伝説の「たい焼き」に3時間待ち!

昭和28年(1953)に創業から、天然物として1尾づつ焼き上げる四つ谷のたい焼き名店「わかば」を初めて訪ねた。
着いた瞬間、その行列の長さに驚いたが、待たずにそのまま帰ろうとも思った。がしかし…たい焼きのこんがりとした焼き上がった香りや、先客の旨そうに食べながら帰る顔を観ると、そのまま3時間を待った。

【わかばの店先】

今日の行列には115人が並ぶ(先頭から数えてみた)。それは「ここから3時間待ち」になると、近隣の電柱に張り紙で「わかば」から並ぶ客へ知される。
この朝、NHK番組「ドキュメンタリー72時間」に、ここ「わかばのたい焼き」がオンエアーされたのも、今日の行列の原因でもあったようだ。

【アンコは隅々まで詰まっていたわかばのたい焼き】

わかばは「天然物」。たい焼きの鋳物型は1尾づつ焼き上げるのが「天然物」で、数尾を一度に焼く、つまり量産するのは「養殖物」と呼ぶようだ。

【天然物と呼ばれる焼き方】

行列は行列をつくる…実際その通りで、その対象が食べ物だと並んでも食べたくなるもの。小生は、いつも対象のお店の写真を撮って後日、空いてる日に再訪するため、スマホには情報保存をしている。

【わかばのアンコは並ばずに買える】

甘さにくどさが無くて程よい、飽きの来ない甘さのあんこも大人気のようで、次から次へと飛ぶように売れていく。我々も1㎏パックを買った。

話はツーリングへ移るが、ハーレーダビッドソン亀戸から仲間同士、大勢で駆ける日帰りツーリング。
集合場所から解散場所までは給油をしないで走る。そのため満タン集合がマナーとなる。

【ツーリングは満タン集合がマナー】

燃費と走行距離から走行プランを立て、途中給油はガソリンタンクの小さなバイクに限って行う。しかし、マス・ツーリング不慣れライダーや、ガソリンメーターの目盛りが減ると直ぐに給油する人、そんな参加が多いと給油行列を造り、参加が70台を超える仲間の待ち時間を長くしてしまう原因になる。

楽しいツーリングは、一人一人が協力して創るもので、当日のお世話をしてくださる役員や引率者へ「感謝の心」をもって参加したい。

この秋よりハーレーオーナーデビュー(^^♪

ハーレーダビッドソンを購入されたばかりのお客様を誘って行く「ニューオーナーツーリング」。年間3回春・夏・秋と主催。スタートは2005年から、初心者向けのツーリングプランとし、ライディングスキルアップを目的としたイベント。

それまで、チャプターオフィシャルツーリングへお誘いした初心ライダーの方から「速くて付いて行けない」と意見が聞かれる。

その状況を詳しく聴くと、1例では「サービスエリアから高速道路への進入時に加速でおいて行かれる」…大型二輪免許取得講習時、自動車教習所では高速道路の教習はない。

スピードに関して、状況判断と運転経験も少ないことから、初心ライダーの視点から、ツーリング・カリキュラムを作り、実行していった。

【CVOリミテッドへお乗換えのベテランオーナーD・Uさん】

初心ライダーを中心とした「ニューオーナーツーリング」であるが、ハーレーからハーレーへお乗換えのオーナーにもエントリーしていただき、ナラシ運転を兼ねての参加をお誘いしている。

【今回唯一のレディースライダーはヘリテイジクラシック】

スポーツスター1200から、ビッグツインエンジン1745ccを搭載した「ヘリテイジクラシック」へお乗換え戴き、すっかりサマになっていらっしゃるF・Cさん。

【S・Sさんのヘリテイジクラシック】
Sさんは、ハーレーダビッドソンの直前バイクはヤマハドラッグスター。「ヘリテイジクラシックに乗り換えてロングツーリングが楽しみになりました」とすっかり秋のツーリングを堪能している様子。

【大宮市在住のN・Mさんのファットボーイ】

【S・MさんのローライダーS】

【N・Sさんのストリートボブ】

【M・Aさんのストリートグライド】
【K・Kさんのストリートボブ】

【T・Oさんのブレイクアウト】

【S・Nさんのブレイクアウト】

【H・Tさんのブレイクアウト】

【M・Oさんのブレイクアウト】

【H・Kさんのロードグライド】

【H・KさんのXL1200NSアイアン】

【K・IさんのストリートXG750】

【G・IさんのストリートXG750】

【I・YさんのXL1200CXロードスー】

【K・MさんのXL1200Xフォーティエイト】

【R・OさんのXL1200XS/フォーティエイトスペシャル】

ハーレーダビッドソンと云うオートバイを通して、走る歓びも伝えたい。車両販売のご縁から始まる永いお付き合いは、メンテナンスや点検整備と共に、ハーレー乗りとして「ツーリングを楽しむ仲間」でありたい。

秋のニューオーナーツーリングを完了!(^^)!

ハーレーダビッドソンと出会って豊かなバイクライフを!車両の購入から始まる永いお付き合いのスタートは、乗って走って見ること。

それは、この夏以降にハーレーオーナーとなった方をお誘いして開催している「ニューオーナーツーリング」だ。

今回も、26日土曜日に納車したばかりの新車で参加したおふたりを含めて、総勢22名の「秋のニューオーナーツーリング」となりました。

【HOG EAST TOKYO CHAPTERは亀戸のグループ】

ニューオーナーツーリングへエントリーするメンバーには、2台目以上で、中には5台目に乗り換えたニューマシンでの参加もお誘い。その新車ナラシ運転と共に、ニューオーナーのチャプター仲間へお誘いの機会としている。

【ライディング・ワンポイントアドバイスを実施】

ハーレーの取り回しや、基本的な扱い方をレクチャー。ニューオーナーツーリングでは、毎回このワンポイントアドバイスを休憩時に開催。

【ランチは外房いすみ市のあきへ】

ニューオーナーツーリングでは、毎回ランチでお世話になっている千葉県いすみ市のいけす料理・あき。今回も女将と(^^♪

【九十九里シーサイドラインを快走】

ツーリング途中には、初心ライダーらしい出来事も起きる。ガソリン残量表示が点灯すると、そこからの走行距離は50kmが目安だ。

XL1200Xは、ガソリンタンク容量が9㍑、1ℓ当たり18kmと見ても162kmの走行距離になる計算。その為か、予備タンクを持参していたが「停まってから補給しようと思ってます」と返答された。しかし、高速道路でガス欠し、その路上での補給なんて危険だし、空になったタンクからエアーを吸い込み、エンジンが直ぐに始動しないこともあるのだ。
補給は休憩時にやっておきたい。

【市原SAにて全員無事に帰京】

次回のニューオーナーツーリングは、2020年4月開催を予定しています。

ハーレー・CVOに魅せられて(^^♪

3台目へお乗換えを戴いたD・U様は、このハーレーダビッドソン・CVOウルトラエデションのオーナーへ。今回はロードグライドCVOから、ウルトラCVOとカウリングは伝統的なスタイルで、ハーレーらしさを象徴する。

【CVOウルトラエデションのオーナーD・U様】

1997年「純正カスタムモーターサイクル」をコンセプトに特別生産を開始する。CVOとは「Custom Vehicle Operation」の略で、ハーレーダビッドソンの熟練技術者の手により組み上げられる。
さらに他のシリーズを持てる技術のすべてを投入して、CVOだけのデラックスなペイントや、豪華パーツにより独自に仕上げている。そのため、他のシリーズより価格は高めとなっている。

【ハーレーダビッドソン・CVOウルトラエデション】

それまで大切に乗ってきたハーレーダビッドソン「FLTRSE・CVO」からお乗換え。CVOのオーナーは車両価格が400万円を超えるだけに、オーナーも少数となるがそれだけに希少で選ばれ、選んだオーナーだけに世界がある。

【次のツーリングもニューCVOにタンデムへ】

10月27日の「秋のニューオーナーツーリング」へも、このCVOでエントリーしていただいています(^^♪

やっぱり秋の温泉ツーリングは最高~(^^♪…①

1987年から連続33回目の開催となった「秋の温泉ツーリング」。今回も、秋晴れに恵まれ信州・湯田中温泉へ駆けた。
このブログ「下町の出会い」では、ツーリングレポートとして2回に分け投稿してまいります。

【湯田中温泉よろずやで(^^♪】

10月5日(土)ひがし東京チャプター・オフィシャルツーリングとなる「秋の温泉ツーリング㏌志賀高原」。集合場所は関越道・三芳PAへ午前7時30分。2日間をツーリングを共に楽しむ仲間たち。いつもながらメンバーに遅刻する人はいない。

【全体ミーティング】

7時30分集合とは、そこから全体ミーティングが始まること。ツーリングエントリーのメンバーは、それまでにガソリンを満タンにしてミーティングへ参加。

ここを0起点として走行距離を計算してコースプランしているので、途中給油の地点も全員同じタイミングになるようにしている。我がグループに自分勝手な給油はツーリング途中には無く。
これはチャプターマナーとしてしっかりと守って貰っている。

【快晴の関越自動車道を軽井沢へ向けて駆ける】

マス・ツーリングでの走行には、千鳥編成を組んで隊列走行で進む。それはグループであることを参加の自覚と、他車にアピールすることで、割り込みを予め防ぐことが出来る。何より美しい編隊走行は誰が見てもカッコイイもんです(^^♪

【横川サービスエリアで】

ツーリングコースの下見を小生は1ヶ月前に終えていて、ちょっと田舎道をくねくねするがついて来てと案内した。この段階で浅間山・鬼押しハイウェイへ向かうのは、長野道・佐久平PAからスマート出口の利用で軽井沢へ向かうことが、週末のアウトレットに向かうクルマの渋滞に遭わない。その予測はバッチリだった。

【チームは10名単位で】

ハーレーオーナーにも、まだ乗り始めたばかりのメンバーや、年に何度かしか乗らない方も参加している。コース設定の基本は初級クラスを念頭にして、300kmまでを初日の走行距離としている。

【ご夫妻でエントリーも3組】

奥様のハーレーライダー(^^♪…ひがし東京チャプターには珍しくないこと。今回も4名の女性ライダーのハーレーは、偶然にも全車ヘリテイジクラシックだ!(^^)!

【秋空に浅間山の噴煙が立ち上る】

【鬼押しハイウェイから嬬恋村へ】

ランチも全員同じ場所で!これは亀戸のツーリングポリシー(^^♪…下見の段階でもハーレーの駐車場がアスファルトであることや、全員がランチが同時にできる店を探索。それはここ嬬恋村の中居屋だ。

【中居屋にて】

【中居屋・嬬恋村でそばでランチ】

満腹になっても眠くならないワィンディングコースへ。後半②では、いよいよツーリングメインステージとなる志賀高原を駆けます。

2台目もハーレーダビッドソン(^^♪

最初のハーレーとの出会いはスポーツスターだった。その時は、保管場所で困ってしまい長く持てずに手放してしまった。それから2年経って、保管場所も安心できる場所ができた。

何よりも念願だったビッグツインモデル。「FXSD/スポーツグライド」と亀戸で出会いひとめぼれ。
新たなハーレーライフはその愛車でスタート。ワクワクがこちらにも感じる荒川区のS・O様だ(^^♪

【スポーツグライド/FLSDのオーナーへ】

スポーツグライド/FLSDはミルウォーキーエイトエンジ107(1746cc)を搭載したビッグツインモデル。サイドボックスとフロントカウリングを標準装備。この装備がワンタッチで脱着式なのも人気のひとつだ。

【最新2020年モデルヘリテイジを試乗車へ】

ハーレーに限らず、オートバイは乗って見なければ分からないもの。
停止時のシート高も走行時のシフト操作やブレーキの踏み込み。ハンドルとフロントブレーキの掛け具合、クラッチ操作など、まずはノーマルマシンを試してみてから購入車の決定をオススメしている。

【亀戸のツーリングへのお誘い】

購入されたばかりの方や、乗り換えの方を対象に「ニューオーナーツーリング」を開催。次回開催は10月27日(日)【秋のニューオーナーツーリング」を今年購入された方を主に、お誘いのご案内を差し上げています。

レディーの選ぶハーレーダビッドソンを試乗車に(^^♪

ハーレーダビッドソンに興味をお持ちの方なら、車両の大きさや重さがスクーターのような、小型バイクでないことをご存知だと思います。

亀戸店で女性が選び、そしてオーナーとなっているビッグツインモデル(1200cc以上)では「ヘリテイジクラシック」が1位となっています。

【ハーレーダビッドソン・ヘリテイジクラシック】

スタッフが試乗してもっとも乗りやすい!…感想が一致のも「ヘリテイジクラシック」。
最新の2020年モデルが次々と入庫する中、亀戸店では真っ先に「ヘリテイジクラシック」を試乗車として用意しました。

【秋の温泉ツーリングへもレディーの駆る4台のヘリテイジ】

オートバイに乗る!この言葉に意味として、車庫の出し入れや取り回しが自身で出来るコトを含んでいる。それは軽量な車両ほど容易であるのは当然だが、乗っていくうちに「慣れというコツ」が身についてくるもの。

秋の温泉ツーリングへ参加した4人の女性ライダーも、最初は不安と恐怖心のかたまりのようだった。しかし、ご主人と一緒に走ったり、亀戸のツーリングへ参加したりして上達。総勢32名のハーレー編隊に加わり600kmのツーリングを愉しんだ。

【ハーレーダビッドソンを亀戸店から始めませんか】

大型二輪免許取得からご提案させていただきます。車種選びは免許取得しながら検討いただけますようサポートさせていただきます。
免許取得出来たら、軽量クラスのスポーツスターに試乗スタート、その後「ヘリテイジクラシック」をお試しください。

そして、目標のハーレー・ツーリングをご一緒に走りましょう(^^♪…ご来店お待ちしております。