ハーレー・特別金利0.99%&年内ご成約限定‼

来る新年には、ハーレーダビッドソンオーナーとなって自由に風と戯れる開放感を!(^^)!

2018年モデルの販売完了に、今だけ特別低金利0.99%(実質年率)を実施。または「HARLEY | メンテナンスパック™」のいづれかを新車ご成約の特典とさせていただきます。ぜひ2018年末クリスマスセールをご利用ください。

対象期間・条件
2018年12月25日までに通常ローン120回・ 10年プランで対象車種(新車)のご成約・ご登録を完了された方。

【ツアーモデルは各1台在庫限り】

ローン所要資金 200万円の場合・ボーナス時加算無し 0.99%の支払い例では

月々17,512円 金利総額 101397円 (3.9%の場合=金利総額418,428円)と大きくお値打ちです。

【ロードグライドスペシャル/ディラーカスタマイズ車】

ハーレーダビッドソンの伝統的な存在「ロードキングスペシャル」シンプルisクラッシックなデザインは、根強い人気のモデルだ。

【ハーレーとの出会いはスポーツスターから】

今回の年末クリスマスセールは、2018モデルの売り尽くし。新車のすべてのモデルが対象となっています。

これから大型二輪免許取得をお考えの方、頭金0円で、或いは納車時期を検討したい方など、無理そうこともお気軽にお問い合わせください。平成最後のクリスマスセールです!(^^)!

【ウルトラエデションのオーナーは35歳からお勧め(^^♪】

「ハーレーに乗るのは定年退職してから」…今でもいらっしゃる「ハーレー知らずな」お方とショールームでお会いすることがあります。「20代の頃、400のバイクに乗っていた。将来はウルトラエデションに」…久し振りに乗って見ようと思う。きっと本意は「スピードは出さずゆったりと走る」とおっしゃりたいのでしょう。

そんな趣旨のお話をお聞きすることが少なくありません。

しかし、亀戸店でお求めくださった60歳以上の方を見ますと、「ウルトラを軽快に取り回して、ツーリングへ出かける」と云った方は極めて少数。多くの年配ライダーは、自らの体験から「1歳でも若い時からスポーツスターから乗っておくべきだ」と後輩に語っています。

定年退職してからハーレーオーナーとなる前に、軽量バイクで走り、自身の動体視力や車体扱いに慣れておくことをお勧めします。

ウィンターバーゲンでカッコ好く‼

お得なご案内です!(^^)!

12月27日(木)まで、ハーレーモータークローズをウィンターバーゲン(^^♪…最大50%OFFのブルゾンに人気集中。

早い者勝ちの在庫限りとなっています。お早目にご覧いただき試着などお手にとって見てください。

【ハーレーダビッドソン亀戸・ショールームから】

ハーレー乗りの常連さんは「冬こそツーリングシーズン」と、週末が好天だとどんなに冷え込んでも、日帰りツーリングへ出かけている。そこに必要なのが防寒対応だ。バイクに乗り向かい風を受けると体感温度は7℃下がると云われている。

外気温が10℃前後ならウィンタージャケットやブルゾンでOK。
10℃を下回る時間が多い場合は「ヒーティング・インナースーツ」があると、保温機能が高いので関東地方のマイナス5℃の激寒時に対応したい。

【ウィンターバーゲンはショールームで】

ハーレーライダーでなくても、街着としてお求めいただくことも少なくありません。特に年配の方がハーレーモータークローズを着ていただくと一気に若がえりますよ(^^♪

これからクリスマスを迎え、多いのがハーレーライダーの彼氏や、お嬢さんや息子さんからの、お父様へのクリスマスプレゼントとして、ハーレーモータークローズをお勧めいたします。きっとお喜びになりますよ(*^^)v

【電熱ヒーティング・インナースーツ】

ハーレー仲間で駆けるツーリングは、1月3日の「初詣ツーリングin鹿島神宮」を新年の皮切りに、1月20日はハーレーダビッドソン亀戸が主催する「新春ツーリング㏌三浦半島」と続きます。

これらの真冬のツーリングは、朝の集合時でマイナス5℃であったことも(^_-)-☆…そんな時、ヒーティング・インナースーツが暖かライディングで包んでくれます。

【冬こそツーリングへ】

ウィンターツーリングは空気は澄んで呼吸も爽やかに、そしてハーレーの空冷ビッグツインエンジンは夏と違って、すこぶる元気な乾いたエキゾーストサウンドをたなびかせてくれます。

【亀戸のハーレー仲間で行くチャプターツーリング】

片道250kmを目的地としている亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」のツーリングは、どんな激寒でもセル1発でエンジン始動、またツーリング中にマシントラブルはほとんどありません。

これも、日頃からハーレーダビッドソン亀戸にて点検整備をキチンと利用されている結果だと思います。

ハーレーにとっても、またオーナーにとってもツーリング時の安心と安全をキープ。
さらに、一緒に駆ける仲間80名とのマス・ツーリングでは、一日快適ツーリングを分かち合うことができます。

また、サービス工場の日頃からのご用命と、ご利用に感謝を申し上げます。

プレミアムなロードグライドがショールームへ!

長距離走行を極めたロードグライド。大人気を浴びたCVOエデション2018モデル/中古車が入庫しました。

その人気を引っ張ってきたCVO独自の「ガンシップグレー」カラーモデルです。早期の販売必至の極上中古車は早い者勝ちの1台。

【CVO独自カラー/ガンシップグレー】

新車からまだ1年経過であり、メーカー保証も約2年残っている。販売価格は店頭にてご案内させていただきます。
参考までに新車価格 ¥4,565,600

【ショールームへ展示中】

新車と間違えるような輝きで、来店される皆様より注目をうけているCVOロードグライド。

【サービス工場ではツーリングモデルが点検整備中】

国内110店のハーレーダビッドソン正規ディラーは、アメリカミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンより、世界から集まる整備データーを基に改善点や変更された部品情報を、インターネットで送られてくる。

この情報を、正規ディラーに置く「デジタルテクニシャン」につなぐと、入庫したハーレーダビッドソンのエンジン状態や、走行中の状況が反映され確実な整備箇所の解析が可能になるのだ。

ハーレーダビッドソンオーナーにふさわしい方の信頼を戴き、オイル交換から定期点検でご利用をいただいているサービス工場は、「安心と確かな整備」が、ちゃんと判っていらっしゃるお得意様より、そんなお褒めの言葉も頂戴しています。

【株式会社マップラン:ハーレーダビッドソン亀戸】

関東運輸局 認証取得工場として32年間お客様へ信頼をいただいております「サービス工場」、関東運輸局長表彰はその日々のサービススタッフの「確かな信頼と安心を戴ける整備」をモットーにした賜物と感謝しております。

2019・亀戸のハーレー乗りの集い日程!

12月1日に開催した本年最終のチャプター役員会では、「2019年・ツーリング&イベント計画」を決定(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するニューオーナーツーリングなどで出会い、チャプターツーリングメンバーとして参加。

趣味を共に分かち合うハーレーオーナー137名の組織に育った。

【ツーリング集合の朝】

12月15日(土)に開催する「東東京チャプター総会」に於いてこの計画を発表。今年の活動報告と共に、2019年のツーリング計画発表。
この後、望年会・クリスマスパーティーへと続いていきます。

ぜひ、ハーレーダビッドソンモータークローズを着て参加頂くと嬉しいです。

【ツーリング集合で誘導のロードキャプテン打合せ】

今年開催した「春の黒潮グルメツーリングin日本平」が、最大のエントリー92名。8チームに編成して進行、この途中の休憩などの誘導も、ロードキャプテンやサポートメンバーによって進行。

オフィシャルツーリングは、開催日前に郵送する「ツーリング最終案内」には、集合場所や時間を参加申込された方へお知らせしています。

ずっと以前、その集合場所へ参加者の友人など無関係な方がやってきたりして小さな混乱があった。その部外者が昼食会場へも付いてきて困惑したものです。それ以来、事前に集合場所や時間を、参加者以外には漏らさないことや、ホームページ等ではツーリングコースを非公開としています。

【山澤ロードキャプテンの誘導は定評です】

参加者であるハーレーオーナーのライディング経験や、走りクセなどをある程度踏まえ、8名~10名のチーム編成している。
このチーム編成には、前出の最終案内でお知らせ。チーム区分のカラーリボンを同封、ツーリング当日には集合場所へ着いた時から、同じチームが揃うように事前準備している。

【サービスエリアでの休憩】

すべてのツーリングは、集合場所から解散場所までの走行距離を調べて、車種区分毎に給油場所も「チーム単位で指定」している。メンバーはそのチームに沿って給油。基本は集合場所に到着前にガソリン満タンがマナーであり、可能なら前夜に満タンしておきたいものだ。

【高速道路は走行車線を主に千鳥編成で駆ける】

チーム10名で高速道路を走行していると、追い越しによる車線変更でヒヤリとする事象が少なくありません。

前を走るのライダーについて行こうと、後方から迫るクルマの安全確認をしないまま車線変更するメンバーが毎回見られる。

各自が追い越し車線へ移動、また走行車種区分へ戻るタイミングでは「車間距離」に心がけたいものです。

【快晴のツーリングデーを願って】

ツーリングプランは開催から短くても30日前に立てる。その日が「晴れ」を前提条件だが、前日の天気予報に東京の降水確率が50%となると中止としています。

1998年のスタート以来、9月のツーリングを開催決定したが、集合場所で中止・解散となったのは創設以来初めてのこと。

極地的な線状豪雨という特異な天気に今回やられてしまったが、前日の予報とは違い、天気が急変することは、今後も起きると想定しておきたい。お天気ばかりはどうしようもないが、ツーリング中断を今後は避け、集合から解散まで一貫したい。

この9月のツーリングも解散後は、希望者20名により当初の目的地を目指し、雨には遭わずに栃木・黒羽を周遊して帰京できたのである。

【大いにツーリングを楽しもう】

2019年ツーリングプラン…日程の無いものは30日前に目的地と共にホームページ、マイナーツーリングはチャプターノートに記載されます。

1月3日 初詣マイナーツーリングin鹿島神宮

1月20日(日)新春オフィシャルツーリングin三浦半島

2月    早春マイナーツーリングin南房総

3月24日(日)春のオフィシャル・グルメツーリング

4月    マイナーツーリング

5月    HOG・ブルースカイヘブン

6月    マイナーツーリング

7月7日(日)サマーツーリング

8月    マイナーツーリング

9月8日(日)初秋ツーリング

10月5日・6日 秋の温泉BIGツーリング

11月    マイナーツーリング

12月14日(土)チャプター総会・望年会

「チャプター望年会」前に振り今年を返って!

今日から12月、師走の候でございます。

12月が締め括りとなる年の瀬とあって、本年のチャプター活動を振り返り、次年度の活動へ望んでいく。

我らハーレーを介して集う「東東京チャプター」は「出会い・集い・走る」の活動方針としている。

今年、ハーレーを購入して戴きチャプターメンバーになった新入会員は20名。19年以上メンバーとして在籍の更新メンバーを合わせ、総勢137名で2018年度を締める。

ハーレー亀戸で車両購入のご縁で、東東京チャプターへ入会して、一緒にツーリングを楽しもうと集う団体だ。

来る15日(土)は、恒例開催となった「2018・チャプター望年会&年次総会」をアンフェリシオンで開催。
日頃のハーレー乗りスタイルから一変して、ちょっぴりとオシャレして望年会へエントリー(^^♪…参加絶賛発売中~1名/6800円!参加申込お待ちしております。

【2016望年会から撮影準備のひとこま】

趣味を同じくする者同士、集まり分かち合うとその楽しみは増大する。同じハーレーブランドを遊び道具として所有、同じ目的地に向かうツーリングで風をうけて駆ける。
東東京チャプターは、ハーレーダビッドソン亀戸が運営事務局、新たにハーレーを持った仲間が出会い、その時を共有する。

愛車ハーレーのメンテナンスも、キチンと当店で実施のメンバーさんは多い。そのバイクの99%は故障知らずで終えたシーズンだった。

年間6回(1月、3月、5月、7月、9月、10月)をハーレーダビッドソン亀戸の主催を「オフィシャルツーリング」とし、これにフルエントリーすると「皆金賞」となる。これをチャプター総会・望年会にて発表し、当店より記念品を贈呈。

集まりに新入会員もいれば去る人もいる。その交流作用によって新しい団体としてのパワーも生まれて来る。

【2018・アメリカツーリングから】

6月13日、ラスベガスをスタートして1800Kmの「グランドサークル」をレンタルしたハーレーダビッドソンで1週間のロングツーリング。
今年は、9名ものャプターメンバーで駆けた。帰国後、また絶対に行きたいと、熱いリクエストを戴いた。

【グランドキャニオンにて】

ハーレーダビッドソンの生まれたアメリカ。その大地を5日間駆けると、「ハーレーが何故アメリカで生まれ115年の歴史を歩んできたのか」その回答が、カラダでつかめたような気分になる。

【2014・新春ツーリングから】

これまでの新春ツーリングでも、もっとも多くの参加を見るオフィシャルツーリングだ。参加数は同じように80名を超えるものの、メンバーは2割くらいは年毎に違ってきている。

「2019・新春ツーリングin観音崎」も、新たなメンバーとの出会いが今から楽しみでならない(^^♪

【2011・新春ツーリングから】

どんなコトも「継続は力」となっていくもの。続けていくにはチカラが備わってないと途中で投げ出してしまう。石の上にも3年。ハーレーダビッドソンも買ったら3年間は乗らないとね(^^♪。

少し前のこと、「10年前にチャプターでした。次回のツーリングに参加したい」と趣旨で電話があった。車両は1980年代のハーレー・ショベルヘッドエンジンに乗り換えたとのことだが、基本的なメンバー入会規約第一条である「ハーレーダビッドソン亀戸より車両購入し所有する方」から外れているため参加をご遠慮頂いた。

来る2019年の新春ツーリングは「三浦半島」が目的地だ。集合場所となる横浜・大黒ふ頭PAは8年振り。

2019年オフィシャルツーリングのエントリーの皆金賞は、ここから始まる。

ハーレーライダー1年生の集い!

ハーレーダビッドソン亀戸が主催する「ニューオーナーツーリング」は、春、夏、秋の年間3回。

車輛購入を頂いた初心者を対象に、ライディングスキルアップとマス・ツーリングの愉しさを伝授。

2005年より始めこれまで延べ900名のニューオーナーに参加頂いた。

【マス・ツーリングのルールを説明】

「秋のニューオーナーツーリング」には総勢31名。その誘導の貢献を頂いた「東東京チャプター役員・ロードキャプテン」は5名。彼らにより全走行距離250kmを安全運転で誘導されていく。

【7名/4チームに編成】

チーム単位にロードキャプテンから交差点、分岐点、高速道路での追い越しなど、安全なツーリングのノウハウとマナーをしっかり聴くニューオーナー。

【いざ出発~】

チームの前車がスタートから緩やかに加速をはじめ、バイクのバンク角が起きた時を見て、次の人が出る。
ライダーの視線は常に進行方向の遠くへ置く。

【パーキングエリアへの入路】

30台を超えるマス・ツーリングは、高速道路のサービスエリアではトラック・バスの駐車スペースをうまく使い、31台が同じエリアで駐車。

【出発から60分少しゆとりも】

ハーレーダビッドソンは、正規ディラーであればどの店も同じモノだ。しかし、それぞれの店舗は経営者が違う。モノ売りだけで終わらずに購入後ハーレーライフをしっかりサポート

車両購入のご縁を大切にして行きたい、このニューオーナーツーリング、参加者が80名に達する年間6回のチャプターツーリングも、ハーレー亀戸の独自のカスタマーサービスの一環で開催しています。

【東金道・野呂パーキングで休憩】

【現役最高齢91歳の下澤ライダー】

年間3回開催の「ニューオーナーツーリング」には、ほぼ毎回、亀戸店の象徴的なシニアライダーとしてエントリー。ロードキングを軽快にライディング。そのフォームにまったく年齢を感じさせない。

【ニューオーナのための車体取り回しセミナー】

ハーレーの車庫入れなど、初心ライダーにとって最初のハードルは取り扱いだろう。そのコツをワンポイントアドバイスで伝えていく。特に初心ライダーは真剣に聴いてくれる。小生は、二輪車指導員を資格を持ち、このような場で活かしている。

【レディースライダーが年々増加傾向にある】

日本のオートバイマーケットデータでは、大型二輪免許取得するのは年間7万人。ハーレーダビッドソンをお求めの方は約10000名、このうちレディースは700名~800名となっている。他のバイク銘柄よりもハーレーダビッドソンが最も女性エントリーが多い。

【ランチは毎回いすみ市の「あき」で】
金目鯛の煮付けは房総半島で一番美味い(*^^)v

【ツーリング後半はチームの分かち合いも】

毎年、ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングクラブ「東東京チャプター」には130~140名のメンバーが集う。ハーレーと出会い走って楽しめることを何よりも優先する熱い時、段階的にライディングも巧くなり、独りでロングツーリングの愉しみも解かってくる。みんなと一緒にチャプターツーリングを分かち合い、またある時は少人数でと、ハーレーには他のメーカーよりも強い「ライダー交流」を創り出す風が吹いている。

【ワインディングロードも軽快さが】

【今回のニューオーナーツーリングも無事完了】

道の駅・保田小学校(^^♪

道の駅・保田小学校…そう聞いたら訪ねてみたくなり休日のプライベートツーリングで行ってみた。

千葉・館山道を鋸南保田ICを出て左折したら目の前に「道の駅・保田小学校」の標識が見えて判りやすい。

【道の駅・保田小学校前学舎】

運動場は駐車場に替わっているが、校長先生が立ったであろう演台と旗台が元小学校の印象を残す。この校舎はレストランやコミュニティルームとして活用されている。

【二宮金次郎像が学舎であったことの名残】

道の駅ならでは、野菜や海産物を即売。地元の方はもちろん、東京や関東近隣からやってくる観光客でにぎわっている。

【道の駅・保田小学校物産館】

小生はツーリングをすると、その場所がこれからみんなを誘って行くツーリングコースとなるかどうか、駐車場の大きさや地形なども観察していく。初心ライダーを施設への誘導や公道との接点、また入りやすさなども視ている。

【亀戸のツーリングリーダー】

亀戸店が主催するツーリングは初心者ライダーのエントリーを基本にプラン。初心者の誘導やアドバイスはベテランライダーの貢献が不可欠である。

【地元主婦の手作り料理】

【かぁちゃんのカレーライス】

南房総へ。ぶらりツーリングで訪ねてみてください。