお考えのあなたへ!4月21日(土)〜9月30日(日)の期間中に大型自動二輪MT免許を取得し(教習所を卒業)、ハーレーの新車を購入(9/30までに新車登録)すると、最大10万円サポート!…お申込みお急ぎください。

【ハーレーは仲間と分かち合う】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車両を購入されたハーレーオーナー様をお誘いして、年間15回のツーリングを開催しています。車輌はどちらの正規店で購入しても同じモノ。

当店では、購入後こそお客様にとって長くなる愛車とのお付き合いを大切に考え、定期点検整備はもちろん、ライフスタイルに合わせてカスタマイズのご提案、そしてツーリングと、購入後のアフターサービスに力を注いでいます。

初秋の雨ツーリングに備えて!

秋雨前線によって、梅雨のような空模様が続く9月中旬以降。また標高差のある高原へのツーリングでは霧雨に遭うこともしばしば。レインウェアの必要性はこれからシーズンより高まっていく。

【HDモータークローズ・レインウェア】

車両とヘルメット、ブーツにグローブで、まずは揃ったライダースタイル。初めてのオートバイがハーレーダビッドソンと云うニューオーナーは少なくない。そんな彼らに「あとはレインウェアを持てば完璧だね」とアドバイスをすると、決まったように「雨の日は乗りませんから」と返ってくる。…最初はみなさんそうおっしゃる。

【HDモータークローズ レインウェア】

ライダーも慣れてくると、ツーリングの距離も長く延びて来る。首都圏中心だった目的地から長野県や栃木県など、遠くへ行く。朝は晴れていても午後から雨に遭ったことなど、1年以上ライター経験者なら体験はあるもの。

【レインウェアは明るいカラーがお勧め】

数年前、亀戸のハーレーオーナーが猪苗代湖まで日帰りツーリング。そこへ車両を購入されたばかりの初心者が1名加わって駆けた。途中で雨にあい先輩ライダーはハーレー・レインウェアを着る。その新人さんはコンビニで簡単なレインコートを購入、揃って高速道路へ駆けるが、本線に入った途端、一瞬にして向かい風で破損し、風と共にかなたへ飛んで行ったという。帰京後、HDモータークローズレインウェアをハーレーダビッドソン亀戸でしっかり購入された。

【首元までしっかり留めるマジックテープ】

ハーレーダビッドソン・モータークローズのレインウェアは夜間走行時に、他のクルマなどからのヘッドライトに反射。バイクの存在を知らせ、より視認性を高める反射生地を使用している。これも二輪メーカーならではの機能だ。

【向風と雨水の侵入を塞ぐマジックテープ】

【ブーツの土踏まずに掛けるズボンバンド】

【ロングツーリングも雨に備えて】

アライ&ハーレーヘルメット!(^^)!

ハーレーダビッドソン2019年モデルの発表に合わせて、「アライヘルメット&ハーレーダビッドソン・コラボ」によるNEWヘルメット・3タイプが発売された。

これまでのデザインの中でも、今回の3タイプはひときわ存在感を放つ。ネオレトロなカラーリングがハーレーらしさが光る。

【NEW①ジェットタイプ¥40000】

ヘルメットを新調すると、乗ってる気分も、他から観てもそのライダーが若返って見える(*^^)v。

【NEW②FXRG¥63000】

アライヘルメットですでに実績のあるVZ-RAM帽体を採用した「ハーレー・FXRG/VZ-RAMシリーズ」。
空気を取り込みヘルメット内を快適にするRAMシステムは多くのライダーから絶賛されている。

【アライヘルメットから】

ヘルメットの寿命は長くて8年。メーカーでは5年としている。法律的な縛りはないものの、ヘルメットに使われている樹脂や部品の経年劣化が設計当初の強度を保てなくなり、だいたい3~5年程度。
5年以上使って頭を打ったら損傷するか、といえばそうではないであろうが設計段階での頭部保護性能が発揮できなくなるという。

【NEW③フルフェイス¥55800】

1970年代の旧き佳き時代を彷彿とさせるクラシックデザイン。アメリカンカスタムのトレンドであるレトロデザインをフルフェイスヘルメットに採用。アメリカでは絶大な人気を誇る。

ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームに展示しております。ぜひお手にとってご覧ください。

残暑を快適にするサーキュレーターシート!

蒸し暑さが続く8月末です。バイクに乗るにもシートとお尻の間が、30分も走ると蒸れて来る感じになる。夏はこれが不快でならない。この蒸れなる不快感を「サーキュレーターシート」が爽快にしてくれた。

すでに、ハーレーダビッドソン純正オプションとして販売している。常連ライダーさんに大好評をいただき「夏は絶対だねサーキュレーターは」と、ツーリング先で大絶賛を貰った。

【ライダー&タンデム・シーシーバー(背もたれ)用を発売】

多くはライダー用が売れ行き好調で¥19000税込価格とリーズナブルだ。

【颯爽とハーレーダビッドソン亀戸を出発】

ローライダーのオーナーMさんが云う「東京から宇都宮・日光まで2時間走ったが全くムレないしベタつかない」。
残暑はまだまだ続きそうな今年の気候、爽快なサーキュレーターシートで対応してはいかがでしょうか。

【装着に工具は不用で簡単なマジックテープ】