ハーレー仲間の軌跡と望年プラン!

【HOG&東東京チャプターワッペン】

1月12日土曜日の朝、気温は6℃。亀戸で今冬の初雪がチラホラと舞い散るのを見た。
この週末は3連休、ハーレーダビッドソン亀戸が午前10時に、開店早々、ハーレー整備完成車輌の受渡しのお客様が立て続けにいらっしゃった。さっそくツーリングへ出かけるようだ。

【東東京チャプター・2018活動報告書】

バイクに乗らない人から見れば、寒いのに…と思われるだろうが、何事も好きが高じれば季節に関わりなく愉しむものである。返って猛暑の真夏よりも冬場の方が乗りやすい。

【チャプターツーリングから】

そんなハーレーダビッドソンを一年中、鉄馬で駆けて愉しんだ記録と計画が満載の「東東京チャプター・2018活動報告書」を、2019年へ更新されたメンバーさんと新規入会の方へ配布。

この活動報告書には、今年度のツーリング計画も掲載、昨年の12月15日に開催された「東東京チャプター望年会」に参加したメンバーへ配布が始まった。
【HOGワッペン】

東東京チャプターのツーリング参加はメンバーシップ、まり会員限定である。ハーレーダビッドソン亀戸が運営するクラブであることからメンバー全員が亀戸店のお客様。

ニューオーナーツーリングで千鳥編成走行を会得、80名を超えるオフィシャルイベントとなるチャプターツーリングのマナーとルールを知るメンバーばかり。またハーレーダビッドソン亀戸は車輌販売のアフターサービスの一環としてツーリングの機会を提供しているもの。

2019・新年あけましておめでとうございます!(^^)!

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

ハーレーダビッドソンを通して豊かなるモーターサイクルライフへ貢献したい。
ツーリングに集いハーレーオーナーであることを分かち合う歓び。またアフターサービスを通して愛車をきめ細かに見守って参ります。

本年もごハーレーダビッドソン亀戸の愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【2018新春ツーリングから】

ハーレーダビッドソンを持つことで広がる同じオーナー同士の輪。他のどんな銘柄の二輪車よりも、またどのお店よりも、より高いものと自負しております。

年間を通して主催するオフィシャルツーリングは12回。さらに、車輌購入されたばかりの「ニューオーナーツーリング」を含みますと参加者は延べ1000名に達します。

ハーレーダビッドソンの販売と共に、安全で楽しいツーリングなど愉しむ機会も添えてお届けする。この姿勢を営業スタンスとしています。

【2018・アメリカ大西部ツーリングから】

2年に一度、アメリカ大西部ツーリングを実施。ハーレーライダーであれば、本国アメリカ大陸を、またルート66を駆けてみたいと思うはず。この実現に向けて次回は、2020年5月末出発を東東京チャプター・クラブメンバーより優先的にお誘いする計画をしています。

【お一人おひとりのニーズに添った対面販売】

すべての車輌販売は、ご来店を頂きましたお客様の要望をお聞きする対面販売がハーレーダビッドソン亀戸です。
購入後の楽しみ方や、趣向に合ったカスタマイズなど、その後のアフターサービスの大切さを購入時からしっかりご説明させていただきます。

購入から始まる、永いハーレーオーナーライフ。もっとも大切なアフターサービス。車輌購入先以外へは、大手を振っては行きにくいもの。ハーレーオーナーならば正々堂々、購入店へ整備の依頼をしましょう。

【ニューオーナーが最も多い亀戸店】

大型二輪免許取得して、最初のバイクがハーレーダビッドソン。意外に多いのです!(^^)!…そんなエントリーユーザーのために、春・夏・秋の年間3回の「ニューオーナーツーリング」を開催。毎回15名限定のスキルアップイベントへは、ご主人様が奥様のサポーターとしても参加され総勢30名を超えるマスツーリングになっています。

【ハーレーダビッドソン亀戸サービス工場】

ハーレーダビッドソンは車検対応車輌。そのオーナーは1年に1度「12ヶ月定期点検」が義務付けられている。

例えば、ブレーキや車輪などの足回りは重要点検項目として、国家資格の整備士よる作業が法律により定められています。

ハーレーダビッドソン亀戸は国家資格整備士は6名在籍して業務にあたっています。

【ハーレーダビッドソンを愉しむ】

走る歓びのためのハーレー!  ハーレーダビッドソン亀戸にてお求めされたお客様、すなわちハーレーオーナーに通勤など手段で買い求めた方は一人たりともいらっしゃらない。

今年のチャプターツーリングは1月3日開催の「初詣ツーリング」。そして、オフィシャルツーリングは1月20日「新春ツーリングin観音崎」と続いて行きます。

ビジター参加として3度までチャプターツーリングへ参加できますので車輌お求めの方、ぜひエントリーを。
「新春ツーリングin観音崎」は、1月13日(日)午後5時に締め切りです。

亀戸のハーレー仲間が集った「2018望年会」(^^♪

亀戸のハーレー仲間が集った「2018望年会」(^^♪

来年も「出会い・集い・走る」この3つの活動のもと、ハーレーダビッドソンを介して、ワクワクする走りへの希望と、交通安全の願いを心に集う。

1986年から「望年会」の歴史は始まる。今年も80名で盛り上がりました~(^^♪

【2018望年会はアンフェリシオンで開催】

ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局に展開する「ハーレーオーナーグループ・東東京チャプター」の年次総会と望年会を開催。

2018年の活動報告と、望む「2019年ツーリングプラン」を発表!

【オシャレして望年会場へメンバーが続々と】

ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入のご縁から、主催ツーリングへ参加して出会い、先輩や同期のハーレーオーナーとしての出会い。

それは誰もが通る「ハーレーワールドへの最初の一歩」。

ハーレーだけが持つ仲間意識の高揚が、知らず知らずのうち、ツーリングへ参加するたびに強くなっていった。

オートバイは独りで乗るけれど、チャプターはひとりじゃない、こんなに愉快で楽しい仲間がいる。もうひとりじゃないよ(*^^)v

【ハーレーダビッドソン亀戸・望年会】

この日ばかりは、愛馬のハーレーダビッドソンは車庫へ置き、メンバーもチャプター役員もオシャレして望年会場へ。役員全員で協力しあい設営した望年会場もバッチリ完了。チャプター総会から望年会への進行がスクリーンに写りだされる。

【2016年よりアンフェリシオン披露宴会場での望年会】

チャプター役員・大橋エディターの撮影・編集による映像は、望年会場に居るチャプターメンバーは熱い感動に包まれた。映像をぜひご覧ください。(Facebook画像)
2018東東京チャプターツーリング
【感動のチャプター総会・望年会ビデオプロローグ】

2019・亀戸のハーレー乗りの集い日程!

12月1日に開催した本年最終のチャプター役員会では、「2019年・ツーリング&イベント計画」を決定(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するニューオーナーツーリングなどで出会い、チャプターツーリングメンバーとして参加。

趣味を共に分かち合うハーレーオーナー137名の組織に育った。

【ツーリング集合の朝】

12月15日(土)に開催する「東東京チャプター総会」に於いてこの計画を発表。今年の活動報告と共に、2019年のツーリング計画発表。
この後、望年会・クリスマスパーティーへと続いていきます。

ぜひ、ハーレーダビッドソンモータークローズを着て参加頂くと嬉しいです。

【ツーリング集合で誘導のロードキャプテン打合せ】

今年開催した「春の黒潮グルメツーリングin日本平」が、最大のエントリー92名。8チームに編成して進行、この途中の休憩などの誘導も、ロードキャプテンやサポートメンバーによって進行。

オフィシャルツーリングは、開催日前に郵送する「ツーリング最終案内」には、集合場所や時間を参加申込された方へお知らせしています。

ずっと以前、その集合場所へ参加者の友人など無関係な方がやってきたりして小さな混乱があった。その部外者が昼食会場へも付いてきて困惑したものです。それ以来、事前に集合場所や時間を、参加者以外には漏らさないことや、ホームページ等ではツーリングコースを非公開としています。

【山澤ロードキャプテンの誘導は定評です】

参加者であるハーレーオーナーのライディング経験や、走りクセなどをある程度踏まえ、8名~10名のチーム編成している。
このチーム編成には、前出の最終案内でお知らせ。チーム区分のカラーリボンを同封、ツーリング当日には集合場所へ着いた時から、同じチームが揃うように事前準備している。

【サービスエリアでの休憩】

すべてのツーリングは、集合場所から解散場所までの走行距離を調べて、車種区分毎に給油場所も「チーム単位で指定」している。メンバーはそのチームに沿って給油。基本は集合場所に到着前にガソリン満タンがマナーであり、可能なら前夜に満タンしておきたいものだ。

【高速道路は走行車線を主に千鳥編成で駆ける】

チーム10名で高速道路を走行していると、追い越しによる車線変更でヒヤリとする事象が少なくありません。

前を走るのライダーについて行こうと、後方から迫るクルマの安全確認をしないまま車線変更するメンバーが毎回見られる。

各自が追い越し車線へ移動、また走行車種区分へ戻るタイミングでは「車間距離」に心がけたいものです。

【快晴のツーリングデーを願って】

ツーリングプランは開催から短くても30日前に立てる。その日が「晴れ」を前提条件だが、前日の天気予報に東京の降水確率が50%となると中止としています。

1998年のスタート以来、9月のツーリングを開催決定したが、集合場所で中止・解散となったのは創設以来初めてのこと。

極地的な線状豪雨という特異な天気に今回やられてしまったが、前日の予報とは違い、天気が急変することは、今後も起きると想定しておきたい。お天気ばかりはどうしようもないが、ツーリング中断を今後は避け、集合から解散まで一貫したい。

この9月のツーリングも解散後は、希望者20名により当初の目的地を目指し、雨には遭わずに栃木・黒羽を周遊して帰京できたのである。

【大いにツーリングを楽しもう】

2019年ツーリングプラン…日程の無いものは30日前に目的地と共にホームページ、マイナーツーリングはチャプターノートに記載されます。

1月3日 初詣マイナーツーリングin鹿島神宮

1月20日(日)新春オフィシャルツーリングin三浦半島

2月    早春マイナーツーリングin南房総

3月24日(日)春のオフィシャル・グルメツーリング

4月    マイナーツーリング

5月    HOG・ブルースカイヘブン

6月    マイナーツーリング

7月7日(日)サマーツーリング

8月    マイナーツーリング

9月8日(日)初秋ツーリング

10月5日・6日 秋の温泉BIGツーリング

11月    マイナーツーリング

12月14日(土)チャプター総会・望年会

「チャプター望年会」前に振り今年を返って!

今日から12月、師走の候でございます。

12月が締め括りとなる年の瀬とあって、本年のチャプター活動を振り返り、次年度の活動へ望んでいく。

我らハーレーを介して集う「東東京チャプター」は「出会い・集い・走る」の活動方針としている。

今年、ハーレーを購入して戴きチャプターメンバーになった新入会員は20名。19年以上メンバーとして在籍の更新メンバーを合わせ、総勢137名で2018年度を締める。

ハーレー亀戸で車両購入のご縁で、東東京チャプターへ入会して、一緒にツーリングを楽しもうと集う団体だ。

来る15日(土)は、恒例開催となった「2018・チャプター望年会&年次総会」をアンフェリシオンで開催。
日頃のハーレー乗りスタイルから一変して、ちょっぴりとオシャレして望年会へエントリー(^^♪…参加絶賛発売中~1名/6800円!参加申込お待ちしております。

【2016望年会から撮影準備のひとこま】

趣味を同じくする者同士、集まり分かち合うとその楽しみは増大する。同じハーレーブランドを遊び道具として所有、同じ目的地に向かうツーリングで風をうけて駆ける。
東東京チャプターは、ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局、新たにハーレーを持った仲間が出会い、その時を共有する。

愛車ハーレーのメンテナンスも、キチンと当店で実施のメンバーさんは多い。そのバイクの99%は故障知らずで終えたシーズンだった。

年間6回(1月、3月、5月、7月、9月、10月)をハーレーダビッドソン亀戸の主催を「オフィシャルツーリング」とし、これにフルエントリーすると「皆金賞」となる。これをチャプター総会・望年会にて発表し、当店より記念品を贈呈。

集まりに新入会員もいれば去る人もいる。その交流作用によって新しい団体としてのパワーも生まれて来る。

【2018・アメリカツーリングから】

6月13日、ラスベガスをスタートして1800Kmの「グランドサークル」をレンタルしたハーレーダビッドソンで1週間のロングツーリング。
今年は、9名ものャプターメンバーで駆けた。帰国後、また絶対に行きたいと、熱いリクエストを戴いた。

【グランドキャニオンにて】

ハーレーダビッドソンの生まれたアメリカ。その大地を5日間駆けると、「ハーレーが何故アメリカで生まれ115年の歴史を歩んできたのか」その回答が、カラダでつかめたような気分になる。

【2014・新春ツーリングから】

これまでの新春ツーリングでも、もっとも多くの参加を見るオフィシャルツーリングだ。参加数は同じように80名を超えるものの、メンバーは2割くらいは年毎に違ってきている。

「2019・新春ツーリングin観音崎」も、新たなメンバーとの出会いが今から楽しみでならない(^^♪

【2011・新春ツーリングから】

どんなコトも「継続は力」となっていくもの。続けていくにはチカラが備わってないと途中で投げ出してしまう。石の上にも3年。ハーレーダビッドソンも買ったら3年間は乗らないとね(^^♪。

少し前のこと、「10年前にチャプターでした。次回のツーリングに参加したい」と趣旨で電話があった。車両は1980年代のハーレー・ショベルヘッドエンジンに乗り換えたとのことだが、基本的なメンバー入会規約第一条である「ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入し所有する方」から外れているため参加をご遠慮頂いた。

来る2019年の新春ツーリングは「三浦半島」が目的地だ。集合場所となる横浜・大黒ふ頭PAは8年振り。

2019年オフィシャルツーリングのエントリーの皆金賞は、ここから始まる。

愛車自慢はメンテナンスも万全を期す!

一年の計は新春ツーリングにあり(^^♪…ハーレーダビッドソ亀戸のオフィシャルツーリングは年間6回。その6回のうちもっと参加者が多いのが毎年恒例の「新春ツーリング」だ。

今年の「千葉・御宿」は90台/92名、一昨年「銚子港」は99台/105名。来る2019年の「新春ツーリングin観音崎」には、ハーレーダビッドソン100台を目標にしたい(^^ゞ

【2018新春ツーリングin御宿・長狭街道】

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングクラブ「HOG東東京チャプター」には、2018年11月15日現在140名が在籍。
これまでの新春ツーリングには、そのうちメンバーは90名、本年に車輛購入したニューオーナー10名のビジター参加だ。

新車購入すると「HOGメンバー」として1年間会費は無償となり、チャプター入会の資格を持つ。1年後の更新はHOGジャパンへ年会費1万円を振込みにより完了。メンバーはそれぞれ車輛購入時期が異なるのでHOGメンバーズカード期限も違ってくる。東東京チャプターは12月15日総会が年度末区切りとして、新年1月1日より年度スタート。

【2018新春ツーリングin御宿・長狭街道】

毎回、新春ツーリングには実際の参加数よりも2名~5名申込時点では多い。しかし、ツーリング本番の朝、バッテリー上がりや、ご本人が風邪をこじらせ参加出来ないのだ。新品バッテリーも3年目の冬を越せない。

つまり寿命をむかえる。日頃より乗っていない、充電器につないでいない、またハーレーダビッドソン亀戸へ点検整備を1年以上出していない等、そんな方にこの現象が多く見られます。

気になるハーレーオーナーさんは、点検整備を事前予約しておいてくださいね。

【御宿・白鳥丸にて】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入のご縁を頂きましたお客様をお誘いしてツーリングを分かち合う。
お求め頂いたハーレーを愉しむ機会の提供、またアフターサービスの一環として開催しています。

【ハーレーダビッドソン亀戸サービス工場】

ハーレーダビッドソンは、車検を2年毎に受けながら乗り続ける自動二輪車である。アメリカ製で唯一115年の歴史とキングオブハイウェイの名実ともに世界無二のブランド。

誇り高きハーレーダビッドソンには、それに相応しい的確な整備が施され、永く安全運転の素養を持つライダーがそのオーナーとなる。ハーレーを持つ真の自慢はメンテナンスの万全を誇る。

羨望の最上級CVOモデルをオーナーへ!(^^)!

2019ハーレーダビッドソン・ロードグライドCVOは、これまで以上に羨望の眼差しが注がれ、既存のハーレーオーナーより視線を釘付けにしています。

世界無二の排気量1923㏄のV型空冷・ミルウォーキーエイト117エンジン搭載。

11月8日(イイ~ハーレーの日)…待望の納車。

いよいよ、その日がやって来た。予約を戴いたのは8月25日。

アメリカ・サンディエゴで開催の「ハーレーダビッドソン・ワールドディラーミーティング/2019新車発表会」直後だった。

【2019ハーレーダビッドソン・ロードグライドCVO】

亀戸のハーレーオーナーズグループ「東東京チャプター」のアシスタントディレクター・帯刀氏が云う…
「東から新たな朝陽があがるように我々の東東京チャプターは日本で一番輝くグループでありたい」…

このCVOのオーナーは東東京チャプターのメンバーであり、仲間たちからも一番に注目を注がれることだろう。

【首都トウキョウデビューCVO】

世界で販売されているハーレーダビッドソンの中でも、最上級ランクのCVOは、そのIT装備や独自のカスタムパーツを組込み熟練工によって仕上げた一台。

「ハーレーダビッドソンの感性の頂点」を手にする。そのオーナーは、並の域を超えた夢のハーレーライダーとなったのだ。

【ハーレーダビッドソン亀戸】

ハーレーダビッドソンの販売を通して、走る歓びの場を提案し、購入されたばかりの初心ライダーをスキルアップを目的とした「ニューオーナーツーリング」。

メンバーシップの「チャプターツーリング」は、年間12回/総走行距離5000kmを目標に、単にモノ売りに終わることなく、コトを通してハーレーライフを愉しんでいただくことを追求しています。