中秋の曼珠沙華ツーリングへ(^^♪

暑さ寒さも彼岸まで(^^♪…されど今年は真夏の暑さが続いている。
埼玉県日高市の巾着田には、500万本の曼珠沙華(彼岸花)が満開見ごろを迎えています。
例年より満開が、1週間遅いようで満開に合わせ「花まつり」も10月6日まで延長だとか。

中秋の花見ツーリングを楽しんだ(*^^)v

【満開の曼珠沙華は圧巻だ】

秋の彼岸の時季に咲くところからその名が付いた「彼岸花」。曼珠沙華と呼ぶよりは彼岸花のほうが通っている。あぜ道や墓地周辺の丘に多く咲く曼珠沙華は真っ赤で、異様なまでの赤い色には視線を奪われる。

【真っ白な曼珠沙華もチラホラと】

【緑の茎から伸びる大きな花】

この撮影は9月30日(月)…小生の誕生日でもあった(*^^*)

【巾着袋の似た地形からその名が付く】

関越道の鶴ヶ島ICを出てR406から20分ほどで日高市・巾着田の曼珠沙華公園。満開見頃を知っているのか。同じ方向へ向かうクルマが多い気がした。今度の週末はさらに込み合いそうだ。

【曼珠沙華祭りには出店もソフトクリームが一番人気】

秋の味覚や野菜、日高名産の味噌など、約10軒の地元より出店。曼珠沙華まつりを盛り上げていた。

【中秋ツーリングは心地よい風をつれて】

四季を移ろいを花や風から感じることができる日本は、なんと素晴らしいことだろう。それをバイクなら更に濃厚に(^^♪