堅調人気のロードグライド&ストリートグライド!!

ハーレーダビッドソンを経験した、いわば乗れてるライダーが求めるハーレーは「ツーリングモデル」だろう。

ライダーの間では「ツアラー」とも呼ばれ、大柄で重量のある車体は初心ライダーから見れば上級クラスになる。

しかし、ひとたび走りだせばライディングには、それを感じさせないその軽快さに驚くほどだ。

【ロードグライドCVOのオーナー・T岡さま】

こちらのお二方も、ハーレーダビッドソンの豊富なライダーであり、今回新たなロードグライドCVOへランクアップ。

【ロードグライドCVOのオーナー・K山さま】

亀戸で今年のツアラーの人気を二分したのは「ロードグライド&ストリートグライド」である。ストリートグライドは伝統的デザインを持ち、慾に「ヤッコカウル」呼ばれ親しまれているフロントカウリングは、ハンドルと同じ方向を向く。

ロードグライドは、ヘッドライトが二眼の車体ウェイトのカウリングが特徴的で、ガソリンタンクと直線でつながるラインにある。この2台カウリングを除けば同じ車体を持つ。

【FLHX・ストリートグライド スペシャルと小生】

ハーレーダビッドソン亀戸の最新モデルの試乗車としても大活躍で、小生の愛車となる1年間。リヤサスペンションはソフトセッティングだ。

1人乗車ばかりなのでワインディングロードでのリヤタイヤの路面追従性を高め、かつ高速道路での橋との段差による跳ねを軽減。

いつも、FLHXSはサービス工場に置いているので試乗希望の方は、ショールームスタッフへお気軽にお問い合わせください。

北茨城・奥久慈を鉄馬で駆ける(^.^)/~~~

北茨城・奥久慈を鉄馬で駆けました~(*^^)v…そして、マシントラブルもなく全員無事に亀戸へ帰還しました~!(^^)!


【マイナーツーリング・モーニングセレモニー】

本年より東東京チャプター・ロードキャプテンへ登用された大原一也さん。このツーリングプランと下見をおえて本日の本番。35名が集った本日のマイナーツーリングin奥久慈を仕切ります。今日も朝から27.5℃と夏日。常磐道・守谷SAのアスファルトも朝から照り返しで暑い。


【ロードキャプテン・大原一也さんのリードで33台が続く】


【奥久慈へ高萩ICから向かう】


【チャプターではヤングマンの牛木君】

チャプター・マイナーツーリングでは、初の最後尾をフォローする。そのしるし「オレンジベスト」を着用。


【高萩からのR461はワインディングが続く】
R461はワインディングだらけで、コーナーリングが好きな人なら最高だ。しかし、白バイが突如と現れなんどかビックリもしたが( ゚Д゚)


【ランチの牛鍋御膳は美味かった~(*^^)v】


【ツーリングモデルが増加】

ここ5年で、ツーリングモデルへの乗り換えがチャプターメンバーで多くなりツアラーオーナーは60台を超えた。


【山下ロードキャプテンもサポート】

チャプター・マイナーツーリングも、オフィシャルツーリングと同じくキチンと整備された車両での参加により、今回は途中でのマシントラブルは無い。


【愛車の整備はHD亀戸へ御用命を】

昨年2月の河津桜ツーリングでは、往路で1台がエンジントラブルにより沼津市でストップ。参加者全員が40分待ちぼうけ。それ以来なし(このマシン HD亀戸で5年以上に渡り整備履歴が無かった)

当店のツーリング参加資格は、チャプターメンバー、または購入のお客様に限定。日ごろから定期点検やオイル交換などハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場でメンテナンスもまた大半を占める。そのことが18年間無事故のマスツーリングを実現できている。


【ハーレー・プロテクニシャンの整備で安心ライディング】

今後、整備履歴が3年以上ない車両の場合、チャプターツーリングまでに、当店工場においての事前の点検整備を今後は義務としたい。

ハーレーのナナハンでライダーデビュー(*^^)v

免許サポート支援金50000円をキャッシュバック!

大型2輪免許をこれから取得予定の方、また取ったばかりで大型バイクの購入を検討中の方、チャンス到来です(*^^)v

ハーレーダビッドソンのエントリーモデルとして、またアクティブな街乗りの1台として話題の「ストリート750」。
ご成約を頂くと、免許サポート支援金50000円をキャッシュバック。*6月15日オーダよりサポートキャンペンスタートです。


【軽快に八ヶ岳を駆けたストリート750】

日帰りツーリングにもアクティブに楽しめる。


【初心者ライダーの入門車としてお薦め】

免許取得から最初のバイクが「ストリート750」を選ばれる方は案外多い。足つきやまずは乗った時の軽量感がニューライダーの安心感がその大きな理由だろうか。ハーレーダビッドソンが創業から110年の歩みから、「ハーレーとの出会い」を目ろんで世界のニューライダーへ向けたモーターサイクルなのだ。


【小柄なライダーでも乗りこなせるナナハン】

初心ライダーだけでなく、年齢を重ねたシニアライダーが軽量バイクへ乗り換える1台としても検討されている「ストリート750」は、車庫からの出し入れなど取り回しもラク。乗れる限りオートバイスタイルを貫きたいオールドライダーの相棒として期待の1台。
車体価格 ¥ 850,000(ブラックカラー)

免許支援には限りがございますので、ご発注はお急ぎください。

お値打ちな最上級モデルがラスト1台へ(^^♪

ハーレーダビッドソン最上級モデル…【FLHTCU-L/ウルトラ リミテッド ロー】です。

ハーレーでも中級クラスを愛用された方や国産大型バイクから憧れのランクアップ。そのツアラーモデルがこの1台!(^^)!


【登録済未使用車もこの1台限り】

当社名義の2015モデルの登録済未使用車だからこそ、お値打ちな20万円プライスダウン。早い者勝ちです。


【車体カラーはワインレッドで鮮やか】

これまでご購入されたお客様の皆様は、ハーレーダビッドソン・ストリートグライドからこのウルトラへ。昨日はホンダ・GL1800ワルキューレからのお乗り換え。

本格的なツーリングシーズンを迎えて、やはり「いつかはハーレー」とはこのウルトラが代名詞でしょうか。


【亀戸のハーレー仲間と共に!(^^)!】

現在お使いのハーレーや、国産オートバイの下取りを高価にてご相談させていただきます。

また支払中のローンを新規購入の車両とまとめて1本化も当社にて扱います。無理そうなことでも、まずはお電話にてご相談ください。

初春の中古車フェアー開催中(^^♪

選りすぐりの完全整備のハーレー中古車、そして、昨年末に弊社名義にて新車を登録した「未使用登録済車」など、年に一度のお値打ちな車両を、この春の本格的なツーリングシーズンを前に在庫一掃セールをスタートしました。
どの車両も一台限りの売り切りご免の早い者勝ちとなっています。ご検討の方、お急ぎショールームまで(^^♪

【ハーレー・ウルトラがお買得プライスでご提供】


【現在FLHTK・ウルトラが商談首位に】

いつかはハーレー…ご来店のお客様の決まりセリフの一つ。ぜひ、今シーズンこそは、ハーレーを手にニューライダーデビューを実現しましょう。これまでのハーレーオーナーさんもウルトラへランクアップもこのチャンスに(^^♪


【FLHTK-L足つき性バツグンのウルトラロー】

お店の前へ、ウルトラに似たようなオートバイを停めて入店する方がいらした。お聴きすると「ハーレーには、いつかは乗りたいと思っているんです」とのこと。その眼差しはマジでした。


【極上中古車の2014 FLSTNSE・CVO】

ハーレーに憧れをお持ち頂き嬉しいが、そのバイクには手作りのサイドケースにフェアリングが装着され「ナンチャッテ・ウルトラ」に化けていた。
その方へ、「いつかはハーレーオーナー(ホンモノに乗ってねとココロで伝え)へ」と、カッコいいハーレーライダーになられることを願ってカタログとお見積り書をお渡ししたのでした。


【お値打ち過ぎてお値段云えませ~ん】

2016新春・特別価格SALE

新春・特別価格セールにて3台限定の売り切りご免!

2015年12月、当社名義にてナンバー取得しました「未使用・登録済」で、限りなく新車に近く特にお値打ちな車両です。
ズバリ20万円ディスカウント

なお、ショールーム現車限りとなり売約次第、販売終了となります。

☆新車メーカー保証は35ケ月間 ☆ハーレーオーナーズグループ/HOG入会OK ☆東東京チャプター入会資格…など、新車と同様のサービスもお選びいただけます。

対象車両はこちら!(^^)!…【2015年ハーレーダビッドソンツーリングモデル】


【FLHTKL】


【FLHTKL】


【FLHTCUL】

ハーレー上質の中古車が勢揃いしました!

当店にて車両購入されたお客様が、1カ月後の初回点検で再来店。お声をかけました「いかがですかハーレーの調子は?」との問いかけに…「すこぶる調子はいいです」と、元気な笑顔でお応えいただくと、こちらまで嬉しくなります。

特に中古車は、それまで別のオーナーが使用していた車両、当店サービス工場では、車両の足回り整備を念入りの実施しており、特にブレーキパッドやオイルの交換など、車検整備ランクの80ヵ所に及ぶ点検を実施し販売を行っています。


【店頭に上質中古車が勢ぞろい】

ブレーキマスターシリンダーから、ディスクブレーキ・キャリパ―まで、ブレーキはオイル油圧で作動している。経年劣化によりオイルの酸化、またエアー混入(泡状になってくる)とブレーキレスポンスが落ちる。これを整備により新車状態へ復活させる。

【ブレーキオイル交換で油圧機能は向上】

日常の走行により、ブレーキはべダルやハンドレバーにより、ピストン運動に換えて作動させる。この運動には空気をかみ込みことがある。これを車検整備では完全にエアー抜き作業を施して本来の性能へ復活させる。

【エアー抜き作業】

ハーレーダビッドソンを購入されて10年以上、久々にお会いするお客さんをショールームでお見受けした。日頃は別のところで点検などをやっているとのこと。しかし、さすがに10年を経過すると一般のバイク屋さんや用品ショップの整備では、故障個所が発見できなかったり、トラブル原因がつかめないまま使用していたため破損してしまい、レスキューを呼び当店へ高額な費用を払い搬送されてきた事例も少なくありません。

日頃の整備は、やはり正規ディラーで行うことをおすすめしたい。また当店主催のツーリングへは、60名を超えるビッグイベントに定着。参加者のみなさんが安全で快適なツーリングを行うために、整備不全の車両はもちろん、3年間以上に整備工場での利用なき車両での参加を、ご遠慮いただく方向を来シーズンは検討しています。また、当店購入車両や、日頃よりご利用のお客様を優先して整備入庫予約をお受けしております。


【みんなで行くツーリングは安心整備の車両で】