出会いは亀戸のショールームで!

【最新2015年モデルのハーレーを】

ハーレーダビッドソン亀戸にてお求めを頂くお客様の半分以上は「新規のハーレーオーナー」。その出会い、この時季NEWモデルの今、秋が多いのです。


【初めてのハーレーに不安と希望も一緒に真剣に】
ここで、新規と申し上げますのは、10年間ハーレーの新規登録ナンバーを陸運局になかった方。それ以前に車両購入されたお客様は、サービス工場を利用履歴など、お得意様として整備記録など保管させて頂いています。

【常連さんのご紹介での出会い】
残る半分の皆さまは、常連さんなど当店にて乗換えやサービス工場をご利用のお客様。そして、何よりハーレー購入の目的は、ハーレーオーナーが乗って愉しむコト。
【ツーリング途中も愛車自慢に華が咲く】
特に、購入当初はハーレー仲間から学ぶノウハウは無限大、さらに共通の趣味を持つ出会いの友は、愉しくて永いお付合いになるもの。ハーレーダビッドソン亀戸の主催するツーリングは、お客様同志と私くしたちとハーレーライフを創造するディラーの交流ステージです。

ディラーオープンハウスご来店ありがとう!

最新ハーレーダビッドソン・2015年モデルの発表から1週間。いよいよディラーオープンハウス第一弾!多くのご来店ありがとうございます。そんな最中、おススメめのカスタム・ダービーカバーをさっとクイック装着。
【ダービーカバーで換えました~(^^)/】
これから、キラっと輝くカスタムをやって行こうと思うんです。と嬉しそうに愛車のブレイクアウトを見つめる谷口さん。

【親子でハーレーに乗れる日はきっと近いです~(^_-)】

お父さんも、この春からハーレーオーナーになったばかり!(^^)!…こんどは親子でツーリングしたいねと「バイク親子」でした。

【2015・オータムシーズンブルゾンをお求め】
「こんどのニューオーナーツーリングに参加しますのでよろしくお願いします」と、ニューブルゾンでカッコ好く決め、参加予定の神谷さんでした(^^♪

下町のハーレーライダーは人情深くてこだわり屋さん「アライのハーレーヘルメットが欲しかった~」と、お買い求めくださった。

10月11日~12日までディラーオープンハウス…どうぞ皆さまお気軽に来店くださいね。
本日、クラブハーレーも新刊11月号入荷、絶賛発売中!。

ディラーオープンハウス開催10/11~12!

【最新2015年モデル・FXDLローライダー】

10月4日新発売したハーレーダビッドソン2015モデル。今後続々と入荷するなか、第一弾ディラーオープンハウスで皆さまにお披露目いたします。お誘い合わせの上、ぜひショールームへおいでくださいませ。

【人気沸騰のロードグライド・FLTRXS】

【トライグライド】
2015年モデル・トライグライド(トライク/3輪車)は、東京都内において、今回実車をお披露目できるのは亀戸店だけかも知れません。おかげさまで4月以降完売御礼に。普通免許で乗れるハーレーとして絶賛頂いています。

有楽町でハーレーに逢いましょう!

【2015年モデル・ハーレーダビッドソンFLTRXS】
10月4日に新発売された2015年ハーレーダビッドソン。その発表・発売より、多くのみなさまにご覧頂いています。こんどは、当店よりハーレーダビッドソンを東京・有楽町へ。
来たる10月15日(水)正午より午後4時までニューモデルを国際フォーラム・地上広場に於きまして展示会【有楽町でハーレーに逢いましょう】を行います。
【国際フォーラム地上広場】
もっとも多くの方が行き交う街、有楽町。現在では、国際フォーラムを中心に文化、ビックカメラなど活発な商業地域としても注目されています。

最新2015・ロードグライドがHD亀戸デビュー(^^)/

【小生と2015モデルFLTRXS・ロードグライド】

亀戸へ着いたばかりの最新ハーレーダビッドソン。その中でも発売前から絶対これに乗るんだと決めていた1台「FLTRXS・ロードグライド」。早速、新車登録。亀戸周辺を15㌔ほど走行しましたが、車体の大柄さからは想像できない軽快な取回しと動力機能の向上に目を見張りました。

デザインも大きく進化したフェアリングは、空力学的にもライダーへ乱気流が当らないように計算され、高速時のダウンフォースをより向上させています。また「トリプル・スプリットストリーム・ベント」…つまり向風を整流する構造はロードグライドの大きな特徴となっています。

新デザインのインナーフェアリングは、届きやすいスイッチ類、視認性の高いメーター類などシートにまたがると自然に視界へ入って来ます。

本日から2年間を愛車として、それまでのハーレーから乗換えなどの検討にお試しをいただけます。

日本上陸して今日から販売スタート!

最新「2013年型・ハーレーダビッドソン」が続々と日本へ。当店ショールームも華やかな「新型車」で、にぎやかになって来ました。店頭もニューイヤーモデルのPOPや宣伝で、こちらもにぎやかに(^.^)・・・2013MODELSのPOPが新鮮です

ショールームに入るとご対面頂くのが「XL1200シリーズ」。ハーレーダビッドソン・スポーツスターファミリーを代表するニューカマー!                 【XL1200C・A】XL1200C・B】

ハーレーダビッドソンは、毎年9月に次年モデルを発表発売する。その時期はずっと恒例でも、何が新登場して何が変わるのかなどの情報は、一切ディラーの私たちにも伝えられてこない。それはどのメーカーも同じらしい。最新のハーレーには目で見える変化や、快適さを増すための設計変更が凝縮されていて、成約された新型の納車前整備では、その細部に及ぶ進化にメカニックも驚くようだ。そんな新型をどうぞご覧頂きたいと思っています。みなさまのご来店をお待ちしています。

ハーレーダビッドソン入門?!

ハーレーダビッドソン正規販売店の使命として、入門者的なお話を差し上げたい。現在ハーレー全モデルでは32機種を販売。その中で、もっとも廉価でお求めやすいのは「XL883L・スーパーロー」本体価格¥948000だ。自賠責保険や税金など諸費用を含め*1.066.280円で購入できる。ちなみに、ローンなら月々8.992円と、月に一度行く居酒屋の呑み代くらいでハーレーオーナーだ。わたしたち正規ディラーも、明日から春本番の繁忙期に入る。その本格的なバイクシーズンに合せ店頭試乗イベントをスタートです。【お手頃なXL系スポーツスターが入門者向けだ】 *足立ナンバー圏内での合計金額

ご来店される中高年の方が、「若い頃はホンダとかヤマハの大型バイクに乗っていた」などと、懐かしい思い出話をされる。その時代(1965年頃)ハーレーダビッドソンは、日本への輸入も少なく、車両価格を現在のサラリーマン平均収入に換算すれば本体価格は600万円相当になる。そんな時代に比べると買い求めやすくなった。【`60年代のハーレーダビッドソン・ディオグライド】

ハーレーダビッドソン亀戸へご来店をいただき、車両のご商談と試乗くださった方へささやかな記念品(HDペンライト*下写真)をご用意。【LEDライトは小型とは思えない明るさ】