2019・亀戸のハーレー乗りの集い日程!

12月1日に開催した本年最終のチャプター役員会では、「2019年・ツーリング&イベント計画」を決定(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するニューオーナーツーリングなどで出会い、チャプターツーリングメンバーとして参加。

趣味を共に分かち合うハーレーオーナー137名の組織に育った。

【ツーリング集合の朝】

12月15日(土)に開催する「東東京チャプター総会」に於いてこの計画を発表。今年の活動報告と共に、2019年のツーリング計画発表。
この後、望年会・クリスマスパーティーへと続いていきます。

ぜひ、ハーレーダビッドソンモータークローズを着て参加頂くと嬉しいです。

【ツーリング集合で誘導のロードキャプテン打合せ】

今年開催した「春の黒潮グルメツーリングin日本平」が、最大のエントリー92名。8チームに編成して進行、この途中の休憩などの誘導も、ロードキャプテンやサポートメンバーによって進行。

オフィシャルツーリングは、開催日前に郵送する「ツーリング最終案内」には、集合場所や時間を参加申込された方へお知らせしています。

ずっと以前、その集合場所へ参加者の友人など無関係な方がやってきたりして小さな混乱があった。その部外者が昼食会場へも付いてきて困惑したものです。それ以来、事前に集合場所や時間を、参加者以外には漏らさないことや、ホームページ等ではツーリングコースを非公開としています。

【山澤ロードキャプテンの誘導は定評です】

参加者であるハーレーオーナーのライディング経験や、走りクセなどをある程度踏まえ、8名~10名のチーム編成している。
このチーム編成には、前出の最終案内でお知らせ。チーム区分のカラーリボンを同封、ツーリング当日には集合場所へ着いた時から、同じチームが揃うように事前準備している。

【サービスエリアでの休憩】

すべてのツーリングは、集合場所から解散場所までの走行距離を調べて、車種区分毎に給油場所も「チーム単位で指定」している。メンバーはそのチームに沿って給油。基本は集合場所に到着前にガソリン満タンがマナーであり、可能なら前夜に満タンしておきたいものだ。

【高速道路は走行車線を主に千鳥編成で駆ける】

チーム10名で高速道路を走行していると、追い越しによる車線変更でヒヤリとする事象が少なくありません。

前を走るのライダーについて行こうと、後方から迫るクルマの安全確認をしないまま車線変更するメンバーが毎回見られる。

各自が追い越し車線へ移動、また走行車種区分へ戻るタイミングでは「車間距離」に心がけたいものです。

【快晴のツーリングデーを願って】

ツーリングプランは開催から短くても30日前に立てる。その日が「晴れ」を前提条件だが、前日の天気予報に東京の降水確率が50%となると中止としています。

1998年のスタート以来、9月のツーリングを開催決定したが、集合場所で中止・解散となったのは創設以来初めてのこと。

極地的な線状豪雨という特異な天気に今回やられてしまったが、前日の予報とは違い、天気が急変することは、今後も起きると想定しておきたい。お天気ばかりはどうしようもないが、ツーリング中断を今後は避け、集合から解散まで一貫したい。

この9月のツーリングも解散後は、希望者20名により当初の目的地を目指し、雨には遭わずに栃木・黒羽を周遊して帰京できたのである。

【大いにツーリングを楽しもう】

2019年ツーリングプラン…日程の無いものは30日前に目的地と共にホームページ、マイナーツーリングはチャプターノートに記載されます。

1月3日 初詣マイナーツーリングin鹿島神宮

1月20日(日)新春オフィシャルツーリングin三浦半島

2月    早春マイナーツーリングin南房総

3月24日(日)春のオフィシャル・グルメツーリング

4月    マイナーツーリング

5月    HOG・ブルースカイヘブン

6月    マイナーツーリング

7月7日(日)サマーツーリング

8月    マイナーツーリング

9月8日(日)初秋ツーリング

10月5日・6日 秋の温泉BIGツーリング

11月    マイナーツーリング

12月14日(土)チャプター総会・望年会

「チャプター望年会」前に振り今年を返って!

今日から12月、師走の候でございます。

12月が締め括りとなる年の瀬とあって、本年のチャプター活動を振り返り、次年度の活動へ望んでいく。

我らハーレーを介して集う「東東京チャプター」は「出会い・集い・走る」の活動方針としている。

今年、ハーレーを購入して戴きチャプターメンバーになった新入会員は20名。19年以上メンバーとして在籍の更新メンバーを合わせ、総勢137名で2018年度を締める。

ハーレー亀戸で車両購入のご縁で、東東京チャプターへ入会して、一緒にツーリングを楽しもうと集う団体だ。

来る15日(土)は、恒例開催となった「2018・チャプター望年会&年次総会」をアンフェリシオンで開催。
日頃のハーレー乗りスタイルから一変して、ちょっぴりとオシャレして望年会へエントリー(^^♪…参加絶賛発売中~1名/6800円!参加申込お待ちしております。

【2016望年会から撮影準備のひとこま】

趣味を同じくする者同士、集まり分かち合うとその楽しみは増大する。同じハーレーブランドを遊び道具として所有、同じ目的地に向かうツーリングで風をうけて駆ける。
東東京チャプターは、ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局、新たにハーレーを持った仲間が出会い、その時を共有する。

愛車ハーレーのメンテナンスも、キチンと当店で実施のメンバーさんは多い。そのバイクの99%は故障知らずで終えたシーズンだった。

年間6回(1月、3月、5月、7月、9月、10月)をハーレーダビッドソン亀戸の主催を「オフィシャルツーリング」とし、これにフルエントリーすると「皆金賞」となる。これをチャプター総会・望年会にて発表し、当店より記念品を贈呈。

集まりに新入会員もいれば去る人もいる。その交流作用によって新しい団体としてのパワーも生まれて来る。

【2018・アメリカツーリングから】

6月13日、ラスベガスをスタートして1800Kmの「グランドサークル」をレンタルしたハーレーダビッドソンで1週間のロングツーリング。
今年は、9名ものャプターメンバーで駆けた。帰国後、また絶対に行きたいと、熱いリクエストを戴いた。

【グランドキャニオンにて】

ハーレーダビッドソンの生まれたアメリカ。その大地を5日間駆けると、「ハーレーが何故アメリカで生まれ115年の歴史を歩んできたのか」その回答が、カラダでつかめたような気分になる。

【2014・新春ツーリングから】

これまでの新春ツーリングでも、もっとも多くの参加を見るオフィシャルツーリングだ。参加数は同じように80名を超えるものの、メンバーは2割くらいは年毎に違ってきている。

「2019・新春ツーリングin観音崎」も、新たなメンバーとの出会いが今から楽しみでならない(^^♪

【2011・新春ツーリングから】

どんなコトも「継続は力」となっていくもの。続けていくにはチカラが備わってないと途中で投げ出してしまう。石の上にも3年。ハーレーダビッドソンも買ったら3年間は乗らないとね(^^♪。

少し前のこと、「10年前にチャプターでした。次回のツーリングに参加したい」と趣旨で電話があった。車両は1980年代のハーレー・ショベルヘッドエンジンに乗り換えたとのことだが、基本的なメンバー入会規約第一条である「ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入し所有する方」から外れているため参加をご遠慮頂いた。

来る2019年の新春ツーリングは「三浦半島」が目的地だ。集合場所となる横浜・大黒ふ頭PAは8年振り。

2019年オフィシャルツーリングのエントリーの皆金賞は、ここから始まる。

愛車自慢はメンテナンスも万全を期す!

一年の計は新春ツーリングにあり(^^♪…ハーレーダビッドソ亀戸のオフィシャルツーリングは年間6回。その6回のうちもっと参加者が多いのが毎年恒例の「新春ツーリング」だ。

今年の「千葉・御宿」は90台/92名、一昨年「銚子港」は99台/105名。来る2019年の「新春ツーリングin観音崎」には、ハーレーダビッドソン100台を目標にしたい(^^ゞ

【2018新春ツーリングin御宿・長狭街道】

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングクラブ「HOG東東京チャプター」には、2018年11月15日現在140名が在籍。
これまでの新春ツーリングには、そのうちメンバーは90名、本年に車輛購入したニューオーナー10名のビジター参加だ。

新車購入すると「HOGメンバー」として1年間会費は無償となり、チャプター入会の資格を持つ。1年後の更新はHOGジャパンへ年会費1万円を振込みにより完了。メンバーはそれぞれ車輛購入時期が異なるのでHOGメンバーズカード期限も違ってくる。東東京チャプターは12月15日総会が年度末区切りとして、新年1月1日より年度スタート。

【2018新春ツーリングin御宿・長狭街道】

毎回、新春ツーリングには実際の参加数よりも2名~5名申込時点では多い。しかし、ツーリング本番の朝、バッテリー上がりや、ご本人が風邪をこじらせ参加出来ないのだ。新品バッテリーも3年目の冬を越せない。

つまり寿命をむかえる。日頃より乗っていない、充電器につないでいない、またハーレーダビッドソン亀戸へ点検整備を1年以上出していない等、そんな方にこの現象が多く見られます。

気になるハーレーオーナーさんは、点検整備を事前予約しておいてくださいね。

【御宿・白鳥丸にて】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入のご縁を頂きましたお客様をお誘いしてツーリングを分かち合う。
お求め頂いたハーレーを愉しむ機会の提供、またアフターサービスの一環として開催しています。

【ハーレーダビッドソン亀戸サービス工場】

ハーレーダビッドソンは、車検を2年毎に受けながら乗り続ける自動二輪車である。アメリカ製で唯一115年の歴史とキングオブハイウェイの名実ともに世界無二のブランド。

誇り高きハーレーダビッドソンには、それに相応しい的確な整備が施され、永く安全運転の素養を持つライダーがそのオーナーとなる。ハーレーを持つ真の自慢はメンテナンスの万全を誇る。

羨望の最上級CVOモデルをオーナーへ!(^^)!

2019ハーレーダビッドソン・ロードグライドCVOは、これまで以上に羨望の眼差しが注がれ、既存のハーレーオーナーより視線を釘付けにしています。

世界無二の排気量1923㏄のV型空冷・ミルウォーキーエイト117エンジン搭載。

11月8日(イイ~ハーレーの日)…待望の納車。

いよいよ、その日がやって来た。予約を戴いたのは8月25日。

アメリカ・サンディエゴで開催の「ハーレーダビッドソン・ワールドディラーミーティング/2019新車発表会」直後だった。

【2019ハーレーダビッドソン・ロードグライドCVO】

亀戸のハーレーオーナーズグループ「東東京チャプター」のアシスタントディレクター・帯刀氏が云う…
「東から新たな朝陽があがるように我々の東東京チャプターは日本で一番輝くグループでありたい」…

このCVOのオーナーは東東京チャプターのメンバーであり、仲間たちからも一番に注目を注がれることだろう。

【首都トウキョウデビューCVO】

世界で販売されているハーレーダビッドソンの中でも、最上級ランクのCVOは、そのIT装備や独自のカスタムパーツを組込み熟練工によって仕上げた一台。

「ハーレーダビッドソンの感性の頂点」を手にする。そのオーナーは、並の域を超えた夢のハーレーライダーとなったのだ。

【ハーレーダビッドソン亀戸】

ハーレーダビッドソンの販売を通して、走る歓びの場を提案し、購入されたばかりの初心ライダーをスキルアップを目的とした「ニューオーナーツーリング」。

メンバーシップの「チャプターツーリング」は、年間12回/総走行距離5000kmを目標に、単にモノ売りに終わることなく、コトを通してハーレーライフを愉しんでいただくことを追求しています。

2018・亀戸のオフィシャルツーリング完了!

あっという間に年間ツーリングスケジュール・全走行累計距離である5000kmが走破完了しました。

毎年、1月から始まるハーレーダビッドソン亀戸主催ツーリングは12回。当店企画主催:「オフィシャルチャプターツーリング」 チャプター役員企画主宰:「マイナーツーリング」。その全日程は、11月開催をもって完了する。

ハーレー亀戸にて車輛購入のご縁を戴いたお客様のツーリングクラブ…「東東京チャプター」には、138名のハーレーオーナーが集ってツーリングを分かち合っている

【千鳥編成で美しい隊列走行】

東東京チャプターの運営役員には事務局2名を入れて18名態勢。毎回、ツーリングをプランして、終えると定例役員会にて反省点を話し合い、次回のツーリングへ反映と改善していく。

オフィシャルツーリングの開催1週間前に参加を締め切り、50名~80名を超える現在では、1チームに8名~10名編成で、ライダー経験、車種、これまでの走り方を勘案し同じチームに編成。

【ツーリング前に必ず点検整備を実施しているメンバー車両】

12月総会を以て年度区切りとなる。次年度の会員更新には、有効期限内の「HOGカード」を提示頂き、確認のあと年会費3500円を事務局へ納金して会員更新完了。
(*…H.O.G会員期限切れの方はHOGジャパンへ1万円年会費を振込、更新完了のあと、HD亀戸にてチャプター2019年度更新)

【H.O.Gメンバーズカード】

2019年へ更新された会員より、東東京チャプターメンバーだけの「亀戸気質カード」を配布させていただきます。
新年より純正用品・部品の1年間有効の「20%OFF・チャプター会員特典」もスタート。

【亀戸気質カード】

日頃より、多くのチャプターメンバーの皆さまには、ツーリング前にオイル交換や点検整備や車検、またハーレーモータークローズなど、ハーレーダビッドソン亀戸のご利用ありがとうございます。

当店の主催するツーリングも、アフターサービスの一環でございますが、来る2019年より、チャプターメンバーには更にお得なご利用をいただけますよう「亀戸気質カード」をお持ち戴き、「お得なハーレーライフ」をご提案させていただきます。

【ツーリング休憩ではその土地のグルメも!(^^)!】

知らない町に立ち寄ると、行列のお店に会ったり、つい並んでB級グルメにありつけることもツーリングの楽しみ。

【チーム単位でスマートに高速道路へ進入】

チャプターツーリングでは1時間、または100kmに一度休憩をとる。80名が参加すると8チームとなり、最後のメンバーが到着してから20分の休憩。その出発時刻をチームリーダーであるロードキャプテンからメンバーに伝えられる。

【ガソリン補給もチーム単位で】

全員集合のグランドミーティングでは、「ツーリングプラン」にある休憩地点、チーム単位での給油地点を伝える。
他車がガス補給していると、つい自分もと連鎖するのが給油だが、80台が同じ場所のガソリンスタンドで給油し、清算までやると1台1分としても、それこそ長時間の無駄な待機となり非効率。チャプターツーリングではここをしっかり厳守したい。

【ETC装備は標準化へ】

ハーレーダビッドソンをお求め戴く方の80%はETC装備だ。東東京チャプターメンバーでは100%となっている。高速道路のゲートで一端停まり、財布なりクレジットカードを取り出し、それをまた受け取り仕舞うまで30秒はかたい。マスツーリングではETC装備車両はその間に、4km先を走行しているのだ。

【年に一度の温泉宿ツーリングへ】

温泉宿を訪ねるツーリングは、隔年で皇居を中心にして東側、西側と温泉地を探して目的地にしている。今年は西で下呂温泉へ。昨年は福島県・高湯温泉だった。

東東京チャプターでは、2019年度会員更新・新規加入を11月10日より、2019年度チャプター更新をハーレーダビッドソン亀戸にてお待ちしております。

①…2019年会費:¥3500(新年2019・ツーリング郵送案内、役員のツーリングコース下見に充てられます)

②…望年会・総会 参加費: ¥6800/1名(成人の同伴者1名まで可能です)

③…2019新春ツーリング参加費:¥3600 

*上記の合計金額は¥13900となります。

東東京チャプターメンバーの皆さまの「HOGカード更新」と共に、2019年度チャプター更新をよろしくお願いいたします。

秋旅 好い湯 下呂温泉ツーリング…②

①…に続く…岩村町でのランチライムの後は、下呂温泉まで約60kmを一般道での峠越え。中津川より遠望する山々の中腹以上は、もう紅葉が始まっている。

今年も、秋の温泉BIGツーリングへ初参加のニューオーナーが1名いた。なんと昨年の「秋のニューオーナーツーリング」ではファットボーイでエントリーしたO田原さん。この春にはツーリングモデル「FLTRSE/CVO」へランクアップ(^^♪…ロングツーリングで本領発揮だ。
【付知花街道を駆け抜けて】

午後3時を過ぎ、R257号をワインディングロードを駆け抜け全員無事に望川館へ到着。東京から片道400kmと走りに走った。青空の下呂温泉街が迎えてくれた。

【望川館から下呂温泉街を観る】

【亀戸のハーレーオーナー大宴会スタート】

秋の温泉ツーリングへ参加のメンバーには、お酒がめっぽう強い中央区在住の常連さんが目立つ(^^♪。その他の区の方が弱い訳でないが二次会、三次会の楽しみ方もハーレー並に「夜の達人」と呼ばれているほど巧い。(^^♪
【朝8時半全員集合の望川館前でSさん夫妻】

一泊ツーリングへ参加するSさんご夫妻、夏は北海道ツーリングの達人になる。

【中央道・岡谷ジャンクションから甲州路へ】

高速道路を安全運転に走るコツは、車間距離を十分に保って駆けること。もう一つは「急」を無くすこと。
例えば車線変更には、移動の3秒前からウィンカーを出し、前後の他車へサインを送ることだ。また走行車線から追い越しへの進路変更では、3つ以上の「センターライン・道路標示」をまたぐように走行すると、急な動きが無く、スマートな走行となるのだ。

観光バスを運転する友人から聞きそれ以来30年実行している。その友人は「観光バスの場合はセンターラインは5つをまたぐ」と云う。乗客には眠っている方もいるので「車線変更で頭を揺らさない運転」を心がけていると云う。

【談合坂SAで解散】

下呂温泉ツーリングでは往復800kmを駆けた。亀戸のハーレー乗り「東東京チャプター」の、ツーリングポリシーは「出会い・集い・走る」。

ハーレーを購入、そこから始める時間の方がお客様は圧倒的に付き合いが長くなる。その長い時間をいかに愉しくする提案し継続的に出来るか。そのことが当店の販売だけでなく愉しんで頂き、利用をいただけるか。このことが大切で使命だと思っています。東東京チャプター事務局である当店、その運営指針も同じく「出会い・集い・走る」…そして「再会」なのです。

「秋の温泉BIGツーリングin下呂温泉」①…②ツーリングレポートをお読みいただきありがとうございました。

ゆったりとバイクで走る歓びを!(^^)!

ご納車おめでとうございます!
大型二輪免許を取得されてから、ハーレーライダーまでの道のり、それなり大変だったことでしょう(^^♪…しかし、予想よりも早くこの日を迎えられました!(^^)!

【ニューオーナーのM・U田様】

ハーレーダビッドソンのVツインエンジン特性は、ゆったりと力強く乗りやすい。これは創業115年の伝統と技術によって培ってきた「乗り手がラクに長く走る」ことを念頭に設計されたもの。初心ライダーから往年のベテランライダーまで、扱いやすいと支持を戴いています。

【実技免除で早く免許取得】

2000年以降、ハーレーライダーの90%は「自動車教習所で実技免除」で大型二輪免許を取得。多くのお客様は提携教習所にて大型ライダーへ。
【亀戸のニューオーナーツーリング】

ハーレーダビッドソン亀戸にてお求めくださった皆さまに共通するのは「走ること」。亀戸店主催のツーリングに参加して出会い、ハーレーを通したお付き合い。

それまでに無かったような、親しくフレンドリーな交流は、他に見られません。

【亀戸店主催アメリカツーリング】

亀戸店のハーレーオーナーズクラブ「東東京チャプター」で育んできたマスツーリング走法は、アメリカツーリングでも活かされました。5日間のアメリカ大西部ツーリングでは、体力と運転技量と共に、何よりチームワークと協調性が、国内でのマスツーリング同様に大切になります。

【2018・アメリカツーリングから】

当店が主催するツーリングはアフターサービスの一環として、購入顧客情報を基にして「運転免許取得時期」・「ライダーキャリア」・「加入する任意保険」などと共に、ツーリングプランに沿った方をお誘いしています。

2年後の2020年は「アメリカツーリング」を計画。それまで国内でしっかり走って、チャレンジしましょう。