ハーレー初心者レッスン・スクール!

「ハーレーダビッドソン・ファーストライディング レッスンin千葉」のご案内

ハーレーダビッドソンを購入してまだ今ひとつ乗れていない。それは、不安だったり何よりも、運転に自信が持てないことが要因ですよね(^^)。

教習所の免許取得練習と違って、公道に反映できる実際のラィディングレッスン。ここでスキルアップをやってみませんか。


【ファーストライディング レッスンin千葉】

開催日  2017年4月9日(日)
場所   日本自動車大学校…千葉県成田市桜田296-38
参加条件 HOG会員3年未満の初心者の方 ご自身の車両を持ち込める方(違法改造車は不可)
参加費  5000円
申込締切 3月30日(木)キャンセル料…4/3以降10%、4/8…40% 当日…100%

お一人様、ご夫妻、カップルで参加頂けます。奮って参加ください。

いよいよ新春ツーリングin犬吠埼!

ハーレーダビッドソン亀戸のハーレー仲間である「HOG・東東京チャプター」。そのオフィシャル・ツーリング第一弾「新春ツーリングin犬吠埼」の開催が、いよいよ来週に迫った。なんと参加申し込みは106名に達している。


【昨年2016新春ツーリングから】

HOG・東東京チャプターでは、年間12回のイベント。1月3日「マイナーツーリング初詣・鹿島神宮」をスタートに11月まで毎月開催。ハーレーダビッドソン亀戸にて車輛購入のニューオーナーを迎え、マイナー&オフィシャルツーリングを集合からランチ、そして解散までをみんなと過ごす。


【昨年2016新春ツーリングから】

今回の参加申込は106名。東東京チャプター史上初となる100名突破だ!(^^)!…我等のツーリングへは、当日参加や友人を連れての参加は認めていない。

会員とビジターのみによるクローズクラブ。ハーレーオーナーであっても一般の参加はご遠慮いただいております。

参加申込を終えた皆さまへは、ツーリング開催3日前までに、ツーリングプランとチーム編成が郵送されます。


【HOG・東東京チャプターワッペンを背に】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車両購入の方は、チャプターイベントへ2回までビジター参加が可能だ。その間はお試し参加ができる。この仲間なら以降からは、正規メンバーへ申請、チャプターチームベストを着用しエントリーへ(*^^)v


【自慢の愛車はいつもきれいに】

メンバーの半数はツーリングモデルのオーナー。しかし、ハーレーであればどんなモデルであれ、大手を振って一緒にイベントを分かち合おう(^^♪

【2017年1月20日現在120名在籍】

毎年1月~12月までの1年間。チャプターメンバーとして認定され、この間「HOG/ハーレーオーナーズグループ」の会員証(カード)を保持する。オフィシャル&マイナーツーリングへは会員以外の参加は出来ない。(*タンデムでの参加は可能)


【ツーリングスタンバイOK(^^♪】

ツーリング活動と楽しさの創造ならば、日本一の集いと誇りたい。そのチームワークには「出会い・集い・走る」の理念のもと、2017年もハーレーダビッドソンで分かち合います。

早桜の満開を狙ってツーリング!

亀戸のハーレー仲間で行く、毎年恒例のツーリングに「早桜ツーリング」がある。

確か2002年頃から始まったプライベートなツーリングだった。いつしかチャプターマイナーツーリングへ昇格し、今では、30名近いメンバーが毎回集う。

桜満開のタイミングを狙い、2月下旬を計画するが相手は自然、毎年のことながらぴったしは至難だ(*^^*)


【河津の早桜】

河津町へは観光客が急増。道路も駐車場もあまりの混みようにハーレーでも近寄れないほど。ここ8年ほど、南伊豆町・下賀茂温泉へ宿泊を移している。


【河津川の土手沿い2kmに及ぶ桜並木】

チャプター仲間を誘って分かち合う年初めの宿泊ツーリングだ。温泉宿の一緒過ごし分かち合うことで、ハーレーライダーとして、さらに親交が高まっていく。


【下賀茂温泉の早桜】

2017早桜ツーリング予定は2月25日・26日…参加費など申込方法は1月21日以降にチャプターノートにて。

亀戸もクリスマスです~(^^♪

12月25日クリスマス。されど年の暮れを感じないのは小生だけでしょうか(^^)…あと6日で年末と云うのにそれほど寒くもなく…いつものように月末の納車がチラホラと続いています。


【ハーレーダビッドソンオーナーデビューへ】

今日から私の愛馬なのよアナタ…♡。そう呼びかけながらスマホのシャッターを押しているような(*^^)v…女性がハーレーダビッドソンオーナーになることは、とっても嬉しくて華やかな気分になります。


【三台目も大好きなXLへ】

オートバイは、男性だけの世界が長く続き1980年からチラホラと女性を見るようになったが、何よりも1996年(平成8年)9月の免許制度改正から「指定自動車教習所」にて大型二輪免許の教習を受けられるようになった。

これによって容易に免許を取得できるようになったのだ。女性を含めて大型二輪免許の保有者数は飛躍的に拡大。


【ハーレーダビッドソン亀戸を京葉道R14号から】

クリスマスにプレゼントが頂けなくなって50余年に、いやそれ以上になる(笑)…お客様の「ハーレーに乗ってるのでプレゼントしたいのですが、適当なグッズありますか?」…そんな問い合わせも近年減って来たように思う。ひがみかな~?(^^♪


【亀戸の仲間で行くツーリング】

今年は、開店以来となる亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」在籍数が146名に達した。好い人が、好い人と出会い愉しむ集いになってきたことの証だろう。

チャプター役員の任期は2年。2015年の改選から若返りを図って、新任役員の登用3名の活躍とメンバーからの人望が厚く、チームプレーの素晴らしさもその表れだろう。

ハーレーライダーらしさ!!

世界のモーターサイクルブランドは、ハーレーダビッドソン、BMW、ドカッテイ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキなど大小合わせて13社がある。

それぞれのブランドには個性と特性があり、そのブランドに合ったオーナーがいる。

ここでは、スクーターなどのコミューター的な用途ではなく、趣味で持つハーレーライダーの「らしさ」を語りたい。


【ハーレーダビッドソン・ツアラーモデル】

ハーレーダビッドソンには35機種のバリエーション。ツアラー/ソフティル/ダイナ・スポーツスター/V-ROD/XG750の5つのカテゴリー。この他にも3輪のトライクがある。

ツアラーを愛用する方にはバイク歴の長いベテランライダーが多い。ソフティルとダイナのライダーはツーリング好きが目立つ。スポーツスターには近距離とマシンのカスタマイズ好きが多いようだ。


【ソフティル・クラシック】

外観から最も❝ハーレーらしい❞と云われる「ソフティル・クラシック」は、ハーレー入門者からも人気のマシン。女性や年配者からは車両の扱いやすさが好評、年齢幅のすそ野が広い。


【ハーレーライダースタイル】

ハーレーライダーを最も象徴的にするのはレザージャケットだ。それもちゃんと「ハーレーブランド」のタグやトレードマークが付いた純正でないとサマにならない。つまり、マシンもウェアも一体感を持つ「遊び道具」なのである。

実はここのこだわりこそが、ハーレーライダーの集ったシーンで「カッコ好さ」の格差が生まれる。


【亀戸のハーレーライダーらしさ】

ハーレーは乗ってナンボ。走って楽しんでこそ意味がある。
自らがもっとも愉しみそこから笑顔が漏れてくると、同じ趣味を持つ友達と出逢いがある。


【遊びは平に!】

同じハーレーライダーでも、「財布」に違いがある。お金持ちとかそうでないとかでなく、つまりお金の使い方と価値観の違いを指す。

職業も異なり地位も違う。また宗教、政治観も所得話は、ハーレーを愉しむときには不用なこと。出会いから1年位経つと、自然に相性のいい仲間が集うようになってくる。

「遊びは平に」…御年78歳の先輩ハーレーライダーの教えは、亀戸のハーレーライダーに好い関係のコツを伝授する。

ハーレーライダーらしさ…とはカッコ好さである!(^^)!

ハーレーを愉しんだ1年でしたね!

亀戸のハーレー仲間に聞いてみた「人生で出会いのバイクは?」・・・「ホンダ/カブ」・「ヤマハ/RD50」・「カワサキ/ZZR250」・「スズキ/ガンマ250」と、年代により免許制度の違いや、出会いのオートバイは大きく異なるようだ。小生はホンダ・カブ50だった。


【ゆとりライディングのOさま】

若い時代から国産バイクを5年以上に亘り乗り続けたライダーは、ツーリング時に観る運転にも余裕がある。特に追越しラインと、元に戻るライディングフォームに若さが出る。つまり「急が付く動き」が多いほど危険度が高いのだ。それにそばで見てスマートさがなく美しくない。


【ストリートグライドCVOのNさま】

「いつかはハーレーへ」。そう言って戴けることにハーレーブランドに歓びを感じます。国産バイクからハーレーへランクアップのライダーが占める亀戸のハーレー仲間。そして、ツーリングなどハーレーオーナーが集うイベントでは、日本有数を誇る「東東京チャプター」である。


【ロードグライドを保有するメンバーも多い】


【2016年はツアラーへ乗り換えが目立った】

H.O.G・2017上半期イベント開催予定!

ハーレーオーナーズグループ/H.O.G・ハーレーダビッドソンジャパン㈱主催の「2017上半期イベント開催予定」が発表されました。

具体的な開催内容については、決定次第に追って発表されて参ります。


【HOG・東東京チャプターのツーリングから】

2017 上半期イベント日程
●1/22   H.E.A.T. 2017in北海道(BUDDY BUDDY SAPPORO)

●1/29   H.E.A.T. 2017in宮城 (BUDDY BUDDY SENDAI EDN)

●2/4-5  H.E.A.T. 2017in福岡 (休暇村志賀島)

●2/18-19 H.E.A.T. 2017in愛知 (休暇村伊良湖)

●3/4   FUNRIDE RALLYin静岡 (黄金崎クリスタルパーク)

●4/15-16 SPRING RALLYin福岡 (玄海ロイヤルホテル)

●5/20-21 冨士ブルースカイヘブン (FISCO)

●6/3   FUNRIDE RALLYin熊本 (阿蘇ミルク牧場)

●6/27-30 LONG TOURINGU RALLY In北海道(網走・稚内・層雲峡)


【チャプター&HOGワッペン】

H.O.G/オーナーズグループは、ハーレーダビッドソンが世界に展開する組織。日本ではハーレージャパン㈱が運営。全国の正規ディラーによってH.O.G支部を置き、車両販売を通して集う地域支部/チャプターを展開している。

ハーレーダビッドソンオーナーの多くは、趣味として休日のツーリングを愉しむ。同じハーレーを持ち走る歓びを分かち合う仲間がいる。そこは、大人の集い。

チャプターを通しての出会いから、ツーリングの会を重ねて行く、フト半年くらいが経過すると共通する価値観を有する者同士、愛車で走った距離が6000kmを超えている。亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」には、そんなメンバーが、永く愉しい時間を一緒に創っていく。

我が東東京チャプターは、2017年7月創立20周年を迎えます。