カスタマイズ「2020・ロードグライド」初公開!

ハーレーダビッドソン亀戸は16日まで夏休みを戴きました.
17日(土)より通常通り営業中~!(^^)!

いよいよアメリカ・ミルウォーキー市に於いて「2020年モデル」の発表会が8月21日から開催。
カスタムペイント/ロードグライド用が先だってユーチューブでオンエアー(*^^)v

【ラジカルペイント】

【ラジカルペイント】

世界に数台だけの限定生産ラジカルペイント。今回も注目を浴びそうです。このラジカルペイントについての価格、納入予定につきましてはショールーム・スタッフへ気軽にお問い合わせください。(YouTubeため鮮明画像は下記URL)
【ラジカルペイント】

下記のURLをクリックください!

ラジカルペイント2020

ハーレー・2019年ミッドイヤーモデル新登場!

今回のニューモデルはElectra Glide Standard。ハーレーのコンセプトとしては「基本に戻る」。

ハーレーのツーリングモデルの原点でもあるFLHTエレクトラグライドスタンダード。とにかく取り回しがラク!これに驚いた。

【FLHTエレクトラグライドスタンダードだ。】

ツーリングモデルの王道を行くバットウィング・フェアリング、通称「ヤッコカウル」とサドルバッグを装備したシンプルに仕上げられたツアラーモデル。

ロングツーリングで威力を発揮するクルーズコントロールや手動でセッティング可能なエマルジョンリアショックアブゾーバ、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS搭載Reflex™リンクドブレーキ、セキュリティシステムも装備している。なおインフォテインメントシステム(BOOM™! BOX GTS)は搭載はない。

【FLHT本体価格¥2,905,200】

ベーシックでシンプルな装備のためツーリングモデルの中では価格もリーズナブルでカスタムベース車として活かされそうだ。
ハーレー初心者のツーリング・エントリーモデルとして長年人気のあったモデルであり、その復活が期待される。

2006年にFLHX・ストリートグライドがリリースされ、ツーリングファミリーのグレードアップがトレンドになった。FLHXやFLTRなどの登場もあって、徐々にFLHTの影が薄くなり、2010年モデルを最後にカタログ落ち。”時代はめぐる”とは良く言ったもので、9年振りの復活である。

【シングルシート】

昔のエレクトラグライドと言ったらシルバー梨地のエンジン外観だったが、今モデルはミルウォーキーエイト107を搭載!!

カム交換とインジェクションチューニングをすればバリっとパワフルに生まれ変わる。

2019年秋の発売の「2020年モデル」からハーレーダビッドソンのモデルラインナップは大きな動きをみせると予想されています。それを目前にハーレー2019年ミッドイヤーモデルで”原点”とも言えるモデルを復活させるというのは”粋な計らい”ではないか。

【オーディオを取り払い軽快さを創る】

オーディオはなく小物入れ的なグローブボックスを装備。このシンプルisスタイリッシュなこの感じがFLHTエレクトラグライドスタンダードだ。

【ショールームに展示中】

亀戸のツーリング仲間でも、ツーリングモデルが6割を超えてきた。大柄な車体は初級者には取り回しで不向きだが、ひとたび駆け出すとツアラーモデルの乗りやすさと、コーナーリングの好さにはトリコになってしまうはずだ。

【亀戸のツーリング仲間と伊豆スカイラインにて】

新規の購入、お乗換えの相談をいつでもお待ちしております。

夏季休業のご案内・・8/12~8/16までお休みさせていただきます。

サマーグローブ取り揃えました(^^♪

今年の夏は、5月からやって来た(^^♪…ツーリングシーンに見る「グローブ」も、夏仕様へ適応したベテランハーレーライダー。
グローブは冬仕様のままではムレてしまい、汗だくになってしまってライディングの妨げになる。

それに、いつまでもウィンターバージョンじゃかっこワル~い(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸へ入庫した「サマーバージョン・グローブ」のフルサイズが揃う今、お早い来店のタイミングでお選びいただけます。

【ハーレーファッションもサマーバージョンへ】

ここへホンの数点をご紹介いたします。グローブは手にはめて握ってみたり、広げてみたりして選んでください。S.M.Lサイズはあくまでも目安です。

【メッシュグローブ】

ハーレーダビッドソン純正グローブの価格は、6000円~17000円がコアゾーンです。

【てのひらにはレザー生地】

ハーレーダビッドソンワールドは、オフィシャルなモータークローズの着用でキマる。ヘルメット、ジャケットからグローブまでハーレーダビッドソンのトレードマーク「バー&シールド」【オフィシャルトレードマーク・バー&シールド】

【オフィシャルスカルマーク】

【メッシュワイドバージョン】

【レイン対応バージョン】

【サマーツーリングは高原ルートへ】

【フィンガーレスグローブ】

ハイパフォーマンスマシンを手にする!

他の人のマシンと一線を画す自分だけのハーレーダビッドソン。

それは外観だけでなく。エンジンから溢れるトルク&パワーさえも異次元を手にする。

【 FXDR114にご注目を】

CUSTOM PACKAGE FOR FXDR114
[期間] 2019年6月30日(日)まで
[対象] FXDR114の新車をご購入頂くと 「スクリーミンイーグル」33万円(税別)をご成約 プレゼントいたします。

ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームにて展示しております。
ぜひ、ご覧ください。
※キャンペーン期間中にFXDR114をご購入いただき、6月30日迄に納車されたお客様を対象とさせて頂きます。

【ツーリングモデルが勢揃い】

ツーリングモデルからスタートしたミルウォーキーエイトエンジン/MWE。
すでに、ご愛用のハーレーオーナーさんから、次のような問い合わせを頂きます。

◇…MWEは排気量が大きいが、ツインカムよりも中高回転でのパワーがいまいちのような…カスタムでなんとか?

◇…マフラーのサウンドがMWEとの比較でツインカムのほうが好かったというか、MWEは音量が小さいと思う!

◇…排気音はマイルド。パワー的にも低回転(市街地走行)などではバッ!と加速してくれますね。その後の加速感はツインカムのほうがよかったですね。

そのリクエストにお応えできるアイテム「ハイカムシャフト」を、このたびはご提案したいと思います。
☆…スクリーミーイーグル製 〇…S&S製 よりお選びいただけます。

【カスタム&チューンアップ】

ボルトイン(プッシュロッドやバルブ周りを変更しなくていい)タイプのカムシャフトを用意しました。

次代に誇る最上級のCVOを!

「このハーレー、かっこいいですねぇ~」と、信号待ちの時に声をかけられることも意外と多い。先日に納車したばかりのT様が嬉しくそのシーンを振り返り話してくれました。ツーリング好きのT様は、遠くの初めての土地で、見知らぬ人と友達になれたと微笑ましい。

【最上級のCVOストリートグライド/FLHXSE】

完成された美しさと選りつくされたカスタムパーツの極みがここに集大成。ハーレーダビッドソンの中でもCVOを選べるライダーは多くはいない。次代に誇る新しい風を自ら引き寄せる時は今だ。

【令和からあなたの愛車としてCVOで駆けだそう】

今年で116周年というすごく永い歴史を持ち、多くのライダーが「いつかはハーレー」と憧れて来た。人生50年を過ぎ、本当に好きな1台を選ぶ。

【CVO/FLTRXSEのオーナーのT様】

ハーレーダビッドソンのメーカー保証は、3年間。かつてのメカニカル不具合があったのは1970年代、あれから半世紀の歳月には、品質管理と完成検査、その改善は日本企業の指導もあって、より安心を信頼をいただけるモーターサイクルに向上。今では昔話になっています。

亀戸気質のキャップ&エンブレム本日入荷!

ハーレーダビッドソン亀戸がプロデュースする「亀戸気質」。
東京・下町人情と職人気質を合わせ持った良いモノ造りと、サービス・スピリッツを表す熟語である。

弊社「株式会社マップラン」が1986年創業より、一環してモーターサイクル販売と整備業を通して、今日までお客様よりご愛顧をいただいて来ました。

1998年江東区亀戸に「ハーレーダビッドソン亀戸」を開店以来、この地での店舗の代名詞としても「亀戸気質」をご愛顧いただいております。

【亀戸気質エンブレム・ワッペン】¥1620

【キャップ亀戸気質】¥3240

時計で有名な精工舎の亀戸工場は歴史が古く、まさに服部時計店・精工舎の歴史そのものでもあります。
1881年に服部金太郎が時計の修理・販売をする服部時計店を創業したのがセイコーの始まり。 亀戸にあったこと、後に誕生する長野の諏訪工場と亀戸工場という名で呼ばれた。また亀戸は鉄鋼線材、鉄帯材の生産加工など精密機器から鉄鋼加工の職人気質な歴史を歩んできた。

【ツーリングの途中休憩時に欲しいキャップ】

昨年の夏、浅草に於いてこの亀戸気質キャップをかぶった外国人観光客がテレビ局に取材され、そのシーンがオンエアーされた翌日から一気に売れ始め、在庫は完売。テレビの影響は大きいと今さらながら思った次第です。

通信販売はこちらのサイトよりお願いします⇒https://ssl.h-d-kameido.com/contact/index.php

ハーレーダビッドソン2019年・ミッドイヤーモデル発表!

シンプルISベース!…ツアラーモデルの原点「エレクトラグライドスタンダード」を手にするチャンス(^^♪

ハーレーダビッドソン2019年・ミッドイヤーモデル発表‼FLHT Electra Glide Standard /ミルウォーキーエイト107を搭載。車両価格¥2,905,200税込。ボディカラー/Vivid BLACKのみ。

モノには原点から始まり、原点回帰すると云われる。オーディオなどの装備を廃したツアラーモデルの原点が久々に再登場した。

日本上陸は、約130台(入荷予定)。
ハーレーダビッドソン亀戸では、予約受注を承っております。

【FLHT Electra Glide Standard 】

2018年モデルが、お値打ちな今、在庫も残り少なくなってきた。ツアラーモデルのいくつかの選択肢に2018年モデルを含めてご提案させていただきます。

【ツアラーモデルの人気モデル・ストリートグライド】

【2015年モデル以降人気上昇のロードグライド】

国産バイクからのお乗り替え、もちろんハーレーからのランクアップには、高価下取査定でご提示致します。