ディラーオープンハウス開催10/11~12!

【最新2015年モデル・FXDLローライダー】

10月4日新発売したハーレーダビッドソン2015モデル。今後続々と入荷するなか、第一弾ディラーオープンハウスで皆さまにお披露目いたします。お誘い合わせの上、ぜひショールームへおいでくださいませ。

【人気沸騰のロードグライド・FLTRXS】

【トライグライド】
2015年モデル・トライグライド(トライク/3輪車)は、東京都内において、今回実車をお披露目できるのは亀戸店だけかも知れません。おかげさまで4月以降完売御礼に。普通免許で乗れるハーレーとして絶賛頂いています。

有楽町でハーレーに逢いましょう!

【2015年モデル・ハーレーダビッドソンFLTRXS】
10月4日に新発売された2015年ハーレーダビッドソン。その発表・発売より、多くのみなさまにご覧頂いています。こんどは、当店よりハーレーダビッドソンを東京・有楽町へ。
来たる10月15日(水)正午より午後4時までニューモデルを国際フォーラム・地上広場に於きまして展示会【有楽町でハーレーに逢いましょう】を行います。
【国際フォーラム地上広場】
もっとも多くの方が行き交う街、有楽町。現在では、国際フォーラムを中心に文化、ビックカメラなど活発な商業地域としても注目されています。

最新2015・ロードグライドがHD亀戸デビュー(^^)/

【小生と2015モデルFLTRXS・ロードグライド】

亀戸へ着いたばかりの最新ハーレーダビッドソン。その中でも発売前から絶対これに乗るんだと決めていた1台「FLTRXS・ロードグライド」。早速、新車登録。亀戸周辺を15㌔ほど走行しましたが、車体の大柄さからは想像できない軽快な取回しと動力機能の向上に目を見張りました。

デザインも大きく進化したフェアリングは、空力学的にもライダーへ乱気流が当らないように計算され、高速時のダウンフォースをより向上させています。また「トリプル・スプリットストリーム・ベント」…つまり向風を整流する構造はロードグライドの大きな特徴となっています。

新デザインのインナーフェアリングは、届きやすいスイッチ類、視認性の高いメーター類などシートにまたがると自然に視界へ入って来ます。

本日から2年間を愛車として、それまでのハーレーから乗換えなどの検討にお試しをいただけます。

日本上陸して今日から販売スタート!

最新「2013年型・ハーレーダビッドソン」が続々と日本へ。当店ショールームも華やかな「新型車」で、にぎやかになって来ました。店頭もニューイヤーモデルのPOPや宣伝で、こちらもにぎやかに(^.^)・・・2013MODELSのPOPが新鮮です

ショールームに入るとご対面頂くのが「XL1200シリーズ」。ハーレーダビッドソン・スポーツスターファミリーを代表するニューカマー!                 【XL1200C・A】XL1200C・B】

ハーレーダビッドソンは、毎年9月に次年モデルを発表発売する。その時期はずっと恒例でも、何が新登場して何が変わるのかなどの情報は、一切ディラーの私たちにも伝えられてこない。それはどのメーカーも同じらしい。最新のハーレーには目で見える変化や、快適さを増すための設計変更が凝縮されていて、成約された新型の納車前整備では、その細部に及ぶ進化にメカニックも驚くようだ。そんな新型をどうぞご覧頂きたいと思っています。みなさまのご来店をお待ちしています。

ハーレーダビッドソン入門?!

ハーレーダビッドソン正規販売店の使命として、入門者的なお話を差し上げたい。現在ハーレー全モデルでは32機種を販売。その中で、もっとも廉価でお求めやすいのは「XL883L・スーパーロー」本体価格¥948000だ。自賠責保険や税金など諸費用を含め*1.066.280円で購入できる。ちなみに、ローンなら月々8.992円と、月に一度行く居酒屋の呑み代くらいでハーレーオーナーだ。わたしたち正規ディラーも、明日から春本番の繁忙期に入る。その本格的なバイクシーズンに合せ店頭試乗イベントをスタートです。【お手頃なXL系スポーツスターが入門者向けだ】 *足立ナンバー圏内での合計金額

ご来店される中高年の方が、「若い頃はホンダとかヤマハの大型バイクに乗っていた」などと、懐かしい思い出話をされる。その時代(1965年頃)ハーレーダビッドソンは、日本への輸入も少なく、車両価格を現在のサラリーマン平均収入に換算すれば本体価格は600万円相当になる。そんな時代に比べると買い求めやすくなった。【`60年代のハーレーダビッドソン・ディオグライド】

ハーレーダビッドソン亀戸へご来店をいただき、車両のご商談と試乗くださった方へささやかな記念品(HDペンライト*下写真)をご用意。【LEDライトは小型とは思えない明るさ】

この愉しさは、走らなければ分らない!

全国のハーレーダビッドソン正規ディラーでは、明日31日から5月まで「店頭試乗会」を開催。亀戸店でも、人気絶頂の最新モデル「XL1200X・フォーティエイト」や「ダイナ・FLDスイッチバック」など試乗車5台を用意。ハーレーを愉しむ最高のシーズン。今、これを知らずして、いや、今乗らずしてどうする・・である。【ハーレー亀戸で出会った仲間と走るビッグなツーリング】

ハーレーダビッドソン亀戸では、初めて試乗を希望する方へ「ハーレー体感3ステップ」を提案しています。自動車教習所での大型2輪免許講習には、高速道や一般道などの路上教習がない。免許を持っていきなり“ハーレーに試乗”ができると言われても、初めての方なら不安が募る。

そこで・・①停止状態による操作とエンジン始動 ②車体の引き回し ③スタッフの後を走る試乗。 このように区分して緊張感を和らげから試乗コースを走って頂いている。「今日は①と②だけに」そんな方でも大歓迎だ。

ハーレーに乗るなら・・!?

ハーレーダビッドソンは高い?マニアやベテラン向け?などと思い込んでいませんか?そんな既成概念を打ち破る、新モデルと先日22・23日晴海会場で開催された「ハーレー試乗会」には、“初めてハーレーに乗る”そんな「トライアル&チャレンジャー」の目立った2日間だった。dscn9950                      【天気に恵まれて試乗待ちも長蛇の列に】

大型2輪免許を取ったまま日数が経ち、バイクに乗る自信さえも失いそうな人のために設定した「ハーレースキルアップコーナー」も好評。dscn9970          【ビギナーや女性に最適なXL系スポーツスター】

ハーレーダビッドソン亀戸では、これから乗って見ようと思っている方へ「店頭試乗」をおすすめしています。また車両をお求の方より初心者向けの「ニューオーナーツーリング」を開催。途中の休憩を利用して「車両取り回し」や「カーブの曲り方」のアドバイス。大勢で行くツーリングの楽しさを体感戴いています。これは東京でも「亀戸店だけのお得意様プログラム」です。2011-01-16-001-2011-01-16-0421

HOG・東東京チャプターへ入会すれば、年間を通してメンバだけのツーリングやイベントへお誘い。クルマ業界との違いは、ハーレーを単に耐久消費財のひとつではなく、前述のように購入後のアフターサービスは、メカニカルな点検や車検のサービスはもちろん、ツーリングなどで分かち合う「趣味としての集い」を、大切にすべきと考え提供しています。dscn7879-31                                              【2010年秋のニューオーナーツーリングから】

ハーレーに乗るなら・・真夏の炎天下よりも、ちょっと寒いくらいが好く、長袖や皮パンツも爽やかにはけて、もしもの転倒でもそれらの装備でケガ防止に。何より快適な秋が丁度好い。ところで、この秋発売「2012年モデル」の価格がお求めやすくなったことご存じだったでしょうか?・・XL883Rが¥998000(かつては115万円)12-iron-883-bs                    【US仕様 XL883Nアイアン】

ハーレー購入に、関るどんなご相談(車庫に入るかな?など)も亀戸店へお気軽に!