おかげさまで「ROAD KING® SPECIAL」絶好調(^^♪

いつの時代も、独創こそが新たな世界を拓いて行く。そして自由と夢の道へ駆け出していく。「ROAD KING® SPECIAL」が、やはり、日本のライダーが待っていた堂々のスタイリング。


【2017・ロードキングスペシャル】

純粋なデザイン、圧倒的なパワー。彼方からでもはっきりと感じる、その存在感。

そのボディは、ヘッドライトナセル、フロントフォーク、新型タロンホイールから、パワフルな MILWAUKEE-EIGHT® エンジン、ヘッダー、エキゾーストに至るまでブラックアウト仕上げが施されている。

新型ミニエイプハンドルバーを搭載し、腕を前方に上げるアップライトポジションを実現。そしてロープロファイル仕様のストレッチサドルバッグは、洗練されたムードを醸し出す。

新型 Road King® Special と共に、至上のライディングへ。


【2017・Road King® Special 】

アグレッシブなスタイリングと、MILWAUKEE-EIGHT® エンジンのパフォーマンスが融合。その走りは、更なる高みへ。
車両価格 ¥3,087,400〜

【2017・Road King® Special 】

ハーレーダビッドソンからのお乗り換え、また国産バイクや他銘柄輸入車も、お乗りの下取車がローン支払い中でもOK。お気軽にお問い合わせください。

トライク最新2017モデル納車へ!(^^)!

ハーレーダビッドソンの3輪車・トライグライド。2017年モデルでは、ツーリングモデルと同じく、「NEWエンジン・ミルウォーキーエイト/1746㏄」を搭載。今回、ご成約から約2ヶ月で嬉しい納車を迎えました。


【ミルウォーキーエイト/1746㏄搭載を待望】

嬉しさもチョット隠して(^^♪…オーナーさんは都内在住のH・Aさん。「恥ずかしくて~」とマフラーとサングラスで控え目に。

【2017モデルではゴールドカラーが人気】

運転免許は、クルマと同じく普通自動車免許ならトライクに乗れる。大型2輪免許は不用なのだ。車両価格¥4,476,600

【インスルメントパネル】


【ツアラーセンターケース】


【107Cvi/1746㏄のミルウォーキーエイト】

【ハンドル操作スイッチ】

【リヤトランク】

NEWロードキングスペシャル新登場!

まさにキング・オブ・ロードを身にまとい2017年春 日本上陸へ。
伝統のスタイルを残し、シックなブラックアウトへ仕上げられたフロントフォーク、ナセルヘッドライトケースがより重厚感を放つ。


【FLHRXS・ロードキングスペシャル】

ネオクラッシックスタイルはハーレーダビッドソンだけの伝統の造形美。他に類を見ない圧倒的な存在感を放つ。


【NEW・ミルウォーキーエイト・107Cvi/1746㏄を搭載】

NEWエンジン「ミルウォーキーエイト」1746㏄を搭載、余裕のパワーでスムーズかつ俊敏な走りを実現します。


【サイドハードケースはマフラーinスタイルへ】


【ハイクォリティなキャストホイール】


【日本人に適したライディングハンドル】


【NEWロードキングスペシャル】

車体価格 ¥3,047,400 お求めはハーレーローン150回払い、残価設定ローンをご利用いただけます。

ライトクラッチ&バックギャーで操作も軽快(^^)

ハーレーダビッドソン・ツアラーモデルのクラッチは「油圧システム」となり、新車時は「クラッチレバー操作が重い」との声も聴く。

そう云ったユーザーの声をつかんで「バックギャー」で信頼の高いマンバ製作所から「ライトクラッチスプリング」がリリースされた。

これがすこぶる評判が好く、ユーザーの口コミで広がって注文は日々増加している。


【レディースライダーに適した軽快さ】


【マンバ製・ライトクラッチスプリング】

ハーレーの女性ライダーから評判がよく、装着後からは首都圏の渋滞時のクラッチ操作も苦にならないという。


【マンバ製・バックギャー】

すっかり定番となった「マンバ製・バックギャー」。新車ノーマルではバックギャーの装備は無く、アフターパーツでの装着となる。ハーレーの保管場所や、ツーリング先での坂道など、一人では動かせない状態を経験した人は少なくないだろう。バックギャを装備すると、もう手放せないというハーレーオーナーは多い。

ウィンターツーリングを快適に(^^♪

ハーレーダビッドソン・FLHXS/ストリートグライドを愛用する墨田区在住のH・Sさんが、とても嬉しそうにこんなメッセージを…「ソフトロアを着けて初詣ツーリングで走ったら、イヤ~足元がゼンゼン冷えなかったよ~」(*^^)v

当店の試乗車であり、小生の愛車でもあるFLTRXS/ロードグライドへも装着しているソフトロア。まさにウィンターツーリングの快適ツールだ。


【ソフトロア装着/前方から】

ハーレーオーナーに限らず、還暦を過ぎたあたりから関節は冷えを強く感じる(小生もその域だが)。膝や足首を冷やさないことでロングツーリングも快適になる。


【HD純正・ソフトロア】

HD純正・ソフトロアは¥18000。一度装着すると外せなくなるウィンターシーズン。濡れた路面からの跳ね上がりにも一定の防水効果も。
(写真はS・H様の愛車FLHXS/ストリートグライド)


【FLTRXS/ロードグライド】

ツーリングモデルでは、レックシールドにラジエター装備のないFLHR/ロードキング、FLHXS/ストリートグライド、FLTRXS/ロードグライドに装着でき、工具は不用です。

違いが分かるハーレーライダー!(^^)!

ハーレーライダーは、いつも自分の愛馬であるマシンを気にかけている。ペットのように愛くるしい存在であり、表立って出さないが自慢の1台だ。ハーレー仲間と一緒にツーリングにはその想いが敏感に出る時かもしれません。

例えば、この「魔法のネジ」。エンジン始動時に発生する静電気除去できると、静止時から100m辺りまで加速がスムーズになると、その効果に評判が好い。これをマシンに付けたいと注文が増えて来ました


【魔法のネジ】

取り付けるだけで走りが軽くなる?!「魔法のねじ」 ボルトの先端部分から静電気を放電し、吸気効率をよりよくします。

スポーツスターモデルにとりあえず。エンジン周り カスタムパーツ(純正外部品)¥3280(取付工賃がモデルによって異なります。ご相談ください)


【魔法のネジ装着例】


【俺の鉄馬が一番さ!(^^)!】

発売元のブログより、その性能について紹介しています。「魔法のネジ

お台場でハーレーダビッドソン試乗会(^^♪

快晴に恵まれた26日土曜日、お台場で開催された「ハーレーダビッドソン大試乗会」は、午前中から多くの来場者で大賑わい。


【ツーリングモデルコーナー】

展示・試乗車を合わせ、ハーレーダビッドソン最新全モデルが勢揃い。新たにハーレーダビッドソンを購入されたニューオーナーには、試乗車に乗り希望モデルを決定したと云う方が大半だ。「乗り物は乗って見て決める」これこそ好い出会い。


【午前中から行列に】

午前10時に開場前から我先にと、お目当ての❝NEWエンジン「ミルウォーキーエイト」❞を積む、ツアラーモデルへ試乗しようと長蛇の行列。

【2016年でラストとなるナイトロッドスペシャル】

2000年に発売の水冷エンジン搭載のV-ROD。派生モデルと進化しながら最終モデルとなった「VRSDCX/ナイトロッドスペシャル」。2016年のオーダーを最後に生産終了する。会場でも惜しむ声が少なからずあった。


【秋晴れ試乗会へ】

湾岸ラインを試乗とするレギュラーコース。大型二輪免許をお持ちならどなたでも乗れる。


【普通2輪免許で乗れる平和橋教習所の750コーナー】

400㏄まで乗れる普通2輪免許。お台場の特設コーナーには「ストリート750」の試乗車へ乗れる。

ハーレーダビッドソン亀戸の提携教習所である「平和橋自動車教習所」が担当。大型2輪免許取得の相談も乗ってくれる。


【トライク・コーナー】

2017年モデルから日本へ初上陸のNEWトライク「フリーウィーラー」も、トライクコーナーの人気者に(^^♪…明日、27日も開催。皆様のご来場をお待ちしております。