2018・アメリカツーリングレポート④

アメリカツーリング・グランドサークルを巡る走行距離では、折り返しになった。

ラスベガスから1000km超のロングツーリング。レンタルした9台のハーレーダビッドソンにも、全車に装備されたクルーズコントロールを巧く使い、ハイスピードでのクルージングもカッコいい。


【グランドキャニオンを後に】

心もとなかった左折にも、すっかり慣れてきた。小さな町に近づくと速度規制が50、40、30㍄と下がって行く。家の陰にはパトカーや白バイが待ち構えて町の交通安全を守っている。これまで亀戸のハーレー仲間に検挙されたメンバーは居ないが他のグループでは2例あると聞く。この速度制限を見逃すと日本と違いサッと捕まるという。


【アンテロープキャニオンへ到着】

アンテロープキャニオンは地底の谷。この美しいウェーブは、何万年もの時間の中で大洪水が岩盤を削った跡だという。我々亀戸の仲間も、入口からワクワクしながらキャニオンに脚を踏み入れた。


【流線の造形美アンテロープキャニオン】

太陽がアンテロープキャニオンの真上に来た時、陽射しがキャニオンにサーチライトのように照らす。その瞬間を目指して駆けた。


【アンテロープキャニオンへの送迎トラック】

インデアン居留地にあるアンテロープキャニオン。観光拠点となる町ページからインデアンが運転するトラックの荷台のベンチ椅子に揺られてキャニオンまで送迎される。「一人/8000㌦だから彼らのいい収入源だねぇ」などとトラックの荷台で旅談義に。


【世界から観光客が訪れている】


【東東京チャプター・アンテロープキャニオンへ】


【これから標高差のある山越えに空が曇って来た】


【ナバホ国定公園】


【ナバホブリッジ】


【ナバホ国定公園でチャプターフラッグ】


【大平原を真っ直ぐにザイオン国立公園を目指して】

いよいよ「2018・アメリカツーリングレポート⑤」で完結。ご期待ください。

京成ドライビングスクール平日試乗会!

毎月ホームページにてご案内。平日の教習コースを、じっくりと1時間インストラクターよりライディングアドバイスされながら、ハーレーダビッドソンを試乗。
毎月、大好評を頂いています。どなたでも自由に無料にて参加いただけます。特に、これから大型二輪免許を取得予定の方、普通二輪免許教習の方、ハーレーダビッドソンを京成ドライビングスクールコースでお試し頂けます。


【京成ドライビングスクールコースでお試し】

自由に参加をいただけます。事前にハーレーダビッドソン亀戸へお電話か、ホームページよりメールをいただければ会場にてお待ちしております。

【大型二輪免許を取ったら亀戸で公道試乗へ】


【この夏ハーレーダビッドソンオーナーへ】

免許取得サポート最大10万円
憧れのバイクをその手に
大型二輪免許をお考えのあなたへ!

今からライセンスチャレンジ(^^♪…9月30日(日)までに大型自動二輪MT免許を取得し(教習所を卒業)、ハーレーの新車を購入すると、最大10万円サポート!

今すぐ申し込んでオリジナルキーホルダーを手に入れよう。

※数に限りがございます。無くなり次第終了しますのでご了承ください。

ハーレーダビッドソン亀戸からライダーデビュー(^^)/

真夏の陽射しの中、スポーツスター1200ロードスターの納車をさせて頂いた三鷹市にお住まいのY・I川さま。ハーレーダビッドソン亀戸より納車のお客様には珍しい「多摩」ナンバーに、その状況をお尋ねすると実家は江戸川区とおっしゃる。Yさんの250スクーターからランクアップ、ハーレーライダーデビューをお手伝いさせていただきます。


【もう直ぐに梅雨明け宣言】

国産バイクからハーレーダビッドソンへ乗り換えられるライダーは、購入後のアフターサービスの大切さを実体験として分かってらっしゃる。特に車検対象となるハーレーダビッドソンならその重要性が高い。

メンテナンスでの利用はもちろん、ハーレーダビッドソン亀戸が主催するツーリングや色々なイベントに、お得意様として大手を振って参加できることも嬉しいことでしょう。


【いつかはアメリカツーリングへも】

ハーレーダビッドソンをお求め頂く多くのお客様は「ツーリングや走る愉しみを趣味として」が100%です。通勤通学の用途で購入される方は、まずいらっしゃらない。それだけに購入でのお付き合いが大切になり、ハーレーダビッドソン亀戸を介して出会うハーレー仲間との交流は、何事にも代えがたいもの。


【2年に一度アメリカツーリング開催】
今年の開催「2018・アメリカツーリング」には9名も亀戸のお客様がエントリー(^^♪…日頃の当店主催「東東京チャプター・ツーリング」常に参加してきた9名の仲間。その技量を知るからこそ総走行距離1850kmのアメリカツーリングを愉しく完走できたのだ。


【200台限定 0.99%特別金利キャンペーン】

200台限定 0.99%特別金利キャンペーン…好評をいただいております(^^♪

期間 2018年6月23日〜9月30日

ツーリングモデル新車をご成約&納車の方に、実質年率0.99%の特別低金利でHARLEYハーフアッププランがご利用いただけます。(CVO・トライクモデルは対象外です。) 最長5年まで。

現在、あるいは将来の予算に応じて、車両本体の最大50%を据置可能です。契約期間終了後の安心プランもございます。

●購入価格300万円なら、半分を据置して150万円の5年(60回お払い)毎月のお支払は¥26,800

(例1)頭金として150万円をお持ちなら、契約終了までお支払はありません。
(例2)毎月のお支払をして、5年後に据置金額を一括、あるいは分割プランに切り替え、またはお乗り換えなど。

ハーレーならではの安心ローンプランを!(^^)!

予算やタイミングが悪く諦めていらっしゃる方や、常に最新モデルでお乗り換えを検討されていらっしゃる方!ぜひこの機会をご利用ください。

2018・アメリカツーリングリポート③


【亀戸のチャプター仲間】

ルート66の街ウィリアムズからグランドキャニオンを観光。モニュメント・バレーを目指して亀戸のチャプター仲間9名は駆ける。

グランドキャニオン周辺の森林を縫って走った道から、標高も下って行くと一転砂漠となる。3日目ともなると、それまでの睡眠不足もあって時差ボケがフッっと襲って来る。

東京との時差16時間、まるで1日が真逆だ。走る仲間も襲ってくる睡魔との闘いだろうが、ハーレーでの走りにふらつきはない。


【モニュメントバレーに近づく】

3日目は、モニュメント・バレーの中でも眺望が素晴らしいホテルだった。モニュメントバレーをインデアン居留地で公園ではない。日本に例えるならばアイヌの集落と思えば近いだろう。岩場や平原に彼らインデアンの住まいを見ることができる。


【モニュメント・バレー】

走行距離も1000km近づく。ラスベガスから乗ってきたレンタル・ハーレーも絶好調で、その扱いにも馴染んできた頃だろう。日本ではFLS/ダイナ・スイッチバックに乗るS山さんも、すっかりFLHX/ストレートグライドをこなしている。


【気分はカーボーイだ】

ラスベガスの気温は36℃を朝から超える。ホテルの部屋はガンガンにクーラーが効いて半袖では寒い。そんな「クーラー風邪」をひいたのか?…M伏さんは風邪気味だと言いながらも80㍄で快調に駆けている


【夕陽をモニュメントバレーで見る】

モニュメント・バレーの雄大さは、写真では10%も伝わっていないのではないか? 夜明け前の暗闇から朝焼けに向かうオレンジ色とブルーのグラデーションはため息がでそうなくらい素晴らしい。


【ディナーはインデアンステーキ】

1日約400kmをハーレーダビッドソンで駆けて、ホテルで呑む冷えたビールは最高に美味しい。モニュメントバレーからクルマで30分、インデアンハットに着く。そこで食べるインデアンステーキがたまらなく旨い。

次回は、通常ブログに挟みながらアメリカツーリングレポート④をお送りいたします。

夏のニューオーナーツーリング開催(^^♪

雨は、午前中に上がる予報だった。
しかし。31名誰もその雨を理由に欠席することは無く全員集合(^^♪…夏のニューオーナーツーリング開催へ!


【九十九里道路の湿った路面を快適に(^^♪】

ニューオーナーツーリングは、ハーレーダビッドソ亀戸にて車輌購入から1年未満の初心ライダー向けにプランしたスキルアップイベント。また車輛を乗換えたお客様もお誘い、慣らし運転も兼ねた、ライダーとしてはベテランも参加している。

【水溜まりに注意しながら】


【いすみ市の海鮮料理店「あき」で】

海鮮料理店あきで毎度おなじみの「金目鯛の煮付け定食」を戴いて、おもてに出ると陽射しがさして来た(*^^)v


【午後から雨が上がって】

午後からワインディングロードは路面はドライに(^^♪…快調は走りへ。


【ニューオーナーもCVOを持つ】

ニューオーナーツーリングは「車輛ランクアップ誘惑の集い」となっている・・・・なんて、誰かが自己紹介で言っていたが、まんざら外れてはいないような(笑)…次回の秋のニューオーナーツーリングでは、その誘惑に乗って!(^^)!再会が楽しみです。

最上級のハーレーと出会う!

ハーレーダビッドソンツアラーモデルにあって最上級のクオリティを放つCVO。
それは先進の機能を満載し、スポーツ性とダイナミックさを備える。

いよいよ、亀戸へ2018年モデルFLTRXSE・CVOラストオーダー車両が入庫しました。


【モノクロでパフォーマンス】

これまでハーレーダビッドソンツアラーモデルの中でも、亀戸での販売実績が多いFLTRXS・ロードグライド。毎年秋に新発売されるイヤーモデルを試乗車として、乗っていることも手伝って新車を検討されているお客様に好印象となっているのかも知れない。


【FLTRXSE・ロードグライドCVO】
ツアラーモデルでは唯一のディアルヘッドライトで、車輛を真正面から見ると二眼が圧倒してくる。


【FLTRXSE・ロードグライドCVO】

「Screamin Eagle」のパワーでアップグレードされたカスタムチューニングの117Ci/1923㏄エンジンをはじめ、ホイールやデラックスペイントなどのこだわりが満載。ワイヤレスヘッドセットインターフェースモジュールや、最上位のサウンドシステムなどあらゆるテクノロジーが惜しみなくつぎ込まれている。車輛価格¥4,565,600

あなたの新しいハーレーライフを創造します。

アメリカツーリングより全員無事に帰国(*^^)v

2018・アメリカツーリングへ行って来ました(^^)v


【HD・ラスベガスを背に東東京チャプターメンバー(^^♪】

日本国内で乗っている愛車と同じモデルを基本に予約を完了。レンタルするハーレー、今回は全車ツアラーモデルだ。


【レンタルしたハーレーダビッドソン】

いつも日本国内で乗る愛車は、シートやハンドルを自分スタイルにカスタマイズ。しかし貸出される車輛は「完全ノーマルスタンダード」。外観チェックのあと契約書にサイン、車輛の管理責任は返却する日まで負う。


【ハーレーをレンタル契約を各自でサイン】

ハーレーダビッドソン亀戸のお客様でありハーレーオーナーズグループ「東東京チャプター」メンバー9名が「2018USツーリング」から全員無事に帰国(^^♪。
メンバーの中で、初心者はおひとり、昨年7月にハーレーライダーデビューのS山さん。

あとのみなさまは、3年から10年以上のキャリアを持つベテラン勢。また、それぞれハーレーでの走行距離は、これまでも年間通算では5000kmを軽く超えライディングレベルは中級・上級クラスだ。

「いつかはハーレー」との想いを実現したメンバー。また、オートバイ乗りなら一度は走って見たいアメリカ。
ハーレーダビッドソンの母国、アメリカ大陸を駆けると、何故Vツインエンジンが誕生したのかが判るはずだ。


【ラスベガス空港に到着】

そんな夢を抱きながら育った今回の参加メンバーは、戦後の昭和生まれだ。13日の午後2時、羽田空港・国際ターミナルへ熱く集合(*^^)v…ロスアンゼルス空港を経由、ツーリング出発地ラスベガス空港へ向かった。


【ヒストリックルート・US R66】

初日、目指すルート66はハーレーライダーにとってドリームロード「Historic Route 66」と呼ばれ、大陸を横断するこの道はアメリカ西部の発展を促進した重要な国道であり、映画や小説、音楽などの中に多く登場し、今なおアメリカのポップ・カルチャーの題材にされているアメリカの歴史的国道なのだ。


【ラスベガスをレンタルハーレーで出発】

初日、ラスベガスのホテルへ夕刻に(時差の関係で同日)到着。これから駆ける1850kmのロングツーリングに体調を整えなければと、参加者全員の意識はいつもより高い。が、時差と嬉しさの興奮からか眠れないのは毎回だが…(^^♪。


【アメリカツーリングの相棒が決まる】

添乗員(現地に暮らす日本人ガイド)が乗るサポートカーには、全員のトランクが積まれる。更に、車内の大型アイスクーラーには、たっぷりの氷で冷したペットボトルやコーラーなど、それぞれ30本が積見込まれる。

猛烈な紫外線とラスベガスの日中の気温40℃を超える。毎日7時間駆けるには絶対に水分補給は欠かせない。今回も、休憩の度に500mlを一気に飲み干してしまうメンバーたち。乾ききったノドを通る冷水はまさに「生き返る」喉越しだ(*^^)v

明日から、ネバダ州、アリゾナ州を駆けたアメリカツーリングレポートをお送りいたします。