今年も感謝のこころでアフターサービスを(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸で出会うハーレーオーナーは年間約160余名(^^♪…多くは新車と中古車購入のお客様だ。
その半分に当たる80名位の方は、以前は国産バイクに乗っていた方を含め、ハーレーが初めてとおっしゃるニューオーナー。

たまに、お客様から「ここはサービス工場がちゃんとあるんですね」と、そんなことを云われ驚くことがある。そのような思いになった原因の多くは、遠くのショップや個人やWebなどでバイクの入手によりアフターサービスで困った方なのだろう。

販売の立場からすれば、車両販売とアフターサービスのためには、ショールームとサービス工場はセットが基本。
販売したお客様の車両の点検整備や車検やカスタマイズなど、ハーレーライフを愉しく豊かに続けてもらうため。オートバイショップスタイルは、こうありたいと思っているからだ。

【当店主催のマスツーリング】

点検整備や修理のハードサービスと、購入されたハーレーダビッドソンで楽しんでいただくよう、ソフトなアフターサービスとしてツーリングへお誘い。
近年、モノ売り、コト売りをよく耳にする。ハーレーダビッドソンのビジネスは、正にそのコトを通してモノを売ることだと思う。

【江東区在住のお得意様のO澤さま】

3台目となるハーレーダビッドソンを納車(^^♪…販売店であるこちらの立場を理解されて、そのお心遣いに頭が下がる思いのO澤さま。カスタムパーツもすべてハーレー純正品、点検整備やオイル交換、タイヤ交換も当店を利用してくださっている。まさにお得意様!(^^)!

【サービス工場から】

車両お求めのお客様を、主催ツーリングへお誘いする。朝の集合場所や休憩でお客様の車両状態を観ている。その観察をオーナーに伝えたり、当店の利用にはカッコイイね~と褒めてあげたり、″納車状態からの変化”を知る。

お客様が、他のお店でどのようなサービスを利用しようと、まったく自由なのですが、HD亀戸の営業コンテンツと重なるサービスは気になるもの。
中には、それらの店のことや情報を亀戸の仲間へ吹聴したり、SNS等へあげている当店のツーリングメンバーもいて、日頃より当店とは懇意なお付き合いだけに寂しく、またマナーや節度をもって欲しいと願いたいところだ。しかし、それはお客様が喜ぶサービスに近づかねばと新たな視点に気づきもあったりする。

【ツーリングでハーレーの走る歓びを分かち合う】

趣味としてハーレーダビッドソンを購入される方が100%(^^♪…またハーレーダビッドソンは高額なオートバイのひとつ、ハーレーに対する思い入れと共に、販売店とそれだけ密接になっていくのである。お客様と走りと共に深化と想いに寄り添い、ご利用ご愛顧への感謝のこころでこの1年のスタートを切りたい。