風と心躍るツーリングシーズンに向かって!

1990年代に誕生した「CVO」モデル。量産車をベースに、メーカーが手掛けたカスタムバイクである。
ハーレーの歴史を紐解くと、かつてビッグツインモデルは「キング・オブ・ハイウェイ」と呼ばれているほど、ツアラーとしての趣きが強かった。

最新2019年モデルとして登場したツアラー「FLHXSE CVO」は、歴代のCVOのカスタムノウハウが結集された仕上りになったようだ。
*CVOとは・・・CUSTOM VEHICLE OPERATIONS/限定生産車

CVOは、次回の入荷(2月末/写真と同型同カラー)が、当店の2019年CVOモデルの最終受注が可能な1台のみとなります。

【FLHXSE CVOストリートグライド】
CVO™STREET GLIDE® 排気量1923㏄(117cvi) ¥4,576,600

【FXDR114®】

その走りは従来のそれを上回るコーナリングや動力性能に度肝を抜かれるはずだ(*^^)v

新登場記念「20万円 VISA商品券」をご成約プレミアム特典! (ショールーム車両を即納)

【亀戸のハーレーオーナーで行くツーリング】

「ハーレーオーナーだけのツーリング」が、楽しかったのかこの後、当店のツーリングクラブ「東東京チャプター」へ、多くのお客様より入会を頂きました。

車両購入後のアフターサービスの一環として、初心者向けプラン、また温泉地を訪ねるなど年間15回のツーリングを開催しています。