次代バイクの動力源は?電気&水素!?。

ここ数年、電気モーターで動くEV(Electric Vehicle)が、新聞やテレビの話題に上がらない日はない。販売台数はまだ少数ではあるが、クルマやモーターサイクルの動力源が、ガソリンエンジンから電気モーターに置き換えられようと次代へと動いている。

【クラリティ FUEL CELL】

ビッグサイトで開催されたエネルギー展をのぞいてきた。
ホンダは水素で発電し、その電気で走る燃料電池自動車を展示。走行中にCO2や排出ガスを一切出さない究極のエコカーだ。

「水素を再生可能エネルギーから生み出せば、化石燃料に頼らないクルマ社会をつくることができます」とPR。

【クラリティ FUEL CELLコンセプト】

その可能性に着目したHondaは、燃料電池自動車の実用化に向け長年取り組み、そして生まれたのがクラリティ FUEL CELLだ。

【クラリティ FUEL CELLへ水素保給機】

ガソリンエンジンを50余年に亘り、クルマもオートバイも親しんできた小生には、電気や水素を動力源とするテクノロジーは難しくて解らない。

地球温暖化を避けるため、ドイツ連邦議会は、2030年までに発火燃焼エンジン(ディーゼル・ガソリン自動車)を禁止するという決議案を採択した。

国際的にも、内燃機関は退潮へ向かうことは間違いないようだ。

【ホンダブース】

【Kawasakiブース】

【ハーレーの電動バイク LiveWire(ライブワイヤー)】