ブルースカ~ィ伊豆ツーリング(^^♪…①

5月と云えども、真夏の陽射しをうけながら集合した38名の亀戸のハーレー仲間。昨年の5月には「冨士ブルースカイヘブン」が開催されていた同じ時期のイベント。

今年から、ハーレーダビッドソン亀戸のオフィシャルツーリングに換え、日帰りプランと泊りを合体した新プランで開催。

ブルースカ~ィだけは、ふさわしいタイトルになった(*^^)v

ひがし東京チャプターのベーシックポリシーであり、それぞれの持つハーレーを介して「出会い・集い・走る」。

令和となって、初のオフィシャルツーリング。

【大観山からは富士山】

午前6時59分の海老名サービスエリアに集合。東名・厚木ICから小田原厚木道路を走りターンパイクを駆け上って大観山へ。

【ハーレーの中でもトルクフルなCVOパワーが冴える】

ターンパイクは、小田原から大観山まで15.752kmの大きなコーナーリングを続く企業運営の観光道路だ。2輪車の通行料金は520円とちょっと高めだが、心置きなくワインディングロードを愉しめる。

【CVOランクアップしたTさんも大満足の様子】

ハーレーオーナーになったのは半年前、ヘリテイジクラシックで出会い、4月からはFLHXSE・CVOストリートグライドへお乗り換え。ターンパイクを大観山まで連続する登りのワインディングロードは、CVOの1923㏄/117qviエンジンのベストステージだ。

亀戸のハーレー仲間では、3年以上のキャリアで乗り換えること多いCVO。わずか半年で、TさんはCVOのオーナーになった。
Tさんの恵まれた体格には、CVOストリートグライドがピッタリ似合う(^^♪

【ご夫妻でハーレーライダー(^^♪】

千葉県印西市のお住まいのKさん夫妻は、亀戸のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」のメンバー。夫妻ライダー揃っての参加率は100%だ。ご主人はFLTRSE/CVOロードグライド、奥様はヘリテイジ・クラシックが愛車。

【大観山から芦ノ湖越しに富士山を】

「日本百景」の云う呼び方で絶景が紹介される。この大観山から芦ノ湖を眼下に金時山の向こうにそびえ立つ富士山、その百景のうち、3番以内のランクに入るのではないかと思う!(^^)!。

【伊豆スカイラインを駆ける】

昨年の「ニューオーナーツーリング」に参加。以来「ひがし東京チャプター」のメンバーとなって、今回の温泉宿泊りツーリングにエントリーした仲間は多い。ラィディングに硬さを感じるものの、好いペースで伊豆スカイラインを駆け抜けた。

【コーナーリングにライダーキャリアが出る】

連続するコーナーの伊豆スカイライン。遠視点と車体を外側荷重でバンクさせながらコーナーを切り返しながら駆け抜ける。
これを低速時から自身の頭とカラダに覚えさせておくとことが肝要だ。

【土肥金山が日帰りツーリングプランのゴール】

参加したハーレーライダー38名のうち、日帰りプランは7名。温泉宿の泊り組31名。
日帰りプランは土肥金山でゴール。この後、南伊豆・下賀茂温泉・石廊館を目指す。

新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリングへ(^^♪

例年、ビッグイベントとして1998年から5月に開催されてきた「冨士ブルースカイヘブン」が昨年で終了し、その代替イベントとして「新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリング」の開催となった。

ハーレーダビッドソン亀戸の主催するオフィシャルブツーリングは年間6回。5月のイベントは、今後もオフィシャルとして展開。

オフィシャルブツーリング6回、そのすべてに参加すれば「チャプターツーリング皆金賞」を、年末望年会で記念品を進呈している。

【山梨県ミサカ峠を駆ける】

ひがし東京チャプターは、ハーレーダビッドソン亀戸が運営するグループだ。全員が車両購入をご縁にグループへ入会。日頃より点検整備やオイル交換など、愛車のメンテナンスを利用いただいているハーレーオーナーである。

【オフィシャルツーリングから】

オフィシャルツーリングは1月、3月、5月、7月、9月、10月の6回。このうち5月と10月は、1泊2日の温泉ツーリングだ。

この6回のオフィシャルツーリングの日帰りプランには、60名~80名の参加をみている。約10名のチーム編成によるグループ走行には、ツーリングリーダーによる引率と誘導が必要になる。

現在14名のロードキャプテン(チャプター役員)により、安全で快適なマスツーリングを展開している。

【ロードキャプテンの貢献に感謝】

ひがし東京チャプターのツーリングへ参加できるのは、正規メンバー130名と車両購入のニューオーナーのビジター参加で2回まで。今年も1月以降の平均参加数は65名。

この運営には、チャプター役員と誘導と引率が大切な活動となり、ツーリング終了後に開催する役員会では反省点を話し合う。そして、次回のチャプターツーリングに反映していく。まさにメンバーみんなの役に立つ人、役員なのであります。

5月25日、26日開催の「新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリング」参加申込は、本日19日午後5時にて締切となります。

ホルモンがめっちゃ美味かった~(^^♪

美味いモノやお店、ハーレーオーナーのクチコミで知り、訪ねることがけっこう多いこの頃(^^♪。

江戸川区は篠﨑駅のそばに開店して、それから1年が経ったという「ほるえもん」がその1軒だ。
この時ばかりは電車で、ワクワクしながらビールと評判の焼肉が楽しみ~。

【篠﨑駅そばのほるえもん】

ラーメンなどは味の好みもあって、個々によりその美味しさは違って来る。
しかし、焼肉やホルモンは鮮度の良さがそのまま味になる。美味い焼肉店というのは、その鮮度を維持し比例して客数も多いことが判る。

旨い店を紹介してくれる友人の、日頃のグルメの有り様で、ある程度は対象の店のコストパフォーマンスや優、良、可の識別ができる。

【ほるえもんハラミ】

ハラミの旨さを、久しぶりに堪能~(^^♪…まるで柔らかいステーキのような食感。

【ホルモン盛り合わせ】

新鮮なホルモンは、色からして新鮮。そして焼くと柔らかく肉汁が舌を包み美味さが広がる。

【七輪でじっくりと焼肉】

【5/25・26は亀戸店のツーリング】

5月の亀戸店オフィシャルブツーリングは南伊豆・下賀茂温泉へ。お馴染みの「温泉旅館・石廊館」の海鮮料理が楽しみだ。

カスタマーサービスの一環としてのイベントです。参加申し込みは、ひがし東京チャプターメンバー、亀戸店にて購入された車両とそのオーナーの方に限られます。
次回は、あなたも亀戸店でハーレーオーナーとなってご一緒にツーリングを!(^^)!

令和の「アメリカツーリング」は2020年!

2018・アメリカ大西部ツーリングから1年が経ちました(^^♪

亀戸のバイク仲間9名で駆けた歴史的な「ルート66」やグランキャニオン、そしてモニュメントバレーの絶景ロード(^^♪…平成ラストの北米大陸ツーリング。

【一般道でも100kmの巡行走行】

大型二輪免許を取って、ハーレーダビッドソンオーナーとなった下山さんも、この「2018US・ツーリング」にエントリー。

他の同行8名から守られながらも、1850kmを無事に走り切った。その下山さんが云う「アメリカツーリングでライダー魂を注がれ鍛えら、あの経験があったからこそ」そう言わしめている。

そう云うと過酷なツーリングと思われてしまうが(^^♪…ご本人は、生まれて初めて最高に楽しかった~~と興奮して語ってくれる!(^^)!

【モニュメントバレーへ】

ハーレーダビッドソンに乗る人ならば、死ぬまでに一度は走ってみたいアメリカ大陸。その夢を実現しようと2009年からスタート。

誘うのは、日頃より亀戸のハーレー仲間「ひがし東京チャプター」で、バイクの運転技術とチーム走行が、自他ともに認める仲間だからこそ安心して1週間の旅も愉しい。

【ザイオン国立公園で】

初めてのアメリカツーリングでは、紫外線と陽射しの強さが半端なく強烈で、日本のハーレーライダーによく見るヘルメット「半キャップ」は酷い日焼けになってしまう。

日焼け防止にベストなヘルメットはフルフェイスだ。しかし、スタイルも考慮してジェット型ヘルメットをベターだろう。サングラスは必須アイテムである。

【コロラド川を渡る】

1日平均の走行距離は約400km。東京から東なら宮城県石巻市、西なら岐阜県大垣市あたりまで駆ける。ひとたび走りだせば100km~120kmのハイペースで巡行する。

日本国内のツーリングで、❝のんびりと80kmで走行❞…では、アメリカツーリングの目的地到着は遅くなってなってしまう。3日目あたりから高速巡行に慣れては行くが(^^♪

【亀戸のハーレー仲間とザイオン国立公園で】

車両購入のご縁から始まったお付き合い。オイル交換や点検整備などアフターサービスのご利用をいただいております。
日頃から、チャプターツーリングの参加と共に、サービス工場の利用も常連ライダーです。

ハーレーダビッドソン亀戸のGW休業のご案内…5/3~5/7までお休みをいただきます。

平成から令和へ 走る歓びは永遠に‼

2019年4月30日 平成最後の日を迎えました。

ちょ~ど10年前、亀戸のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」は「春のグルメツーリング㏌河口湖」へ、ほうとうを目指して駆けています。

その時の冨士山も、今年の「春のグルメツーリングIn山梨・河口湖ほうとう」で観た冨士山。時代は代れどその美しさは永遠に。

昭和生まれの小生、昭和はホンダモーターサイクルの時代、平成は、もっともハーレーダビッドソンで走った20年となった。

【河口湖大橋から望む】

【2010年・春のグルメツーリングin河口湖・宝刀屋敷】

時代は進んでも「ハーレーダビッドソンで走る歓び」は不変(^^♪。
10年ひと昔と云われ、区切りや節目の年になる時を表す。何事も10年前とは変化しているとの例えであろう。

ひがし東京チャプターもメンバーも入れ替わり、ライダーを卒業した人、他の銘柄バイクへ換えた人、いろんな事情で去っていった人をこの10年間に見る。

平成時代は、ハーレーダビッドソン仲間と走り楽しんだ想い出になるだろう、この2010年の写真。

【2010年・足柄サービスエリアにて】

ハーレーダビッドソン亀戸が開店した1998年。車両を購入いただいたお客様だけを誘って始まった「ツーリングプラン」単に車両販売にとどまらず、購入した愛車で「走って愉しむ機会」を提供。最初は10人足らずの小さなグループだった。

開店から3年目の2000年、ひがし東京チャプターのツーリングは、参加台数は30台を超え始め、2005年以降より60台以上の参加が毎回。

これまでの最大は、2017年「新春ツーリングIN犬吠埼・一山いけす」の98台/103名。多分、関東最大規模になったと思われます。

【2019年「春のグルメツーリングIn山梨・ほうとう歩成】

吉田喜一郎さん(旗の右手)は現役チャプターメンバーで、御年80歳となられたが、ひとたびハーレーダビッドソンに乗ると、その身のこなしは40代の若さへ還ったような(*^^)v。

【2019年3月 愛車はツーリングモデルが目立ってきた】

1998年のツーリングプランでの走行距離をたどると、日帰りプランでは往復300km~360km、1泊2日プランでは往復500kmが多い。最近では日帰りプランで400km、泊りは800kmとなっている。

時代は平成から令和へ 走る歓びは永遠に続きます!(^^)!

この秋は…志賀高原ルートを越えて温泉ツーリングへ…!(^^)!

1986年の創業から毎秋恒例イベントとして「秋の温泉BIGツーリング」を開催している。今年で34回目を迎え、志賀高原ルートを草津温泉から長野県山ノ内町へ駆け抜けるのは、今回が初めてとなる。

【志賀高原ルートの雪壁を見られるのは5月上旬まで】

ハーレーダビッドソン亀戸主催の「秋の温泉BIGツーリング㏌湯田中」は10月だから、この雪の回廊はすっかり無い。
しかし、志賀高原ルートには日本を代表する、見頃を迎えた紅葉が待っているだろう。

【湯田中温泉のよろずやへ宿泊】

車輌購入を戴いたお客様へ、アフターサービスの一環として年間6回を主催している。1泊2日でのツーリングは、今年は5月と10月の2回になる。昨年まで5月は「第20回・冨士ブルースカイヘブン」が開催されていたが、1998年から始まり2018年最後に終了してしまった。

【名湯 桃山風呂へ】

「秋の温泉ツーリング」は、これまでずっと温泉宿やホテルにこだわった。ハーレーオーナーが集ってワイワイと訪ねる温泉宿は、楽しみが膨らみわくわくするもの。

ツーリングで泊りを計画するには、先ず目的地の設定から始まり、ツーリングルートや初日のランチ場所、温泉宿の予約手配は90日前以上でないと出来ない。2ヶ月前では40名超の宿泊や宴会場の手配が無理になる。
増してや我々「ひがし東京チャプター」が行くのは紅葉見ごろの絶好期だ。

【名湯 桃山風呂】

長野県の渋・湯田中温泉の人気宿を探索して、目星を付けて仮予約して下見に訪ねることを告げた。今回は、GW開通としていたので志賀高原ルートは開通していないと思っていたら、全線ルートが開通。それに合わせて湯田中温泉まで駆け下り行ってみた。

【風呂の中には蒸し風呂もあった】

16歳で原付免許を取って、直ぐに大型二輪免許取得(その当時は二輪免許は原付と自動二輪の2種のみ)。しかし、新聞配達のアルバイト代でやっと中古のホンダベンリイCS90を買うのが精いっぱいだった。

ホンダへ入社した時、従業員販売でドリームCB450k1を買う。この大きなオートバイなら、全国何処へでもツーリングできるぞ…。熱くそう思ったものだ。そして、週末にツーリングに出かけ、5連休なら九州へと駆けた。

それが今では、エンジンが114キュービックインチ/1868㏄を搭載するハーレー・ストリートグライドに乗っている。

【道の駅やまのうちで】

信州へ来たなら「そば」を食べないと(*^^)v…「道の駅やまのうち」へ午後1時過ぎに立ち寄ったら、店内は満席状態で食べているのを見たら、みなさん「天ぷらざる」のようで、同じくそれを注文。¥880ならお値打ちだ(*^^*)

GWに向け志賀高原ルート開通へ!(^^)!

ツーリングで行きたい場所として、多くのライダーから抜群の人気エリア「志賀高原ルート」。
GWに向けて、草津温泉から山ノ内町までの全線ルートが4月19日に開通。そのニュースに初めて行ってみた。

【志賀高原ルートの雪壁を歩く】

今冬は、例年に比較して志賀高原の降雪量が少なかったようだ。
毎秋に、亀戸のハーレー仲間で行くロングツーリング、10月開催の「秋の温泉ツーリング㏌湯田中」のコース下見を今回は兼ねた。

【志賀高原はツーリングが最高(*^^)v】

志賀高原・横手山の天候は晴れ、道路状態も好かったのでバイクで来ればよかったと、チョット惜しい気がした。
今回の下見は、4月22日の平日。

長野県側からは、バイクツーリングでやって来た10台くらいと行き交った。

【雪壁を歩く観光客】

例年、秋の温泉ツーリングへの参加は、初参加者を含めて40名位になる。
出発・集合地点から温泉宿、翌日の帰路の解散場所まで、全ルートを下見している。
今年の秋温泉ツーリングは、亀戸からの全コースでは626kmになった。

【草津・白根山】