ローライダーに決めたっ!…(*^^)v

初めてのハーレーダビッドソン!…最初の購入の際、その車種選択には悩むことだろう。また誰しもが通る過程でもある。

大型二輪免許取得からライセンスを手にするまで、約1ヶ月間。そしてハーレーダビッドソン亀戸へ来店されいろんなモデルを実際に見て、またいで、最後はローライダーに決定! 

今回紹介するのはS・正樹さんは先輩ライダーがそばにいてアドバイスがあったからこそいち早く車種選定ができたおひとりだ。

【息子さんとNEWローライダーS・正樹さん】

世界的にも有名なハーレーダビッドソン。その伝統と歴史はアメリカ・ミルウォーキーに創業して115年。日本のホンダ・ヤマハなどの二輪メーカーでもまだ創業から70年に満たない。それだけ永く愛されてきた理由がある。決してパワーでも最高速でもなく、馬で旅をするかのようなゆったりした乗ってる感、そして、Vツインエンジンが奏でるエキゾーストサウンドと鼓動感だ。

【ローライダーオーナーの清水さん】

亀戸のお客様では、2018・NEWローライダーのオーナーさんは、50歳~70歳の方々で8割を占める。その理由はそれまでのローライダーと比較して、17%の軽量化による扱いやすさであろう。車庫からの出し入れ、ツーリング時に於ける道の駅などで、バックや車移動にこの扱いやすさが活かされる。

【ローライダーでは一番のりのM宮さん】

また新しくなったリヤサスペンションは高速道やワィンディングでは路面追従性が高く、「俺ってカーブこんなに巧かったかな~」と錯覚を起こすくらいコーナーリングでの安定感が好い。

【ローライダーになって走りが大陸的になったA井さん】

XL1200カスタムを6年間乗り、この1月からNEWローライダーへランクアップ。ライディングも次なるコーナーの出口に視点が行く余裕。

そのA井さん、ご本人からのメッセージを紹介すると…「スポーツスターは最初の2年間で慣れる。そこから先はローライダーにしないとね~」ローライダーの大ファンとなって、ツーリング仲間へ絶賛している。

【亀戸チャプターツーリング・集合から】

ハーレーオーナーとなったら亀戸のツーリング仲間「東東京チャプター」はHD亀戸のカスタマークラブであり、ツーリングはメンバーシップスタイルだ。所属するメンバーが、各自の役割を果たすことで全体の安全なツーリングに貢献すること。

具体的には、レンジャーチーム(R)は誘導と云う仕事を確実に遂行する、他のメンバーはその指示に協力。チャプターがうまく機能するにはメンバーシップの発揮が欠かせない。

入会すると、人生を変えるほどの愉しみがグンと広がる。

在籍する150名のメンバーは、車輌購入から1年以内の方から、女性ライダーも18名、もちろん20年のキャリアをライダーと、チャプター役員が運営の中心を成す。

彼ら先輩たちから、ハーレーオーナーとしてのメンテナンス、やマスツーリングのマナーなど、いろいろな体験を語り継いでくれる。我ら東東京チャプターのポリシー「出会い・集い・走る」に沿って、新たな仲間を誘っています。以上の理由から、何人であれ、お客様以外の参加を遠慮いただいています。

スポーツスターと多く出会うニューライダー(^^♪

ハーレーダビッドソンの中でも、スポーツスターをお求めいただくお客様は、大型二輪免許取得されて1年以内の方が半分以上を占める。

ハーレーに求めたのは、スピードでも、ハイパワーでもなく、自分のペースに合せたゆったりとした走りだろう。

創業115周年を迎えたハーレーダビッドソン。その歴史は、馬が駆けるように重低音のエキゾーストサウンドがそれを物語る。

空冷Vツインエンジンは、5500rpmからレッドゾーンに達する。しかし、それが低中速で発揮する図太いトルクを生み出すハーレーらしさなのだ。


【初めての愛車スポーツスター1200Nアイアンと】

初心者と呼んでいる方は、大型二輪免許取得から30日も満たない、まさにニューオーナーだ(^^♪…ハーレーダビッドソン亀戸を文京区からおいでいただきXL1200Nアイアンをご購入くださったT・Oさまもそのお一人。

ブログ「下町の出会い」やFacebookもご覧いただき、購入以前から当店の様子もご存知のだとか(*^^)v…11月開催の「秋のニューオーナーツーリング」ではご一緒に走れることを楽しみしておりますね(^^♪


【8月決算お値打ち車輛早い者勝ち】
ハーレーダビッドソン亀戸は8月末決算。ショールーム在庫車、また現在使用中の当店試乗車を、この決算特価でご提供させていただきます。
なお、価格はショールームにてご検討の方にだけご案内。または、現在お乗りの下取り車など、ご商談にてベストプライスをお約束します。

無理そうなことも、この機会にご相談ください。(写真、3台は、左FLSTF・ファットボーイと中FXDWG・ワイドグライドはご成約済)FXDL・ローライダーは早い者勝ちの1台となっております。


【アライヘルメットHD仕様も大好評】

今シーズンから、ヘルメットやグローブなど、新調して秋のツーリングプランに加えてみませんか。


【標高800mを超える榛名山・赤城山が夏は快適ツーリング】

8月決算でお得のお買い求めいただき、これから永く続いていく走って楽しんでを大いにサポート。ハーレーダビッドソン亀戸主催のツーリングも購入後のアフターサービスの一環として毎月開催。カスタマーのみお誘いさせていただいております。

亀戸のオフィシャルグループ「HOG東東京チャプター」(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングクラブ「HOG・東東京チャプター」。車輌購入されたお客様が新規加入、また常連さんの更新を含めて毎年150名のメンバーで集う。

年間を通して12回のチャプターツーリングを開催、このうちHD亀戸が主催する「オフィシャル・チャプターツーリング」は6回、弊社代表とスタッフがツーリングをサポート。チャプター役員が交替で担当する「マイナーツーリング」が5回開催。

すべて参加資格はチャプターメンバー限定。


【正規メンバーはチャプターネーム・HOGワッペンベストを着用】

全てのチャプターツーリングへは、このワッペンを縫いつけた「チームベスト」を着用。正規メンバーのオフィシャルスタイルだ。

この数年、オフィシャルツーリングには60~85名のエントリーを見ていて、10名単位にチーム編成してマス・ツーリング。

高速道など巡行走行の場合、他車へのグループとしてのアピールや連帯感に寄与している。
なお、ワッペンやレザーベストは、ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームにてハーレーモータークローズと共に販売している。


【チャプター在籍3年以上のメンバーへ】

ナンバープレートの横に付ける「チャプターベストメンバープレート」は、3年以上在籍したメンバーへ進呈。

3年間の安全運転と点検整備をキチンを実行。模範ライダーとして期待を込めて東東京チャプターから贈られる(^.^)


【10年以上在籍のメンバーへ】

10年以上に渡り、東東京チャプターへ在籍するメンバーは年々増加。2018年7月27日では37名となっています。

「10年ひと昔」とのことわざがありますが、10年以上ハーレーダビッドソンに乗り続けるには、ライダーとして①健康である ②ハーレーダビッドソンをキチンと整備(HD亀戸へ整備依頼を継続) ③チャプターに参加している。

この3つの要件を維持でき、さらにハーレーオーナーのお財布の維持も、また重要(^^♪


【東東京チャプターの正規メンバー】

目的と主旨と会則の一部を紹介します。

東東京チャプター会則
【私たち東東京チャプターは、ハーレーダビッドソンを介しオーナーとして『出会い・走り・集う』をモットーに、ツーリング・イベント等を通して会員相互の親睦を図ります。常に安全運転を心がけ*整備された車両を維持*するとともに、社会のルールとマナーを尊重する健全なる組織としての発展と、会員相互の愉しいハーレーライフの向上を図ることを目的とする】

入会資格(年度更新資格)
・ハーレーダビッドソン亀戸にてHD車両を購入し所有する方。
・当年のHOG会員であり、保有車両には対人対物などの任意保険を加入していること。
・年間を通じて、積極的にチャプターツーリングに参加いただける方。
・安全に楽しくルールやマナーを守り、チャプター活動に参加いただける方。

*整備された車両を維持*…少なくとも12ヶ月点検整備だけは必須です!

【12ヶ月点検は保有者の法定義務】

チャプターメンバーにおかれましては、各々マシン購入時期や状況に合わせ、年間に1度、当店サービス工場にて点検整備(12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月の法定点検)実施をお願いしています。ツーリングにだけ参加、整備はしないと云うのはハーレーオーナーとして反省と改めを。なお点検整備は事前のお電話、メールにて予約をお願いします。

整備未実施による乗りっぱなしによる劣化不良、他店・非正規店での社外品コンピュータ装着等により、チャプターツーリング中に於いての走行不能など、マシントラブルによるアクシデントでのツーリング途中離脱。これらは同行メンバーへの迷惑になります。

安全で楽しい東東京チャプターツーリングを、参加者全員で分かち合うため、次回のーリング申込までに、HD亀戸にて点検整備を実施されることをよろしくお願いいたします。

来る2019年度チャプターメンバー更新では、当店での過去1年間の整備履歴とサービス工場利用記録を、次年度の会員更新の要件とさせていただくことを運営事務局として検討しております。次年のHOG更新と並び、ご理解をお願い申し上げます。

北軽井沢をハーレー62名でツーリング(*^^)v

7月8日、ハーレーダビッドソン亀戸が主催した「サマーツーリングin北軽井沢」へ。
ツーリングクラブ「東東京チャプター」の仲間62名がエントリー(*^^)v…


【碓氷峠をリードして駆ける宮本会長】

午前7時の集合は、関越自動車道・三芳パーキングエリアだ。関東平野の空模様は曇り。しかし、軽井沢方面は弱雨予報だったが、信越長野道・甘楽パーキングエリアでレインウェアを着た。大した雨に遭うことなく、碓氷バイパスを越えた。


【関根フォトグラファーの楽しいショット】

東東京チャプターは「出会い・集い・走る」この運営ポリシーのもと、創設から21年目を迎える。

参加するメンバーは、HD亀戸にて車輌購入されたお客様で結成した「東東京チャプター」。
ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局となって、年間7回のオフィシャルツーリングをプラン。

そのオフィシャルツーリングの間を埋めるように、チャプター役員がマイナーツーリングをプラン。年間を通して毎月のようにツーリングを分かち合う。


【ストレートグライドCVOが4台の編成がカッコいい】

最初に購入されたハーレーダビッドソンから、3年以内に同じくハーレーの上級モデルへランクアップするメンバーは半数以上。
今回も、昨年の2017・サマーツーリングから比較すると、NEWマシンでエントリーしたメンバーが目立った(*^^)v


【レンジャーチームの宮部さん、みんなを安全にリードは好評だ】


【帯刀副会長の定評あるチームリード】
帯刀リーダーのあとをピッタリと追従する新井さん76歳(^^♪。昨年は、スポーツスターXL1200Cカスタムから、今年は2018・NEWローライダーへランクアップ。ご本人は、ビッグツインのトルクに感動。

ご本人は同年代のライダー仲間に「ロングツーリングでも疲れないから乗りやすい」とベタ褒め。アンタも「ローライダーがしなよ~」とツーリングの度に宣伝をしてくれる。


【北軽井沢・浅間高原茶屋へ到着】

さすがに北軽井沢へ着くと気温は22℃と過ごしやすい。それまで着ていたレインウェアをここからは着ないで済んだ。


【浅間茶屋バーベキュー食べ放題を前に到着記念撮影会】

次回のオフィシャルツーリングは9月2日(日) 「初秋ツーリングin栃木黒羽鮎やな」です。

チャプターメンバーの皆さま、ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入されたビジターメンバー様、

ぜひエントリーください。

2018・アメリカツーリングレポート⑦・ラスト!

アメリカツーリングレポートをラスト⑦まで、お付き合いいただきありがとうございました。

ハーレー亀戸にてお付き合いを頂いておりますお客様を誘って、2年に一度5月末から6月に開催しています。

次回は2020年。あなたもその時にはエントリーを(*^^)v…


【ザイオン国立公園のワィンディング】

ザイオン国立公園、バレーオブファイルヤーの観光を終え、いよいよグライドサークルの出発地ラスベガスへ帰還。

【アメリカを駆けた~という満足感に】

最終日ともなると、レンタルハーレーにも9名の仲間はすっかり馴染み乗れてきた。走行ペースも上がって来た。

ラスベガス郊外には、カルフォルニア最大の米空軍基地がある。そこを見て行こうと、横を通るだけだったが、広大な空軍基地は、ラスベガス空港よりも圧倒的にデカかった。


【米空軍基地を見ながら】

ダウンタウンのランドマーク「ラスベガスタワー」が左に見えてきた。
しかし、渋滞はどの都市も同じだが、ラスベガス市内の気温40℃の炎天下でノロノロ運転はキツイ。
ラスベガス・ストリップロード沿いにあるディラーへ無事にレンタルハーレーを返すまであと30分足らず。みんな慎重に渋滞を抜けて行った。


【ラスベガス市街へ】

9名の亀戸のハーレー仲間たち。4泊5日で駆けた1800kmのツーリングもラスベガスから出て、周遊ラストとなるゴールだ。全員揃って帰還できた歓びを改めて分かち合う。


【ルート66にて】

ラスベガス郊外に、美味しいラーメン屋があるとツアーサポーターが教えてくれた「fukumimi/フクミミ」と店らしい。

日本食なら何でもいいと飢餓状態の9名に異論はなく、行って見た。美味いっ!(^^)!…サッポロビールに餃子に枝豆、仕上げにとんこつラーメン。まるで日本に居るようだ。


【ラーメンフクミミのとんこつラーメン】

遅いランチを済ませると、それぞれの午後をラスベガス市内で過ごす。小生の好きな拳銃販売店の射撃場へ誘ったら、5人で行こうとなった。竹内さんは前回2016年に続き2度目のターゲット。命中率も撃ち方もサマになってきた!(^^)!


【ツーリング&射撃大会】

ラスベガスでの最終日はお寿司で打ち上げ!(^^)!…やはり日本食が世界から愛されていることを改めて理解。

【寿司の盛り合わせ】
日本で見るのとそう違いを感じないラスベガス・ルクソールホテルの寿司店にて。


【ラスベガス・ホテルルクソールにて】


【ホテル・ルクソールにて】

明日の早朝4時、ラスベガス空港からロサンゼルス空港へ。そして羽田空港へと帰国する。打ち上げパーティーを終えたらツーリング荷物をパッケージ。6月13日に羽田空港を出発。20日まで1週間をアメリカツーリングで大西部をめぐり過ごした。

2018・アメリカツーリングレポート⑥

アメリカツーリングも5日目の後半へ。ザイオン国立公園の東にあるホテル・ベストウェスタンを出る。

カルフォルニアの青空は、日本よりも高く蒼い。これから50km続くザイオン国立公園。その岩山と青空のコントラストが美しい。


【レンタルしたハーレー・ウルトラエデション】
ハーレーはミルウォーキーエイトエンジン1746㏄を搭載。日本仕様にはないウルトラエデション空冷107Cviエンジンだ。
今回の9名は、全員共にハーレーダビッドソン・ツアラーモデル。給油のタイミングも同じだからペースを図りやすい。


【ワィンディングが続くザイオン国立公園】

路面がブラウンに舗装されたザイオン国立公園内の道路は、タイヤグリップもグッドだ。入園料が30㌦/3100円と高いので飛ばさずじっくりと景色を堪能(^^♪


【トンネルは交互通行も】
観光バスどうしなど大型車両の行き違いがトンネル内では危険なため、公園係官が交通整理をするトンネルもある。


【トンネル前で待機】

今回は、ハーレーもトランスポーターにもパンクが無かった。全員が揃っているタイミングでタイヤの状況を見る。チューブレスタイヤを履いているので、ぺしゃんこになりにくいが、低圧状態は真横から視られる。今回はタイヤコンディションもグッドだ!(^^)!


【世界からライダーがやって来る】

ザイオン国立公園はモーターサイクルにとっても楽しいツーリングロードだ。ハーレーダビッドソンを駆るアメリカのライダーはもちろん、BMWやHONDA、Yamahaに乗ったライダーと挨拶を交わす。


【ザイオン国立公園・ヘアピンカーブビューポイントで】

最も標高差のある長いトンネルを抜けると下り坂になり、ヘアピンカーブが続く。雄大な山に目を奪われるとオーバーランしそうだ。


【ザイオン国立公園ビューポイントから】

今回の9名は、中級・上級クラス。ワインディングロードをアウトインアウトで、スピードが低い時もライン取りをキレイこなしている。

峠道を走ると、ライダーとしての経験や技量が出て来る。巧いライダーは、コーナーリングフォームがきちっと決まり、バンク角もフラ付かない。


【ザイオンの街を駆け抜ける】

ザイオン国立公園を観て、ツーリングラストポイントとなるバレーオブファイヤーへ向かう。


【ローカルロードを駆けて】

景色は峡谷から、赤い岩が目立つバレーオブファイヤーに向かって駆ける。


【バレーオブファイヤー①】

赤い岩と澄み切った空が美しい。ザイオン国立公園の高地から平野部に降りて来ると、35℃を超える気温と陽射しが痛いくらいだ。


【バレーオブファイヤー②】

入園料10㌦を払って往復30kmの州立公園「バレーオブファイヤー」を観光。


【バレーオブファイヤー③】
地面から炎が湧き上がっているような赤い岩山に目を奪われてしまう。

【バレーオブファイヤー④】

いよいよグライドサークルの拠点「ラスベガス」へ。2018・アメリカツーリングレポート⑦最終レポートとなります。

サマーツーリング㏌北軽井沢を催行(速報)!

西日本では線状降雨帯による連日の大雨。関東地方もツーリング当日まで降水確率は50%を切っているものの、群馬県の碓氷峠を経て軽井沢へ向かう高地の天候が気になる。

集合場所の三芳PAでスマホの雨雲レーダーによれば降水確率は70%に。しかし、参加した亀戸のハーレー仲間62名の眼差しは軽井沢へ向いていた(^^♪


【関越道・三芳PAへ午前7時集合】

関越道を藤岡ジャンクションを長野道へ。雨を覚悟してレインウェアを着た。松井田妙義ICを下車し「峠の釜めし・おぎの屋」で休憩。

碓氷バイパスを駆けのぼる。それまでに降った雨が路面を濡らしていたが渇きはじめいる。雨にほとんど遭わない。ヤッタ~~(^^♪


【宮本会長のリードで碓氷峠を全員無事に越えた】

ハーレーダビッドソンの乗り方として、登り坂の方がコントロールしやすい。スロットルを戻ゼば重い車体は減速し停まる。しかし、下り坂では自重もあってそうは行かない。下り坂のワインディングロードでラィディングに経験の違いと巧さが走りに出るものだ。


【軽井沢から北軽井沢へ新緑の別荘地を駆け抜ける】

今回はストレートグライドCVOのエントリーが目立った。彼らCVOオーナーも気になる湿った路面もドライになりつつある。これなら少し安心してパワーを使い走れるというもの。


【R146で八ッ場へ向かう】

R146号は対抗車も無く、快適なワインディングロードだ。

【八ッ場ダム道路から】


【晴男と晴れ女のツーリンググループです~】

関越道・上里SAにて3時前に解散。全員無事に帰京!(^^)!…オフィシャルフォトは後日、仕上がり次第ここで公開します。ご期待ください。