南紀はツーリングパラダイス(^^♪

昨年秋、亀戸のバイク仲間とツーリング以来になる和歌山県の南紀・新宮市へ。妻の郷里であり年に一度祖先のお墓参りも兼ねるGWだ。

今から30年前は紀勢自動車道もなく、三重県亀山市から伊勢自動車より国道42号線へ降りて、3つの大きな峠を越えて新宮市まで200kmの一般道を走った。とにかく遠かった。

今では、片側一車線ながらも尾鷲市まで紀勢自動車道が延長され時間的にも、距離も大きく短縮。

【紀勢自動車は屋根も付き二輪車駐車場】

高速道やサービスエリヤなど「二輪車駐車場」が改善され拡充が図られてきている。ハーレーダビッドソンを販売する仕事柄か気に掛かて観ている。東名や中央道など、それまでの二輪車駐車場はサービスエリヤに入ると施設に前輪から頭着けで停めるレイアウトだった。

高速道を走行できるバイクは250㏄以上の大型二輪ばかりで、休憩を済ませ出ようとすると、ライダーは腕を使ってバイクをバックさせて進行方向まで出す。重い車体をバックするのは反対側へ倒してしまう恐れもあり、隣合わせに停めた他者のバイクへ倒れ掛かったり危険性もはらむ。この動作はライダーで無いと理解されにくい。

理想的なレイアウトは停めた位置からそのまま本線へ向かうことができる。つまりクルマと同じように駐車方法だ。

紀勢自動車は屋根も付き、前は車輪留めの杭があるが抜けられるレイアウトだ。雨天時のレインウェアの脱ぎ着や荷物作業に大助かりだ。
【紀州は林業が盛んで木材を多用したPA】

【熊野から新宮市へ延長される】

【南紀は海鮮と活け魚の宝庫だ】

マグロ漁港の那智勝浦町では、旨くてお値打ちなマグロや旬のかつを頂けた(^^♪

【南紀の目はり寿司】
目はり寿司は南紀の家庭料理だ。漁師や山師が高菜漬けで巻いた大きなおにぎりを目を見張るように頬張って食べるところから「目はり寿司」と呼ばれるようになった。ご飯は寿司ではなく白飯が一般的だ。

【雲取温泉・高田の湯】

南紀は温泉パラダイスでもある。新宮市の奥、高田地区に「雲取温泉」ある。宿泊もでき日帰り温泉で人気だ。