初秋の雨ツーリングに備えて!

秋雨前線によって、梅雨のような空模様が続く9月中旬以降。また標高差のある高原へのツーリングでは霧雨に遭うこともしばしば。レインウェアの必要性はこれからシーズンより高まっていく。

【HDモータークローズ・レインウェア】

車両とヘルメット、ブーツにグローブで、まずは揃ったライダースタイル。初めてのオートバイがハーレーダビッドソンと云うニューオーナーは少なくない。そんな彼らに「あとはレインウェアを持てば完璧だね」とアドバイスをすると、決まったように「雨の日は乗りませんから」と返ってくる。…最初はみなさんそうおっしゃる。

【HDモータークローズ レインウェア】

ライダーも慣れてくると、ツーリングの距離も長く延びて来る。首都圏中心だった目的地から長野県や栃木県など、遠くへ行く。朝は晴れていても午後から雨に遭ったことなど、1年以上ライター経験者なら体験はあるもの。

【レインウェアは明るいカラーがお勧め】

数年前、亀戸のハーレーオーナーが猪苗代湖まで日帰りツーリング。そこへ車両を購入されたばかりの初心者が1名加わって駆けた。途中で雨にあい先輩ライダーはハーレー・レインウェアを着る。その新人さんはコンビニで簡単なレインコートを購入、揃って高速道路へ駆けるが、本線に入った途端、一瞬にして向かい風で破損し、風と共にかなたへ飛んで行ったという。帰京後、HDモータークローズレインウェアをハーレーダビッドソン亀戸でしっかり購入された。

【首元までしっかり留めるマジックテープ】

ハーレーダビッドソン・モータークローズのレインウェアは夜間走行時に、他のクルマなどからのヘッドライトに反射。バイクの存在を知らせ、より視認性を高める反射生地を使用している。これも二輪メーカーならではの機能だ。

【向風と雨水の侵入を塞ぐマジックテープ】

【ブーツの土踏まずに掛けるズボンバンド】

【ロングツーリングも雨に備えて】