ハーレー霧にむせぶツーリングへ(^^ゞ

サマーツーリング㏌霧降高原が7月21日(日)に開催(*^^)v…

今夏はずっと曇り空で、梅雨明けが待たれる。今月7日開催を順延開催して21日、このため、当初の80名参加申込から日程変更により総勢39名の参加を頂きました。

集合場所は早朝7時30分、東北道・羽生パーキング。曇りながらもやや蒸し暑い。

【羽生パーキングへ亀戸のハーレー仲間集結】

曇り空の下、やや霧の東北道であったが路面はドライ、ツーリングは快適に進んだ。日光へ近づくと霧は濃くなってきて、霧降高原へ登って行く県道169号は、ゴールの大笹牧場まですっかり霧に包まれてしまった。

【薄い霧のなか日光有料道路を駆ける】

【日光市に入ると霧はやや濃くなった】

【ヤッコカウル編隊】

【シャークカウル編隊】

モデル別に駐車を案内して「編隊」写真を関根フォトグラファーに撮って貰った。この写真は小生のカメラでトピックで撮ってみた。オフィシャルピクチャが楽しみだ。

【ロードキング&ヘリテイジ編隊】

【ダイナ&ソフティル・スポーツスター編隊】

ツーリングの楽しい要素にお天気の良し悪しは大きい。年間10回のうち、途中の雨に遭うのは数回ながらも、雨が恨めしくなる。

【大笹牧場名物ジンギスカン】

【大笹牧場にてレインウェアで】

今年これからの「ひがし東京チャプターツーリング案内」

8月4日(日) 『マイナーツーリングin河口湖・零戦』…参加申込受付中/HD亀戸にある「チャプターノート」記名ください。

9月8日(日)【オフィシャルツーリング㏌那須高原】…8/3より参加申込受付スタート(参加費¥3000)

10月5日(土)・6日(日)【秋の温泉BIGツーリングin志賀高原・湯田中温泉】8/3参加申込受付スタート(参加費¥17000)

7/21・サマーツーリング㏌霧降高原…決行へ‼

ツーリング㏌霧降高原に合わせて宮本会長は愛車「FLTRXEロードグライド・CVO」の車検整備を完了(*^^)v…

本日の午前中、整備完了でお引渡しと共に、明日の天気状況から7/21のオフィシャルツーリングは催行を決定。

集合 7月21日(日)am7:29 羽生PA 出口付近 集合(東北道)トラック等大型Pでお会いしましょう。

全日曇り予報ながら霧降高原は標高差がありますので、天気の急変に備えレインウェアを用意ください。

【宮本東東京チャプター会長とCVO】

今回の車検整備では、前後タイヤ、オイルエレメント、エアークリーナーエレメントなど消耗と定期交換部品のすべてを交換された。

宮本会長いわく「これで2年間、時期車検まで安心してツーリングを楽しめます」!(^^)!…さすがはチャプター会長、ハーレーオーナーとして相応しい愛車への想いに、改めて感激しました。

【黒々しい新品タイヤが磨かれたホイールに映える】

ハーレー亀戸のサービス工場で点検整備やオイル交換など、全ての整備作業にはその箇所と点検内容がコンピューターへ記録保存されている。

関東運輸局認証工場として、またハーレーダビッドソン正規ディラーとして責任整備の記録だ。ハーレーオーナーが車輛購入から時を経て、その整備記録を振り返って見ると、サービス工場への入庫回数と走行距離の相関は比例している。

つまり、走るハーレーオーナーほど点検整備やオイル交換の頻度も多く、車両状態やコンディションも良好だった。

【チャプターツーリングへは整備を完了してエントリーしよう】

愉悦のファットボーイ・ニューオーナーへ!(^^)!

30年振りのオートバイは、ハーレーダビッドソン・ファットボーイでライダー復活(*^^)v
その30年前は、400㏄の国産中型バイクを乗っていた。ふとオートバイを楽しんだ若き日を想い出す。

還暦を過ぎ次に乗るのは、ハーレーと決めていた。…そう~「いつかはハーレー!」だ。

そして、大型二輪免許を取るために教習所へ通い、この7月に入り雨天が続き17日は久々に晴れ間も、待望のハーレーダビッドソン・ファットボーイの納車を迎えた。

【江戸川区在住のS・U様とファットボーイ114】

夕方、仕事をさっと仕上げて作業服のまま、急ぎハーレー亀戸へ。ファットボーイ114に跨ると自然に笑顔になった(*^^)v

【亀戸のツーリングへ次回は参加へ】

亀戸のツーリングクラブ「東東京チャプター」には、車輛購入のご縁から136名のハーレーオーナーが在籍。
毎月のように、亀戸店主催のツーリングを多くのメンバーが楽しんでいる。全部のツーリングへ参加すると年間4000kmに達する。

走ってナンボのハーレーダビッドソン。買って1年だけ乗って、その後忘れたように見ない人もパラパラ。
乗らなくなったらライダーや動いていないハーレーは、その世界から寂しく淘汰していく。そうなってはいけない。楽しんで走る歓びを分かち合おうよ。
さぁ~初心に還ろう!ニューオーナーの想いを起こして!

【スタイルは大切なハーレーオーナーのマスト】

ハーレーオーナーの集いに参加すると、ジャケットやグローブ、ヘルメットに至るライディングギャは、「HARLEY-DAVIDSON」のメーカーロゴマークが入ったモータークローズのメンバーが目立つ。

それこそがハーレーワールドである。そこに適したファッションにこだわりを持ち、「ハーレーワールドシップ」となって行く。
【ハーレーモータークローズで決める】

平成10年以降、ハーレーダビッドソンを購入される八割のお客様は「ハーレーローン」の利用。2割はキャッシュや銀行振込。お客様によって代金の支払い方法が違うだけ。

亀戸店にて車輛お求めのお客様は、納車後から同じ「カスタマー・お得意様」なのですm(__)m

その後は、定期点検やオイル交換などメンテナンスの利用を戴き永いお付き合いが始まっていきます。

グルメツーリングをハーレー仲間で(*^^)v

ツーリング先に美味いものがあると、朝早くやってきた仲間たちの集合から、楽しさと期待でワクワクする。
食事は多くの仲間と一緒に食べる方が愉しいものだ。バイク旅は道連れ、グルメは仲間で(*^^)v

【Facebookでイイネ=520を貰った大海老天丼(*^^)v】

ハーレー亀戸の運営している「ひがし東京チャプター」の、オフィシャルツーリングへの参加者は、毎回60名を超える。多い時は103名に達する。
その人数のランチを予約して、さらにハーレーを駐めるスペースも予約しておく。集合からランチを挟んで解散まで、全員でツーリングするのは亀戸スタイルだ。

但し、ランチをするお店は限られてくる。これだけの人数を受け入れてくれ、かつ当日の雨天中止による順延開催も受けてくれるところは、ほぼ無いのだ。
日曜日のツーリング開催を天候によるグランドルールは前日の正午、または17時の降水確率が50%を超えると中止。そして順延開催となる。(順延開催は1回のみ)

【鴨川市の海鮮料理「まるよ西条店」へ】

オフィシャルツーリング以外に、週末がお休みでないメンバーのために「平日ツーリング」を計画している。参加者が10名前後とこじんまりした集いだから、グルメな店選びも拡がりアクティビティに動けるメリットがある。この千葉県鴨川市「まるよ西条店」がそのひとつだ。

【開店10時半からすでに満席状態】

ツーリング計画が決まったらコース下見は欠かせない。地図だけで調べ、ツーリング本番では工事中で迂回を余儀なくされ、迷った仲間を出した苦い経験をして以来、下見は大勢で行くツーリング前の必須条件だ。

【お天気とグルメはツーリングの楽しさを倍増させる】

ひがし東京チャプター」には、HD亀戸より車輛購入された136名の会員と14名の役員(ロードキャプテン)。小生の運営事務局2名の16名で構成。
会員からロードキャプテン経験を促すためもありロードキャプテンは2年任期だ。その2年間の参加と参画を振り返る。どんな集まりも会員から頼りにされてこそ役員といえる。

【若いメンバーも増えて来た】

グルメツーリングと呼ばなくても、ハーレーダビッドソン亀戸が主催するツーリングは「美味いもの」があると期待されている。今週、21日(日)はオフィシャルツーリングで霧降高原へBBQを目指して(^^♪

夏休みツーリングプランはどちらへ!?

2015年以降、夏休みには北海道へは2度、東北へも2度ツーリングと4年連続駆けてきた。
東北や北海道は、夏しか走れないという季節的なこともあるが、何よりも道路は空いていて渋滞が全くない。まさに快適ツーリングが毎日楽しめる。

【絶景ロード・八幡平アスピーテライン】

昨年は、岩手県の八幡平アスピーテラインを目指した。陸前高田市から気仙沼港を巡り海鮮料理に舌鼓を打ち、温泉宿めぐりの全走行距離数は1500kmを超え、東北エリアで4泊5日のツーリングプランだった。

港町レストラン鮮

今年もネクスコ東日本など、高速道路会社では二輪車限定の割引ツーリングプランが始まっている。北海道から九州まで、乗り降り自由のツーリングプランを利用すれば通行料金も約5割引きとお得だ。

【ツーリングプランは事前申し込み】

ツーリングしたいエリアを決めたら、それに該当する高速道路会社のホームページから「ツーリングプラン2019」へアクセスして、手元にETCカード、ナンバープレート番号を控えて事前申し込みをして完了。

ツーリングプラン2019

アメリカ大陸生まれのハーレーダビッドソン、その鉄馬がもっとも喜ぶロングツーリング。ハーレーオーナーとして走って愉しむ。それこそがライダーなのだ(^^♪…さぁ~夏だ鉄馬で駆けだそう!

真夏の旬!今メロンの食べ頃(*^^)v

くだものが大好きなのと、旬を狙ってその産地に行くと新たな発見や、出会いもあり、休日には関東近郊の「旬」訪ねる。
またそこへ向かう道路は、いつかみんなで走るツーリングコースになったりする。行楽とともに、ハーレーダビッドソン亀戸主催のツーリングコース下見にもなっている。

【糖度18のメロンを自宅用に】

テレビを見ていたら、メロンの甘さを測る糖度を光センサーで数値化、それを表示して販売する茨城県鉾田市のメロン直売所をオンエアーしていた。ハーフメロンにアイスクリームをのせて、これまた美味そうな絵に誘発され休日そこへ向かった。

【6月から始まったメロン販売】

直売所のおばさんから、メロンの食べ頃について指南を受けた。自宅で少し置いてメロンのお尻のくぼみを触って、やわらかくなったらそれが食べ頃だと教わる。

【スイカも最盛期だ】

そのテレビ番組から知ったがメロンの出荷量では茨城県鉾田市が日本一だという。東関東道から佐原市、鹿島神宮の横を経由して国道51号線から鉾田市へ。途中にはメロン農家と直売所が点在している。

【緑の濃いスイカを買って見た】

スイカやメロンも、亀戸のスーパーマーケットで見られるにはあえて避けて、ここでしか買えないようなモノを選らんで買った。

【JAサングリーン旭】

JA農協の直売所には地域のあらゆる農産物が集められ小売りされている。お目当てのメロンも贈答用から、お値打ちな自宅用まで売り場はメロンとスイカだらけ。

【鹿島灘から揚がるハマグリもお買い得】

千葉・九十九里海岸のハマグリを時々頂くが、1個400~500円が相場だった。それに較べてここ鉾田市は鹿島灘から揚がるハマグリはお買い得だ。

【ハーフメロンにアイスクリーム】

亀戸のツーリング仲間にもこのハーフメロン・アイスクリームを食べさせてやりたい(^^♪…なんと嬉しい700円!

サマーツーリング7日は中止!順延開催を7月21日へ(^^ゞ

「サマーツーリング㏌霧降高原」の開催は、本日予報では7日は降水確率80%となり中止。

ひがし東京チャプターのツーリング・グランドルールに沿って7/7(日)開催を雨天予報のため中止とします。

なお順延開催は、7月21日(日)とします。今回も、目まぐるしく変わる予報に、ギリギリまで待っていましたが惜しくも雨予報。

【レインウェア持参のサマーツーリング】

順延開催に伴い、改めまして参加と不参加の再度の確認を行いますので、HD亀戸へ「info@h-d-kameido.com」・「Facebook/ひがし東京チャプター」へ、お電話は03-5627-3050まで返答をお願いします。

【ツーリングモデルで颯爽と】

降水確率は東京を基点に、前日の17時までに催行判断。雨天予報の降水確率50%でツーリングを中止としています。

近年の異常気象はまだら模様の雨雲で、同じ地域であっても雨が降ったり、晴れていたりとイベント主催者を悩ませている。

ひがし東京チャプターのツーリングは、集合からランチ、解散まで参加全員で共有しています。今回も霧降高原・大笹牧場のレストランの焼肉ランチを61名分予約。7日の中止と21日へ延期と連絡済。

【真夏の快晴ツーリングを願って!】

7月21日へ開催日程変更に伴う、今回の参加予定の方も、改めて参加の方、また不参加の連絡をお願いします。改めて参加希望のチャプターメンバーの方、参加費3000円を持参され、ハーレーダビッドソン亀戸へ参加申し込みをお願い致します。