2台目もハーレーダビッドソン(^^♪

最初のハーレーとの出会いはスポーツスターだった。その時は、保管場所で困ってしまい長く持てずに手放してしまった。それから2年経って、保管場所も安心できる場所ができた。

何よりも念願だったビッグツインモデル。「FXSD/スポーツグライド」と亀戸で出会いひとめぼれ。
新たなハーレーライフはその愛車でスタート。ワクワクがこちらにも感じる荒川区のS・O様だ(^^♪

【スポーツグライド/FLSDのオーナーへ】

スポーツグライド/FLSDはミルウォーキーエイトエンジ107(1746cc)を搭載したビッグツインモデル。サイドボックスとフロントカウリングを標準装備。この装備がワンタッチで脱着式なのも人気のひとつだ。

【最新2020年モデルヘリテイジを試乗車へ】

ハーレーに限らず、オートバイは乗って見なければ分からないもの。
停止時のシート高も走行時のシフト操作やブレーキの踏み込み。ハンドルとフロントブレーキの掛け具合、クラッチ操作など、まずはノーマルマシンを試してみてから購入車の決定をオススメしている。

【亀戸のツーリングへのお誘い】

購入されたばかりの方や、乗り換えの方を対象に「ニューオーナーツーリング」を開催。次回開催は10月27日(日)【秋のニューオーナーツーリング」を今年購入された方を主に、お誘いのご案内を差し上げています。