この夏はクールベスト!?

震災以降、節電が続いている。夏の電力事情も気になる。しかし、暑い夏は必ずやって来る。暑い炎天下をハーレーでツーリングすることもあるだろう。そんな時「ハイパークール」があれば涼しい。あのF1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンや、フェルナンド・アロンソも愛用。夏を涼しく過せる快適アイテムを紹介したい。スペインなど真夏のF1は炎天下42℃の中を激走する。そのコクピット内の温度は想像を絶するもの。彼らF1パイロットにとってハイパークールは“絶対のアイテム〟なのだ。         alonso-and-massa-in-techniche-cooling-vest_malaysia 【F1ドライバー フェルナンド・アロンソも愛用】

水の力で身体を冷やす!F1パイロットばかりでなく、アメリカ陸軍や、海兵隊の制式採用品として活用されており信頼性は高い。この夏、日本ではハーレーオーナー絶対のサマーアイテムになりそうだ。お値段も¥9800円~¥13600とお手頃。

★ベースサイズはUS仕様のため、身長170~173㎝/体重65㌔~74㌔位のいわゆる日本のLサイズの方なら“M〟でピッタリ着用すると冷却効果が高いようだ。

予約販売をスタート。5月下旬に第一ロットが日本上陸、なお発売は6月1日から! _mg_1763クールベストで夏を快適ライディングで走ろう

亀戸店にレンタルハーレー新登場!

ハーレーダビッドソン亀戸では、4月20日より「レンタル・ハーレー」営業スタート。国土交通省の「有償貸自動車業」を許認可。開始時は、台数も少なめですが順次増車してゆきます。このゴーデンウィーク前に営業開始が間に合いました。ブログご覧の皆様へ、いち早いご案内です。「レンタル・ハーレー」の営業案内は、ホームページをご覧ください。                  2011-01-27-001-2011-01-27-033レンタル・ハーレーのご利用はお電話にてご予約を

都内の住宅事情から、「ハーレーを買って乗りたいけれど駐車場所が無くて」、「すぐには買えないけど、じっくり乗ってみたくて」など、「レンタル・ハーレー」に、お客様のニーズが少なくないと思い検討していました。ご夫婦やカップルで、またバイク仲間とのツーリング等にご利用ください。dsc00019-2

「レンタル・ハーレー」は1日15000円から、また車両はどなたにも愛されている「XL883L」・乗りやすいと評価の高い「XR1200X」dsc00054-2です。               全車「ETC装備」、もちろん自動車保険加入のレンタル料金です。安心してご利用いただけます。

特別限定車CVOが亀戸店に!

ハーレーダビッドソンに更なる上質と輝きを与えた「限定生産車・CVO」が、亀戸店ショールームに堂々展示中。モデルは『FLHXSE2ストリートグライドだ。こちらのCVOは、2011年モデルの最終生産となりお求めいただけるチャンスは、まさに早い者勝ち!dsc00034

CVOはHD本社工場の匠な職人が仕上げた至極な1台

エンジンはハーレーダビッドソンの中で、最高最大1801cc/110キュービックインチを搭載dsc00032。強化された剛性の高いフレームと足回りは、これまでハーレーを乗り続けたオーナーが駆れば、一目瞭然ならぬ「ひと乗り瞭然」だろう。その根本的な「車格」の違いが判るはずだ。そろそろ乗替えを考え中の”オーナー達よ” そして “いつかはハーレーと願望だった貴方”。“今こそCVOを愛車に”!これを手にすればもう他のオートバイは目に入らない!なんちゃってね。ぜひ、ショールームにてご覧ください。

次代のハーレー見参!

日本初上陸!新型はやっぱり目にスッと入るらしい。ショールームに来られた方から、「コレってあの新型のFXSですか~?」と反応される。ちょっとハーレーダビッドソンに関心がある方なら「ハーレーの新型」と判るようだ。dsc09911

【2011最新モデル ブラックライン・FXS】dsc09957

【ショールームは人気のXL系2モデルが揃った】

この3月1日にデビューしたばかり。話題の「FXS&XL1200C」が揃ってご覧いただけます。ハーレーダビッドソン亀戸からお届けする最新モデル。すでに第一便の入荷車は売約を頂き現在、サービス工場でセットアップ整備中だ。

災難と盗難は忘れた頃に!

昨日9日お昼前、東京・亀戸でも地震の揺れを長く感じた。三陸沖を震源地とするマグニチュード7.3がそれらしい。地震は自然災害だからいかんともし難いが、ハーレーダビッドソンの盗難防止は今すぐに出来る。今日は「盗難0件」の実績を持つ関西シンシアーの「セキュリティクラッチレバー・シフトロッカー・スタンドロッカー」を紹介。また当店の店頭にて「体感フェアー」を20日)に開催。ぜひ来店いただき実物を体感戴きたい。h1000_52    【クラッチレバーやシフトロッカーに特許があり防犯の優れモノ】

ハーレーダビッドソンの盗難事件は、ここ数年少なくなったが、当店のお客様で墨田区お住まいの方が、昨年の夏にロードキングを盗難されてしまった。新車購入時に「HOG盗難プロテクト」へ加入していたので、諸費用の負担だけで後日同じ新車を手にできた。しかし、この盗難の反省は通りに面した場所に置かないこと。また窃盗団の盗難手口の多くは、“メインスイッチを破壊し直結させて乗逃げ”。これがほとんどだ。要は乗って逃げれないようにしておけば盗まれにくい。                                  hs1_800x600_5【シフトロッカーを制動することでギャーが入らなくなる】

*先に述べた昨年夏のオートバイ盗難事件だが、この2月警察より窃盗団など犯人を逮捕できたと報告が来た。犯人たちのアジトからは数台のオートバイが解体され、部品として輸出をする作業準備がされていたらしい。

HDニューモデル発売は3月1日!

例年ニューモデルの発表は、7月下旬にアメリカ本国で開催される「サマーディラーショー」でその姿を現す。事前の情報は一切無く我々ディラーサイドでも「噂では・・・」くらいで、現車を観ない限りスタイルや性能などの全容は判らない。今回発表されたのは中間期の「ウィンターディラーショー」2月発表モデルだ。xl1200c_1モデルチェンジしマッチョに変身XL1200C

毎年ではないものの過去にもこのケースはあった。『FXS』と『XL1200C』これからの本格シーズンに向けて、選べるモデルが増えるのは、ライダーにとっても我々ディラーにおいても嬉しい限りだ。                                    blacklineharley1

 

 

 

 

 

ソフティルファミリーのFXS】 廃版モデルとなった「FXSTB・ナイトトレイン」を思い起こす「FXS」のスタイル。初めてハーレーの購入を検討されている方にはベストタイミングだ。ハーレーの低速トルクエンジンは、誰にとっても乗りやすく鼓動音は独自のもの。この最新モデルと共にハーレーオーナーへデビューしてみては?!

ハーレーに“真昼の決灯”HID!

圧倒的な照度を誇る「HIDヘッドライト」。その明かりの色彩にも、“ハーレーらしさ”を損なわないオリジナルの灯色に近いものが新発売された。夜間走行においては通常照度の3.5倍(ハロゲン比)で照らし、前方はまるで昼間のよう。 また昼間や夕暮れはひときわ輝く存在感を示す。                         【ハロゲンカラーdsc09705-33800Kはハーレーオリジナルのようだ】

下の「6000K」は定番人気のホワイトブルーカラー!明るさ3.0倍(ハロゲン比)※ハロゲン:950ルーメン(平均値)HID:2700ルーメン(平均値)dsc09712              

HID本体キットの価格は38000円、取付工賃12000円を含めると50000円となるが、耐久性も照度もケタ違い。またその強烈な明かりは、対抗車からの認識も高まり防衛運転にもつながるもの。対応機種はXLモデルからEVO・TC88・TC96などほぼ全モデル装着が可能。ご検討、相談はお気軽にショールームまで。