ハーレーを介して出会い・集い・走る(^^♪

2019年の営業も、あと2日を残す年の瀬となりました。「ハーレーを介して出会い・集い・走る」…これは、私たちハーレーダビッドソン亀戸の運営理念の一つでもあります。この想いを振り返ってみると新たなお客様との出会いが、今年もありました。

【3月・春のグルメツーリングIn山梨ほうとう】

ハーレーダビッドソンをお求めくださったお客様を誘って行く当店主催ツーリングは、毎回60名を超える人気イベントに定着して来ました。この大勢のツーリングを安全に誘導して活動してくれる東東京チャプター役員の方々。今年6回のツーリングもすべてに貢献をしてくれました。

【ニューオーナーの納車から】

主催するツーリングは、すべて当店にて車両購入のお客様と限らさせていただいています。それはショールームへお越しの始めから、オートバイの経験、免許のこと、加入する任意保険のこと。これらを含めまして安全運転の確保と、購入後のアフターサービスの一環として、また「おもてなし」カスタマーイベントなのです。

【ご夫妻でハーレー】
ご夫妻でハーレーを愉しまれるのは少なくありません(^^♪…この5年間では急増していると云えます。亀戸店では、初めてのハーレーを求める、まさに「ニューオーナー」に向けて年間3回以上の「ニューオーナーツーリング」を開催。その途中では車両の引き回しや取り扱いのコツを指南しながら進みます。

【念願のファットボーイ納車から】

少し前まで、「ハーレーは年をとってから乗りたい」なんて云う方がおられました。
小生はそんな方へ「高齢では遅すぎます。チカラが無いと扱えません」とアドバイスしています。
ハーレーと云えどもオートバイ、反射神経が重要です。
そして、300㎏を超える車輌重量を車庫から出したり出来ません。
つまり早い段階から扱い慣れて行くことが大切。それには体力のある若い方が有利なことはいうまでもありません。ハーレーは全身スポーツなのです。

【2019晩秋ツーリング㏌那須高原から】

1986年の創業から34年目に入りました。オートバイを介して出会い・集い・走ることで、お客様に楽しんでいただく。今年もその想いを届けることができて良かったと思っております。