カスタマイズならウィンターシーズンに(*^-^*)

ハーレーライダーになってある程度の期間が経つと、車輌を購入する前とは大きく違った「ハーレーワールド」を知る。そのひとつがカスタムだろうか。
乗れればイイから、ハーレーなればこそ…カッコいいライディングのスタイルが次から次へと湧いてくる。
こだわりはじめたら、停まらないカスタマイズ。それもまたハーレーの楽しみなんだと、亀戸の仲間の顔が微笑ながら云う。
【エイプハンドルへの交換・ロードキングスペシャル】

ハーレーのカスタムは、乗りやすさ以上にカッコ好さが先に立つ。多くのハーレーオーナーの歩む道順だろう。

【フロントビッグホィール/26インチ・ロードグライド】

フロントホィールを大径26インチに換装。そのフロント周りの外観は大胆なバガースタイルを誇示する。

【エイプハンドルへ新車からカスタマイズ】

ハーレー3台目のオーナーとなった櫻井さんは、念願のツアラーモデル「ストリートグライドスペシャル」を、アップハンドルへ新車の納車時よりカスタム。大らかライディングスタイルで国道14号へ颯爽と初乗り!(^^)!

【スポットのワインレッドカラーがクリスマスムードに】

ハーレーダビッドソン亀戸はクリスマスフェアー真っただ中(^^♪…ショールームへ人気モデルを続々と展示。

【カスタムの年初ステージは2020新春ツーリング】

カッコイイ愛車は誰かに評価して欲しいのも人情だ。亀戸の仲間が集う東東京チャプターのツーリングで、カスタムのお披露目するのもそのひとつ。
メンバーはツーリングに参加して「出会い・集い・走る」と共に、あらゆる目標が実現する。