HDニューモデル発売は3月1日!

例年ニューモデルの発表は、7月下旬にアメリカ本国で開催される「サマーディラーショー」でその姿を現す。事前の情報は一切無く我々ディラーサイドでも「噂では・・・」くらいで、現車を観ない限りスタイルや性能などの全容は判らない。今回発表されたのは中間期の「ウィンターディラーショー」2月発表モデルだ。xl1200c_1モデルチェンジしマッチョに変身XL1200C

毎年ではないものの過去にもこのケースはあった。『FXS』と『XL1200C』これからの本格シーズンに向けて、選べるモデルが増えるのは、ライダーにとっても我々ディラーにおいても嬉しい限りだ。                                    blacklineharley1

 

 

 

 

 

ソフティルファミリーのFXS】 廃版モデルとなった「FXSTB・ナイトトレイン」を思い起こす「FXS」のスタイル。初めてハーレーの購入を検討されている方にはベストタイミングだ。ハーレーの低速トルクエンジンは、誰にとっても乗りやすく鼓動音は独自のもの。この最新モデルと共にハーレーオーナーへデビューしてみては?!

ハーレーに“真昼の決灯”HID!

圧倒的な照度を誇る「HIDヘッドライト」。その明かりの色彩にも、“ハーレーらしさ”を損なわないオリジナルの灯色に近いものが新発売された。夜間走行においては通常照度の3.5倍(ハロゲン比)で照らし、前方はまるで昼間のよう。 また昼間や夕暮れはひときわ輝く存在感を示す。                         【ハロゲンカラーdsc09705-33800Kはハーレーオリジナルのようだ】

下の「6000K」は定番人気のホワイトブルーカラー!明るさ3.0倍(ハロゲン比)※ハロゲン:950ルーメン(平均値)HID:2700ルーメン(平均値)dsc09712              

HID本体キットの価格は38000円、取付工賃12000円を含めると50000円となるが、耐久性も照度もケタ違い。またその強烈な明かりは、対抗車からの認識も高まり防衛運転にもつながるもの。対応機種はXLモデルからEVO・TC88・TC96などほぼ全モデル装着が可能。ご検討、相談はお気軽にショールームまで。

ハーレーとサイドカー!

2011モデルが最後となった「ハーレーダビッドソン・サイドカー」。その生産も昨年10月で完了した。永年に亘るメーカー製作サイドカーの歴史に幕をおろしたのである。しかし、非純正ながらサイドカーでは信頼性がもっとも高い ABEZ(エーベッツ) が今後の需要に応えてくれそうだ。      btn_family_touring_flhtcu-wsc-2     【メーカー純正サイドカーは2011年にて生産終了

今後の注文は、このABEZ(エーベッツ)を選べる。団塊の世代の方々には、これからの余暇とレジャーに、乗るなら“やっぱりハーレーでないと”、そんな希望をされる方は少なくないのでは?サイドカーなら“倒してしまう”不安の解消、二人でのんびりと旅したい、そんなかつて夢を実現。そうお考えならば最高のパートナーマシンだ。

ハーレー純正では“カー位置がバイクの右”だった。ABEZは「左」に装着する。日本の左側通行に適しており、追越しなど運転者がセンターライン側から対抗車や安全を確認しやすく、クルマでいう通常の右ハンドルと同様だ。現在所有のハーレーにサイドカーを後付けすることも可能。(但し2006年以降のHD車両に限ります)                   imgp3144エレクトラグライドに合うタイプ・BEAN(ビーン)単体¥1,312,500

また、HD最新モデルのファットボーイロー・FLSTFBにもサイドカーを装着可能。スポーツスターなどへも装着できる。サイドカーの運転は慣れると愉しい。但し、カーに人を載せている場合と空きではカーブでのGが異なるのは明らか、オートバイとはまったく違う乗り物である。

峠道や街角はバンクさせず(できない)、かつカーをガードレールや側溝に干渉させないように駆け抜ける。ライダーのイン側へ大きく体重移動も必要な場合もある。そんなサイドカー特性を予め理解しておきたい。サイドカーの車幅からバイクのようなすり抜けは出来ず、東京周辺の渋滞に合うことも想定しておこう。またできれば保管車庫も欲しいところだ。imgp46031ファットボーイに装着したTRY(トライ)¥420,000】    

サイドカーは受注発注。ご案内のカー価格に別途諸費用が掛かります。本体組付整備技術料、3人乗り登録、また車体カラーに合わせたペイントや、バックギャー導入など、カスタマイズ仕様と詳細なご相談は、ご来店をいただきましてたまわります。なお、サイドカーカタログをご希望の方は、ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームにてお渡しております。

暖か指先へ温熱を注ごう!

真冬のハーレー・ライディングに対する防寒対策。“ライダーとしての越冬経験”が判るウインターツーリングシーンだ。近年、ヒート繊維が次々と開発され保温機能の向上したが、グローブにはその効果を望めない。あの指先の“凍てつく痛み”は、体感したライダーにしか解らない。その激冷対策の決定版をひとつ紹介しよう。dscn4434-2

【厳冬もナンノその!ハーレー乗りは防寒と安全にキチンと対応】

人間の指先の中枢神経は、身体に及ぼす影響がは大きいと云う。その指先神経、男性は心臓に、女性は子宮へダイレクトだと教えられた。それだけに指先は人間の運動機能や体温に影響を与えている。その指先を冷やさないW&S社製・電熱グローブが今当店で大好評だ。dsc09408        

【バッテリー電源を使って温熱効果を発生、冬の限定販売品だ】

当店で販売しているW&S社製ヒーテッドインナーは、米国シカゴ州の白バイ警官に正式採用されており、先般メーカーから連絡が有り、今シーズンからヨーロッパ「スエーデン」の白バイ隊員にも正式採用され配布との報告が来た。

必ずしも警察正式採用=高品質・高機能と言い切れる訳ではないかもしれないが、採用に到るまで各種テスト等で数年費やしたと言う事で、それなりの優秀性が認められ実証であろう。

この暖かさを、¥22800でお求め頂ければ、ハーレーを1年中愉しめます。冬も暖かツーリングならワクワク嬉しいもの。お求めはホントにお早めに。 絶賛発売中!

遥かなる鹿児島へ暖ったか走る!

今頃、関門橋を渡り九州へ入っただろうか?昨日、愛車ダイナに新発売の「ヒートジャケット」の端子と共にお買上げ。それを早速着用して江戸川区葛西から鹿児島へ向けて発ったSさんは、HD亀戸のお客様の中でもベテランライダーのお一人。東京から約1500キロのチョ~ロングツーリングも、ヒーテッドグッズがパワフルな走りと寒さをサポートするはずだ。dscn5050-2

【チャプターメンバーの中でも走りの信頼は高いSさん】 

このブログでも紹介した「ヒーテッド・アンダーウェアー&グローブ」は、予想を超えて評判が好く、注文をさばくため毎週オーダーを輸入元にしている。バッテリーに端子を接続すれば、どのハーレーにも簡単接続、そこからはポカポカな世界へ。p05                                                   

 

 

 

 

 

 

【指先ぽかぽかのヒートグローブは人気NO-1の売れ行き】 

寒風の中を走ると、真っ先に冷えるのが指先だ。それは痛みも伴い凍ったように冷えた指先はブレーキやクラッチレバーを握れなくなる。そんな経験をベテランライダーなら体験のはず。そしてヒザ周りや脚の冷え、これからの冬季本番に対応したい。これらヒートアンダージャケット・パンツと前記のグローブの3点セットが揃えば、「冬のライディング防寒対策完了」と云っても好いだろう。ヒートグローブ¥22800/*2CHヒートコントローラ¥14800 (*2CHCを買っておけばヒートアンダージャケット・パンツも対応可能)dsc09205             

【バッテリーラインに接続して電熱OK、一路鹿児島へ向かった】

アメリカ北東部・冷寒地シカゴ。そのシカゴ警察の認定を受けそこの白バイ隊も着用しているとういう優れもの。遥かなる鹿児島への旅も、コレがあれば暖かく心地いいツーリングになるだろう。

暖か~いヒーテッド・グッズ入荷!

冬こそ走るぞ~!元気いっぱいのハーレーオーナーでも冬のライディングは暖かい方がいい。ご覧のヒーテッドインナージャケットは、日本語的に書くと「電熱線式暖房着」でしょうか。ウォーム&セーフ社製のヒーテッド・グッズは、品質にも定評があり世界で10万人のライダーに愛用され、アメリカ・シカゴ警察白バイ隊にも正式採用された製品なのです。¥29800と価格もリーズナブルです。dsc08942-2                                             

【Mサイズなら160㎝~175㎝までなら余裕でカバーできそうだ】

当店ショールームの営業スタッフ白石は、やせ型ながら身長180㎝、Mサイズを試着させたらこの通りピッタリ。ウォーム&セーフ社製のインナーは、ライディングポジションを妨げないように伸縮性の優れた素材を使用し、また暖かさを逃がさない身体にピッタリとフィットする形状となっています。その他、冬季のオープンカーやトライク、スノーモービルなどの運転に最適。dsc08940-2         

【ショールームにて着心地や暖かさをお試しください】 

この他にもインナーパンツグローブ靴下もラインナップされています。小生のような、シニアライダーにはインナーパンツが必須で、特にヒザ周りを温めたいからピッタリだ。冬物グッズは例年ですと品切れも早く、欲しい時に無いなんてことも。12月中のご注文がベストです!                          

モータークローズも秋色へ!

猛暑の夏が10月上旬まで延長したような今年、いつも聞かれる紅葉の名所も色づきが遅いようだ。それでも秋は一日一日深まってゆく。そしてハーレーモータークローズも秋の装いへ。dsc08860                                          【新作をさりげなく着こなしたいハーレーオーナー】

このところ日中の気温は20度前後、朝夕で17度平均でしょうか。街を歩くにも長袖や軽いジャケットが一枚欲しいところ。ハーレーダビッドソンを駆るときは、更に動き易くちょっと風を防ぐブルゾン系があれば、秋のツーリングシーンへの対応も万全だ。dsc08859                      

最新の秋・冬のHDモータークローズがショールームに

ハーレー仲間で行くツーリングシーンでも、季節に合ったHDモータークローズを着ていると、何やらベテランオーナーに見えてくる。ハーレーダビッドソン亀戸のショールームは今、もう秋色です。dsc08861