どすこいハーレー「ソフティル・スリムS」

「どすこいハーレー」と云う、シャレは両国国技館に近いハーレーダビッドソン亀戸ならではのノリ。
この秋、新発売の最新2016モデルでは、最もホットでマッチョなマシンがこの「ソフティル・スリム FLSS」なのです。どこか人気の横綱のような風格を漂わせています。車両オーダもソフティルファミリーではダントツのナンバーワン。


【ソフティル・スリム FLSS】

フォルムはファットボーイがベース。日本語に直訳すると「ファットボーイ/マッチョな男の子」だ。ソフティル・スリムは、そのマッチョをちょっとそぎ落とした筋肉質、かつ軽快なデザインだ。


【HDエンブレムタイプ】

シックで落ち着いたブラックカラー。ガソリンタンクにHDマーク「バー&シールド」が、これぞハーレーブランドだ~とばかりにアプローチ。


【ビッグ・スターエンブレム】
何処か、アメリカの戦闘機や戦車のようなミリタリーチックな雰囲気さえも。そして、エンジンはハーレー最大1800ccのCVOへ搭載されてきた空冷Vツインだ。

グローブから始まる冬支度!


【HD-15VM-97279】

ハーレーライダーが冬への始まりを感じて、気温へ対応するのは「ジャケット」だ。さらに冷え込んで来るとインナーウェアーを足していく。ハーレーダビッドソン亀戸が開催している「秋のニューオーナーツーリング」は、真冬ほどの冷え込みは無いものの、朝晩の気温は10℃前後とそれなりに冷え込み、走行すると体感では、そこからマイナス5℃くらいに感じるはずだ。

5月以降に初めてハーレーを購入された方は、今月あたりから、ウィンターグローブの準備をオススメしたい。価格15200円


【ウィンターグローブ/S/M/L】

インナーには、保温機能の高いボア地を採用したハーレー純正グローブ。グローブとシューズは実際に手にしたり履いたりして決めたい。通販でもお求めできますがサイズにつきまして、やや大きめな仕上がりになっています。


【HD-16VM-97330】

ウィンターグローブは保温と操作性の機能の両立から、どうしても生地は分厚い構造になる。しかし、ハーレー純正グローブは、ライダーの使い勝手を研究して手のひらと甲では表面処理を換え、動作しやすい縫製がなされている。

【モータークローズ・HDWグローブ】

ヒーティングインナーでポカポカツーリング!

秋も深まり、朝夕はひんやりとして来ましたね。気温が、10℃を切ってしまうと歩いていても寒さを感じる。これからのハーレーライディングに最適な「2015ウィンター・ヒーティング・インナースーツ」は、マイクロワイヤーヒートテクノロジーを採用したウェアに加え、温度コントロールを内臓したヒーティングクローズが登場。


【HeatedPlug-in12VJacket Liner】・・・ サイズ M/L/XL(日本サイズはひとつ小さめがオススメ)

冬場のライディング、より快適に包んでくれる。さらに、すべてのウェアには3年間のメーカー保証が付帯。もはやハーレーライディングにシーズンオフはありません。

【インナースーツのままでもライダークローズ】
48000円(M/L/XL)52000円(2XL/3XL)

【ヒーティングアイテムはパンツ&グローブへも連結可能】
ヒーティンググローブ 34500円(レザー/水性フリース)

贅沢なモーターサイクル・ゴーグル入荷

ゴーグルを見て懐かしいと思われる方は、往年のモーターサイクリストでしょうか。1970年代のライダーの多くはジェットヘルメットにゴーグルのかぶせてツーリングへ。そんな時代、小生は少年が憧れたライダーシーンとして記憶に残っています。そのゴーグルは、若いライダーのファッションとしても人気を呼んでいます。

今回入荷したのは、イタリアの職人が一つひとつ丁寧に作り込んだゴーグルフレームに、厳格なアメリカ工業規格ANSIZ87・1の耐衝撃性を有した高性能工学レンズを組み合せた。世界最高級のモーターサイクルゴーグル。

【HD SPEED】
価格¥25000(専用ケース付)

ライドベルでツーリング守護神を(^^♪

初秋を感じるこの頃、「2016・ライドベル」が新入荷しました。この春、入荷したライドベルは大好評を戴き、多くのハーレーライダーさんには特に絶賛を頂きました。今秋モデルの新デザインを含んでショールームへ入荷しました。

【ニューデザインも新登場のライドベル】


【可愛い大きさは用途も広い】


【装着はエンジンの前あたりがベスト】
ツーリングの安全守護神として、あなたのハーレーに、またクルマに1個いかがでしょう(^^♪

クルマの免許で乗れるハーレートライク(^^)/

クルマの免許でお乗り頂ける「ハーレーダビッドソン・トライグライド・ウルトラ」、その3輪スタイルは、他に類を見ない圧倒的な存在感を放って、ストリートやハイウェイを駆けぬけます。

【この車幅が安定とコーナーリングに独自な世界を創る】

TC103(1689㏄シリンダーヘッド水冷エンジン)を搭載。大トルクを発生しゆとりあるトルクフルなパワーを発揮。

【信頼の高いTC103/1689ccエンジン搭載】

今年の春以降、かつてのハーレーオーナーさんからは・・・「これならバッグギャーも付いてる。車庫の出し入れもラクになる」と・・・オーダを頂戴しました。トライクは、ジワリではありますが増えて来ました。

【最新2015年モデル・ハーレーダビッドソン トライク】
いよいよ明日、江戸川区にお住まいのO様へ納車です。
車輛本体価格 ¥4329000

ハーレーダビッドソンが抽選で1名様に(^^♪

チャレンジしなければ冒険は始まらないのだ(^^♪…GET HERO”S BIKE
●賞品(1名様) HARLEY-DAVIDSON STRETT 750 (2015年モデル新車)
  6/24~10/31の期間内にご成約並びに納車を済ませていただくことを受取条件とさせて戴きます。

応募はこの画像をクリックください。


【アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン】…7月4日全国の映画館にてロードショー

ストリート750・試乗インスプレッション(^^♪
先日、お台場まで往復20㎞を乗って見た。またがった瞬間、カカトがしっかり地面に着き、サイドスタンドを跳ね上げ直立、その車体の軽さに驚いた。セルフスターターでエンジン始動、キュルキュルっと軽快な回転、水冷エンジン特有に作動音が従来のエンジンとは大きな違いだ。

走り出したら、さらに軽快感は増してきた「軽すぎる」、いつもツアラーFLTRXSに乗り慣れたカラダは、そう反応しているのだろうか。

交差点から発進して、スロットルを3速からグッと回してみた。その加速は、さすがに750パワーだ、鋭い直進性は一気に、交差点で並んだクルマをあっと云う間に後方に。軽快なその走りをワイディングで試したくなった。

 【 STRETT 750 】