この秋は…志賀高原ルートを越えて温泉ツーリングへ…!(^^)!

1986年の創業から毎秋恒例イベントとして「秋の温泉BIGツーリング」を開催している。今年で34回目を迎え、志賀高原ルートを草津温泉から長野県山ノ内町へ駆け抜けるのは、今回が初めてとなる。

【志賀高原ルートの雪壁を見られるのは5月上旬まで】

ハーレーダビッドソン亀戸主催の「秋の温泉BIGツーリング㏌湯田中」は10月だから、この雪の回廊はすっかり無い。
しかし、志賀高原ルートには日本を代表する、見頃を迎えた紅葉が待っているだろう。

【湯田中温泉のよろずやへ宿泊】

車輌購入を戴いたお客様へ、アフターサービスの一環として年間6回を主催している。1泊2日でのツーリングは、今年は5月と10月の2回になる。昨年まで5月は「第20回・冨士ブルースカイヘブン」が開催されていたが、1998年から始まり2018年最後に終了してしまった。

【名湯 桃山風呂へ】

「秋の温泉ツーリング」は、これまでずっと温泉宿やホテルにこだわった。ハーレーオーナーが集ってワイワイと訪ねる温泉宿は、楽しみが膨らみわくわくするもの。

ツーリングで泊りを計画するには、先ず目的地の設定から始まり、ツーリングルートや初日のランチ場所、温泉宿の予約手配は90日前以上でないと出来ない。2ヶ月前では40名超の宿泊や宴会場の手配が無理になる。
増してや我々「ひがし東京チャプター」が行くのは紅葉見ごろの絶好期だ。

【名湯 桃山風呂】

長野県の渋・湯田中温泉の人気宿を探索して、目星を付けて仮予約して下見に訪ねることを告げた。今回は、GW開通としていたので志賀高原ルートは開通していないと思っていたら、全線ルートが開通。それに合わせて湯田中温泉まで駆け下り行ってみた。

【風呂の中には蒸し風呂もあった】

16歳で原付免許を取って、直ぐに大型二輪免許取得(その当時は二輪免許は原付と自動二輪の2種のみ)。しかし、新聞配達のアルバイト代でやっと中古のホンダベンリイCS90を買うのが精いっぱいだった。

ホンダへ入社した時、従業員販売でドリームCB450k1を買う。この大きなオートバイなら、全国何処へでもツーリングできるぞ…。熱くそう思ったものだ。そして、週末にツーリングに出かけ、5連休なら九州へと駆けた。

それが今では、エンジンが114キュービックインチ/1868㏄を搭載するハーレー・ストリートグライドに乗っている。

【道の駅やまのうちで】

信州へ来たなら「そば」を食べないと(*^^)v…「道の駅やまのうち」へ午後1時過ぎに立ち寄ったら、店内は満席状態で食べているのを見たら、みなさん「天ぷらざる」のようで、同じくそれを注文。¥880ならお値打ちだ(*^^*)

GWに向け志賀高原ルート開通へ!(^^)!

ツーリングで行きたい場所として、多くのライダーから抜群の人気エリア「志賀高原ルート」。
GWに向けて、草津温泉から山ノ内町までの全線ルートが4月19日に開通。そのニュースに初めて行ってみた。

【志賀高原ルートの雪壁を歩く】

今冬は、例年に比較して志賀高原の降雪量が少なかったようだ。
毎秋に、亀戸のハーレー仲間で行くロングツーリング、10月開催の「秋の温泉ツーリング㏌湯田中」のコース下見を今回は兼ねた。

【志賀高原はツーリングが最高(*^^)v】

志賀高原・横手山の天候は晴れ、道路状態も好かったのでバイクで来ればよかったと、チョット惜しい気がした。
今回の下見は、4月22日の平日。

長野県側からは、バイクツーリングでやって来た10台くらいと行き交った。

【雪壁を歩く観光客】

例年、秋の温泉ツーリングへの参加は、初参加者を含めて40名位になる。
出発・集合地点から温泉宿、翌日の帰路の解散場所まで、全ルートを下見している。
今年の秋温泉ツーリングは、亀戸からの全コースでは626kmになった。

【草津・白根山】

HOG FUNRIDE RALLY in日光へ!(^^)!

4月21日の早朝7時には、参加予定の14名は東北道・蓮田SAに集まっていた。

ホグ・ファンライド ラリーin日光」の会場となる霧降高原・大笹牧場へ向かうメンバー。

今回集ったのは秋・春のニューオーナーツーリングを経験したメンバーばかり。その甲斐あって東北道は、千鳥編成走行ながらもキビキビとハイペースだ(^^♪

【僕らを待っていてくれた東京ROUSEガールズ】

日光有料道路を今市ICで降りて、ガソリン補給。ナビゲーションでルート探索すると、センターラインの無くブラインドコーナーの多い県道161を走った。集落を抜けて大笹牧場へ向かう。この道、登りはいいが帰路では使えない。下りとなりリスクが高くなるからだ。そんな事を思いながら13台は大笹牧場まで駆け上がる。

【ひがし東京チャプター】

運転の確かなメンバーは全員無事に大笹牧場へ到着。ひがし東京チャプターフラッグで記念スナップ!

【東京ROUSEガールズのスペシャルパフォーマンス】

【ハーレーライダーはノリノリだった】

【ひときわ目立った2019・CVOロードグライド】

【カラーが彩かCVOストリートグライド】

【ペアライドで参加のO様夫妻】

【ひがし東京チャプターのハーレーダビッドソン】

【午前11時には500台を超えていたハーレー】

ランチは大笹牧場のジンギスカンや牛肉、豚肉を選べる焼肉だ。これがそこそこ美味い。会場も300席はあり、ひがし東京チャプターのオフィシャルツーリングでも行けそうだ。ランチのあと現地で一次解散、佐野SAで解散して帰京(^^♪

週末はハーレーを駆り霧降高原を目指します(^^♪

4月21日(日)は霧降高原・大笹牧場に於いてHOGファンライドラリーが開催される。
ハーレーオーナーズグループが主催するオフィシャルイベントだ。

週間天気予報も晴れ、大笹牧場の会場はハーレーオーナーでいっぱいになるだろう(^^♪

イベントタイム 09:00~15:00  大笹牧場 駐車場

霧降高原・大笹牧場がHOGファンライドラリー会場

ファンライドラリー in 栃木
H.O.G.メンバーなら誰でも申込不要・無料で参加可能!気軽に立ち寄れるライダーズプレイス

■プログラム(予定)
・試乗会開催
・集合写真撮影
・ファンライドスタンプラリー開催
※スタンプシートはイベント会場で配布します。
・オリジナルレッスン
・ピンストライプ(有料)
・H.O.G.限定オリジナル記念ワッペン販売(200個限定)
・ウエルカムドリンクサービス
※無くなり次第終了となります。

■ABCツーリングポイント
ABCツーリングポイント:「Q」「V」「X」のどれか一つを選択/1イベント参加につき5ポイント
※H.O.G.メンバーカードとファンライドスタンプシートを必ずご持参ください
【ハーレーダビッドソン仲間と駆ける】

ハーレーに乗らんで何がハーレーオーナーかっ(笑)…ツーリングベストシーズンがやってきた。さぁ~走って愉しもう!

【大笹牧場の焼肉ランチはめっちゃ美味~!(^^)!】

ハーレーダビッドソン亀戸のお客様、ひがし東京チャプターの皆さまは、チャプターノートにて当日の集合場所について案内しています。宜しかったらHOG会場まで一緒にツーリングしましょう。今回はプライベートツーリングとなります。

ハーレーライダーは健やか食いしん坊!?

ハーレーライダーは健康でなくては乗れない。当たり前の事ではあるが健康を維持するには努力がいる。

日本のバイクライダーの平均年齢は51歳(一般社団法人 日本自動車工業会・調査部会の二輪車分科会資料から)…この20年間ではじわじわと高齢化が進んでいる。

亀戸のバイク仲間「ひがし東京チャプター」の現役ハーレーライダーは下澤さん91歳を最高に、吉田喜一郎さん80歳と続いて、70歳代は多くいらっしゃる。その大先輩が口にするのは揃って「野菜好き」である。

健康維持の秘訣を一つ!菜食を増やすことらしい。

【宝来軒の長崎ちゃんぽん】

月に1度は、戴く江戸川区中葛西の「宝来軒」の長崎ちゃんぽん。美味いし安くて(800円)…そしてボリューム満点で、何よりも健康促進した気分になれるのが好い!(^^)!…菜食に一歩接近!

【春のグルメツーリングIn山梨・ほうとう】

ハーレーダビッドソン亀戸のオフィシャルツーリング、そのランチを振り返れば、山梨のほうとうやバーベキューなど、野菜が多い。参加者も60名を毎回超えている。

次回のツーリング案内!
①4月21日(日)…HOGファンライドラリーin日光・大笹牧場
②5月25日・26日…ひがし東京チャプター・オフィシャルツーリングin伊豆・下賀茂温泉…
 …25日(土)日帰りプラン・西伊豆を目的地に、そこまで宿泊組と一緒にツーリング!
ただ今、参加申し込み受付チュ~(^^♪

【山梨県・御坂峠を駆けていく(*^^)v】

ハーレーに出会うと(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸主催の今年2回目となる「春のグルメツーリングIn山梨ほうとう」へ。
今回も、チャプターメンバーと車両を購入いただいたニューオーナーの参加を含めて66名の参加を頂き、盛大なマス・ツーリングになりました。

【快晴となったこの日は絶景の富士山】

今回もハーレーオーナーズグループ「ひがし東京チャプター」の役員である関根フォトグラファーにツーリングの集合から帰路までのベストショットから、700カットに編集し写真をCDにまとめて貰った。ホンの一部だがここへ紹介。
【中央道を一宮御坂ICへ向かった】

購入されたばかりの初心者ライダーをツーリングに誘うと、最初はライディングに自信がないのか「また次回に」と遠慮されてしまうが、それでも「初心者チームもあるので一緒に行きましょうよ」と誘うと参加をしてくれる方もいて、今回も4名いらっしゃった。

販売した我々としては、お客様が買ったハーレーを愉しんで欲しいと思うし、またツーリングもアフターサービスのひとつであり亀戸店のおもてなしと考えている。

【御坂峠を亀戸のハーレーオーナーが駆ける】

亀戸店には135名が集うハーレーオーナーグループ「ひがし東京チャプター」がある。1998年の創設から21年目になり、1月1日~年末まで年度会員制ながらも延べ2100名が集う。この10年間ではご夫妻でそれぞれハーレーオーナーとなる「カップルライダー」も珍しくない。

【釈迦堂PAで南アルプス連峰を背に(^^♪】

例年年末までには総勢150名の会員となり、その運営にはチャプター役員14名と、事務局のハーレーダビッドソン亀戸の小生と妻であり会計担当のチーフ、この16名により、年間12回のツーリングをプランしている。

【富士山麓を千鳥編成走行で】

7チームから8チームの編成になることが多い。事前のコース打合せには休憩場所、給油タイミングなどをメンバーに伝え、引率する。そのチームリーダーは全員がチャプター役員だ。彼らもまた同じツーリング参加費を払って役員活動に貢献している。

【鉄馬に跨る亀戸のオーナーたち】

最初はXLスポーツスターやダイナからハーレーダビッドソンオーナーになった人も、3年を境にツアラーモデルへランクアップすることは珍しくない。また年間走行中も10000kmは普通、30000kmのメンバーも少なくない。次回のツーリングは4/21【HOGラリーIN大笹牧場】へ。参加に関してはハーレーダビッドソン亀戸のチャプターノートへ記名ください。

【大型二輪免許取得費用10万円支援!(^^)!】

たかがオートバイ。されどハーレーダビッドソンとライダーとの間には、人と機械を超えた成り立ちがある。ずっと前からそうだが、まだ大型二輪免許を取る前にハーレー亀戸のショールームで出会った時は、普通のサラリーマンだった。

そして、ハーレーに乗り始めたら、ライフスタイルが大きく変わった事実を、これまで多く見て来た(^^♪…今年も好い出会いを期待したい。

4月はファンライドラリー in 栃木へ行こう!

東京・亀戸の桜も満開見ごろを迎えています。

今年は「平成最後」の4文字を多く目にしますね。新年号がどんなものになるのでしょうか。

4月21日開催「ファンライドラリー in 栃木・大笹牧場」へ、亀戸のチャプターの希望者でツーリングしましょう。

【ファンライドラリー in 栃木・大笹牧場】

HOGメンバーなら、どなたも自由に事前申込なしでエントリーできます。
なお、亀戸のひがし東京チャプターでは、参加希望者をチャプターノートへ記入いただき、当日の朝、東北道・蓮田SAに集合して現地まで揃って行こうと思っています。

【4月21日はHOGツーリングへ行こう】

ひがし東京チャプター・HOGメンバー イベント案内
ファンライドラリー in 栃木
H.O.G.メンバーなら誰でも申込不要・無料で参加可能!気軽に立ち寄れるライダーズプレイス
☆…開催日程  2019/04/21(日)
  開催時間 09:00~15:00開催場所 大笹牧場 駐車場/〒321-1264 栃木県日光市瀬尾字大笹原3405

☆…ひがし東京チャプターより10名以上のエントリーが、あれば、当日「蓮田SAへ集合」まとまって行きましょう。参加希望者はHD亀戸のチャプターノートへ記名ください。

【2年毎に開催しているアメリカツーリング】

ハーレーダビッドソンのHOG/チャプターに思う!
バイクメーカーとして、ユーザーを楽しませる事に長けているハーレーダビッドソン。他のオートバイメーカーと製品特性が異なりコミューターなど小排気量モデルは生産していない。

ハーレーダビッドソンを求めるコア・ユーザーは専ら「オートバイを趣味として愉しむ」。だからこそ、ユーザーが楽しみにしているツーリングイベントは大切だ。

【年間6回開催のオフィシャルツーリング】

ハーレーダビッドソン正規ディラーでは、それぞれの地域で「チャプター」を運営している。入会しているメンバーは主にそのディラーで車両を購入した方である。
チャプターというグループは同じでも、その活動内容や開催頻度は異なる。

自画自賛となるが、亀戸の「ひがし東京チャプター」が主催するツーリングは他のチャプターから範とされること多くある。1998年に創設以来、ひがし東京チャプターのツーリングスタイルは、多くのメンバーへ伝えられきた。転勤や他銘柄へ乗り換えなどでチャプターから去った人も、ひがし東京チャプターのマスツーリングを想い出していることでしょう。

【メンバーみんなで創るチームワーク】