ライトクラッチ&バックギャーで操作も軽快(^^)

ハーレーダビッドソン・ツアラーモデルのクラッチは「油圧システム」となり、新車時は「クラッチレバー操作が重い」との声も聴く。

そう云ったユーザーの声をつかんで「バックギャー」で信頼の高いマンバ製作所から「ライトクラッチスプリング」がリリースされた。

これがすこぶる評判が好く、ユーザーの口コミで広がって注文は日々増加している。


【レディースライダーに適した軽快さ】


【マンバ製・ライトクラッチスプリング】

ハーレーの女性ライダーから評判がよく、装着後からは首都圏の渋滞時のクラッチ操作も苦にならないという。


【マンバ製・バックギャー】

すっかり定番となった「マンバ製・バックギャー」。新車ノーマルではバックギャーの装備は無く、アフターパーツでの装着となる。ハーレーの保管場所や、ツーリング先での坂道など、一人では動かせない状態を経験した人は少なくないだろう。バックギャを装備すると、もう手放せないというハーレーオーナーは多い。

「俺のハーレー」ランクアップしないとね~(^^♪

亀戸のハーレー仲間の大ベテランで中核メンバー浦安市在住のT・Oさま。自身へのクリスマスプレゼントがハーレーダビッドソン・ウルトラリミテッド/FLHTKへ。それまでのソフティルからランクアップ!(^^)!


【納車の晴れやかな雄姿】

この歓喜をどう伝えてよいやら!(^^)!…新たな愛車にまたがるとその微笑みは止みません~


【レッドツートンが2017モデルの人気カラーへ】

ハーレーダビッドソンに10年以上乗ると、ライダーとマシンの一体感はどの銘柄のバイクも強いと云われる。
ハーレーライダーの平均年齢が52歳であることも長く保有する要素である。また社会的にも、ハーレーオーナーとして相応しい大人の皆さまだ。


【ハーレー仲間から贈られたRIDE BELLS】

フロントホィールの後ろへぶら下げているRIDE BELLS。ライダーの安全と道の悪霊をとり払うとされる。クリスマスプレゼントに大好評だ。


【さぁ~納車記念ツーリングへ!ツアラーチーム】

亀戸のハーレー仲間は、誰にも気さくで友達との交流を大切にするメンバーが多いのも自慢だ。ハーレーからまたハーレーへ乗り換え、友情も一緒に深くランクアップして行く。

年内27日まで休まず営業(^^)

今年も、残すところわずかになって参りました。日頃は、ハーレーダビッドソン亀戸をご利用頂きありがとうございます。

当店の営業は12月27日まで。なお、26日/月曜日は年末営業といたします。


【快適ツーリングもメンテナンスから】

当社にて購入されたお客様が中心のチャプターメンバーさん、納車時からのお付き合いで永い方は15年以上。
購入から始まるアフターサービス、サービス工場に於いては「お得意様」として、コンピュータへ記録させていただいています。整備工場利用履歴により工場では把握して愛車の状況をお知らせしています。

車両購入から始まりアフターサービスの利用まで、お得意様ならではのWINWINないい関係が続きます。近年のツーリング途中に於けるマシントラブルには、当店での整備履歴のない車両が目立って来ました。


【当店主催ツーリングはお得意様だけの世界】

ハーレーダビッドソン亀戸のハーレーライダークラブ「東東京チャプター」には、2016年は146名が在籍。
今年は春以降、新規購入のニューライダーとの出会いがありました。初回点検から3年目の車検、車両のカスタマイズなど永いお付き合いが始まります。


【メカニカルチェックは正規ディラーの高いレベルで】

新車から10000km走行で、その車両にはライダーの乗り癖がある程度残るもの。特に、クラッチ操作によるクラッチディスクの摩耗に変化が見られる。


【バックギャをセット】

車体重量の大きなツアラーモデルへの「バックギャー」装備。その取付以来は1月~3月に多くなる。20万円超の部品+工賃となるが、安心感はコストをはるかに超える(*^^)v。


【年間12回の主催ツーリング】

年内整備は予約は「27日お引き渡し可能」までお受けいたします。新年5日からの予約となりますのでよろしくお願いします。
年末年始・休業期間の車両保管預りは扱っておりませんのでご承知ください。

750(ナナハン)からハーレーライダーデビュー!

発売から3年目に入るハーレーダビッドソン・ストリート750が、この秋からジワリと引き合いが強くなってきた。

日本国内での「カスタマイズペイント」が、好評のきっかけになったのだろうか。

ハーレーダビッドソンと云えば、多くの方の認識は「空冷エンジン」だが、ストリート750は「水冷エンジン」で、都内の渋滞にハマってもオーバーヒートしない。なんと云っても軽量でフットワークの好さが性能のひとつでもある。


【HDJ・カスタマイズペイントA】

カッコいいと評判のカスタムペイントも限定数のみ。レーシングタッチのオレンジカラーが引き合いが強いようだ。


【HDJ・カスタマイズペイントB】


【ストリート750】

2016年モデルもショールーム在庫でレッドカラーが1台のみ。クリスマスセールでお値打ちな1台としてご提供。早い者勝ち。成約の方へは「69800円/HD純正用品クーポン/ヘルメット・レザージャケット優待割引券」を納車時に進呈。

または…⇒☆…大型二輪免許を1年以内に取得された方(購入契約日までに)50000円の免許取得支援金をキックバック。

オートバイ免許取得は2月までがベスト(*^^*)

運転免許を取得する人が最も多くなるには3月~4月である。それは、春の就職を控えた人たちの運転免許取得が集中するからと聞く。
ハーレーダビッドソン亀戸では、近隣5校の提携教習所と入校状況を把握しながら、適した入所を紹介しています。


【ハーレーに初めてまたぐ新入校の女性】

普通2輪免許や、クルマの普通免許を持っていれば教習時間は短縮され、実技認定のみで卒業。運転免許試験場へ行き、手続きを行えば、晴れて大型二輪免許証を手にできる。


【マニュアルギャーのオートバイ】

二輪免許にも、スクーターを対象としたオートマチック操作の通称「①オートマ免許」と、ギャーチェンジとクラッチ操作を必要とする「②マニュアル免許」がある。

ハーレーダビッドソンは、②マニュアル免許を取得しないと乗れない。


【亀戸のハーレー仲間とツーリングへ】

皇居から東側にお客様の多いハーレーダビッドソン亀戸ですが、お仕事の関係でしょうか、車両購入のお友達を紹介くださって首都圏エリアのお客様も増えて来ました。

おかげさまで、年内の当社サービス工場の点検整備の予約はいっぱいです。


【1月3日の初詣ツーリング】

ハーレーダビッドソン亀戸のお客様だけの「初詣ツーリング」。これまの15年間では晴天率100%(*^^)v…この後に続く、年間11回のツーリングへ、ハーレーライダーとなったら東東京チャプターへ入会され、ご一緒にハーレーの愉しさをわかちあいませんか。

ウィンターは暖かさとカッコよさ(*^^)v

朝夕の気温が10℃を切ると、ハーレーライダーは足から冷えを感じる。

最近はアンダーウェアにも保温機能をもつものや、Gパンにも冬仕様があったりするが「脚を保温する」には、精々3枚の重ね着だろう。ライダーなら暖かく、カッコよくチャップスでキメたい。

この季節もっともライダーが重宝するのは「チャップス」。ランチタイムで、レストランに入る時はファスナーでサッと脱ぎ着が容易(*^^)v


【足首と膝を冷風から守る】
ジーンズの上から着るハーレーライダーは多い。


【50歳を過ぎたら必須アイテムへ】

中高年ライダーから「ローハイド」のアレってあるといい、レザーオーバーパンツ「チャップス」という名称は知らない人も多いようだ。


【レザーパンツ】

レザーパンツの上にチャップスなら、気温5℃の対応する。そしてスタイリッシュだ。


【HD純正モータークローズのチャップス】

ハーレーダビッドソン亀戸のショールームにて「チャップス/¥29800」販売中です。ぜひ、試着してみてください。

2016・望年会へ向かって(^^♪

今年、ハーレーダビッドソン亀戸が主催・併催した12回のツーリング。そこへ参加したハーレー仲間は、延べにして600名を超えました。そのコアな参加者は、もちろん東東京チャプターメンバー。

年末に開催する「東東京チャプター総会・望年会」では、その12回のツーリングへ参加したメンバーの実績を公開。「出会い・集い・走る」…この運営ポリシーに沿ってツーリング参加率や在籍年数など、来る2017年更新を済ませたチャプター会員を称えます。

2016年の「ツーリング皆勤賞」、「チャプター継続・次年度更新」など、愛車ハーレーダビッドソンへ乗りつづけ、安全運転の成果をこの会場にて表彰。


【昨年の総会から】

2017年へ向かって、ハーレーダビッドソン・ライダーとして大いにツーリングを愉しみ、チャプターメンバーとして仲間と分かち合う。新年に望むそれが「望年会」の目的。当店にて車両購入のお客様は、ビジター参加をいただけます。


【今シーズンのチャプターツーリングから】

ハーレーダビッドソンオーナーだけが参加でき、気さくな亀戸の仲間と分かち合うことができる「東東京チャプター」。


【秋の温泉BIGツーリングin信州・崖の湯から】

ハーレーダビッドソンで走るからこそ見える、感じる世界がある。亀戸の仲間となって、あなたも分かち合いませんか。