夏休み前・愛車点検やオイル交換を!

「今年は青森県など東北をツーリングしようと思っています」「四国へしまなみ海道を通って行きたい」…など、夏休みを控えてロングツーリングプランをお客様から聞くようになった。

日頃から、ハーレーダビッドソンを乗っている方なら、エンジンの調子や走行上の変化に気づくことがある。例えば朝のセルモーターの回り強さとエンジン始動の具合、ハンドルが重いのはタイヤ空気圧かな?がそれである。

H.O.Gロードサービス出動、オートバイでは1位が「バッテリーあがり」 2位が「パンク」 3位は「ガス欠」だそうだ。


【ハーレー仲間で行くプライベートツーリング】

ハーレーオーナー同士で、ツーリングへ出かけると初心者なら先輩ライダーから自然にノウハウを教わる。例えば1リットル当たりの走行距離、バッテリー充電や交換時期、タイヤの摩耗交換時期などを会話から教わっていくものだ。

ツーリング先で、マシントラブルを起こすオーナーは、日頃の点検整備もおろそかな場合が多い。何よりもハーレーに乗っていない。最低でも1年に一度は、キチンとプロへ点検整備を依頼したいもの。


【ロングツーリングにミュージックは欠かせない】

最近は、スマホから音楽をスピーカーから好きなミュージックを流しながら走れる。ロングツーリングに備えてハンドルへスピーカーを装備したダイナだ。


【マイナスイオンに抱擁されながら駆ける】

今朝も常磐道・守谷SAには10名ハーレー仲間が集ってプライベートツーリングへ。

当店主催のツーリングを通して出会い、仲間となって気の合う者同士が誘い誘われていく。
大人の遊びや集いには語らずともマナーとルールがある。

それはつまり「時間を守る」「ガソリン満タンなど準備をしている」などだ。

それは普通の常識だったりする。出発直前にタバコを吸い始める、或いはガソリン給油に行くなど、仲間からすれば常識外れとなるのだ。プライベートツーリングの場合はこれらの常識にプラス走り方スタイルがある。

高速道路での巡行走行では、仲間の10台と共に隊列を組んで、中央線側、路側帯の斜めにキープしながら千鳥編成で駆ける。

ここに遅れたり、千鳥隊列がずっと組めないライダーがいる。自分では気づかないことあるので、仲間で聞いてみよう。

簡単なことだが、集いのマナーをちゃんとわきまえている「大人」が次の機会でも誘われ再会を重ねていける。


【ツーリング先のグルメ探訪も楽しみ】

亀戸のハーレー仲間で行くツーリングや、イベントは「大人の集い」なのである。

外房・いすみ市に海鮮グルメの「あき」あり~(*^^)v

魚好きなら、きっとリピーターになる(*^^)v。東京・亀戸から京葉道、東金・九十九里海岸に向かっていすみ市へ。

これまで12年間にわたり主催している「ニューオーナーツーリング」へ参加されたメンバーさんが、その後に再々訪問してすっかり「あき」のお馴染みさんになっているようだ。Facebookへの写真投稿を見せて貰った。小生の本音を云えばランチよりも夜に行って呑んで食べたいあきの海鮮料理。


【今夏の特選大海老天丼】

午後1時過ぎでは完売となる人気の「特選大海老天丼」は、「今日初めて頂いたけどデッカイエビで満腹になったよ~」だと(*^^)v
今夏の「おお海老天丼」は目玉の大人気になりそうと、亀戸のハーレー仲間は満腹で帰京した(^^♪


【刺身盛り合わせ】

ハーレーダビッドソン亀戸にて、車輌購入を頂いた初心者を連れだって行くニューオーナーツーリングでは、開催する春、夏、秋のツーリングランチで、お世話になっているいすみ市の「あき」。


【イワシ刺身と海鮮盛り合わせ】

あき TEL 0470-87-5833  水曜定休

夏。高原ルートに心躍る!

亀戸は連日33℃を超える猛暑だ。先週、亀戸のハーレー仲間77名で駆けた丸沼高原と奥日光は、金精峠の最低気温は22℃と涼風天国だった(*^^)v…

猛暑とは毎夏のことと分かっていても、今夏がいつもの夏より暑くなる気配らしい。

9月までのツーリングプランは、標高1000mを駆ける高原ルートで決まりだ。


【マイナスイオンワールドをツーリング・奥日光】

先月ハーレーダビッドソンを購入されたなど初心者を含むツーリング。10名のチーム編成で約500kmを駆ける。参加は事前申込によりバイク経験など考査して7チームに編成していく。

参加される77名の方々は、購入前の商談からハーレーライダーになるまで、その経過と納車後の走行状況をハーレーダビッドソン亀戸では把握して、初級・中級・常連メンバーと3つの違いをチームに持たせている。

また、当店が運営事務局となる「東東京チャプター」入会の条件となる、当年の「H.O.Gメンバー」であることや、任意保険加入などメンバーとして必須となっている。

【快適だったサマーツーリングin丸沼・奥日光】

主催するオフィシャルツーリングは、毎回70名~85名の参加者を見る。参加メンバーの交通安全意識が高いことや、自らに合った運転の心がけで、この20年間に大きな事故もなかった。

しかし、立ちコケやうっかりオーバーランなど昼食後の眠気、暑さによる軽い熱中症が原因と見られることも、これまでにタマにあった。30分~45分に一度休憩、水分摂取のコースプランをしている。

亀戸のハーレー仲間へあなたも加わりませんか。車輌購入のアフターサービスの一環としてツーリングへお誘いしています。


【道の駅で停まる度にみんなアイス(*^^)v】

夏のツーリングは氷やソフトクリームがまた格別に美味い(*^^)v…次回のオフィシャルツーリングは9月開催予定。

猛暑を忘れる涼感22℃ツーリング(^^♪

関越自動車・三芳PAに集合した午前7時。快晴の炎天下は29℃。グランドルールは全員集合時満タン。
解散までスポーツスターモデルを除いて途中給油はない。全体ミーティングを終えて安全最優先走行にて赤城SAへ。

沼田ICをハーレー仲間の77名/74台が降りる。日本ロマンティック街道/国道120号線から丸沼高原・金精峠を目指す。午前9時を過ぎたばかりでも沼田の気温は28℃だった。


【奥日光アストリアホテル前にて】


【22℃の涼風を全身に受ける丸沼高原は快適だ】


【77名の亀戸仲間で一緒にランチ】


【奥日光でも25℃とやや涼しい】

サマーツーリングin丸沼・奥日光へ!!

亀戸のハーレー乗り仲間・東東京チャプターが「2017・サマーツーリング」に77名が集う。

7月1日には創立20周年を迎え、浅草ビューホテルに於いて150名が参加して盛大な記念パーティを終えた。
東東京チャプターの3つの活動ポリシーは「出会い・集い・走る」。


【肩になびくUSバンダナはR/レンジャーチーム】

常に初参加者からの視点で、交差点、Y路での誘導に打ち合わせは欠かせない。交通事故の原因にはライダーの焦りから安全確認を怠りなどがある。ゆとりのあるツーリングに徹底して心掛けている。
 

【毎回70名超のメンバーを誘導するRチーム】

ハーレーの燃費は1リットル当たり15km~18kmとしてコースプラン。全行程の中でガソリン給油も車種毎に指定した場所で満タンにする。これ以外では給油しないことルールとしている。


【森林街道を駆け抜ける】

7月から9月のツーリングプランは高原ルートだ。事前にコース下見や全員の昼食を会してできる場所の予約もしてくる。


【昼食会場では事前に駐車場も予約】

ハーレーダビッドソン亀戸で車輛購入された方が100%の東東京チャプターメンバー、ショールームでの最初の出会いから、免許のこと、バイクの経験などをお聞きしながら、その方に合ったツーリングからお誘いする。

オフィシャルツーリングとなる今回のサマーツーリングへは、ニューオーナーツーリングから参加して、チーム走行マナーを体得した方々である。いよいよ明日はチャプターメンバーの檜舞台となるのだ。


【初心者チームから送り出す】

ハーレーを所有したが、乗る機会を作れないまま「車庫の置物」になっていると云うハーレーオーナーもいる。趣味性の高いハーレーは共通する趣味を持つ仲間が居て、誘い誘われて走る歓びを分かち合える。購入したハーレーで存分に駆けて愉しんで欲しい。アフターサービスの一環としてツーリングを年間12回主催する理由はそこにある。

さぁ~参加予定のメンバーの皆さま、明日は快晴です。ご案内の集合場所へ午前6:59分に(^.^)

ハーレーで行く「うな重」ランチツーリング(^^♪

7月に入り、夏らしい蒸し暑さが連日続いている。今夏は猛暑が予想されているようで、それに迎え撃つ体力がオートバイ乗りには必要だ。

体力増進=鰻・焼肉が思い浮かぶ小生、トシを重ねたせいなのか焼肉よりも、「うな重」に吸い寄せられてしまうような(^^♪。

健康なカラダはできるものではなく、自身でつくるもの。


【成田市・新川うなぎ店】

亀戸のハーレーライダーの間で人気沸騰、今では亀戸だけでなく関東のオートバイ乗りが、事前に予約してやって来る「成田市・新川うなぎ店」。電話予約をしないと、お昼時に行っては完売なんてこと度々である。


【三人前です~新川のうな重】

高速道路をお得にツーリング!(^^)!

今夏から秋までのツーリングシーズン、関東圏の高速道路をほぼ半額でオートバイ限定で走行がお得に(*^^)v

7月3日から申込が始まったツーリングプランは、NEXCO東日本のホームページから「事前申込により割引プラン」により、ETC装備車が受けられる。

さぁ~今シーズンをデッカク走ってお得に!(^^)!


【ハーレーライダーならエントリーしよう】

申込には、ETCカードを手元に置いてやるとスムーズに。ジャパングッドライダー宣言をして申込完了だ。それまでチョット手続きがめんどくさいが、お値打ちをゲットするにはやむなし。

http://www.driveplaza.com/trip/drawari/2017_touring_kanto/kanetsu.html



【このバナーをクリックして申込画面へ】

「おトクに走る」をクリックして「首都圏ツーリングプラン」から申し込みへ進む。


【NEXCO東日本の50%割引エリア】

なお、東名高速・中央道は「NEXCO中日本」のホームページから申し込みとなる。

このキャンペーンは、全国オートバイ組合連合会など業界を上げて「二輪車高速通行料金適正化」への前段階のテスト・リサーチとなるもの。

このツーリングプラン、多くのライダーの利用により高速道路通行料金を、現在のクルマの半額を目標に早期実現を目指したい。


【関東圏の高速道路を走りまくり!(^^)!】