ハーレー・CVOに魅せられて(^^♪

3台目へお乗換えを戴いたD・U様は、このハーレーダビッドソン・CVOウルトラエデションのオーナーへ。今回はロードグライドCVOから、ウルトラCVOとカウリングは伝統的なスタイルで、ハーレーらしさを象徴する。

【CVOウルトラエデションのオーナーD・U様】

1997年「純正カスタムモーターサイクル」をコンセプトに特別生産を開始する。CVOとは「Custom Vehicle Operation」の略で、ハーレーダビッドソンの熟練技術者の手により組み上げられる。
さらに他のシリーズを持てる技術のすべてを投入して、CVOだけのデラックスなペイントや、豪華パーツにより独自に仕上げている。そのため、他のシリーズより価格は高めとなっている。

【ハーレーダビッドソン・CVOウルトラエデション】

それまで大切に乗ってきたハーレーダビッドソン「FLTRSE・CVO」からお乗換え。CVOのオーナーは車両価格が400万円を超えるだけに、オーナーも少数となるがそれだけに希少で選ばれ、選んだオーナーだけに世界がある。

【次のツーリングもニューCVOにタンデムへ】

10月27日の「秋のニューオーナーツーリング」へも、このCVOでエントリーしていただいています(^^♪