サマーツーリングin丸沼・奥日光へ!!

亀戸のハーレー乗り仲間・東東京チャプターが「2017・サマーツーリング」に77名が集う。

7月1日には創立20周年を迎え、浅草ビューホテルに於いて150名が参加して盛大な記念パーティを終えた。
東東京チャプターの3つの活動ポリシーは「出会い・集い・走る」。


【肩になびくUSバンダナはR/レンジャーチーム】

常に初参加者からの視点で、交差点、Y路での誘導に打ち合わせは欠かせない。交通事故の原因にはライダーの焦りから安全確認を怠りなどがある。ゆとりのあるツーリングに徹底して心掛けている。
 

【毎回70名超のメンバーを誘導するRチーム】

ハーレーの燃費は1リットル当たり15km~18kmとしてコースプラン。全行程の中でガソリン給油も車種毎に指定した場所で満タンにする。これ以外では給油しないことルールとしている。


【森林街道を駆け抜ける】

7月から9月のツーリングプランは高原ルートだ。事前にコース下見や全員の昼食を会してできる場所の予約もしてくる。


【昼食会場では事前に駐車場も予約】

ハーレーダビッドソン亀戸で車輛購入された方が100%の東東京チャプターメンバー、ショールームでの最初の出会いから、免許のこと、バイクの経験などをお聞きしながら、その方に合ったツーリングからお誘いする。

オフィシャルツーリングとなる今回のサマーツーリングへは、ニューオーナーツーリングから参加して、チーム走行マナーを体得した方々である。いよいよ明日はチャプターメンバーの檜舞台となるのだ。


【初心者チームから送り出す】

ハーレーを所有したが、乗る機会を作れないまま「車庫の置物」になっていると云うハーレーオーナーもいる。趣味性の高いハーレーは共通する趣味を持つ仲間が居て、誘い誘われて走る歓びを分かち合える。購入したハーレーで存分に駆けて愉しんで欲しい。アフターサービスの一環としてツーリングを年間12回主催する理由はそこにある。

さぁ~参加予定のメンバーの皆さま、明日は快晴です。ご案内の集合場所へ午前6:59分に(^.^)

東東京チャプター20周年&インデペンデンスパーティ(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸の開店から間もない1998年7月、亀戸のハーレー仲間の核となる「ハーレーオーナーズグループ・東東京チャプター」を設立。あれから20年間、ハーレーを介して友情を育んできた。

老いも若きもと言われますが「東東京チャプター創立20周年&インデペンデンスパーティ」には、最高齢の現役ライダーでありロードキングに乗る下澤さん89歳、ローライダーが愛車の鳥山さん25歳など、150名を超える大盛り上がりのハーレーライダーパーティとなりました。

インデペンデンスとは…からの独立, 自立, 自主を指す。


【東東京チャプターの皆様】

参加を頂きました東東京チャプターの現メンバーで9割、ご家族や友人もご一緒に総勢150名の大パーティへ。


【浅草カーニバルでもお馴染みサンバダンサーショー】


【サンバと共に会場のメンバーはダンスで盛り上がる】


【ハーレーフラッグで歓待のごあいさつ】


【ハートToハートのステージ】


【ハーレージャパンからもお祝いの来場】

想い出のチャプターツーリング・05(^^♪

1998年7月、ハーレーダビッドソン亀戸の開店と共に「東東京チャプター」は創設され、今年で20周年を迎える。

この20年を残っている写真で振り返ってみたい。これらのツーリングシーンは、2005年10月2日、もう12年前だ。


【帯刀アシスタントディレクター/副会長】

帯刀副会長はこの当時の愛車は、FXDX・ダイナスーパーグライド。早朝から北関東をぐるりと駆け巡り、午前中に浅草の自宅へ戻るという週末のツーリングを愉しんでいた。チャプター役員では、走りを楽しむ正統派ライダーだ。


【外房シーサイドラインの道の駅で】

昭和生まれの多い我が東東京チャプターメンバー。ハーレーダビッドソンに対する想いや、楽しみ方はオーナーそれぞれに違う。車種による特性もあるものの、走り方も大きく違い「ゆっくり・直線好き派」・「ハイペース・峠道派」と分けられる。

この時より、毎年100名を越す我がチャプター。オフィシャルツーリング開催では経験に合わせて10名チームで編成してきた。新入メンバーには「友達もハーレーを持っていてここのツーリングへ参加させてやりたいが」との相談を度々受ける。

誰によらず、亀戸店以外の部外者の参加のご遠慮を頂いてきた。その理由としては、当店にて購入者へアフターサービスの一環としてのイベントであること。


【懐かしいメンバーも】

下町に住んでいた頃は、チャプターとして一緒にツーリングを楽しんだ仲間も、転居などの事情で離れて行った。この当時の日帰りツーリングは、総走行距離では300km前後のプランで占めた。


【加藤健夫ディレクターを囲んで】

東東京チャプターには、これまで20年の間に3名のディレクター/会長に努めていただきました。1998年~2000年の初代は山嵜会長、2001年~2010年の10年間を加藤健夫会長。そして2011年~現代、宮本会長によりリードされている。一環して東東京チャプターの活動ポリシーは「出会い・集い・走る」。これは未来に亘って不変である。

カップルで楽しむハーレーダビッドソン(^^♪

奥様もハーレーライダーデビュー(*^^)v…ご主人様は、この春からハーレーダビッドソンのXL1200X・フォーティエイトでライダーデビュー。奥様はXL883L・スーパーローが愛車となりました(^^♪

ご夫妻で、あるいはカップルでハーレーを楽しまれるお2人様、ジワリと増えて来ました。


【江戸川区在住のY野さま】

ミユキさんの愛車、ハーレーダビッドソン/XL883L・スーパーローは、小柄な方でも足つきの好いローシート。ハーレーXLファミリーの中でも軽量小型だ。エンジンは883㏄ながらもハーレーならでのトルクフルな力強さ。車輌価格も¥1,198,000と国産バイクと同等のお値段。


【ご主人はハーレーダビッドソン/XL1200X・フォーティエイト】

車格が小ささから、実際にまたがってみての扱いやすさはツアラーなどビッグ・ツインの比ではない。車重にして50kgの違いは街中での乗り味にかなり影響する。

また車庫からの出し入れ、もしも立ちゴケにも1人起こせる。扱いやすさでレディースライダーに、XLファミリーのオーナーが多いのはこのせいもある。


【ご夫妻でハーレー(^^♪最早多数派へ】

転んだらバイクを引き起こせるのだろうか?…ハーレーに興味を持ち始め人の最初の不安はここのようだ。
200kgを超える重量の車体をバーベルのように持ち上げる訳ではないので、女性でもコツさえつかめば引き起こしは簡単なのだ。

当店で主催の初心者ライダー向け「ニューオーナーツーリング」、1日200kmのコース途中の休憩場所において、このレッスンとワンポイントアドバイスを行っている。


【今はタンデムでもきっとライダーに】

ハーレーダビッドソンのオーナーさんは100%趣味で購入される。スクーターと違い通勤手段の用途などほとんど聞かない。それだけに❝モノを手する❞だけでは、趣味としての進化が見られない。

ハーレーダビッドソンが世界に展開している「ハーレーオーナーズグループ/H.O.G」は正規ディラーで購入したハーレーオーナーが集うクラブだ。

正規ディラー単位で運営される支部「チャプター」。亀戸では、140名を超えるメンバーが在籍。ご夫妻では15組も多く、毎月ニューライダーの入会を大歓迎している。

【夏のニューオーナーツーリングでデビュー(^^♪】

気軽に、スポーティにカッコ好くハーレーに乗り回したい…購入後のアフターサービスの一環として多彩なツーリングを開催しています。最初の1台をぜひハーレーダビッドソン亀戸でお選びください(*^^)v

ハーレーオーナーへの一歩はお見積りから(^^♪

いつかはハーレーオーナーへ。

ハーレーダビッドソンで憧れのロングツーリング、同じハーレーを持ち趣味を通して出会った友との交流は愉しいもの。
初めての車輌購入には、機種の選定や予算など分からないこと、不明なこともある。“いきなり販売店に行ってもな~”と、二の足を踏まれる方は少なくないと思われます。

そこで、当店ホームページの「商談予約」をクリック。まずは第一歩を(^^♪…商談予約でじっくりと納得してから購入。


【亀戸のハーレー仲間と一緒にツーリング】

ハーレーを手にしたらツーリングに行くぞ~と…思っても、一緒に駆ける友達がいないと走る機会がない。
ハーレーダビッドソン亀戸では、購入後のアフターサービスの一環として年間15回のツーリングを開催。

初心者向けのツーリングから、ベテランまでのプランを用意してお誘いします。


【亀戸ショールームでマシンからラィディングウェアまで】


【東東京チャプターへ入会できる】

年間3500円・チャプターワッペン&HOGワッペンを購入(約8000円)して晴れてメンバーへ。


【20代から60代とチャプターメンバーは幅広い】

ハーレー仲間が集う創立20周年記念パーティへ!

亀戸のハーレー仲間・HOG東東京チャプターは、1998年7月創立しました。

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングで出逢い、一緒に走り、たまには気の合う仲間で集ってハーレーをネタにお酒を酌み交わし友情を育んで来ました。


【チャプターツーリングから】

毎回70名を超えるチャプターツーリング。みんなを安全に、楽しい走りにするため下見やコースプランしたり、初参加者をサポートをして来たチャプター役員の方々には、多くの貢献を頂いた20年でもあります。

20年目を迎えた本年、「オフィシャルツーリングでは100名のライダー参加」を目指したいと思ってます。2017・新春ツーリングではタンデムを含め103名となりました。


【浅草ビューホテル・ここ飛翔の間にて開催】

ハーレー仲間が集う創立20周年記念パーティも同様に、100名突破を目指しております。

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輛をお求めのニューライダー、またチャプターへ興味をお持ちの方など、ぜひ参加ください。


【浅草ビューホテル】

浅草ビューホテルのディナーコース料理やバンド演奏、チャプターメンバーの落語家も友情出演します。


【新春ツーリングから】

7月1日(土)午後7時より「浅草ビューホテル・飛翔の間」に於いて東東京チャプター・創立20周年記念パーティを開催致します。
参加の申し込みはパーティ参加費お一人様1万円。

ハーレーダビッドソン亀戸へご来店頂き6月18日(日)までにお申込みください。参加費を以て参加確定とさせていただきます。

亀戸のハーレー仲間で松本城へ!(^^)!

早朝から快晴に恵まれた。それは中央道の場合、渋滞は同時に早朝から始まることはこれまでのツーリングから予想できていた。

6月4日(日)開催の「マイナーツーリングin松本城」へ参加した東東京チャプターメンバーは23名。

中央道・談合坂SAに7時半、快晴のもと全員集合。


【松本城へ…冨士山が僕らを見守ってくれた】

早目に到着メンバーからガソリン満タン。全体ミーティングのあと、3チーム編成で松本城へ向かう。

マイナーツーリングは、チャプター役員が交代して隔月のプラン。昼食予約は現地で自由とするスタイルもありなのだ。


【松本城を目指して】

10時、松本城したら午後1時までお城の観覧とランチタイムを自由にとるプラン。


【八ヶ岳を観ながら快適ツーリング】

マイナーツーリングと云えども、参加は亀戸・東東京チャプターメンバーに限られ、全員が愛車のハーレーダビッドソンで駆ける。


【お殿様と一緒に】

松本城のお堀を巡るとお殿様と出逢う。みんなで一緒に記念写真。

【忍者と一緒に】

もう少し歩くと今度は忍者と逢った(*^^)v…お忍びボーズでチャプターメンバーと一緒にパチリ。


【五兵衛の十割そば】

松本市には、そば屋が多い。「五兵衛」のその中でも老舗のお店。お昼時だったので満席となり、みんなのそばがテーブルに来たのは、すでに1時間が経っていた(*_*;。


【シンプルなメニュー】

今回の「マイナーツーリングin松本城」は、79歳にしてハーレーダビッドソン・ロードキングで走る吉田喜一郎さんの希望を叶えようと、チャプター役員である大原ロードスターキャプテンの引率で駆けた。

元気の年配者は少ないないが、奥様をタンデムして信州・松本市と東京、650kmを駆けるパワフルな体力は年齢を感じさせない!(^^)!。

【吉田ご夫妻】