2022・ハーレーダビッドソン ニューモデル発表!

1月26日深夜25時に、世界の輸出国へ向け同時発表されたハーレーダビッドソン2022モデル。
中でも注目のマシンを紹介して参ります。


【Davidson-Street-Glide-ST ローライダーST】

日本では圧倒的な人気を誇る「ローライダー」に、2モデルが登場しています。大型フロントカウリングを付けた「ローライダーST」。ST/スポーツツーリングの意味なのでしょう。
ローライダーSはこれまでのスタイルを踏襲して、ガソリンタンク上部のインテリジェンスをデラックスバージョンへ。


【2022・ローライダーST&ローライダーS】

ビビッドブラック/¥ 3,060,200 モノトーン/¥ 3,105,300


【ロードグライドスペシャルがニューカラーへ】

ロードグライドスペシャル 車輌本体価格
ビビッドブラック
¥ 3,469,400
モノトーン
¥ 3,520,000
ツートーンカラー
¥ 3,632,200

【ローライダーST】
Davidson-Street-Glide-ST ローライダーST 車輌本体価格 モノトーン/¥ 3,105,300

ハーレーのバッテリーを充電しておきたい冬場です(^^)

バッテリー上がりを防ぐには常に充電を(^^)
気温が10℃を切って来るとバッテリー電圧が下がって、久しぶりに乗ろうと、エンジン始動にセルモーターをスタートするも、カチカチとスイッチの入る音だけでエンジンがかからない。
これがバッテリー上がりの症状である。冬場に多く発生。


ポータブル電源・Jackery

多くの方々がお求め戴いた「ポータブル電源・Jackery」は、マンション等にお住まいでも、部屋にてこの「ポータブル電源」を満充電しておき、バイク置場でバッテリーにつないで充電。
キャンプやアウトドアなどと用途は広い。オートバイのバッテリー充電だけでなく200Vの利用用途は広い。
お求めはお早目に。在庫を補充していますがショールームで品切れの際は予約をお願いします。
ポータブル電源・Jackery 本体価格¥24800


【ツーリングの前日につないで充電】

2月以降から在庫補充が効かなくなることも考えられ、バッテリー電圧が気になるハーレーオーナーは準備しておきたいもの。


【セルモーター1発でVツインエンジン始動】

「ハーレーダビッドソン・スポーツスターS」新入庫!

ハーレーダビッドソン亀戸へ新入庫した最新モデル「ハーレーダビッドソン・スポーツスターS」。


【ハンドルはアップタイプのナローバー】

スポーツスター フォーティーエイトを思わせるマッシブなボバースタイルのスタイリングにフロントフォークはコンプレッション、リバウンド、スプリングプリロード調整機能付きの43mm倒立フォークを採用。ガソリンタンク容量は11.8リッター。車両重量228㎏
ヘッドライトはオーバルタイプのLED、ハンドルはアップタイプのナローバー、フロントブレーキはブレンボ製ラジアルマウントモノブロック4ピストンキャリパーと、走る三機能も充実している。


【1252cc水冷60度Vツイン・レボリューションマックス1250Tエンジン】

メーターは4インチ丸型TFTディスプレイを装備。タイヤ空気圧、エンジン温度、油圧、バッテリー電圧をモニタリングでき、「スポーツモード」、「ロードモード」、「レインモード」に加え、任意に設定できる「カスタムモード」 を2つ登録することができる。

なんといっても121馬力を発揮する1252cc水冷60度Vツイン・レボリューションマックス1250Tエンジンが凄い。圧倒的なトルク感とレスポンスの良い直感的なハンドリングを実現している。


【リアタイヤ/180/70R16 77V】

フロントタイヤ/160/70TR17 73V リアタイヤ/180/70R16 77V
2022年モデルカラーには、ビビッドブラックに加え、2つの新色(ホワイトサンドパール、ミネラルグリーンメタリック)が登場している。価格は194万8000円から197万8900円


【ビビッドブラック・ホワイトサンドパール・ミネラルグリーンメタリック】

歴代のスポーツスターから65周年を記念して、「スポーツスターSフェア」を開催します。
1月29日(土)から2月13日(日)までデビューフェアを開催。


【スポーツスターSの2月中旬からの試乗をお待ちしています】

この機会にぜひ体感ください!期間中に正規ディーラーにてスポーツスターSをご試乗の方を対象にオリジナルネックウォーマーをプレゼント。
来店記念にスポーツスター65周年オリジナルステッカーをプレゼント!
(※数量限定)
ぜひスポーツスターSを観にご来店ください。

空冷スポーツスター「XLフォーティーエイト ファイナルエディション」

日本限定1300台!! ハーレー最後の空冷スポーツスター「フォーティーエイト ファイナルエディション」登場(^^)/

ハーレーダビッドソンジャパンは、12月5日に神奈川県横浜市で開催されたホッドロッドカスタムショーで「フォーティーエイト ファイナルエディション」を発表。
根強いXLスポーツスターファンが存在する日本市場の要望に応えたもの。


【限定生産1300台の配車】

・H-D正規ディラー114店に限定生産1300台の配車は割当。
・購入のお客様へは来年3月以降より順次予約のお客様へ納車。
おかげさまで、ハーレーダビッドソン亀戸では、今回の割当配車枠を、12月6日時点で、すべて予約完売となっております。


【XLフォーティエイト・ファイナルエディション】

今回のXLフォーティエイト・ファイナルエディションへの経過、今年の4月6日に、ハーレーダビッドソンジャパン㈱より、XL・2021年全モデルの生産終了が告げられたが、❝完全なる終了とは断言していません❞と含みのある言質まま、半年間を経過。
H-Dディラーでは、XLの再生産はあると踏んで、出ない場合は予約金を返金として、仮予約を受けていた。
多くのH-Dディラーでは当店のような対応で、今回の発表を待っていたものと思われる。


【ホットロッドショーにて】

モーターサイクルメーカーでは、排ガス規制のユーロ5への対応で、2022年9月以降の生産までには、ヤマハはSR400ファイナルエディションなど7000台を限定生産。
ホンダはCB100ファイナルエディション1600台限定生産。ハーレーダビッドソンもファイナルエディションをやるなら、XLフォーティエイトでファイナルエディション1300台。
過日、ハーレーダビッドソンジャパン(株)の野田社長が亀戸へおいでになった際に、未発表のXL1200Xについて、小生は、勝手ながら再生産をするなら2000台生産でと申し上げた。それはディラー代表の間でもそんなことを話していたが、1300台ではやっぱり足りなかった。


【2022・XLフォーティエイトプライス】
本日だけで電話での購入希望の問い合わせは30件を超えた。しかし、当店枠はすでに発表と同時に完売。
願わくば更なる1000台の増産をハーレーダビッドソンへお願いしたい。

H-DスポーツスターSが下町・新小岩公園に初登場!

ハーレーダビッドソンの最新モデル「スポーツスターS」が新登場。
新小岩公園で開催された アメリカンフェスティバル で初お披露目(^^♪

これまで見てきたハーレーダビッドソンとは大きく変化した「スポーツスターS」のスタイルに、みんなが驚きの視線。


【レディの熱い視線を浴びる】


【スポーツスターS】

さらば空冷! 「スポーツスターS」は、121馬力の水冷エンジン搭載、予告通りスポーツスターを刷新したモデル「スポーツスターS(SPORTSTER S)」を正式発表。
可変バルブタイミングを搭載した水冷Vツインエンジン“レボリューションマックス1250T”にモダンクラシックなデザインを組み合わせ、最新の電子制御システムを採用する。
サスペンションはフルアジャスタブルに進化。


【スポーツスターSのエンジンサウンドにドッと集まる】

ハーレーダビッドソンはブランニューモデル「スポーツスターS(SPORTSTER S)」。登場したばかりの「パンアメリカ」とベースを共有するレボリューションマックス1250Tエンジンを、ボバースタイルとフラットトラックレーサーを融合したような新デザインでリリースされた。


【スポーツスターS・パンアメリカ】

スポーツスターSは、車体価格 185万8000円~188万7700円で発売する。2021年7月14日よりH-D正規ディーラーで予約販売を開始。港湾作業の遅れなど物流停滞によって新年より順次納車が可能となる。


【パンアメリカと同じレボリューションマックス1250Tエンジンを搭載】


【大型二輪免許取得は平和橋自動車教習所で/(^^)】

新型【ハーレーダビッドソン・RH1250T/スポーツスターS】試乗へ!

「アメリカンフェスティバルin新小岩公園」11月13日・14日に展示を前に、ハーレーダビッドソンジャパンのメディア向け車両「RH1250T/スポーツスターS」が、初めて亀戸へ搬入されてきた。エンジンガードをサービス工場で装着して、スタッフで代わる代わる試乗してみた。


【RH1250T/スポーツスターS】

どんなバイクでも最初に跨いで走り出すまで緊張感が高まる。6速マニュアルミッションを1速に踏み込み、車体が動いたら直ぐに二速から3速へとシフトアップしてスピードにのせていく。
信号で停まる時、後方確認をしつつ、リャブレーキだけ、フロントブレーキだけと分けて「止まる」の効き具合を覚えていく。
これらの初期段階で先ず覚えておくことは、走る・止まるの基本機能の確認だ。また走らせるバイクの印象の3割くらいをこれらでカラダが吸収している。


【フロントビュー】


【またがって見た】
スピードメーターの中で全ての情報が表示される。走行モードをこの試乗では「Sモード」で駆けて見た。40kmあたりからの加速は凄まじさえ感じた。


【フロントサイドビュー】

ライディングポジションのカスタマイズ領域が広がりそうな気がしてきた。小生172cmで短足だから、脚を前に投げ出すスポーツスターSは好みではない。またハンドルも10cm~15cmアップタイプにしてみたい。


【レボリューションMAX1250水冷エンジン】

2021年11月13日・14日と「アメリカンフェスティバルin新小岩公園」でご覧いただけます。

ハーレーダビッドソンの全部に輝き(^^)/

シュアラスター・S-125  ゼロフィニッシュ 300ml 。スプレーして拭くだけコーティングできる。
ハーレーダビッドソンのお手入れに最適。


【シュアラスター・ゼロフィニッシュをスプレー】

ワックスがけは時間と手間がかかって、手入れがやらずじまいになってしまうもの。ツーリング中の汚れを水洗いをした後、シュアラスターをスプレーして仕上げるだけ。
商品の単価ではなくて、手を動かす時間をどれだけ短縮できるかどうか…ワックスがけと同等の効果があって、なおかつ拭き取りのしやすさやコーティングの持続時間をトータルで考えた時に、ゼロフィニッシュはお手入れに最適なクリーナーだ。

小生のクルマで実際にやってみました。ゼロフィニッシュをスプレーして拭くだけで、水垢や虫の死骸のこびりつきなど頑固な汚れをしっかり落としてツヤツヤ(^^)/…ハイブリッドコートはつやつやになるだけでなく、汚れが付きにくくなるので、きれいな状態を保ちます。


【未塗装樹脂や金属パーツにも効果を発揮】

ゼロフィニッシュはボディ以外にも、エンジン周り(耐熱性300℃)や未塗装樹脂や金属パーツなど様々な箇所に使える優れものです。


【シュアラスター・S-125  ゼロフィニッシュ】

車以外にもバイク・自転車・金属やカーボンといった素材が使われるアウトドアグッズにも使用できます。
耐熱性も高いのでバイクのエンジンやマフラーにも使用可能です。

シュアラスター・S-125  ゼロフィニッシュのご注文はサービスフロント 03-5627-3050まで。

シュアラスター・S-125  ゼロフィニッシュ 300ml  ¥2,380