2010 冨士ブルースカイヘブンへ!

1998年から始まった「冨士ブルースカイヘブン」例年のことながら、開催が近づいてくると、妙に浮き足立ってくる自分がいる。今回は、昨年までの5月開催から、秋本番10月日・となった。おなじみ静岡県・冨士スピードウェイを会場とするこのハーレービッグイベントは見逃せない。dsc01470                                 

 

 

【亀戸のハーレー仲間で本コースをパレードいつも熱い思い出に!】

主催・企画する「H・O・G/JAPAN」によれば、従来の開催スタンスが見直され「ハーレーオーナーが楽しめるブルスカ」とし、すべてをその思想のもとに基本プランから練り直しての開催とのこと。過去に参加したことのある旧いHDオーナーも、変身したブルスカに期待あれ!e6b0b4e6b2a2e38186e381a9e38293_166

秋こそブルースカイか?・・こんな空を期待してみんなで行こう

当日は「ハーレーライダーの祭典」としても、またイベント内容や参加マナーにおいても“オトナへの対応”を前提として、(あれはダメ、ビールもダメと云った子供を諭すようなコメントや注意書きもなく)変更が図られているようだ。HDオーナーの平均年齢は43歳、ほとんどは大人の常識をお持ちの方々であり、多くの参加者はオトナの趣味として、愉しみとして、自覚あるたしなみならばキャンプサイトでのビール宴会も善い。但し、ブルスカに限らずハーレーオーナーなればこそ「自由は責任を伴います」を、いつも心のかたすみにおいた行動を願いたい。世間は思った以上に、HDオーナーに対する見方は「良識のある大人の趣味として紳士な乗り物」と羨望の眼差しで視ているだけに、子供じみた行動や迷惑な行為には厳しい批判を浴びることになる。

それぞれの想いを胸に愛車を駆って、全国から会場へ向かうルートは多くのハーレーが行き交うであろうことが予想される。今年からハーレーオーナーとなった方も、旧くから乗ってる方も、10月ハーレー国内最大イベントに集結しようではないか。dscn3107                       

 

 

【亀戸ベースキャンプに集うハーレー仲間たち。昨年のブルスカから】  

入場料 HOGメンバー 前売券 3000円   一般 3500円  ★ハーレーダビッドソン亀戸のお客様20名様限定、BH会場に近い旅館宿泊での参加者募集中/チケット込13000円です。参加費を添えて事前申込ください ★今回より、ハーレーダビッドソン亀戸キャンプサイトは事前に場所が指定されています。キャンプサイトへテント泊で参加の方は、当店ショールーム・チャプターノートへ氏名を記入ください。なお、キャンプサイト定員枠を超えた場合は、東東京チャプターメンバーの優先利用とさせていただきます。       

9月チャプターツーリング募集開始!

ハーレーダビッドソンとそのオーナーが、最も輝くシーズンの9月がもう直ぐにやって来ます。東東京チャプター・亀戸店主催の「ハーレーオーナー・チャプターツーリングIn9月」が、いよいよ参加募集スタート!

e6b0b4e6b2a2e38186e381a9e38293_220

 

 

 

 

ロードキャプテンを先頭に榛名山を愉しんだ52台参加の7月

まだ寒い1月、ハーレーを納車して嬉しさで震えたのかそれとも寒さだったのか。そんなニューオーナーも季節は進み春と猛暑の夏が過ぎて、ほど好い風をうけながら愉しめるツーリングに最高の季節がやって来る。e6b0b4e6b2a2e38186e381a9e38293_158

 

 

未来に魅せ継ぐ整った編成走行はクルマからも羨望される

チャプターツーリングは参加してこそ意義があり、ハーレーは駆けてこそ価値があるものだ。参加にルールはあるが初めての方も思い切って参加してみよう。e6b0b4e6b2a2e38186e381a9e38293_040今回は60名定員です早目の参加申込を。

 

 

【128名の東東京チャプター出会う・集う・走るは不変のコンセプト】

FLHX・ストリートグライドを駆るKさんが、驚きをこめて「チャプターのレディは、みなさん乗り方が上手いね」とおしゃった。小生は知っている・・・隠れた努力と軽い転倒の苦労の末に今があることを。誰もが最初は初心者から始まったのです。さぁ9月にいいとこ見せれるように練習がてら日々走ろう。ハーレーはオートバイ!駆けてなんぼですっ。。

*7月開催「サマーツーリングin榛名山」の、チャプターフォトグラファーが撮影しました絶賛の写真又はCDをHD亀戸にて配布中。また東東京チャプターメンバーには452枚のCD画像を当店HPの「HDKフォーラム」からIDパスにてご覧になれます。

亀戸ツーリング先遣隊!

ハーレーダビッドソン亀戸の主宰するハーレーオーナーグループ「東東京チャプター」には、オフシャルツーリング予定以外に「マイナーツーリング」をチャプター役員と準役員クラスのメンバーが企画している。彼等のひた向きな努力と行動力が楽しいチャプター活動へつながっている。                                   hpe8a3bde4bd9ce794a8-051

 

 

 

【8月29日予定:日光・中禅寺湖経由「ロマンチック街道」を走る。】

「ツーリング先遣隊」とは下見をやってくれたグループのこと。集合地点、途中の分岐点や曲がり角、給油所の設定、ランチ場所の駐車場など下見による決め事は多い。p4今回のメインステージ金精峠は標高2千メートル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より安全優先としながらワクワクするコースを探し出すのは結構難しいものだ。hpe8a3bde4bd9ce794a8-155これを次回チャプター役員会で報告し実行プランに移って行く。

次代を担う「チャプターツーリングの達人」は、年齢を超えてハーレーへの情熱とチャプター活動の貢献は東東京チャプターの原動力になっている。猛暑のなか下見ご苦労様でした。

軽やかにツーリングモデルを駆る!

7月10日(土)激暑の関東平野を眼下とする高地、群馬県榛名山の「榛名湖畔」へ向けて当店ハーレークラブ「東東京チャプター」52名で目指した。

ca3f0042-2

 

 

【チャプタートップグループはベテランのツーリングモデルチームだ】

ハーレーダビッドソンに1年間以上乗り、かつ7千キロ以上を走行したオーナーならば、この写真の3台のカテゴリーは判るのではないだろうか。ハーレーの中でも車体も大柄、すべてが重量級のツーリングモデル。反面、地を這うような安定感はこのシリーズだけもの。その筆頭は「ウルトラ クラシック エレクトラグライド・FLHTCU」通称ウルトラである。この写真の赤いモデルがそれだ。先頭車チャプター会長が駆る「ロードキング・FLHR」、3台目は「ロードキングクラシック・FLHRC」。これらを成んなくあやつり軽やかにカーブを抜けて行く。まさに「ハーレー乗り」の真骨頂である。ca3f0046                

 

【涼しい湖畔、お子様もタンデムで参加のDチーム】

タンデム(二人乗り)ハーレージャパン調に云えば“ペアーライド”。このところ5組~8組となっている。小生の経験から云うと、タンデムでの走行はライダーには、一定のキャリアが求められる。後席の方もライダーに合わせるカーブでの体重移動やバイクへの乗り降りなど、こちらも一定の経験が欲しいところ。後席に乗せると、思った以上にライダー側には負担がかかり、また想像以上に後席の人の疲労もある。タンデムなら走行距離は300キロが目安だ。ツーリングモデル系でもウルトラのように、後席に背もたれとひじ掛けがあれば後の方の疲労感は大きく和らぐ。ca3f0045

 

 

 

 

【役員B氏が引率のBチーム・レディメンバーも加わりにぎやかだ】

一般論としてハーレーオーナーはカーブの多い峠道を好まない。ハーレーダビッドソンの走りのイメージや写真などに、真っ直ぐに伸びたアメリカ的なロードシーンが多いせいだろうか。ところがハーレーだって、ちゃんと操れば面白いほどにカーブとコーナリングをそれなりに愉しめるのだ。バンク角は浅くてもそこを臨界点として体で覚えておいて、車体を倒しこむ“セーフティセンサー”とすれば、転倒の防衛運転ができるのだ。小生の場合はバンクの際に、ブーツのつま先でそれを探りながらコーナーを抜けている。ハーレーも「遊び道具」と考え、“道具は使いこなせ”で接する。道具の使い方はスポーツ用具などと同様、「・・・が上手くなる本」をたくさん読んでも上達はない。ハーレーは走ってこそ軽やかに駆ることができるのだ。

涼感いっぱいの滝を見に行こう!

こう暑いと、見た目にも涼しい「」を見たくなる。昨日10日、「東東京チャプターツーリング」。土曜開催ながら参加者52名のメンバーと北関東の「榛名湖」まで走った。その湖畔は気温22℃実に涼しかったぁ~

makkura_5s1

【日光・霧降高原マックラ滝】

総勢50名を下回ることがないここ数年の我がチャプターツーリング。年間6回のスケジュールは役員会にて決定、多くのメンバーがその日を楽しみしている。中心となる役員の参加はもちろん、女性や初参加者は特に待望感が高まる。dscn2972-2「出会う・走る・集う」の我がチャプタースピリッツは不変だ。                                          

 

【古参のチャプターメンバーも役員同様の誘導と貢献に感謝】

それでも、もっとハーレーで走りたいとオフシャルの「チャプターツーリング」の合間を縫って、役員が交代しながらプランする「マイナーツーリング」。毎回20数名のメンバーのお馴染の参加者だけに、コースや走りのレベルも上がる。

何事も、幹事役や世話人さんは本番だけでなく事前の準備や、コース下見などいろんな想定に対応した本番までの用意もある。そんな役割をキッチリこなしてくれる役員さんの貢献と責任感。それらの行動に「尽くす精神」を感じるのか、「榛名湖」では初めての参加者からも感謝の言葉をたくさん聞いた。ハーレーオーナーの多くのメンバーが、オトナであり、その立場から物事をキチンと見ることが人たちだからだ。

さて、次回の「東東京チャプター・マイナーツーリング」を紹介しよう。

・開催日 8月29日() 

・メンバー限定となります。

・日光を抜けて涼しい金精峠を越え日帰り温泉を楽しみます。

・お申込はHD亀戸内のチャプターノートへ記入。shiraneonsen-yakushinoyu-11詳細もそこへ案内中。

 

高貴好例者ツーリングin笠森観音

ハーレーのオーナーさんの中でも、最年長のSさんをお供してシニアグルメツーリング!dscn60411千葉県にこんな古寺があったのかとみんな驚きだった国の重要文化財「笠森観音」京都の清水寺を思い起こします。

dscn6045

 

 

 

 

【重要文化財笠森観音の案内と参加者との収まりがじつに好い】

Sさんは、今年満82歳となった(前列右)ハーレーダビッドソン亀戸のオーナーさんの中でも、現役ライダーの最年長だ。Sさんは、「チャプターのみんなに迷惑をかけるから」と少人数のツーリングにしか参加されないが、左にいる東東京チャプター会長のKさん曰く「Sさんを目標にするとハーレーライダーとして、まだ10年以上も走れる夢がふくらむな~」と、ライダーとして、またご自身の健康維持へ励みになったようす。その後方にチャプターベストを着て参加した愛称「サブちゃん」も今年71歳。今回は初めて奥様を後に載せて参加され笠森観音では、夫婦そろって仲良く鐘をついた。dscn60491

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の「高貴好例者」の意味は以上ですが、このツーリングのもうひとつの楽しみは、お昼に戴く魚のうんまい店あきの金目鯛の煮付け。以前もここで紹介したが、最近は他のグループも多く、混み始めてきたので教えたくないグルメな店のひとつだ。dscn6063

 

 

 

【房総で一番美味しいあきの金目鯛の煮付け】

これをおかずにすると旨すぎてご飯がすすみ過ぎるのが難点。ダイエット中の方はご注意を!

この夏こそ大型二輪免許を取ろう!

7月1日からスタートした「パスポートtoフリーダムキャンペーン」。大型二輪免許取得費用10万円がサポート支援される。ハーレーダビッドソンジャパン株式会社と当店など、正規ディラー全国ネットワークにて展開!先着ハーレーご成約500名様へBIGチャンスだ。

pict0153

 

 

 

 

 

【 ハーレーダビッドソン亀戸との提携教習所は5校】

葛西橋自動車教習所 ☆総武自動車教習所 ☆平和橋自動車教習所 ☆新小岩自動車学校 ☆江戸川自動車教習所 への入校紹介割引クーポンをショールームで差上げていますので、お気軽にお問合せください。いつかはハーレーダビッドソンその夢を叶える第1歩は、大型二輪免許の取得。あなたのためにキチンと教習をやってくれる実技試験免除の5校だから安心です。dscn1458

   

免許を取り、この秋には紅葉と温泉へハーレーで行こう

ハーレーダビッドソン亀戸・東東京チャプターでは例年「秋の温泉ツーリング」を開催しています。毎年60名のハーレーオーナーが参加して有名温泉地までのツーリングを愉しみます。新たに購入された方も直ぐにうちとける気さくなハーレーオーナーズグループ・東東京チャプターです。この秋ハーレーオーナーになってご一緒に楽しみませんか。まずは、ショールームへのおいでをスタッフ一同心からお待ちしています。