やっぱり秋の温泉ツーリングは最高~(^^♪…①

1987年から連続33回目の開催となった「秋の温泉ツーリング」。今回も、秋晴れに恵まれ信州・湯田中温泉へ駆けた。
このブログ「下町の出会い」では、ツーリングレポートとして2回に分け投稿してまいります。

【湯田中温泉よろずやで(^^♪】

10月5日(土)ひがし東京チャプター・オフィシャルツーリングとなる「秋の温泉ツーリング㏌志賀高原」。集合場所は関越道・三芳PAへ午前7時30分。2日間をツーリングを共に楽しむ仲間たち。いつもながらメンバーに遅刻する人はいない。

【全体ミーティング】

7時30分集合とは、そこから全体ミーティングが始まること。ツーリングエントリーのメンバーは、それまでにガソリンを満タンにしてミーティングへ参加。

ここを0起点として走行距離を計算してコースプランしているので、途中給油の地点も全員同じタイミングになるようにしている。我がグループに自分勝手な給油はツーリング途中には無く。
これはチャプターマナーとしてしっかりと守って貰っている。

【快晴の関越自動車道を軽井沢へ向けて駆ける】

マス・ツーリングでの走行には、千鳥編成を組んで隊列走行で進む。それはグループであることを参加の自覚と、他車にアピールすることで、割り込みを予め防ぐことが出来る。何より美しい編隊走行は誰が見てもカッコイイもんです(^^♪

【横川サービスエリアで】

ツーリングコースの下見を小生は1ヶ月前に終えていて、ちょっと田舎道をくねくねするがついて来てと案内した。この段階で浅間山・鬼押しハイウェイへ向かうのは、長野道・佐久平PAからスマート出口の利用で軽井沢へ向かうことが、週末のアウトレットに向かうクルマの渋滞に遭わない。その予測はバッチリだった。

【チームは10名単位で】

ハーレーオーナーにも、まだ乗り始めたばかりのメンバーや、年に何度かしか乗らない方も参加している。コース設定の基本は初級クラスを念頭にして、300kmまでを初日の走行距離としている。

【ご夫妻でエントリーも3組】

奥様のハーレーライダー(^^♪…ひがし東京チャプターには珍しくないこと。今回も4名の女性ライダーのハーレーは、偶然にも全車ヘリテイジクラシックだ!(^^)!

【秋空に浅間山の噴煙が立ち上る】

【鬼押しハイウェイから嬬恋村へ】

ランチも全員同じ場所で!これは亀戸のツーリングポリシー(^^♪…下見の段階でもハーレーの駐車場がアスファルトであることや、全員がランチが同時にできる店を探索。それはここ嬬恋村の中居屋だ。

【中居屋にて】

【中居屋・嬬恋村でそばでランチ】

満腹になっても眠くならないワィンディングコースへ。後半②では、いよいよツーリングメインステージとなる志賀高原を駆けます。