懐かしの秋の温泉ツーリング(^^)/

あっという間に5年の歳月が流れ、この信州へ秋の温泉ツーリングは2016年秋に開催したもの。
1986年の創業時から、秋の紅葉シーズンに一泊ツーリングを開催して、当店でオートバイを買ってくださったお客様へ、愛車で走る機会と、ツーリングを通して交流を行って来た。


【信州・女神湖にて】

2019年の秋の温泉ツーリングでは、志賀高原・湯田中温泉「よろずや」へ。以降、2020年、2021年とコロナで休止とせざるを得ず、創業以来33年間続いていた「ハーレーダビッドソン亀戸主催 秋の温泉ツーリング」は武漢ウィルスによるコロナ感染拡大によって途絶えた。


【薬師平温泉で宿泊】

コロナによる集うことが出来ない影響は、社会的な損失は大きいものがある。中国・武漢から感染が始まったコロナウィルスによる損失は地球規模となってしまった。


【霧ヶ峰を越えて】

コロナワクチン接種が進み、来店されるお客様から「2回目が終わった」とのお話を聞くことが多くなった。かつての重篤化が避けられると安心感も広がっている。今後の状況を見ながら、マス・ツーリング計画を検討していきたい。


【ビーナスラインから白樺湖へ】


【山梨へ向かって】


【中央道から一路帰京へ】

ハーレーライダーイベント「Harley Month」を箱根で開催!

ハーレーダビッドソンジャパンは、2021年7月1日(木)~31日(土)までの期間、バイカーズパラダイス南箱根(静岡県田方郡)で、同社初となる常設型ライダーイベント「Harley Month(ハーレー・マンス)」を開催。

このイベントは本年度の開催が延期となった「BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン)2021」の代替イベントとなっている。


【ライダー集いの場へ】

平日に来場された方への特典として、アンケート回答でバイカーズパラダイス南箱根を利用する際に必要となるゲートコスト(500円)が無料となるサービスが提供される(H.O.G.会員はカード持参で一律無料)。

ハーレー初の常設型ライダーイベント「Harley Month」を箱根で開催/延期のBLUE SKY HEAVENに代わり、新しい様式に適うライダー集いの場へ。


【いちどに、まとめてからいつでも分散して】

このイベントは、最大10,000台規模のモーターサイクルが日本全国から集結する日本最大級のライダース・イベント「BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン)2021」の代替として開催するものであり、「いちどに、まとめて」集う形式から「いつでも、分散して」楽しむ新しい様式に適したライダーイベントとして実施するものです。

7月の約1カ月間にわたり、ライダーの「聖地」のひとつでもある富士・箱根エリアを舞台に、期間中の毎週末に参加型の催しを行うのに加え、ハーレーダビッドソン2021年モデルの常設展示。

また分散来場を推進する背景から、平日ご来場のお客様はアンケートへの協力でGate Cost(バイカーズパラダイスの施設運営協力費)が無料となる特典も付帯します。

屋外で密を回避できる旅の手段としても注目の高まるモーターサイクルの自由さ・楽しさを、当社はリーディングカンパニーの一つとして、今後も継続して発信してまいります。皆様のご来場を箱根でお待ちしています。


【バイカーズパラダイス南箱根】

■名称/Harley Month(ハーレー・マンス)
■主催/ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
■開催日時/2021年7月1日(木)~31日(土)
■会場/バイカーズパラダイス南箱根(静岡県田方郡函南町桑原1348-2)
■内容
(1)ハーレーの世界観を堪能できる「テーマデー・イベント(仮称)」
(2)ソフテイル、ツーリング、パン アメリカ 各ファミリーなど2021年モデルの展示
(3)平日 Gate Cost 無料の特典をアンケートに協力頂いたご来場のお客様にプレゼント(※期間中H.O.G.会員はカード持参で平日・休日問わずいつでも Gate Costを無料)
(4)期間中、特別限定コーヒーを販売
■Gate Cost/2輪、3輪500円(バイカーズパラダイスの施設運営協力費)
■備考/緊急事態宣言の発出などに応じて、開催内容の変更または中止となる場合があります。

お問い合わせ
ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL/0800-080-8080

新型コロナが終息したら行きたいツーリング‼

疾走する醍醐味を味わえる浅間 白根 志賀さわやか街道/R141で北軽井沢へ。
ペースをロードキャプテンがリードすれば初心者にも楽しい道だろう。コロナが終息したら走りたいツーリングロードだ。

【軽井沢からR141で浅間山へ】

【不動大橋を渡って】

旅行会社のアンケートによれば、夏の旅行先選びのトップ3には、「温泉」、「宿泊先でゆっくり過ごす」、「家族・友人と過ごす」がランクイン。「交通の便」、「ドライブ・ツーリング」への関心も高く、感染リスクを下げるために他者との接触を避けながら旅行したいとの意識は高いようだ。

【道の駅 八ッ場】

新型コロナウイルスの一刻も早い終息を祈りながら、ツーリング欲が日に日に高まる今日この頃だ。「この難局を乗りきり、お金がため、ハーレーのバッテリー上がりを防いでながら、絶対にロングツーリングしてやるぞ」という心持でその日を待ちたい。

【八ッ場ダムを見る】

2020年のツーリング計画は7回。この内実現できたのは1月開催の「新春ツーリング㏌南房総」だけとなり、その後はコロナ禍による休止を余儀なくされている。
何とか第2回を10月開催に向けて準備中である。

【2018・サマーツーリング㏌北軽井沢から】

外出自粛要請が全国で解除され、県を跨いでの車両の行き来がますます活発化してきた。

小生も仕事柄、ハーレーに乗る機会はあるものの、それでも1ヶ月間乗らなければ運転感覚が鈍ってくるのを感じるものだ。
何らかの理由で1ケ月以上も間が空けば、確実に判断力は衰え身体的な反応はおぼつかなくなる。

【休憩は30分に一度とり水分補給を】

この先は気温もさらに上がって蒸し暑くなり、注意力も散漫になりがちだ。

ハーレー乗りにとってもアフター・コロナがやってくるこれからが、本当の正念場とも言えるだろう。くれぐれも自粛疲れの「うっぷん晴らし」で飛ばすのではなく、肩慣らし、いや全身慣らしのつもりで慎重にライディングペースを取り戻していってほしい。

夏休み前のハーレー納車が続きます!(^^)!

夏本番を迎えた8月、長かった梅雨も明けて夏空の下、ハーレーダビッドソンの納車お引き渡しがニューオーナーさんへ続きます。

思い思いの夢とロマンをハーレーダビッドソンをライディングして自由と風の中へ(^^)/


【XL1200NS/アイアン】

多くのニューオーナーさんから「これならチャンと足が着いて安心」と評価が多いXL1200NS/アイアン。幅広いファン層を持っている。


【FLSD/スポーツグライド】
ビッグツイン・ミルウォーキーエイトエンジンを搭載したスポーツグライドは、カウリングと左右のサイドボックスが標準装備され、かつ脱着式だからツーリングに応じてスタイルを自分で選べる。


【XL1200X/フォーティエイト】

新発売から6年を経過してもXL1200X/フォーティエイトの人気は衰えるどころか、今年は前年度を超える人気モデルだ。


【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

「思った以上の整備を心を込めてお届けする」という基本姿勢のもと、オーナー樣方にご満足いただけるようアフターサービスを提供し続けております。
長年培われた豊富な経験と、ハーレーダビッドソン・トレーニングを受講したメーカー登録テクニシャン達が、最新の技術と診断装置を駆使しながら1台1台のご利用状況に応じたケアで、お客様の大切なハーレーダビッドソンを最高のコンディションに保ちます。


【亀戸のツーリンググループ】

大型二輪免許取得された初めてハーレー購入から、何台と乗り続けたベテランライダーまで、多くハーレーオーナーの皆さまよりご紹介ご利用をいただいております。

亀戸のツーリンググループへ参加してハーレーでの走る歓びを分かち合いましょう(^^♪…ツーリングはアフターサービスの一環として開催しています。

ハーレー中古車をお値打ちにゲット!8月9日まで(*^^*)

今年も、中古車決算セールの夏がやってまいりました。
現在ストックしています全ての中古車を対象に、お求めに対して、購入支援5万円割引きや、オプション支援5万円クーポンをお選びいただけます。

またお持ちのバイクの下取査定アップ、お客様に応じたインセンティブを提案させていただきます。
ストックは、ホームページ⇒ショールーム⇒中古車を開いていただければご覧いただけます。


中古車センター

ハーレーダビッドソン亀戸の中古車はすべて下取車。
当店サービス工場での整備記録がキチンと残る完全整備車輌だけを、整備保障を付けて販売しております。
購入には低金利での長期オートローンも頭金1万円から利用いただけます。


【ハーレーダビッドソン亀戸だけのGO&GO決算キャンペーン】

スポーツスターからビッグツインモデルへのランクアップは、高価下取りにてサポートさせて頂きます。
また、愛車の「買取り」も、この機会が高くお引き取りさせてもらいます。

【ツーリングへご一緒に】

ハーレーダビッドソンを手にしたら、ツーリングを楽しまないことには、ハーレーオーナーの喜びへとつながりません。

そもそもハーレーは趣味で乗り、走る歓びを享受する遊び道具である。

その、同じ趣味を分かち合う「ハーレーオーナーズグループ・東東京チャプター」には、H-D亀戸で車輌購入をきっかけにした138名の、いわば「亀戸のお客様クラブ」の会員として在籍。

年がら年中、気の合うチーム単位や、当店主催ツーリングを愉しんでいるんです。
この夏、ハーレーオーナーとなって、亀戸からライダーデビューして、ツーリングを一緒に愉しみませんか(^^♪

ハーレーも12ヶ月・24ヶ月点検整備は法定点検!…/(^^)

新車を購入後、最初の3年目(36ヶ月)で迎える車検。その後は2年毎の車検になるのはご存知の通りですが、意外に知られていないのが「法定点検となる12ヶ月と24ヶ月点検整備」だ。

点検といえどもいくつもの種類があり、オーナーが目視等により点検を行う日常点検、法律で定められた定期点検がある。

代表的な点検は、車検と車検との間に行う「法定12ヶ月/1年点検」と、2回目以降の車検と同時期に行う「法定2年点検」である。
オーナーはこれら点検を実施し、車輌を適正で安全な状態で使用しなければならないという責任がある。

【法定2年点検】

=法定点検とは=
まず法定点検は、法律で定められていることを知っておこう。

ハーレーや車検対象の車輌を使う人は、道路運送車両法 第48条(定期点検整備)により点検を受ける義務が明記されている。
我々の持つ自家用車などの場合、法定点検には、1年ごとに行う12ヶ月点検と、2年ごとに行う24ヶ月点検がある。

点検内容は12ヶ月点検(1年点検)と24ヶ月点検(2年点検)では、それぞれ項目は経年変化や耐摩耗性など異なっている。

【ショールームのハーレーダビッドソン・スポーツスター】

そもそもあらゆる車輌は、工場で生産される段階から、ユーザーへ引渡された後、アフターケアーしながら使用する前提の車輌であることを知っておきたい。

なお、ハーレーダビッドソンでは初回点検と6ヶ月点検もあるが法定点検の対象外。これは新車からの初期摩耗等の経過を視る安全点検を目的としている。

【購入店とアフターサービスでのお付き合い】

=法定点検と車検の違い=
法定点検と車検は一見似ている印象を受けるが、整備内容や目的はかなり違うもの。
法定点検は、ハーレーダビッドソンが故障なく快適に走れるかどうか確認するものである。

車検は、保安基準(道路運送車両法に定められる規定で、自動車の構造,装置,乗車定員等)に適合しているかを管轄する国土交通省・陸運支局により検査するための制度。点検整備は行わない。
12ヶ月、24ヶ月に実施する法定点検がカナメであることを理解頂きたい。安全かつ快適に車を走らせるためには、車検だけでは不十分なのだ。

その車輌が、本来持つ快適な走行性能を維持するためにも、「法定点検」や日常の点検が大切になってくるのです。

【購入からのご縁で始まるアフターフォロー】

法定点検は義務とか責任?しないと罰則はあるのか?
法定点検は道路運送車両第48条(定期点検整備)により規定されている「義務」であること。
しかし、受けなかった場合でも罰則規定はない。
法定点検を受けないというのは、主に12ヶ月点検となり、通常、24ヶ月点検は車検と同時に行うためである。

【お客様を誘っての店主催ツーリング】

法定点検が法律に定められている背景には、ハーレーの保安基準を満たしていれば問題が指摘されないが、吸排気システムなどは車検だけではカバーしきれない。また、ブレーキパッド等の減り具合や経年や走行距離により本来の性能が発揮できるか、個々のハーレーの状態を点検・整備することができるからである。
これに密接な関係がメーカー保証も12ヶ月・24ヶ月点検を実施していることを前提にプランされている。

点検をしなかったことに起因する故障や不具合の発生の可能性もあるからだ。新車保証期間に正規ディーラーで点検を実施しないとメーカー保証を受けられないので注意してほしい。

すべての美味い素は水にあり(^^)/

信州をツーリングすると美味しい水に出会う。
そして、「戸隠そば」など信州の蕎麦が美味しいのは、この豊かな水がその素であることを改めて知る。

【大王わさび園・わさび農場。川、水車、カフェがある】

こんな説がある…生き残るためにカラクなったのです。
生物はすべて生き残るため、また子孫を残すためにいろんな工夫をする。ワサビはその方法として、根からほかの植物の生育を阻害する物質を出し、生き残る方法をとっている。 
その物質こそが、ワサビの辛味(アリルイソチアネート)である。 通常の環境では、確かにほかの植物との生存競争に勝つが、面白いことに自身のカラミ成分によって自家中毒を起こしてしまい、ワサビ自身も大きくなることができない。 それが野生のワサビだそうだ。

そこで根の周りのカラミ成分を、水を多く流すことによって流し去り自家中毒を起こさない環境を作り出し、ワサビを大きく育つようにしたのが、「わさび田」と云うわけである。
それにしても、辛さはわさびの命と云うが、まさにその通りだ。

【大わさび園】

自然の摂理や、モノの原点から道理を学ぶことが多々ある。ワサビからも教わった活き方(^^)/

【わさびの収穫】

【採りたてのわさび】

コロナ禍が明けたらツーリングと、ハーレーでの走る歓びを大いに楽しみたい。数か月間乗れなかったから最初の走り始めの1時間は慣れを取り戻すため、スピードを抑え緩熟運転と心がけて走ろう。

【信州が誘う真夏のツーリング】