しなやかに駆け抜けるサスペンションへ(*^^)v

ハイスピードで競われるレースシーンから生まれた「オーリンズサスペンション」。
ハーレーダビッドソンには、これまでカスタムパーツとしては多く目に触れて来なった。2014年以降、HARLEY-DAVIDSONの性能向上に伴いそのニーズが高まっている。

ハーレーオーナーでも、永く乗り続けた方からは新車へ乗り換えた最初から「オーリンズに交換したい」と指名を頂き、足周りのカスタムがじわじわと増えている。

亀戸のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」のリーダー的役員のサスペンションもオーリンズだ(*^^)v

【コーナーリングの安定感は路面追従性からくる】

橋と路面の段差で跳ねたリヤタイヤが、横すべりしたような感覚を体験したことがあるだろうか?あの瞬間こそ、路面追従性がサスペンションに機能によって補っているのだ。オーリンズサスは車体からの荷重はソフトにセッティングし。スプリングはフルフリーで作動、タイヤを常に路面へ接地(グリップ)させている。

ハーレーファン待望のブラックアウト

【オーリンズオリジナル】
オーリンズについて、ホームページから。

【オーリンズレーシングは30年以上にわたりモータースポーツに不可欠な存在であり続けてきました。MotoGPから全世界50ヵ国以上の国々で行われる国内レースイベントまでさまざまフィールドでサービスとサポートを活動の中心としてきました。
オーリンズの哲学はアフターマーケット、OEMパートナーやチームにハイエンドなレーシングテクノロジーを常に供給しつづけることであり、そして世界中のユーザーの期待を超えることに集中しています】

【ハーレーのコーナーリングを進化させる】

通常サスペンションは、3年~5年毎にインナーオイルの交換がベスト。オーリンズはそのしなやかさは精密構造から3年毎の交換を推奨している。

オーリンズサスペンションへの交換や、カスタマイズ、ローンのご利用のご用命はショールームスタッフまで、お気軽にお問い合わせください。