ハーレーマークに焼けるぜぇ!(^^)!

すっかり真夏の陽射しが連日のように続いている。グローブも、サマーバージョンで涼風を手中を通したい。更に手の甲にはくっきりとハーレーダビッドソンマークが…(*^^)v


【HDマークバー&シールド】


【サマーバージョングローブが勢ぞろい】
サマーB&Sグローブ キャンペーンプライス¥8030⇒¥7100にて販売中!(^^)!


【亀戸のハーレー仲間もサマースタイル】


【2015・サマ―ツーリングin榛名山・水澤うどんから】

いよいよサマ―ツーリングが7月3日開催へ。みんな手がハーレーマークに焼けちゃうように晴れますように(^^♪…ただ今、チャプターメンバーとゲストさんの参加申し込みを募っています。

ツーリングにレインウェアーが必須!


【晴れのち雨…ツーリングライダーの心得だ】

ハーレーダビッドソンを購入、まだ3ヵ月も経っていないSさんは、亀戸のハーレー仲間に誘われ福島県・猪苗代湖へロングツーリング。栃木県に入ると雲空になり、やがて本降りの雨になったという。

新車をお渡した納車の時、小生は「あと必要なバイク用品はレインウェアだけですね」とアドバイス。Sさんは「いえ、雨の日はハーレーに乗らないので要りません」・・・小生は「そうですね。また次回の来店の時にでも」…そして冒頭のシーンに遭う。

東北道のSAで簡易な雨合羽を買いそれを着用。高速道の本線に戻った5分後、その雨合羽は見事なくらい向かい風でチギレて後方へ飛んでいったという。

ハーレーダビッドソン純正レインウェアーで悠々と高速道を駆ける、一緒の仲間を見て、「ツーリングにレインウェアーが必須」と気づいたSさんでした。


【HARLEY-DAVISONマークが純正品】
ハーレーダビッドソン亀戸ショールームには豊富なレインウェアをご用意しております。

【夜の走行に対応した反射プリントで視認性も高い】


【レインパンツにはブーツ底の止めゴム】


【標高差で天気は変わる】


【あれから5年が経ったSさんです】

⁂ GW休業のお知らせ  5/2(月)~5/6(金)までお休みさせていただきます。

NEWヘルメットはHD純正で~す(*^^)v

日本のモーターサイクルヘルメットを代表するブランド「アライ」とハーレーダビッドソンがコラボレーション。その2弾はクラシックデザインで登場。亀戸のハーレー仲間のSさんがいの一番でお求めくださいました(*^^)v


【愛車FLSTNデラックスとのマッチングも(*^^)v】

ヘルメットの耐用強度は新品を100として、60ヵ月つまり5年でその強度は30~40へと劣化していくと云われています。ハーレーライダーならそこを視ながら新調のタイミングを。標準価格39800円


【チャプターツーリングシーンでも誇れるオ~NEW】

ハーレーライダーも、所有のヘルメットは意外にも長期間使用になってしまいがち。ここらで新調されてはいかがでしょう。


【NEWをかぶってちょっと走ってきま~すっ】

NEW ハーレー&アライヘルメット新登場!

ハーレーダビッドソン&アライヘルメットによるコラボレーションNEWヘルメット。この春、ショールームへ新入荷!(^^)!・・・デザインも今回は4バージョンが増え、これまでのシリーズを加えると10タイプへ。

かつて人気を博したクラシック・タンクロゴマークを施したジェットタイプ。HD・ナンバー1マークをアライヘルメットの人気ナンバーワンSZベースの2帽体だ。


【クラシックデザイン】

クラシックデザインは、往年のタンクロゴマーク。1980年代のFLHシリーズを彷彿させるもの。価格¥39800(税込)


【ナンバーデザイン】

ハーレーで駆ける向い風をヘルメットへ流入を活用、エアーインテークへ新鮮な風がヘルメット内へ。また可動式のシールドを装備して飛び石や虫などを防ぐ。ロングツーリングで快適な空気の流れは、ライダーの頭部へ清々しさを与えてくれる。価格¥54900(税込)


【NEW4バージョンが揃った】

ツーリングシーズンはこれからだ。NEW アライ&HDブランドヘルメットで駆けよう(^^♪

ハーレーライダー・ステータス(*^^)v

「いつかはハーレーへ」…この言葉には、ライダーの夢と憧れを含んでいるようです。
すでに、ハーレーオーナーの方には、かつて、ご自身がそうであったあの日を思い起こしていただいているのではないでしょうか(*^^)v。


【憧れのハーレーオーナー・ステータスを自覚できる日】

「ハーレーライダー・ステータス」…ここでは、ハーレーのオーナーとしての品格と自覚についてちょっと記述したい。

小生なりにステータスとはを調べてみた・・・「ステータス/statusyとは、地位、身分、立場、状況などの意味。
本来は、地位(身分、立場)が高い場合も、低い場合も使われ、ステータスというと高い場合に使われることがほとんどでしょう」・・・ 「ステータスシンボル」として組織や団体、会社などでも「我々のステータスを失いたくないので」・・・などの使用例があった。


【ハーレーオーナー・ステータスの範たる存在Hさん】

ハーレーオーナーだからと、鼻にかけていては人格が疑われると云うもの。そこは、他者から見て判ること。ステータスとは他人が感じることでもある。モノのブランド・ステータスは所有する人によって上下はない。あるのはそれを持つ人が相応しいかどうかだ。

時計やクルマなど、それを所有するブランドオーナーは、金銭感覚と生活習慣や価値観は、普段の言動と行動からにじみ出るものだ。それらはハーレーオーナーも同じだ。

この3年、新型へ乗換える常連ライダーには、相応しいハーレー・ステータスを垣間見ることが増えた。新旧モデルのオーナーを問わず、同じ価値観とを共有する仲間やプライベートサークルが自然にできて行く。


【HDオーナーらしいステータス】

点検整備の依頼先にもステータスが!

世界のハーレーダビッドソンの使用から集まる技術情報は、1975以降より車両整備データが、正規ディラーの「デジタルテクニシャン・コンピューター」へ24時間、アメリカ・ミルウォーキーの本社から配信されている。そこには材質の経年変化や劣化の特性、また使用するボンドの切り替えで密着性を高めるなど緻密だ。


【確かな整備作業は正規ディラー工場】

正規ディラーでの整備から、5年間以上離れたオーナーマシンの存在と状態が気になる。また町のバイクショップやライコランド、2輪館などで、国産バイクと同様にタイヤやオイル交換をするハーレーオーナーもいるようだ。

目先の料金の安さだけで整備をする方のマシン。後日、正規ディラーの工場で思わぬ不具合が発見されたりすることが多々。輸入車に相応しい適正、的確な整備があることを知ってほしいと願うばかりだ。

(某所でのタイヤ交換後、走行すると異音が大きくなると、そのユーザーが当店へ持ち込んできた。ドライブベルトの適正調整ができていなかった)

【我らのステータスは「亀戸気質カード」オーナーだ(*^^)v】

正規ディラー工場へ依頼、それ以外へ依頼するかはオーナーさんの自由だ。その自由には、安かろう…の結果責任も負う。悲しいのは当店の主催や併催マスツーリング途中で、マシントラブルが発生し、一緒にツーリングした仲間を待たせたり、仲間へ迷惑をかける事態もこれまでも起きてきた。


【福島へ復興支援へチャプターチャリティイベント】

当店主催ツーリングは完全予約・メンバー限定。参加申込が80名を超えることもしばしば。これには車両に状態、またライダーのレベルにあったチーム編成をする。安全なマスツーリングの準備は申込段階から始っている。


【多くの仲間との出会いに観察眼を持ちたい】

ツーリング途中でマシントラブル。これらの多くは、正規ディラーネットワークに整備記録がなく、純正外の電装関連部品やEMIを使用していると、短時間での標準復帰は困難だ。当店のお客様を優先して整備予約をお受けしているが、ツーリングステータスを向上するためにも、整備履歴の無い方のツーリング参加について、今後は一定の参加ルールを検討中である。


【我らイーストトウキョーチャプター・ステータスメンバー】

チャプター事務局として、ツーリング参加申込の受付時、また新規入会や更新時にマシンや整備歴の問診を実施して、さらなる安全で愉しいチャプター活動へとつないで行きたい。


【鉄人ライダーのファットボーイは完全整備】

2015年、日本国内のハーレーオーナーで競う「HOG・マイレージコンテスト」で第1位に輝いた佐々木哲さん。その走りには、佐々木さんの愛車ファットボーイの絶対的なHD亀戸サービスの整備に対する信頼性があった。また、タイヤ交換やオイル交換など、担当メカニックの的確なアドバイスを、キチンと実行した。ハーレーライダー・ステータス…まさにこうありたい。

電熱ヒートインナースーツで冬もポカポカツーリング!

冬の寒さなんか、このヒーティング・グローブとインナースーツがあればポカポカさ~!(^^)!…と寒風の中をものともせずにウィンターツーリングを楽しむ佐々木さんです。
佐々木さんは、2015年5月から10月の6ヶ月間に渡り走行距離を競う「ハーレーオーナー・マイレージコンテスト」に於いて(28000㎞)を走破。それは全国第一位に輝いたハーレーライダーなのです。

【ヒーティング・グローブとインナースーツ】

路面凍結や降雪さえなければ一年中ハーレーでのツーリングを楽しめる関東。標高200㍍以下のルートを選んで走りたい。


【冬こそ走るぞと鉄人ライダーチーム】

クリスマスフェアーへおいでください(^^♪

すっかり朝晩は冷え込んで、冬の装いでしょうか。ショールームもハーレーダビッドソン・モータークローズもウィンターファッションへ。昨日、ステキなレディーが「彼がハーレーに乗っていてクリスマスプレゼントしたいんです」と来店。

ネック・ウォーマーとライドベルを、プレゼントとしてお買い求めいただきました。今年、早くもそのシーズンが始まったのか~とお見送りしました。

【ハーレーモータークローズもウィンターファッション】

プレゼントで貰ったものが、意外にも自分のお気に入りになることがある。そういうモノには日常は、自分の領域に無いカラーリングであったり未知のモノだったりすることが多い。プレゼントには、そんな意外性と自己変身のきっかけが潜んでいるようだ。


【ライドベル】
今年、もっとも好評をいただいたのは「ライドベル」。始まりはアメリカ開拓時代にさかのぼり、馬の首や馬車など地面に近いところへ下げて、これから進む旅先の悪霊を取り除くおまじないに使ったと云われている。ハーレーダビッドソンの場合、エンジンとフレームの間へぶら下げているライダーが多いようだ。

【イタリア製・職人仕上げのゴーグル】
55歳を過ぎたシニアライダーに好評をいただいています。往年のクラシック・ファッションとして、また走行時の防塵用のゴーグル。首にかけてるだけでもカッコいいと嬉しそうに買っていかれる方もいらっしゃいます。(*^^)v