夏が来れば想い出す~♬…尾瀬を訪ねて!

尾瀬の湿原の真ん中へ長く架けられた木道の向こうには、燧ヶ岳(ひうちがたけ)が正面に見える。

この風景、写真等であるのではないでしょうか。

尾瀬へは、各都市からは大型バスで尾瀬登山口まで、そこから小型バスに乗り換え「鳩待峠」まで。ここからハイキングコースを尾瀬ヶ原まで約1時間。

群馬県と福島県の県境に位置した、「尾瀬国立公園」に指定され、日本百景に選定されている。さすがに尾瀬へはツーリングで行けない。

【木道の向こう燧ヶ岳(ひうちがたけ)】

鳩待峠~山ノ鼻~牛首分岐までは新緑の一本道を下って歩きます。その分、帰り道は登りになる。

【みず芭蕉が見ごろに】

【ハイキングルートが多い尾瀬】

「山の鼻」は山の家やロッジが並ぶベース。ここからはいろんなハイキングコースに分かれます。小生は「尾瀬ヶ原」への30分コース。

【新緑薫る尾瀬】

新緑の樹々から、カッコーやウグイスのさえずりが聴こえてきます。

【尾瀬を夫婦で訪ねて】

休日の月曜日は、出来る限り非日常的に過ごし気分転換を図りたいと思っています。ハイキングはその中でも1番の気分転換となります。が、日頃の運動不足があって、足腰からヘロヘロになり全身の疲労も非日常に(^^♪