ウィンターバーゲンでカッコ好く‼

お得なご案内です!(^^)!

12月27日(木)まで、ハーレーモータークローズをウィンターバーゲン(^^♪…最大50%OFFのブルゾンに人気集中。

早い者勝ちの在庫限りとなっています。お早目にご覧いただき試着などお手にとって見てください。

【ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームから】

ハーレー乗りの常連さんは「冬こそツーリングシーズン」と、週末が好天だとどんなに冷え込んでも、日帰りツーリングへ出かけている。そこに必要なのが防寒対応だ。バイクに乗り向かい風を受けると体感温度は7℃下がると云われている。

外気温が10℃前後ならウィンタージャケットやブルゾンでOK。
10℃を下回る時間が多い場合は「ヒーティング・インナースーツ」があると、保温機能が高いので関東地方のマイナス5℃の激寒時に対応したい。

【ウィンターバーゲンはショールームで】

ハーレーライダーでなくても、街着としてお求めいただくことも少なくありません。特に年配の方がハーレーモータークローズを着ていただくと一気に若がえりますよ(^^♪

これからクリスマスを迎え、多いのがハーレーライダーの彼氏や、お嬢さんや息子さんからの、お父様へのクリスマスプレゼントとして、ハーレーモータークローズをお勧めいたします。きっとお喜びになりますよ(*^^)v

【電熱ヒーティング・インナースーツ】

ハーレー仲間で駆けるツーリングは、1月3日の「初詣ツーリングin鹿島神宮」を新年の皮切りに、1月20日はハーレーダビッドソン亀戸が主催する「新春ツーリング㏌三浦半島」と続きます。

これらの真冬のツーリングは、朝の集合時でマイナス5℃であったことも(^_-)-☆…そんな時、ヒーティング・インナースーツが暖かライディングで包んでくれます。

【冬こそツーリングへ】

ウィンターツーリングは空気は澄んで呼吸も爽やかに、そしてハーレーの空冷ビッグツインエンジンは夏と違って、すこぶる元気な乾いたエキゾーストサウンドをたなびかせてくれます。

【亀戸のハーレー仲間で行くチャプターツーリング】

片道250kmを目的地としている亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」のツーリングは、どんな激寒でもセル1発でエンジン始動、またツーリング中にマシントラブルはほとんどありません。

これも、日頃からハーレーダビッドソン亀戸にて点検整備をキチンと利用されている結果だと思います。

ハーレーにとっても、またオーナーにとってもツーリング時の安心と安全をキープ。
さらに、一緒に駆ける仲間80名とのマス・ツーリングでは、一日快適ツーリングを分かち合うことができます。

また、サービス工場の日頃からのご用命と、ご利用に感謝を申し上げます。

カスタマイズへの道(*^^)v

ハーレーダビッドソンのオーナーになると3つのキーワードが浮き出てくるようだ…楽しみ 若さ 優越感 。

べつに高速道路をかっ飛ばなくてもいい。自宅の周辺をチョイ乗りで流していても楽しい。

「エッ ハーレーに乗ってるの?」と聞かれ、友人の驚く眼差しに若さでちょっとリードできた気分になれたこと。

「カッコいいねぇ~」と、信号待ちで声をかけられることも…たまに(*^^)v。そんなシーンに巡り合うと、3つのことにあとから気づく。

その愛車が自分だけのカスタマイズで仕上がっていると、それは究極的満足ワールドだ。


【ハーレー・カスタマイズへの指南書】

スポーツスター・カスタムブック(ムック本)が新刊。これからXLスポーツスターの購入検討や、カスタムを考えているオーナーには持ってこいの指南書になるはず。


【XL1200Xをカスタマイズしたレディースライダー大熊さん】

大熊さんは、ご夫妻そろって亀戸のハーレー仲間であり、それぞれがライダーオーナーだ。


【HD亀戸でカスタム 取材され掲載へ】

カスタマイズと云っても方向性がしっかりしていないとカッコ好くない。はっきり言ってダサいのも多い。ハーレーには5つのクラス・カテゴリー(ファミリー)がある。オシャレにトレンドがあるように「風」や「流」がそこからみてとれる。


【ライトひとつ選ぶにもセンスが必要】


【ハーレーモータークローズで決めたい】

T-SHIRTS&GUARDIAN BELL HD・KAMEIDO TOKYO


【T-SHIRTS/HD・KAMEIDO 】

温暖の変化の大きいこのごろですが、日ごとに春へ向かっている風を感じています。寒くても暑くてもコンスタントに売れていくのがTシャツですが、その圧倒的にお買い物してくださるのは台湾、マレーシア、タイ、インドネシアなどの外国人旅行者。

また外国人向けに大胆なカラーデザインも入荷しています。さらにハーレーオーナーに人気のハーレーダビッドソン亀戸・オリジナルTシャツ&ロングTシャツが新入荷しました。

「東京」・「亀戸気質」など日本文字をプリント。サイズはM・L・XL・XXL・3XLを取り揃えています。

「GUARDIAN BELL 」は昨年春に新入荷以来、「交通安全のお守り」・「幸運を呼ぶ」とプレゼントなどで大人気。この春、新デザインを含めて新入荷しました。

【GUARDIAN BELL 】

幸運を呼ぶ「HD GUARDIAN BELL」入荷(^^)/

アメリカでは、交通安全のお守りとして、車両に付けます。ハーレーダビッドソンならガソリンタンクの下あたりから地面に近いフレームにチェンで下げたり、クルマならバックミラーのステーに吊るしたり。
とにかく、進行方向の悪霊を払うと言い伝え。またこのガーデアン・ベルをプレゼントされると、その幸運が倍増するとか(^^)/


【36種入荷しました】

新入荷から、いつも1ヶ月足らずで8割が売れて行ってしまう。今ならデザインもいろいろ選べる。今シーズンを道にひそむ悪運を払い安全なハーレーツーリングにあなたも一個いかかでしょうか(^^♪


【ハーレー用・クルマ用をお買上げくださった間宮さん】

港区白金台にお住まいの間宮さん、ハーレーダビッドソンも当店からダイナも2台目へ。


【オール¥2980】

2012年カレンダー!

来年の“ハーレーダビッドソンで行くツーリング日程”・・やっぱり大安か友引にしよう。なんて結婚式じゃあるまいしと思いながら「2012年カレンダー」をめくった。「2012・ハーレーダビッドソンカレンダー」、男臭い雰囲気が大好評でショールームにて好評販売中・1200です。            【ハーレーダビッドソン正規カレンダー

当店のビル東隣に結婚式場「アンフェリシオン」がある。“大安”の日は式場前のにぎわいで直ぐに解る。日取りを気にしないと云うか、最近ではこだわらないカップルも増えてきたようだが、やはりおめでたい日には吉日を選びたいっておふたりは多いようで、人気があるのは大安、友引。先勝、赤口、先負でも吉の時間帯ありとか。                      【NHK天気予報士カレンダー】

ところで人気の売れ筋カレンダーを調べたら、ご覧の「HNK天気予報士カレンダー」がベスト5に入っているらしい。カレンダーのタイトルだけを見ると買う気はおきないが、キレイな予報士のお姉さんを見ると気分も好いし、天気(転機・・)も好天の気配になる願掛けもあるのかしらん・・?                           【大空を飛ぶゼロ戦の2012カレンダー】

さてさて、今日はこれが書きたかった。小生の趣味った紹介でごめんなさい。「クラブハーレー」の出版元「えい出版」から発売された。本屋さんが選んだ日本一面白い本、講談社刊「永遠の0」。小生も読み、生涯忘れられない1冊になった。ここに登場する「零戦21型」がカレンダー全編に登場。めくると、すべてをポスターにしたくなるゼロ戦の美しい飛翔シーンに見惚れてしまった。

カスタムに妥協は要らない!

最新2011年モデルのハーレーダビッドソン・ダイナストリートボブ/FXDBを、亀戸サービスファクトリーにてカスタマイズハーレーに。テーマは“街の駿馬”、ニックネームは『ダークウエスト』にした。完成してショールームに展示中で、もちろん販売します。他にないdsc00009貴方だけの1台にしませんか?                    

 

 

【個性的なカラーペイントは妥協のないダークウエストだけのもの】

ペイントは艶消しの「メルローサンゴロデニム」が渋く、野生的な雰囲気をインパクトさせる。dsc00021タンクグラフィックはピンストライプ職人により手描きされたものだ。エキゾーストパイプに耐熱帯を巻きミリタリームードも醸しだしている。さて、フロントウィンカーの位置に気付いただろうか?

【旧き良き時代のアメリカンムードもほんのりと】dsc00012                  アメリカに於いてハーレーはもちろん、クルマを含めるカスタムベースとなる「好き者世界」のふところは深い。「クラシックバイク&カー」と呼べども年代別から始まり、とてつもない分野に広がる。それだけ趣味を大切にしつつ他人の個性も認めるというお国柄だ。                800px-typical_rat_rod    【ホコリや錆びさえも似合うホットロットのクラシックカー】  

どこか「ダークウエスト」にムードが似てませんか?

ショールームにて展示販売中 FXDB・ストリートボブ「カスタムハーレーダークウエスト」 車両本体価格¥1990000

★東京都墨田区 長谷川さまよりご成約いただきました。

俺だけのカスタム!?

第二次世界大戦で活躍したアメリカ空軍(USAF)の戦闘機をイメージ。知る人ぞ知る「グラマンF6Fヘルキャット」や「ノースアメリカン・P51ムスタング」。そのグラフィックイメージをハーレーダビッドソン・ファットボーイへ。ハーレーグッズやアパレルにも案外USAFデザインは少なくない。dsc00023      【ショールームでひときわオーラを放つFLSTFB】f6f3

【グラマンF6Fヘルキャット】

ファットボーイに乗るならこの「ボンバーブルゾン」を着こなして走りたい。懐かしき1950年代を彷彿させるデザインだ。裏地にもさりげないアメリカングラフィックがチラリ・・・そこがこだわり。dsc00143

 

【限定発売のレザージャケット¥76900】 

ニューオーナーも、納車90日過ぎたあたりから自分スタイルや、チャプターツーリングで見た先輩達のカスタム。「同じハーレーでもメーカーノーマルとは違ったホイール」・「かかとも着きハンドルも低いポジション」カスタムも挙げればキリがないが、愛車と他車との違い、カスマイズな部分に気づいて来る。徐々にながら「ハーレーとは・・」が解り始めて来る。どのオーナーにも、つまりは「俺だけの・・」カスタムセンスに目覚めて行く。dsc09076

【横浜ホットロットカスタムショーから】

おかげさまで15日水曜日、東京・葛飾区在住のT・Tさんがご成約。2011/ファットボーイロー・FLSTFBのカラーバリエーションの中で「シルバーパール」は日本国内にあって希少でレアな存在だ。街できっと熱い眼差しを受けますよ!